地獄極楽へご案内
安心院町で鏝絵に続いて2番人気が「地獄極楽」です。

「地獄極楽」は、桂昌寺境内にあります。そして、この桂昌寺一帯をは「自然環境保護指定地域」に指定されています。

まずは、「地獄」入り口からどうぞ。

地獄の入り口では、閻魔大王が舌を切るぞと待っています。
洞窟の中の途中にある「血の池地獄」です。赤鬼と青鬼が番をしています。
 
 
洞窟の途中の岩にはたくさんの仏像が彫ってありましたが2〜3日後にに紹介します。
洞窟の中です。

右に行けば地獄yです。怖い人は、左に進めばすぐに出口です。

地獄の出口です。

この間、狭い洞窟を通るのは気味が悪いという方もありますが、地獄の苦しみを味わってみるのもいいものですよ。

そして、今度は「極楽」へのご案内です。ごらんのように縦穴が掘ってあって鎖が下がってます。これを伝って上がれば「極楽」です。極楽に行こうと思えば、ちょっと体力と腕力が必要です。

さあ、みなさんも挑戦して見てください。

ここが「極楽」です。右下に見えるのが桂昌寺です。

美しい棚田も見えますよ。暗い洞窟の地獄、そして明るく、見晴らしのよい極楽。対蹠的です。

地獄から極楽へのご案内はこれだけです。

先ほどの鎖を使っての極楽行きが出来ない人は、左の写真にあるようにてすりで守られた道がありますのでこちらから上れます。

もちろん、鎖から上った人もここから下りるわけです。

あたりの岩にはこのようにたくさんの仏像が掘られたいます。

安心院の閻魔大王があなたの来訪を待ってます。

なお、閻魔大王に代わってボラティアガイドの古恵良菊男さんが説明、道案内してくれます。問い合わせは、安心院町安心院町観光協会まで電話かメールください。