編集発行人 コサカが贈る勝手きままな
つれづれ日記です。ハッピーな日もブルーな日も
美味しい珈琲で、一息いれてください。

12月19日 おかげさまで映像「COFFEE ROAD」完成

映像『COFFEE ROAD(珈琲道)』
本編1時間3分31秒(13は、森光さんが大好きだった素数!)、
特典映像28分くらい(檜山タミ料理塾の皆さまとの勉強会の模様、
森光さんのデミタス抽出シーン、福岡コーヒーマン忘年会など)
1枚 2180円(送料込)でお分けいたします。

クラウドファウンティングで購入された方以外で、
ご希望の方は、 sonzai@elf.coara.or.jp 
までメールにて、氏名と住所、電話をご記入の上、ご連絡下さい。
追って、振込先などご連絡しますね。




長きにわたる潜伏期間が終わった。
ここ3日ほど家から出ずに、パソコンにかじりついていた。

最近ではめずらしく、食欲も失うほどに
映像にかかりきりとなり、昨日からとうとう
寝る間もなくなり夜中じゅう編集して
目が痛くて痛くて開けていられないほどだったが
字幕のチェックをせねばならない。
誰か社員でもいてくれればいいのだが
あいにく我が家には声を録音しようとするものなら
ニャーニャー喋り出すネコしかおらず
持病の耳鳴りに悩まされたが、
何とか昨日の早朝、編集しおえたデータを
DVDにやいてもらうために
協力要請した方の事務所へ、が、しかし。


なんとありえない誤字を発見してしまった。
よくよく観たら、ほかにもたくさん気になる部分が。
あー、恐ろしい。
ほんとうに大変なことになるとこだった。
でもおかげで、もう一日作業する時間がもらえたので
体はフラフラだけど「神様はいるな」と感じたのだった。
自転車で移動中、きついんだけど
今、事故って死ぬわけにはいかないと必死だった。
実際の作業としては、自分のナレーションをいれるのが、
何より苦痛だった。自意識との闘いというか。
予測していたから避けて通ろうとしたのだが
自分だけ何もさらさないのは卑怯かなと思ったので、
意を決してやってみることにした。
が、何度喋っても、しっくりこない。
その時はいいと思っても、あとで聴いたら
気取った声で何言ってンだと思う、
イントネーションもおかしいし。
恥をさらしているなと思うけれど、
今さらなまりをとるわけにもいかず。

喉は痛くなるし、不安はつのるわで
本職の友人に電話で助けを求めたが、
その人に最終的なジャッジを仰ぐのは、話が違うし、
自分で責任とんなきゃというわけで続行しました。
あー、テレビのナレーションって頭使うんですね。
より深く、ものごとを見つめないと
耳から入ってきた時に伝わる言葉は出てこない。
しっくりくる説明を短く挿入するって、
なんて骨が折れるんだろう。
今からデータを再び届けたら、ひとまず終了。
今日は、「美美」で最後の発送作業だ。
オオヤさんの豆とコサカのエチオピア映像を
「モカに始まり」とともに、お送りしますよ。



今は、久々に大変な原稿書きをしたあとのように
身体がとにかくボロボロ頭もフラフラ。
もう限界というところまで、やりきった。
でもそれだけに芯からの充足感に満たされ、
自分で自分のやったことに感動しているという。
多くの方々のご協力によって、できあがりました。
映像がスタートするときのメニューをつくり
もとのDVDデータに仕上げていただいた方の事務所の
すぐ前がなんと大量にやく仕事をする相本カガクさんで
しかも担当の女性が、偶然「福岡喫茶散歩」の愛読者であり
かなり短時間の納期にもかかわらず
ぎりぎりまで待ってくださり、対応していただいた。
本当にありがとうございます。
感謝ですね、はい、もうそれしかありません。


映像の仕上げをする直前、
沖縄に行ってきたんですけど取材で。
それも最後は、疲れて、ふらふらになった。
一泊二日の濃密な珈琲旅。
笑いあり、涙ありみたいな。
珈琲つながりって濃いですねえ。
そんななか、嬉しい知らせも届いた。
ついに、森光さんと大坊さんの対談本が動き出します。
「モカに始まり」ネルドリップ編と同じくらいに
お届けできるかと。来年初夏です。
さあ、次は喫茶散歩とフジローヤルの仕事にかかろう。
それではまた明日。


                   (編集発行人 コサカ)



■■路地裏喫茶日記バックナンバー■■

■TOPページ■