編集発行人 コサカが贈る勝手きままな
つれづれ日記です。ハッピーな日もブルーな日も
美味しい珈琲で、一息いれてください。

2月21日 ゴーゴ、ゴー

2018年2月20日。珈琲チケットのラスト1枚で
ムニ−ル・モカを。充子さんはお元気です。




目標体重を現在値のマイナス5キロに設定した。
金メダリストの羽生君を見習って
イメージトレーニングを活用、気がついたら
達成してましたというさりげなさでもって
そこに近づこうと目論んでいる昨今。
が、すこしでも熱量を消費せないかんなと思い、
昨日は外を歩くことにした。
近所の見慣れたビルの階段を上まで登っていく
サラリーマンらが目に入った。
あの階段、上まで登ったことないよなあ、
へえー、あの廃虚に思える階に会社があるんだと不思議に思い、
自分もついていったら、階段の植え込みに
白とピンクの梅や水仙が咲いているではないか。
前に、大坊さんが「春になると梅の花が咲くでしょう。
月並みだけどいいなあと思うんです」と
話していたことを思いだし、
肉で丸くなった我が顔もホッカリとほころぶのであった。
階段をすこし昇り降りするだけでも、軽く汗をかく。
気持ちがいい。と、この流れで、最近めっきり
ご無沙汰していた住吉神社にお参りすることにした。



財布には1000円しか入っていなかったため、
少ない金額でご容赦いただきつつ、現状報告。
掃き清められたばかりの神社は、とても気持ちがよく、
しみじみとした喜びが体じゅうに広がっていく。
帰りしな、同じエリアに日本酒を祭った神社が
あるので、そこへもお参りしてみた。
手をあわせて話し掛けていると、注連縄の白い紙垂が
風でゆらゆらと揺れていたので、あ、何か通じているんだなと
嬉しく思う。急に自宅の冷蔵庫に冷やしてある
日本酒を呑みたくなったのであった。
その日の夕方。めずらしく知人からライン。
「日本酒のネーミング」に関する問合せであった。
やらせてもらうことにした瞬間、気がついた。
あ、あ、あーっ、日本酒の神様だ!
すかさず窓をがらりと開けて
空に向かってありがとう!と叫んだ。




日にち変わって今朝起きたら、時刻は「5:55」。
ゴーゴーゴー!!
ひろみごうじゃないけれど、こういう数字が重なる状態
(エンジェルナンバーとも呼ぶらしい)は、
天からの良い知らせと聞いたことがある。
すかさず、まだ暗い空にむかって手をあわせた。
「文章、書かせてください」。
というわけでここ最近ではめずらしく早朝から机に座り、
原稿書きスタート。まあ、5割はすすんだかな。
あとは、粘って自分が書きたいことが
より伝わるように、3歩すすんで2歩下がるという
歩みでもって文章に仕上げていく。
ひと段落したので、数秘術の観点から555を検索してみた。
「一生を通じての大きな変化が訪れています。
その変化が一番ふさわしい道からはずれることのないよう、
ポジティブな考えを持ち、祈りとアファメーションで
中心からぶれないようにしていてください」と、
大変良い兆しである。
この調子で、全部で3本の下書きらしきものまでは
今日のうちにやってしまおう。
あとは、時間をかけて作りこんでいけばいい。
猫が元気、私が元気、仕事が進む、
日本酒が美味しい、これらに勝るものはなし!
ゴーゴ、ゴー、それではまた明日。



                   (編集発行人 コサカ)



■■路地裏喫茶日記バックナンバー■■

■TOPページ■