編集発行人 コサカが贈る勝手きままな
つれづれ日記です。ハッピーな日もブルーな日も
美味しい珈琲で、一息いれてください。

3月5日 円形それから

いい休憩スポット見つけたね。


梅の木の下で。香りのシャワーを浴びましょう。



500円玉の肌色が思いのほかショックだったため、
今日はだらだらしようと決めて、すぐ美容室の予約をいれた。
髪のプロだったら円形についても
いろいろとご存じではないかと思ったのだ。
いつも髪を切ってくれる店主に話すと、
「あー、僕もありましたよ、前に。
スタッフに髪を切ってもらってるときに
“あ、オーナー、見つけちゃいました”って。
その時、思いましたね、
うわあ、俺もけっこう繊細だったんだーって(笑)。
まあ、あれはいつのまにかなっていて、
いつのまにか治っているもんですからね」
まあ、そうだ、そういうもんだろう。
髪の毛を染めてもらい、きれいにカットして
いただいたら気分も晴れたのであった。




その後、カレーを食べに平尾に行った。
カレーを食べ終えたところで、店に入ってきた
ニイハラさんとばったり。
最近、元気?という話になったので、
実は今朝、円形脱毛症が見つかって、と話すと、
あれって半年前のが出るらしいですよねとの
有力情報をいただいた。
ちなみにニイハラさんは、
2018年3月末まで現在の浄水通りで
営業をしたあと、春(時期未定)から、
大楠の小さな店鋪に移転して再出発されるらしい。
隣には、野菜の店シーズビレッジさんがあるらしいので
ナニカと良さそう。



円形をネットで調べたら、確かに3ヶ月〜半年前の
できごとが要因になる例も多いらしい。
振り返れば・・・確かに。
仕事のことで、のっぴきならない状況に陥ったのだった。
受話器を持ったまま、涙を流したこともあった。
(昭和歌謡みたいだけど)
相手は、いつでも僕に電話してきてくれていいんだよと
やさしく言ってくれた。
(仕事だけど)
あれが、今頃になって・・・。
人間の体というものは、うまくできている。
落ち着いた今になって、サインをくれたんだ。
今朝は、自分で手網焙煎したブラジル(ヨシマツ)を
ネルドリップで。なかなか良くできていて
気づいたら飲み干しているというね。
生豆がフレッシュで良質なんだろう。
ついでに、私の腕前もちったあマシになったのだろう。



昨日からなぜか久保田利伸の昔の曲を聞いている。
「TIMEシャワーに射たれて」とか「流星のサドル」 とか、
やっぱりすごくいい。実力派である。
自分が小学6年くらいの頃、流行っていた。
ある日、クラスメートのなかでも特にマセたA子が、
「昨日さ、久保田のMissingば聞きよったったい、
そしたらさ、涙ん出てきたとぉ」と壱州弁で述べるではないか。
私の頭の中は、「?」マークでいっぱいになった。
歌を聞いて、泣く? 
はあー!? なんじゃそりゃ。
正直、まったく理解できなかった。
いや、理解したくなかったというべきか。
この壱岐のド田舎で恋愛モードになれるって
お前は、少女マンガの主人公か!?
ここには高速道路もなければ、都会のネオンも
香水の匂いもねーんだよっ、
日常的にかげるのは牛の糞の臭いくらいだぞ。
それなのに、久保田って・・・。
しかも、Missingって・・・。
自分に酔えるっていいですね。
小学生ながらも冷めた目でみていた。
でも、今は違う。
人並みに人の感情がわかるようになって涙もろくなった。
先日も「北の国から ドキュメンタリー」を見て、
何度も何度も鼻をかんだ。
何十年も同じメンバーで撮り続けてきた
作品のラストカット秘話。
お前もスタッフの一員か!?っていうくらい、
泣いちゃいました。


それと、最近は聖子ちゃんにもハマっている。
「小麦色のマ−メイド」「瞳はダイアモンド」 などなど、
松本隆の歌詞と聖子ちゃんのレース地の
ようなざらっと感のある心地よい高音に、うっとり。
山口百恵さんも、ちあきなおみさんも。
昭和歌謡、最高。
歌といえば、玉置さんのコンサートが3月7日に
あるのです、アクロス福岡で。
玉置さんの歌とフェロモンこそ、円形の特効薬である。
ああ、だらだらと近況を書くのって
純粋に楽しいなあー。
円形よ、気づかせてくれてありがとう。それではまた明日。



                   (編集発行人 コサカ)



■■路地裏喫茶日記バックナンバー■■

■TOPページ■