編集発行人 コサカが贈る勝手きままな
つれづれ日記です。ハッピーな日もブルーな日も
美味しい珈琲で、一息いれてください。

4月8日 椿と猫




先日、近所をぶらぶら歩いていたら
植木屋のトラックが横付けされたお宅で、
立派な椿がばっさばさ、容赦なく伐られていた。
まだつぼみも多いし、葉は深い緑で枝ぶりもいい。
思わず駆け寄って、荷台に投げこまれる枝を物色。
めぼしいものを片手いっぱいになるまで集め、
植木屋さんに「もらいますね」と頭を下げた。
今、我が家は、椿天国である。
枝ぶりもぐいんと曲がっていたりして絵になること。
台所、仕事部屋、手洗い、寝室、玄関と
ありとあらゆる場所に、椿を生けて大満足。


ベランダの植木には、今年はじめて
レンゲの種がどこからともなく運ばれてきて
幼少期を思い出す愛らしい花を咲かせた。
また別の鉢には、スミレも花をつけた。
季節がめぐって、おなじみの花が顔をだす。
ただそれだけのことがこんなにも嬉しくて
心励まされたりもするわけだから、
やっぱり人間も自然の一部なのだ。
猫は、太陽のあたるところに、にゃっ!と
呟きながら、ドテッと寝転ぶ。
トドかツチノコかという巨体をぐいんと伸ばし、
平和な顔つきで目をつむっている。
わたしゃたまらず、猫の隣にすべりこみダイブして
そのふわふわの毛に頬ずりする。
余計な事をかんがえず、ただ太陽が気持ちいい、
そういうものなんだよな。
猫さんは、フリー人生の先輩である。
それではまた明日。



                   (編集発行人 コサカ)



■■路地裏喫茶日記バックナンバー■■

■TOPページ■