.          

















編集発行人 コサカが贈る勝手きままな
つれづれ日記です。ハッピーな日もブルーな日も
美味しい珈琲で、一息いれてください。

11月11日 アメブロ「存在感」開設




11月11日は、残りの喫茶原稿を
提出する締めきりだったのに一本も書けないまま、
この日を迎えてしまった。
はあああ〜何やってんのさ私。
でも、書けないものはしょうがない。
書く気持ちにならないのだから、
編集の人に謝ってのばしてもらうしかない。



しかし、昨夜からはじめたアメブロ開設だけは
何とか、いや、何となくやっていたら
できてしまったので、ひとつ肩の荷がおりた。
本当は「存在感」の書を書いていただき、
オリジナルのトップページにしようと考えていたが、
それが枷になっていたのだろう。
既存のテンプレートでいいのがあったので、
とりあえずこれで始めることにしよう。
考えれば考えるほど、考えこむほど、
こういうのは踏み出せないし、内容としても
格好つけ過ぎると面白くないものだ。
飾らず、ありのままに、素直に書くのがいちばん、
というわけでスタートをきることができた。


一本書いたら、すぐ「いいね」がきた。
え、何々、なぜ発見できたのか?
写真をみたら見知らぬ人である・・・。
すぐにいいね返しをしたらいいのだろうが、
躊躇があり、結果、何もしないまま。
しかし、これまで何人の人が見ているとか
そういう数字に向き合うのが怖くて
背を向けてきた身としては、これから何人の
読者がどのようなペースでついていくのか、
喜怒哀楽どんな反応があるのか、楽しみだなあと
思えるようになってきた。
たとえ少なくてもいい。
自分が自分のことを素直に書いていけばいくほどに、
スタンバッている未来が駆け足で近づいてきて
くれるんじゃないかと、希望を抱いている。
挑戦だ!! すべて。
チャレンジのない人生なんて、面白くない。


記念すべき第一回目の記事には、
この存在感サイトをはじめた2001年5月に作った
DMを掲載した。
存在感という字体、最初はこれだったんです。
ちなみに右が私、左は友人。
今はつきあいはないけれども、
当時は集まって、わちゃわちゃやっていたものだ。
何より、あたりまえだけど痩せた私がいる。
古着の花柄木綿シャツに赤いセーター。
あ、今日も偶然に赤いとっくりを着ている。
2001年からもう18年も経つとは驚きだ。
だけど、人生はまだこれから。
いつ終わるかはわからないけれども、
これからは恐れつつも勇気を出して、
自分軸でやりたいことをやっていこう。
それでは、名残り惜しいけれど
これからはアメブロ存在感にてお会いしましょう。
ameblo.jp/sonzaikan1225/
アディーオーッス!
コアラ存在感さま、長い間、ありがとうございました。


<お知らせ>
京都の居山ご夫妻が念願のお店を開かれます!
おめでとうございます。
大徳寺東側「新大宮商店街」一画にて、
「皆様が心穏やかなひとときを過ごせる
“市中の山居”のような空間でありたい」と
熱意を燃やしておられます。

自家焙煎珈琲店 珈琲山居(さんきょ)
2019年11月27日(水)開店
8:30〜18:30 休み 毎週火・水曜日
京都市北区紫野上門前町107

※プレオープン日 11/16、11/17 
8:30〜18:00  ※開店ブログもされています!

この時期、「パラゴン」のマスター親子とともに、
栃木の「カフェ・ド・フルカワ」さんと
ココ・ワイナリーを訪ねることになっているので、
帰りに寄れたら寄ってみよう。
それではまた。


●●●引っ越し顛末日記●●● 
2019/7/122019/7/19
2019/7/212019/7/242019/7/29
2019/08/9/122019/08/16
2019/08/22 2019/08/26 2019/08/29
2019/10/24 2019/11/06






                   (編集発行人 コサカ)



■■路地裏喫茶日記バックナンバー■■

■TOPページ■