アラカブ釣り仕掛け・深場用

深場での釣りは、電動リールが必要です。
深い所では水深200m以上の場所を釣ることもありますので、道糸が200mでは底に着きません。 道糸は最低でも300mは絶対に必要です。 PEラインは浮力があるため、太すぎると潮に流されます。 強度的に見ても6号以上の強さは必要ありません。
また根掛かりが多いので仕掛けの予備は十分に。  竿は柔らかすぎると魚に根に入られやすいので硬めの物を。
ハリは、佐賀関特有のホゴバリが一番。 他、代用に丸セイゴの16〜18号や、ネムリ、ソイ針など、アラカブの口に合う大きさのハリならなんでもOK。
三つ又サルカンを使って胴付き仕掛けを手作りしたものでもかまいませんが、これだと釣ってる最中に枝ハリスにヨリがかかってしまうことが多く、オマツリが多くなりますので、トンボ胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)を使うことをオススメします。
また、アラカブ専用の胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)、枝ハリス付ホゴバリ、120号オモリ、捨て糸、は船上でも用意して販売しております。(下の「船上販売」を参照)
★賢い買い物方法も、一番下に紹介していますので、ぜひお読みください。
  
アラカブ釣り仕掛け・浅場用

浅場での釣りは、通常の手巻きリールで十分です。(もちろん電動リールを使ってもかまいません。)
胴付き仕掛け部分は、深場用とたいして変わりません。 上の深場釣りの説明と同じように、三つ又サルカンで胴付きを手作りするより、アラカブ専用の胴付き仕掛けを使った方がトラブルも少なくていいです。
ハリは、佐賀関のホゴバリ、又は丸セイゴ16号前後を参考に、チヌ針、ネムリ、ソイ針と、なんでもOK。 こちらも根掛りが多いので、仕掛け、ハリ、オモリは十分に予備を!
船に用意してるオモリは100〜120号の物しかないので、50〜80号のオモリを使う方は、ご持参ください。(浅場でも100号のオモリを使っても、何ら問題ありません。)
 

 アラカブ専用・胴付き仕掛け 
上の写真が、トンボ3本付きの専用の胴付き仕掛け。枝スにヨリが入りにくいので釣りやすい。(上の写真をクリック!)
★トンボ胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)★
※いずれも、釣具・千鳥丸で販売中
●トンボ(7cm)3本付き・全長100cm 夜光パイプ付き
●トンボ(12cm)3本付き・全長100cm 夜光パイプ付き
●トンボ(7cm)3本付き・全長90cm 赤玉タイプ
●トンボ(7cm)2本付き・全長60cm 夜光玉タイプ
これが、佐賀関特有のアラカブ専用のホゴバリ。通常の釣具屋には売ってません。船に用意してますのでお使いください。
「釣具千鳥丸」に少々の在庫アリ・・・

針にこのような「タコベイト」をつけても大変効果があります。アピール度が増します。長さは5〜9cmで、赤と夜光が入った色がいいようです。針に切り身と一緒に簡単にチョン掛けだけでもいいし、最初に針にタコベイトを縫い刺し(ハリス部分まで)して、エサ(切り身)をチョン掛けする、といった方法もあります。
また、ソフトルアーも効果的です。ソフトルアーは、シャッドテールよりカーリーテールの方が動きが派手なので、カーリーテール(尻尾がカールしてる物)がオススメ。


 各 専用のアラカブ釣り仕掛け 
船上販売

 オモリ棒型 120号 
(今シーズンから、棒形オモリを用意しています。)
 1コ ¥200 
 胴付き仕掛け(トンボ2・3本)   1コ ¥200
「釣具千鳥丸」では
別料金で安く販売してます。
ハリス付・専用ホゴバリ 無料!
オモリ捨て糸(サルカン付) 無料!

★賢い買い物の方法★
釣具屋でオモリを買うより、船で購入したほうが安いし、無駄がありません。(オモリを無くしたら、その都度、貰えばいいですから。)
トンボ胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)は、船で買うより、出船前に船着場のすぐ前にある「釣具・千鳥丸」で買った方が安いです。
「釣具・千鳥丸」では、トンボ胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)を各種類取り揃えています。
だから、
出船前に「釣具・千鳥丸」でトンボ胴付き仕掛け(ナイロンリーダー)だけを購入して、オモリは船上で買う、というのが賢い買い物の方法です。


表紙へ