Tiffa Adill
ティファ・アディール

2007年キャラホビ用原型

作品概要


「・・・このプロジェクト、フィギュア出すのってアリですかね?」  「アリなんじゃない?」
そんなノリ。
ククッ、まさか本気で作るとは思ってなかっただろうなぁ・・・

今年も
キャラホビ2007内、キャラホビマーケット(8月18日土曜、幕張メッセ)にPROJECT GXから参戦予定。

07/08/11
塗装見本が完成しました。初フィギュア完成品です。
というわけで来週末に迫ったキャラホビ2007、ご来場の際はお立ち寄りくださいな〜。
1/8 ティファ・アディール(キャラホビ2007) 1/8 ティファ・アディール(キャラホビ2007)
1/8ティファ・アディール(キャラホビ2007)
1/8ティファ・アディール(キャラホビ2007) 1/8ティファ・アディール(キャラホビ2007)
07/08/09
完成見本塗装中。

いや〜クレオスのクールホワイト、素晴らしいです!
この隠ぺい力!艶!
もう白サフとかベースホワイトとか使えませんね〜。
ダマになるし厚ぼったくなるし・・・
07/07/27
表面処理完了〜。原型完成じゃ!!
ティファ・アディール、パーツ展開図。
全15パーツです。メカ原型と比べると圧倒的に少ない!
さて、ワラビーの原型も何とかしながら型を作りますか〜。
07/07/24
ようやく表面処理段階。量産秒読みです。
でも同時進行中のはずのワラビーはまだヤバイ・・・
07/07/03
服のシワを作ったり、パーツを分割してパーツ同士の勘合をキメたりしてました。
造形的には華僑に入りつつあります。といってもここからがまた長い・・・
ポニーテールもようやく製作。全部パーツがそろってやっとティファらしくなった気がしてほっとしてます。
07/06/25
またまた一ヶ月空いてしまいましたが・・・

ようやく腕を固定しポーズは本決まり。
髪型も修正。なびかせるのをやめてプレーンな状態に。
手の平も苦労したんですわコレが!
前回の状態の手の平から銅線生やして指の芯にしようと思ってたんですが
切削中に銅線がコンニチワしたら嫌過ぎるのでまじめにムクからの盛り削り。
07/05/27
久々進展。就職してからというものうまく作業時間が作れず、気付けばもう監修写真締め切り!
というわけで大急ぎでいろいろ付け足しました。
髪を含めて上半身はまだこれから大きく手をいれなければならない部分。
関節もまだ固めてないのでポーズもほんとにこれで行くか未定。
07/03/24
スカートのフォルム出し&薄々攻撃中。だいぶ細くなりました。
薄々攻撃の成果。割ってしまわないかヒヤヒヤしながらの作業〜
07/03/24
いつの間にか一ヶ月更新ナシ。スイマセン!

←は2月末頃の状況。
服をとりあえず盛ってみたものの・・・

スカートはめんどくさいので後回しにしたいけど
腕を作ろうにもスカートとの干渉を考慮しなければならないので身動きとれず・・・
という状態。その間靴の形や顔の表情を整えたり腰をノコギリで分割したりしながらお茶を濁していましたが・・・
このまま先延ばしにしても小人さんが造ってくれるわけではないので、ついに決行!
予想に違わず面倒だった・・・

まず、エポパテを2ミリくらいの厚さに伸します。

本体に巻きつけます。

継ぎ目とかがうまくいきません。馴染ませようと力を入れると形が崩れてきます・・・

剥がしてコネて、また伸します。

(以下エンドレス)



結局、あらかじめテーパーがかった筒にして継ぎ目を馴染ませてから本体下半身に被せ、
半硬化状態で形を整える、という方法に落ち着きました。

形状の満足度は・・・・う〜ん、微妙。

もっと美しく靡かせられないものか・・・
半日後、最高強度に達しない内にナイフで慎重に分割。
おおっ、結構厚さが均一で感動。このあと薄々攻撃でボリュームも減らさなきゃいけませんが、
一体整形がそこそこうまくいったので割れや貫通のリスクを最小にトドメながら作業ができそうです。
07/02/19
大学の卒研が終わったので作業再開〜
脚のライン若干修正、上半身小型化、腕の長さ調製、など。
顔も泥沼の盛り削りによる作りこみに備えて、シリコンで型取りしポリパテに置換。
07/01/31
おおっ、スケッチの再限度高し!意外と善戦中?
前の写真からいきなりかっとんできた気がしますが要は盛って削っただけです。

#180のペーパーかけた後3M社のスポンジやすりで軽くならしてみました。
このスポンジやすり、なかなか使い心地が良くて重宝。
07/01/23
なんか素立ちじゃしっくり来ないし挑戦し甲斐がない気がしたのできっぱりと決心。デッサンの本やら美術解剖図やら買ってきて入れ知恵し、片足に体重を乗せているポーズに作り直すことにしました。

前の素体はとっとけば何かの芯にはなるでしょう(笑)
左から、
骨格→肉付け→関節固定。
07/01/10
年末年始はバイトや旅行でてんやわんやだったのですが作業再開。
肉付け→削りでここまできましたが・・・
06/12/21
とりあえずエポパテのボールを芯に数度の盛りで頭をつくりました。当面は大きさのゲージになればいいのでまだ顔面の作り込みはしません。
というか無計画な盛り削りが幾度と無く繰り返されると思うのである程度形になるまで無視してください(笑)
エポパテとアルミ線で骨格を作り、大まかに肉付けしていきます。素立ちで行こうかな。
ちなみに主なマテリアルはウェーブ軽量ミリプット。
ポリパテに慣れてきた身としては高価だし固まるのが遅いのがネックですが癒しとも言える軽快な切削製と一回の盛りの正確さ(タレないので)、気泡の出来にくさや臭いが無いということは大きなメリットですね。通販で10個まとめ買いしました。