いらっしゃいませ、ピアノ専科です。
 

   TOPへもどる


 
■メニュー 一覧
※メニューのくわしい内容は、
絵文字
カーソルを当てたら
表示されます。 現在メニュ = 色つき。
フォーマルコーナー・こども用フォーマル・ドレスインナー(ドレス用下着)・フォーマル、演奏会用アクセサリー・靴(シューズ)・マタニティ用リンク舞台・演奏会もオマカセ!
男女子供フォーマル・
ドレス関連エリア


音楽雑貨・音楽CD・ピアノ指導者向けリンク・ピアノ初心者向けリンク・レスナーのための指導ポイント(書籍)・ピアノ専門店・情報リンク音楽雑貨・CDコーナーと
ピアノ指導者・
初心者向けリンクエリア



ピアノが欲しい方へのアドバイス・ピアノのお手入れをしよう・スタインウェイコーナー・ ジョセフ・レヴィーン ピアノ奏法の基礎・若きピアニストへ・初心者もピアノが弾ける!・ちょっと語っちゃうよページ。・あなたがはじめるピアノ教室・音楽指導の重要な3つの要素・ピアノのへぇ〜・ピアノの歴史をちょこっと・ピアノのお役立ちリンクピアノのお勉強ページエリア
〜奏法とテクニック・ピアノ大好き〜



電子ピアノ・楽器店・
ピアノメーカー

〜ランキングやピアノ関連
ショップリンクもあります〜



楽曲・楽譜検索・楽譜ダウンロード・ピアノ、楽器可の物件をサーチ・音大・音高受験関連リンク ・音楽情報 コミュニティ・楽譜・書籍出版社リンク・資格・検定・スキルアップ・4大・音楽高校受験関連リンクリンク de 音楽情報!
楽器を楽しむための応援エリア

楽天ショップ別リンク、楽天商品別リンク、アトピー・アレルギー、空気清浄機、メイド服(エプロン)その他パーティー衣装・コスプレ その他楽天ショップ・
テーマ専門リンク

TOP >  お勉強ページメニュー > ジョセフ・レヴィーン ピアノ奏法の基礎

<次へ

 

 

 

 

 

ピアノ奏法の基礎より

〜聴音の訓練の価値〜

 

こちらのページは、「ジョセフ・レヴィーン ピアノ奏法の基礎」という書籍からアップさせていただいております。



ピアノ奏法の基礎 



 

聴音の訓練も、ピアノの勉強にとって非常に重要です。



大部分の生徒は、じぶんの弾いているピアノを「聞く」ことはできるが

「聴こう」としない

 

「優れた生徒は聴くことを知っている生徒だ」

 

と 進んだ生徒を教える先生方が口をそろえて言われる事実。

(´・ω・`)

 


聴覚は、だれにでもかならず発達させられるとは言い切れないけれど

 

音楽を聴ける耳を養う勉強に、

 

ごまかしやまわり道はありません。

 


厳しい言葉に、思わず ドキッとさせられますね。





 

 

(おまけ)

 

絶対音感はピアノの学習上、

 絶対的に必要なものではないそうです。(・ω・ノ)ノ


聴音や新曲視唱等、コールユーブンゲンなど、苦労される方もいらっしゃるかもしれませんが、

コールユーブンゲン amazon
絶対音感が無いからといって、嘆く必要はありません。


なぜなら 時によっては調性や、音程を判断できるがために 

 逆に混乱してしまうこともあるからなのだそうです。

 

移動ドの方は、移調が「感覚」で簡単にできるなどといった強みがある場合も!


絶対音感の有無に関係なく、

まずは、苦手意識を払拭し チャレンジした者勝ちなのかもしれません♪ (*´ω`*)


 


 コールユーブンゲンとは(補足・・ウィキペディアより)

ドイツ語で「合唱練習書」の意味。
通常ドイツの音楽家・フランツ・ヴュルナーが1876年に刊行した
『ミュンヘン音楽学校の合唱曲練習書』を指し、
日本では音楽学校の声楽学習者向けの教材や
声楽学科の入学試験の課題としてしばしば使われている


序文においてヴュルナーは、本作の練習の際には初めは楽器を用いずに行い、
最後に伴奏を付けるべきであるが
その際には平均律によるピアノを用いてはならないと戒めており、
「平均律によるピアノを頼りにしては、正しい音程は望めない」と評している


日本では、信時潔や原田茂生による翻訳が出版されている。





コールユーブンゲンを使って練習することにより、
音程、拍子、ブレス(個人の差によりカッコ内はしてもしなくても良い)等、
譜面通りに歌い、各短い曲の中でのフレーズなども感じながら
音の長さ、短い休符など「正確さ」も意識して歌います。


コールユーブンゲン(合唱教本)一巻
城田又兵衛 解説 音楽之友社より(一部抜粋 引用ここから



本書はフランツ・ヴュルネルが著した「ミュンヘン音楽学校合唱練習書」の解説書である。
1867年の秋、ミュンヘンの音楽学校の合唱練習書を編するに際し
従来の副次的な合唱授業から本格的な合唱科の学習ということを考えた。

これから先に和声学等の理論の授業を受ける場合に
合唱と非常に密接に学習できるようにした。

合唱は 音楽の基礎の条件 すなわち
旋律の進行、リズム、音程、和声などを楽器のちからを借りないで
表現できるように練習すべき
である。

このような訓練を経た学生は、

あらゆる合唱のパートを譜面からすぐ読めるようになり、

合唱の方法・性質を会得し、美しい合唱の音、明瞭な正しい詞の発音、

芸術的なニュアンス(明暗)を学ぶことができる。




  ★第一過程 

a 音楽上の基礎課目とこれに従ういろいろのアクセントや
リズムの練習。

b 音程を正しくとること、美しい響きを出すことの練習。

 ★第二過程 

a 初歩の和声学を含む音楽理論の繰り返し。

b 芸術的な 正しいニュアンス(明暗)を考慮した厳格、または自由な形の多声合唱のソルフェージ。(音名または階名唱法)


 ★第三過程 

a 非常に困難な合奏ソルフェージ。

b 慎重で精密な演奏に充分な注意をはらった伴奏付または
無伴奏の大きい合唱の学習。

c.よい発音と正しいアクセントの特殊な学習を含む歌詞のある多声合唱の学習

(引用 ここまで)




ねらいは、合唱部、合唱の授業の学習となっていますが、
(学校によっては)音楽科の高校の授業や、音大の授業等で使われることもあります。


また、これらの問題解決にも大いに役だってくれます。


・楽器がないと、音を上手にとって歌うことができない

・合唱の際など、歌をうたうと他のパートにつられてしまう

・自分では歌えているつもりでも、音がずれてしまう,

・メロディーそのものの音がとれていない、

・歌が苦手だけど、歌がうまくなりたい




などとお思いの方にもおすすめです。


音楽を専門に学習する方でなくても、
究極かもしれませんが、自分で音痴なのではと感じていらっしゃる方への
解決書
にもなるとおもいます。

(楽譜が読めない場合は難しく感じるかもしれません、
楽譜を読みながら ピアノもしくは鍵盤楽器を使えると 学習もスムーズです。 )



また、

「音をとるのには自信がある!」という方にも、
コールユーブンゲンはおすすめの一冊です。


この一冊を学習することによって、読譜力もあがり
自分自身の苦手な部分を知り、それを克服することで更に力がつきます。

また、音程をきちんととり、美しく正確に歌うことの難しさを 
あらためて感じることでしょう。






学習の進め方としては、「絶対にこうしなければならない」というようなことはありませんが、
私が学生時代(高校の音楽科にて)授業ですすめた方法を紹介します。



ヴュルナー曰く、コールユーブンゲンは、
平均律によるピアノを用いてはならないと戒めており、
「平均律によるピアノを頼りにしては、正しい音程は望めない」
ありますが、
一般的な合唱や音楽の授業では、ピアノ等を使って歌うことが多いです。
せめて調律は定期的に行なっておきたいものですね (;・∀・)。




容易と判断される場合は、部分的に飛ばすことも あるとおもいますが、
徐々に調号が増え、半音階など徐々に 難しくなっていきます。
曲も長くなるので、いっそうの集中力を要することになります。

譜を読み、すぐに歌える人は、いきなり初見で練習したほうが、力がつくと思います。





個人の技量やコールユーブンゲンで学ぶ目的により、学習のすすめ方は
様々だとおもいますが、

音楽科の授業の場合では
(これも学校によって異なります、再度申しますが、
「絶対的」な学習法ではありませんので、少しでも 参考になればとおもいます。)
基本的にはページ順に(第一章から)学んでいきます。



唱歌練習(実際に歌う課題)はNo.1の、音階練習から実践課題として歌います。
全て全音符で 半音「ミファ」と「シド」を意識しながら) 
ドレミファソラシド(上行) ドシラソファミレド(下行)



「読方練習」・・拍子をとりながら 歌わずに、ドイツ音名・イタリア音名で読む練習し、
強迫にはアクセントをつける。(少し強めに読む)
イタリア音名  ド( do ) レ( re )  ミ( mi ) ファ(fa)  ソ (sol)  ラ(la) シ (si ) 
発音 スィ
ド (do)
日本音名  ハ  二 ホ 
ドイツ音名
読み方
 c
(ツェー)

(デー)

(エー)

(エフ)

(ゲー)

(アー)

(ハー)

(ツェー)
 数字譜   
1






.
1



「歌い方練習」・・拍子をとって歌います。練習では、いろいろな母音で練習したり、
ドイツ音名、イタリア音名で練習します。アクセントは明瞭に。息を切る信号は
極めて正確に守るように注意
する。
移動ドの場合は、譜面通りの階名でなく、各調の主音から「ドレミファソ」として
歌っても良い場合もあります。

(授業では、読み方練習は、主にイタリア音名とドイツ音名、
歌い方の練習には主にイタリア音名で 固定ドで歌いました。)



 
 移動ドと固定ドの違いは?(文献・・一部ウィキより引用)

階名で歌うことを階名唱法と呼び、
また、ドが音名に対して移動するので移動ド唱法と呼ぶことがある。

これに対して、音名で歌うことを音名唱法固定ド唱法と呼ぶ。

移動ドと固定ドのどちらが有利であるかという議論は古くからあり、
決着を見ることがないが、移動ドの方が理論的であると言われながら、
実際には固定ドの方が多く使われているのが現状である



【 コールユーブンゲンの全体的な流れ 】

まずは、すぐ歌おうと慌てずに、
指定された譜面(もしくは練習する曲)を目でざっと読んで、

調号や拍子、ブレス等を確認し、すぐに歌えるよう姿勢・呼吸を整えます。



ピアノ等で、曲の はじめの音や調の和音を一度確認します。
(この音は自分で取る場合や、試験官が弾くこともある)



自分で歌うテンポをきめたら、前の一小節分カウントし、
そのままカウントしながら 曲を歌います。



最後の小節がたとえほとんど休符でも、
最後の休符までカウントをきちんととります。


もし、音程をはずしたり、ミスがあっても、
そのままできるだけ止まらず、そのまま最後まで通してうたいます。



練習の場合は、その後気になるポイントを再度練習したり、
ピアノで曲を弾きながら、一緒に音を確認しながら歌います。






♪練習のワンポイント 

楽器で音をとらずに歌うと、不思議と、全体的に音程が低くなりがち。
特に長調の曲の場合は 主音(ハ長調ならド)、導音(ハ長調なら シ)、と
半音の「ミからファ」は、気持ち高めにとるように意識するとキレイに歌えます。

音の跳躍においても、低い音から高い音、あるいはその逆の際にも、
無意識に流すと 自然とひくくなってしまい、
曲の最後にピアノで確認すると 驚くほど差が出てしまうこともあります。





【 歌う時の姿勢と拍子のとり方 】
(一つではありません、他の方法で指導された際には、その指示にしたがってください。



椅子に座っている時・・背筋を伸ばし、正しい姿勢で教本を両手に持ち
(教本を少し立てる感じで)、利き手の人差し指を使って(右利きなら、右手の人差し指)
拍子をとる指を上下させる。軽く本をトントン叩く感じで。

「私は手でなく、足を使って拍子をとりたい」ということもあるでしょう、
拍子をとっている姿が指導者や試験官が確認できるのであれば、
場合によっては問題ないかもしれませんが、
「ドン ドン」と踏み鳴らすことは避けたいですね。
詳細は指導者に 直接確認したほうが良いでしょう。


・立って歌う時(試験など)・・背筋を伸ばし、呼吸を落ち着かせ、
両足の間隔は、歌いやすいように 少し開きます。
(閉じても間違いではありませんが、お腹を意識して「歌う」ので
歌いやすさと同時に、身体のバランスを安定することができる)

両手で本を持ち、椅子に座っている時と同じように
(教本を少し立てる感じで持ち)、利き手の人差し指を使って(右利きなら、右手の人差し指)
拍子をとる指を上下させる。軽く本をトントン叩く感じで。


・カウントは 歌う曲によって異なります。

試験の場合は、曲が指定されたら
まずは慌てずに楽譜を眺め、拍子と調号を必ず確認します。
そして、どのくらいのテンポで歌えば良いのかを考えます。
もし、拍子のカウントやテンポを間違えてしまうと、
その後の曲全体に影響が出ます。

曲のテンポで、一小節分の数をカウントして、
カウントを続けながら歌をそれに合わせて歌います。


例えば 4分の4拍子なら、歌う前に軽く「トン トン トン トン」と
歌うテンポで曲の前に4回打ち、4分の3拍子なら 3回、
8分の6拍子の場合は、曲にもよりますが 
大きく2回(八分音符3つぶんで一拍をとる)ことが多いです。

アウフタクトの場合は 一小節分の拍子+アウフタクトでそのまま入ると、
慌てず落ち着いて歌うことができます。



最初のカウントは大切です。
そのままの拍子を最後まで保って歌えることが望ましい
です。
先にカウントを速く打ちすぎてしまったり、だんだん早く、遅くなってしまうなど
楽譜の指示無しに、テンポを変えることはしないように心がけます。
つねに、一定の間隔で きざむよう意識します。





試験の場合は「おっと、しまった!」と思うことがあっても、
できるだけ、曲を通して歌ったほうが良いです。

何度も歌い直したり、止まったりすると かえって減点対象となってしまいます。




★しかし、練習の場合は別です♪。

苦手部分を何度も練習し、ピアノなどで、音を確認しながら練習すると良いでしょう。









ソルフェージュ(フランス語)とは


西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。

類義語にリトミックがあり、どちらも広い意味においては音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず
修めるべき基礎訓練全般を指すが、
リトミックは体の動きと音とを結びつけたリズムを中心とした訓練を指すのに対し、

ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結びつける訓練を指す。

これらの訓練を通じて得られる能力、
特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる。

音楽大学を始めとする養成機関での入試においては、
ソルフェージュ能力を計る試験が実施される。 





音大受験 関連書 amazon  新曲視唱 amazon

楽典 音楽通論 amazon  聴音 ソルフェージュ amazon


 

Google

 

 

TOP >  お勉強ページメニュー > ジョセフ・レヴィーン ピアノ奏法の基礎

<次へ

 
■ワンピース専門リンクコーナー 


フォーマルコーナー


結婚式(ウエディング)ゲストドレス、
パーティー
演奏会用ドレス、コンクール、発表会、イベント コンパニオン接客・舞台衣装など

ネットでドレス通販は、品揃えも豊富!
お直しサービスを承っている
お店もあります。
ブライダル向けもたくさん♪

ひとみいご流!
インターネット上での
ドレスの選び方

ひとみいご流!
発表会・演奏会用ドレスの選び方
「安心して本番を迎えるために」


こども用
フォーマルコーナー



マタニティ・ベビー・
キッズ・ 男の子

タキシードなども含めて
 
お望みの商品を探すことができます。

どういう商品を選んだら良いのか
迷っていらっしゃる方の
「下見」 としても、ぜひどうぞ〜♪


ドレス用下着・
インナーのページ☆



ドレスインナー
ブライダル用下着など
欲しい形のタイプも、簡単に絞り込み検索

「みせずに」透け防止/ボディシェイプ
欲しい部分にボリュームアップなど
機能性も抜群!もっと美しく。

フォーマル・演奏会用
アクセサリー

 


美しい
アクセサリーは、
フォーマル服だけが「浮かない」
ためにも、必須なアイテム
です。

お求めやすい価格から探せて便利。
シンプルで可愛いアクセから、
ゴージャスなデザインまで豊富。




靴・シューズ




フォーマル
はもちろん
デート
お出かけ、通勤・通学等普段使いにも。現在は試履が可能で
欲しい靴以外は自由に返品できるショップもあります。
大きいサイズから小さいサイズまで簡単に検索できます。


  ◆めざせ!ヒールの達人!
ハイヒール初心者さんへの
一口メモ&専門リンク


音楽雑貨
(発表会記念品、グッズ、小物など)



おんぷ
ピアノ、楽器いろいろ♪
眺めるだけでも楽しくなる、
可愛い雑貨たち
がいっぱい。

実用的な音楽グッズ、
おんぷアクセサリー
発表会記念品やプレゼントにも



ピアノ 奏法とテクニック
 -  ピアノが欲しい - ピアノのお手入れ - スタインウェイ - ピアノ教室を始めたい - 楽譜の読み方・楽典  


演奏会用ドレス  -  男の子・女の子用フォーマル - アクセサリー舞台用  -  フォーマル靴・シューズ
フォーマル下着(インナー) - 音楽グッズ・おんぷグッズ(音楽雑貨)  -  マタニティ用リンク



防音対策(消音)ルーム -  ピアノカバー -  ピアノ椅子 - 補助ペダル(補助台) - チューナー
譜面台 - CD - ピアノ初心者用リンク - ピアノ専門店 - レスナーのための指導ポイント -  ピアノ指導者

電子ピアノ(デジタルピアノ) - ピアノメーカー ( 国内・海外 )- ランキング - 楽器店 -  ピアノリース(レンタル) 

楽譜検索 -  楽譜ダウンロード(無料サイト多数有) - 楽器可物件 -  防音・音大・音高受験関連リンク
音楽情報 コミュニティ - 音楽関係求人 -  出版社リンク - 資格・検定・スキルアップ - 4大・音楽高校受験関連

アトピー・アレルギー -  空気清浄機 - メイド服パーティー衣装・コスプレ -  スーパードクター
のだめカンタービレグッズ - 千の風になって - 初音ミク - ブルーマン楽器 -  コブラ

サイトマップ(内容一覧)  サンキュー ベリー マッチ★最近のサイト更新履歴♪