いらっしゃいませ、ピアノ専科です。
 

   TOPへもどる


 
■メニュー 一覧
※メニューのくわしい内容は、
絵文字
カーソルを当てたら
表示されます。 現在メニュ = 色つき。
フォーマル

コーナー・こども用フォーマル・ドレスインナー(ドレス用下着)・フォーマル、演奏会用アクセサリー

・靴(シューズ)・マタニティ用リンク舞台・演奏会もオマカセ !
男女子供フォーマル・
ドレス関連エリア


音楽雑貨・音楽CD・ピアノ指

導者向けリンク・ピアノ初心者向けリンク・レスナーのための指導ポイント(書籍)・ピアノ専門店・情

報リンク音楽雑貨・CDコーナーと
ピアノ指導者・
初心者向けリンクエリア



ピアノ

が欲しい方へのアドバイス・ピアノのお手入れをしよう・スタインウェイコーナー・ ジョセフ・レヴィー

ン ピアノ奏法の基礎・若きピアニストへ・初心者もピアノが弾ける!・ちょっと語っちゃうよページ。

・あなたがはじめるピアノ教室・音楽指導の重要な3つの要素・ピアノのへぇ〜・ピアノの歴史をちょこ

っと・ピアノのお役立ちリンクピアノのお勉強ページエリア
〜奏法とテクニック・ピアノ大好き〜



電 子ピアノ・楽器店・
ピアノメーカー

〜ランキングやピアノ関連
ショップリンクもあります〜



楽曲・楽譜検索・楽譜ダウンロ

ード・ピアノ、楽器可の物件をサーチ・音大・音高受験関連リンク ・音楽情報 コミュニティ・楽譜・書

籍出版社リンク・資格・検定・スキルアップ・4大・音楽高校受験関連リンクリンク de 音楽情報!
楽器を楽しむための応援エリア

楽天ショップ別リンク、楽天商

品別リンク、アトピー・アレルギー、空気清浄機、メイド服(エプロン)その他パーティー衣装・コスプ

レ その他楽天ショップ・
テーマ専門リンク

TOPへ > お勉強ページメニュー >かたっちゃうよページ。メニュー > 一つ戻る

 < 次へ 

 

 

 

 

譜読みが早くなる練習方法とそのコツ

 

 


一言でいうと、その対策ノウハウとは、

「譜読みの上達」を意識しながら日々の練習を重ねていくことです。




「えっ?たったそんなこと?」と

いう声が聞こえてきそうですが (^_^;)。



それを「意識」するか しないかで、大きく差が開いてきます、


ちなみに、これから紹介する方法は幼い頃、
ピアノの先生が「こんな方法もありますよ」と教えてくださった譜読み法、
そして、短時間で、即効果が出るとっておきの練習法です。



普段の練習曲等の譜読みはもちろん、
趣味で「弾きたい」曲などを弾く際にも ためすことができます。


少しむずかしいと感じる曲のほうが、トレーニングとしては効くかもしれませんが、

私が個人的にオススメしたいのは、

以前習ったことのある曲、弾いたことのある曲を
おさらい感覚で ひっぱりだしてみたり、


あるいは、初めて弾く曲だけど、既にメロディーを知っている曲などから取り組んでみると、
全く聴いたことも弾いたことも無いむずかしい曲よりは、
ストレスを感じることなく、そして 楽しく取り組めます。


  ↓

あたらしく曲を譜読みする際には、

たとえ簡単でも・どんなに難しくても…!

共通です。

 

まずは、

最初から最後まで、両手でぜんぶとおして弾くようにチャレンジすることです。♪
 

「譜読みだから」と音だけとるのではなく、

ペダルも、できれば強弱も!全て注意してひいていきます。


むずかしい曲や、知らない曲の場合、もしくは
「楽譜を読むのが遅い」と譜読みに関して、苦手意識を強くお持ちの方は、

ゆ〜〜〜っくりなテンポで、一音一音ずつ進んでもよいです、
ただし できるだけ 両手が同時に進むよう、心がけます。

焦らなくて大丈夫です、できる範囲で じゅうぶんです。練習なのですから♪


すぐに曲想をつけれる曲の場合や、
弾きやすい・やさしいと感じたら、
メロディーのながれや音色、左右のバランス・和音のバランス…など、
細かい部分も意識して演奏します。


いくらまちがえても、時間がかかっても、演奏が止まっても、大丈夫。

できれば、初めての曲の譜読みの際は、
曲の最初から最後まで、弾き通すことを 心がけましょう。

すると、

曲の感じもつかめるし、譜読みに慣れる力も、同時に身についていきます。


その後の練習は、もちろん自由ですが,

早く曲を弾けるようになりたい場合は、
練習方法も工夫すると、曲に早くなれ、上達が早くなり「時短」効果も期待できます。

何も考えず、工夫せずダラダラ時間ばかり、かける練習は、

上達がなかなかみられず、ますます焦ってしまったり、

集中力も低下してしまいます。


工夫して苦手な部分や、読みにくかった所、むずかしい所をピックアップして部分練習をしたり、

片手で何度も何度も練習することが重要です。

練習時間が限られている時や、焦っている時は、ついつい
曲を両手で通して何度も弾きがちですが、(私の場合)

そこで、両手の練習ばかりをしたい気持ちをグッとおさえて、
片手練習を取り入れ、
速いパッセージの部分はリズムを変えて(付点・逆付点・スタッカート・アクセント・シンコペーションなど)部分練習することに
ちょっと時間をかけるよう 意識します。
そうすると、指の動きがスムーズになり、弱い指の独立もはかることができます。

両手で練習してつまずき、また両手・・といった練習で時間を使うよりも、
片手練習は、左右それぞれの指・身体・頭で覚えることにより、
かなり早く上達し、さらに両手で弾いたときに「楽に」弾けるようになります。

片手練習に焦点をしぼったら、さらに細かい部分までチェックします。

 

ちなみに私は片手練習が嫌いですヾ(・ω・o) ォィォィ

これは私の経験談ですが、
片手練習をせず両手で とおしてばっかり練習していると、

効率が悪くなることもあります。
(これもTPOによりますので、絶対的とはいいきれませんが・・)


特に、演奏会やコンクールなどの日数が迫っている場合は、
どんなコンディションであろうと、ピアノの前に座って「パッ」と弾き、
その状態で集中力はもちろん、通して良い演奏に仕上がっているかどうか
本番前に備えた練習が必要になってきますが、


部分練習やゆっくり練習・片手練習などを怠り、つねに曲をとおした状態で
両手演奏ばかりをつづけると、せっかく仕上げてきたにもかかわらず、
以前よりもうまく弾けなくなってしまい、曲がくずれる場合があります、このような事態は避けたいものです。

本番に近づけば近づくほど、練習の工夫への意識が大切なのです。



 

▼部分練習は、曲にもよりますが、

とくにテンポが速く、指をよく動かす曲では、

一音一音とにかく ゆっくり ・ スタッカート ・ 付点(逆のリズムももちろん。)

が効果的なのはご存知のこととおもいます。

とくに、ゆっくり一音一音 丁寧に打鍵する練習は、
(この時、ただ弾くだけでなく音の前後のバランスや音色なども気をつけて美しくうたうように)
テンポがはやい曲で、均一な音色が出なかったり、リズムが狂う・指がこける・弱い指が弾きにくいなどという
問題点を速やかに解決してくれます。

ページ数が多い・細かい音の数が膨大だと、
ものすごく時間がかかるようで、(そして退屈)な練習のように感じますが、
すこしするだけで、打鍵が正確になり、効果の即効性にきっと驚かれることでしょう。

がむしゃらに、通して両手で弾く練習を繰り返し時間を費やすより、
スムーズに問題点が改善し、弾きやすさもガラリと変わるとおもいます。

 



★追記★2012年8月


初見で楽譜をスピーディーに読み、
即座に、かつ上手に演奏することができるようになるには、


「楽器は弾けるが、読譜が苦手」の方、
「譜読みはできるけれど、即座に楽器を演奏することが難しい」方、

「どちらかは得意な」両者にとって、難しい課題となってしまいます。

では、これらの克服・対策について、どのような方法があるのでしょうか。





動作を大まかにわけてみると、


★素早い譜読み(音・リズム等を感じ、読み取る力、調や曲の形式等の把握をスムーズな演奏に繋げる)
★視覚刺激→脳→身体(指)への即時反応力。)
★鍵盤の位置の把握 (楽譜を読みつつ、ほぼブラインドタッチで弾ける・・視覚に頼りすぎず視線は楽譜。鍵盤は指で探りつつ練習する)
★記憶力・集中力・音楽知識 (調号の理解・臨時記号などへの対応)
★楽器の演奏能力を高める


これらの一つ一つの要素を、総合的に伸ばすことにより、
短時間で楽譜を読みとり、
スムーズに楽器演奏へとつなげることができると考えられます。


ソルフェージュの力をつけることも、これらのスピードアップに繋がる要素が含まれています。

【 ソルフェージュとは 】(ウィキより引用)

ソルフェージュとは西洋音楽の学習において
楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。

類義語にリトミックがあり、どちらも広い意味においては
音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず
修めるべき基礎訓練全般を指すが、
リトミックは体の動きと音とを結びつけたリズムを中心とした訓練を指すのに対し、


ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を
実際の音に結びつける訓練
を指す。

これらの訓練を通じて得られる能力、
特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる。

音楽大学を始めとする養成機関での入試においては、
ソルフェージュ能力を計る試験が実施される。




読譜訓練



読譜とは、楽譜を読んでそれを音にイメージし、
実際に歌または楽器で演奏することである。

楽譜を読むには、音の高さの要素と、リズムの要素、
その他の要素に分離し、それぞれ正確に把握することが必要である。

音の高さは、音符に音名または階名を付けること、
音程を把握することである。

音名または階名には普通ドレミ(イタリア音名)が用いられる。

ハ長調以外の場合には移動ド、固定ドなど複数の読み方があるが、
どれがいいかは一概に言えないとするのが最近の議論である。
(英語圏では音名にはアルファベットを用い、階名には半音階が表現可能な移動ドを用いる。)


リズムは、長短のほか、拍子の中でどのように位置するのかの把握が必要である。
また、強弱記号やアーティキュレーションなどが付されていれば、
それらを正確に読みとらなければならない。


また、歌または楽器で演奏するには、
ある程度、歌唱法、奏法自体の訓練も必要である。
特に歌唱の場合には、イメージした音高を正確に出すことも求められる。


それらに加えて、楽譜が求める、
楽譜に書かれていない表現を付けて演奏することが最終的な目標となる。




初見(しょけん)


楽譜を見て、試演せずに演奏することを、初見奏という。
歌唱の場合には、視唱とも言う。読譜訓練には、初見の訓練も含まれる。


初見の場合には、楽譜を初めて読みながら演奏するのであるが、
常に1小節から2小節程度先読みすることによって演奏技術のための準備を行う。

また、事前に短時間に曲全体を把握し、
演奏しにくい部分などをチェックすることも必要である。

音楽学校などの入試科目に「新曲視唱」または「初見視唱」という科目があり、
これに該当する。

受験者は部屋に入り、譜面台の上に置かれている楽譜を手に取り、
数秒間以内に黙読した後に視唱を行う。

曲は大体8小節〜12小節で構成されている。
「コールユーブンゲン」を基にした曲が多いが、
試験では作曲の先生がその場で作曲して出すこともある。



聴音

聴音とは、音を聞いて楽譜に書き取ることである。
近年よく用いられる「コピー」、「耳コピー」にあたる。

音が鳴っているときにはなるべく簡便な書き方で音をメモにとり、
事後に楽譜として整えるといった工夫をする。

普通は平均律のピアノで行われる。


一般には、まず一回全体を通して奏され、
次に4小節ごとに区切って3〜4回奏され、
最後に全体を通して奏される、という手順を踏む場合が多く、
それぞれ30秒程度ずつ記譜のための間隔があけられる。


音楽大学などの入試科目でも同名の試験科目がある。

主に「旋律聴音」・「多声調音」・「和声聴音」の3つを行う。

和声は4声が通常であるが、幾つかの種類が存在する。
ヨーロッパの音大の聴音には実際に現場の仕事で使われる無調の聴音まで入学試験に出される。

「暗記聴音」や「記憶聴音」というものもあり、
4小節ほどの楽曲を数回聴いた後に五線紙に書くというものである。

ただし、音を聴いている間は、楽譜に起こすことはもちろん、メモを取ることも禁止されている。
都道府県の行う、教員採用選考試験(音楽)にも頻繁に出題される。

そこではピアノや弦楽四重奏などの他、
ある県では民族音楽(人の声)の旋律書き取りもあり、非常に高度な技術が要求されている。



聴音分析

ヨーロッパの音大で行われている実践に即したゼミナールで、
実際に既成の音楽をCD等で同じ部分を数秒間だけ何回も聞かせながら
音楽の構造を明らかにさせ、それについて多くを語れるように訓練する教育のこと。

実際に音楽会などで曲を聞く場合には楽譜などは手元になく、
たとえあっても暗くて見えないので、たとえ評論家でなくとも
ロビーなどで今聴いた音楽を自然に会話できるのが社交の場としては自然であり、
また文化政治などの予算などの要求の説明などに大きな効果を発揮しているので
最も重要な音楽の科目となっている。



理論


音楽理論と実際の音との結びつけも、ソルフェージュの分野のひとつである。

音程、リズム、和音などについて、訓練が行われる。

音楽理論の教科書の基礎編として「音楽通論」があり、
その楽譜などの専門的な説明に「楽典」が位置付けられる。

音楽学校などの入試科目でもある。

楽典を応用したものが「和声学」や「対位法」・「楽式論」などに該当する。

しかしながら実際のソルフェージュの聴音課題では、
四声和音などを音そのもの聴かずに和声学の理論で解いてしまうことを避けるため、
意図的に規則を破って出題することもある。

(以上引用おわり)




初見演奏など、楽譜をその場で見て、すぐ弾かなければならない場合は、

先ほどの解説にもあったように、


常に1小節から2小節程度先読みすることによって

演奏技術のための準備を
行う
ことがポイントとなります。



楽譜で音譜を読みながら、同時に鍵盤の位置を素早く確認しつつ、
楽譜を読む時は、弾いている(もしくは演奏している)部分より、
少し先を目で追うように心がけると、徐々にスムーズになっていきます。

パソコンのキーボードのブラインドタッチのように、
ピアノの鍵盤も、視線はなるべく楽譜に持っていくようにして、
指で探りながら弾く練習をしていると、

鍵盤と楽譜を交互に見比べながら、指の動作をいちいち止めて確認しなくても、
視線をほぼ楽譜に向けつつ、鍵盤を弾くことが出来るようになります。


(※ 人それぞれだとは思いますが) 私が初めて、ブラインドタッチの感覚にハッとした瞬間は、
新しい曲を譜読みするために、五線譜を眺めながら、
普段のように、ピアノの鍵盤と楽譜を 交互に見比べつつ、
練習していた時に、突然起こりました。


その五線譜の間隔をじ〜っとみていると、まるで鍵盤の幅がギューっと縮小されて、

ピアノの鍵盤全体が、楽譜の上に横たわっているような感覚をおぼえたのです。



ピアノの鍵盤は左から右へ移動するほど、高音域になりますが、

楽譜になると下から上に音符が移動するほど高音域になりますよね。

今思い出しても、まるで錯覚をみているようでしたが、

その不思議な体験をした後から、
徐々に楽譜を眺めながら、鍵盤を探りながら弾くことができるようになっていきました。
(もちろん沢山間違いますが)





さて、楽譜を読み演奏するということは、
譜読みのスピード(音とリズム)が遅く、その後の動作(弾くという行動)までが
ぎこちなく、身体が慣れない・頭ではイメージできても指が思うように動いてくれない動作の場合は
次のようになり、一つ一つの行動に時間がかかります。




(例) ドレミ と 楽譜に記されていて、それを読み、ピアノで弾く場合

まだ読譜に慣れていない段階では 

1・音の位置を確認したら音符は「ド」だとわかった
2・鍵盤の「ド」の位置を探して、指を置き、鍵盤を押さえる→「弾いた」

↓ (今度は・・次の音)

「レ」と確認したら、鍵盤の「レ」の位置を確認して弾く・・という
一つ一つの音を確認し、探し、弾くという動きを、
ゆっくり時間をかけながら繰り返して、指の動きを覚えていきます。


これだと、時間のかかる読譜・練習になってしまい、
曲が難しすぎる場合はさらに混乱し
 「あ〜、もうイヤ!」
楽しく感じることが出来ず、練習嫌いのきっかけにもなりかねません。

(しかし、最初はココからです。)




譜読みも、単純なリズムの場合や、音符の動きが自然で激しい跳躍等がない場合は
わかりやすく、弾きやすいと感じるかもしれませんが、
リズムがちょっと複雑になってしまうと、
そのリズムの把握にも時間がかかってしまうことになります。





この場合、まずは、「楽譜」の音譜の位置を確認して、早く読む訓練に慣れると
鍵盤を探すまでの時間がかなり短縮されます。

それには、ソルフェージュ力をつけることが効果的です、




最初は、いきなり難しいことをせず、
初心者でも「簡単!」と心にゆとりを持てるようなレベル
(認識しやすい単純な音の動き・単一のリズム)からから ゆっくり始めていきます。


幼いこどもの場合は、集中力の持続力が大人よりかなり短いので、
あくまでも「楽しく」チャレンジできる程度、少しの量から始めます。


(例)

・音の聞き取りクイズ(聴く力)

(最初は高い音と低い音の違いから入り(高音・低音の違いを把握しやすいよう最初は差をつけて徐々に音との距離を縮めてみる)

先生がピアノを弾きながら階名で歌い、(覚えやすい、一小節〜二小節ごとに)
その後に続いて「まねっこ」して、階名をうたいながら、覚えていく。
歌う場合は、少々リズムに変化があっても良い。



・カードや、五線譜の上にマグネットを載せる、あるいは音符を黒板やボードに書き、
それらを、すばやく読む練習(読譜力)


音楽指導への導入教材として、
現在は、可愛いデザインのおんぷカードなどというアイテムも販売されています。

五線譜に記された音符(あるいは短い音階)をパッと見て、
瞬時に読めるように、慣れたら 徐々に増やしていきます。





・視覚で捉えた情報を即座に指に反応させる練習(即時反応)


1〜5までの 数字を書いたカードやおはじきなどをシャッフルし、一列に並べて、
その番号を見ながら、番号と同じ指を即座に動かす練習をします。
(必ずしも鍵盤でなくても、机の上などで良いです)


指番号(左手・右手同樣)   親指・・1  ひとさし指・・2   中指・・3   薬指・・4  小指・・5

毎回繰り返し、だんだんおはじきの数を増やしたり、タイムを記録したりします。
楽譜の読み取りや、指番号などの指示を見て、即座に指をスムーズに動かせるようになっていきます。

効果が出てきて、慣れたら(グループレッスンや複数生徒がいる場合は)
順番に子どもに 問題を出させてみると楽しいですね。



・リズムの把握

三拍子・四拍子・二拍子など様々なリズムの音楽を聴きながら、それに合わせて
手をたたいたり(クラップ)、カスタネットや鈴、ウッドブロックやタンバリンなどの楽器をつかって
楽しみながら、リズムを感じる。


拍子感がついてきたら 童謡など(まずは何度も歌って)覚えた曲をつかって、やさしいリズムのまねっこをする。
先に、先生が歌いながらお手本をみせると真似しやすい。(何度も繰り返しすることがポイント)

だんだん一緒にリズム打ちが出来るようになってきたら、
音楽を聴いて、自由にリズムを感じさせ、ビートに合わせて打っているかをチェックしてみると良い。

↓ 
慣れてきたら・・

黒板などに、(音階無しで)リズムを書き、先に先生がお手本をみせ、
そのリズムを一緒に(まねっこ)で打たせてみる。
リズム唱を使って、口で言いながら打ったりかんたんな変化をつける。

リズムが把握できたら、生徒に自由に打たせて
その後リズムを先生と確認しても良い。

→(ピアノ専科。サイト内) 幼児期のピアノ指導とリトミック・わかりやすく教えるコツ(リズム唱についても公開しています)

音符カードを使ったり、リズム積み木という教材を使っても楽しいですね。



このように、徐々に、演奏・読譜に必要な知識を楽しく身につけていくと、
ソルフェージュ力がつき、総合的な音楽能力が身についていきます。




 


こだわり派のあなたへ・・スタインウェイオリジナル雑貨・グッズ・小物

スタインウェイのオリジナル小物・雑貨など プレゼント・音楽イベントのお祝いにも。
☆音楽雑貨・発表会記念品の 専門リンクコーナーはコチラからどうぞ♪






TOPへ > お勉強ページメニュー >かたっちゃうよページ。メニュー > 一つ戻る

 < 次へ 

 

 


■使える!ワンピース専門リンクコーナー 


フォーマルコーナー


結婚式、パーティー
などのイベントや、 ホステスさんお仕事用ドレスにも、どうぞ。
インターネットでドレスを選ぶのに
不安な方も大丈夫ですよ〜!
今はお直しサービスを承っている
お店もあります。
安い価格のドレスもたくさんあります♪

ひとみいご流!
インターネット上での
ドレスの選び方

ひとみいご流!
発表会・演奏会用ドレスの選び方
「安心して本番を迎えるために」

フォーマルを選ぶ楽しさを あなたに。


こども用
フォーマルコーナー



マタニティ・ベビー・
キッズ・ 男の子

タキシードなども含めて
 
お望みの商品を探すことができます。

どういう商品を選んだら良いのか
迷っていらっしゃる方の
「下見」 としても、ぜひどうぞ〜♪


ドレス用下着・
インナーのページ☆



ドレスインナー
も、欲しい下着も。
こちらから、簡単に絞り込んで、
探すことができます。
TPOに合った下着を使いこなすことは、
あなたの美しさを、 もっともっと!
引き出す
こと間違いありません☆

フォーマル・演奏会用
アクセサリー

 


美しい
アクセサリーは、
フォーマル服だけが「浮かない」
ためにも、必須なアイテム
です。

お求めやすい価格からあるので、
ぜひ ご覧下さい。




靴・シューズ




フォーマル
はもちろん
デート
お出かけ、普段使いにもどうぞ。靴を選ぶ際は、本当は試着できることが望ましいのですが、
お求めのデザインやタイプを探すのに 大変便利です。


  ◆めざせ!ヒールの達人!
ハイヒール初心者さんへの
一口メモ&専門リンク


音楽雑貨
(発表会記念品、グッズ、小物など)



おんぷ
ピアノ、楽器
可愛い雑貨たちがいっぱ〜い!


発表会記念品
をお探しの
先生方もどうぞ。



ピアノ 奏法とテクニック
 -  ピアノが欲しい - ピアノのお手入れ - スタインウェイ - ピアノ教室を始めたい - 楽譜の読み方・楽典  


演奏会用ドレス  -  男の子・女の子用フォーマル - アクセサリー舞台用  -  フォーマル靴・シューズ
フォーマル下着(インナー) - 音楽グッズ・おんぷグッズ(音楽雑貨)  -  マタニティ用リンク



防音対策(消音)ルーム -  ピアノカバー -  ピアノ椅子 - 補助ペダル(補助台) - チューナー
譜面台 - CD - ピアノ初心者用リンク - ピアノ専門店 - レスナーのための指導ポイント -  ピアノ指導者

電子ピアノ(デジタルピアノ) - ピアノメーカー ( 国内・海外 )- ランキング - 楽器店 -  ピアノリース(レンタル) 

楽譜検索 -  楽譜ダウンロード(無料サイト多数有) - 楽器可物件 -  防音・音大・音高受験関連リンク
音楽情報 コミュニティ - 音楽関係求人 -  出版社リンク - 資格・検定・スキルアップ - 4大・音楽高校受験関連

アトピー・アレルギー -  空気清浄機 - メイド服パーティー衣装・コスプレ -  スーパードクター
のだめカンタービレグッズ - 千の風になって - 初音ミク - ブルーマン楽器 -  コブラ

サイトマップ(内容一覧)  サンキュー ベリー マッチ★最近のサイト更新履歴♪