ブログとしての運用に耐えうるのか?

専門サービス使わなくて大丈夫なの?

やはり気になるのは、プロバイダが提供する100MBの無料ホームページをブログ(もしくはランディングページやポートフォリオなど用途に合わせ)として運用しようとすると「それに耐えられるの?」という疑問は湧くのが普通だと思います。

結論から言ってしまうと「たぶん大丈夫!たぶんね!」って感じでしょうか。

たぶんと強調している理由がサーバの強さはプロバイダの力の入れ具合いに依存するので、ほぼ活用されなくなっているホームページスペースのサーバが強力なモノか?と言われたら苦笑を浮かべるしかないわけでドリキンさんクラスの超ビッグなアルファYoutuberだとアクセスが集中してたぶん鯖落ちするんじゃないかな?とは思うんですが、ボクくらいの吹けば飛ぶような存在だとたぶん大丈夫です。

100MBって少なくね?足りるの?

動画が数GBある時代で100MBはぶっちゃけ少ないです。

画像や動画などのメディアファイルをそのままプロバイダのFTPサーバへ保存すると速攻で100MBなんて飛ぶのでメディアを掲載する際はYoutubeのリンクを貼ったりする運用にしましょう。

例えばYoutubeなら下記のような感じでリンクさせることができます。

重いファイルは外部サービスとしておくことでホームページスペースの容量節約とプロバイダサーバに無駄な負荷を与えずに済みます。

ちなみにこのブログの雛形のサイズは700KBくらい。1投稿あたり20KB未満なので、そこそこ長期にブログを運用することは可能です。

専門サービスの利点

そもそも専門サービスの利点は「デザインどうしようか?」とか「容量どうしようか?」とか「負荷どうしようか?」とかそういうのをユーザがあまり考えずに利用できることなんですよね。

まぁだから専門サービス側は広告を表示したりして投資分をペイしようとしたりしてるわけですが。

そういうのが面倒くさかったり、広告が表示されても良いのなら専門サービスを使うべきですし、今回プロバイダが提供する100MBのホームページスペースで遊んでいるのは単に無料で付いてきてるなら活用しないと勿体無い気がするというだけなので深い意味はそこまであません。

1つの興味として

今ではボクはふと思い立ったタイミングで個人サーバを気軽に立てちゃう程度の知識と腕が付きましたが、コンピュータで遊びはじめた当初はやっぱり個人サーバって敷居が高かったんですよね。料金的にも運用のノウハウ的にもです。

ただやっぱりホームページを運用したいという興味があって、全てが揃っている専門サービスだとあまり学習も進まなくて、敷居が高くなく、お金があまりかからない良い感じのものは無いか?となったときに、こういうプロバイダが提供しているホームページスペースはなかなか良かったのです。

まっさらなホームページスペースへHTMLやCSSを直打ちしてホームページを作って遊んでボクはWebのフロントエンドを学びました。

プロバイダの中にはいわゆるCGIを許可してくれているところもありましたから、サーバサイドの触りくらいまでは学習できて、これがあったから今こうやって再びホームページスペースで遊べているのは間違いないです。

事の発端

なんでこんなことを始めたのか?と言えば前回の記事 の前に@Blank71 君がブログに興味があるようなことを話ていて、そこでボクが「Blank君ならブログサービス使うよりも静的サイトジェネレータの方が良い」と薦めたからなんですよね。

「Blank君なら」と薦めた理由がグルドンという環境もありますし、よりコンピュータへの理解を深めてくれたらなと思って薦めたのです。コンピュータに興味が出てる年齢的にもボクとそう変わらないですし、このまま行けばボク程度のレベルには直ぐ追い付くだろうなと。

Blank君自身からは話は聞いてないですけど、たぶん今の子たちがWebサイトを運用しようとして出てくる情報がAWSとか小難しくお金がかかりそう(クレカ登録必須)な情報ばかりで混乱しちゃってるんじゃないかな?だから手を出せず仕舞いになってるんじゃないかなと邪推してるわけです。

それならプロバイダの無料の100MBホームページスペースを活用したらどうか?と思い、言葉だけで説明しても理解しにくいので行動で示してみた次第です。

どうBlank君?こんな感じでプロバイダのホームページスペースって活用できるんだよ。

学生じゃなくても興味のある方は気軽にプロバイダのホームページスペースを活用してみて欲しいです。