ホームページスペースの活用

グルドンでも語ったのだけれど・・・

少し前にFFFTPの開発がストップしたという情報はキャッチしていて、本日下記のような情報更新があった。

それに対してボクもコメントを付けたのだけれど

というわけだ。

つまりどういうこと?

「こういうことだ」と言う説明だけでは不親切なので、簡単に説明すると、今実際に皆さんに見てもらってるWebページがボクのトゥートの中で触れていたプロバイダが提供する100MBの無料ホームページスペースに静的サイトジェネレータHexoを利用して生成したブログっぽいものというわけです。

見て頂いているとおり、パッと見の違和感も何もなく極普通のブログっぽい感じが出ていますが、PHPやPerlなどのサーバサイドでは何も動いていない静的なWebページとして生成されています。

もともとこの静的サイトジェネレータはWebページ制作の省力化と、そこから派生してGithub Pagesでブログやランディングページを公開が簡単に行なえるということで人気が再燃しました。

言ってみればモダンなホームページビルダーなわけで、大きなくくりでは昔懐しいテキストサイトでやっていることと殆ど変わらないと言えます。

ホームページスペースの再評価

今回のことで何がしたかったかと言えばホームページスペースの再評価です。

ボクは今回ブログ形式の静的サイトを生成しましたが、グルドンではVLOGが流行しているので、今まで作成したVLOGのランディングページやポートフォリオをプロバイダが無料で提供する100MBのホームページスペースで公開するのは普通にアリだと思うわけです(そもそも無料で付いてきているのに現在ではほぼ活用されてないわけですし)。

その1つの手法として静的サイトジェネレータHexoを使っただけであって、別にAdbee DreamweaverとかAdbee Muse、それこそホームページビルダーを使っても良いわけです。

ホームページスペースではこういう遊び方もあるんだよというご紹介でした。