image
Etc,

美術療法が効くと知って写真をはじめてみた。もういいぞ。十分やった。結果は『思い切りレンズ集め病』になっただけだった。『だいたいレンズ集めるやつは写真が上手くならん』とあるプロが言っておりました。

標準ズームレンズの次に Canon EF50mmF1.8 を買ってみました。安い割によく写る。ある晩寝ながら考えた『一万円でこれだけ写るなら三万円のレンズなら三倍きれいに写るんじゃなかろうか』これが今思えば単焦点レンズ集めのきっかけ。
でもフィルム代など金がかかるのでレンズ集めの深みに深く深くはまらなかった。
今は集めたいものは集めてしまったのでレンズ集めの発病はもうないだろうと思っている。

結局高くても四万円台のレンズしか買わなかった。一度ぐらいは高いレンズを買ってみたいとも思うが、健康寿命まで十年を切った今、使っても元を取れないから無駄だとも思う。
カメラは APS-C を使っています。花なんかだと望遠側になった方が使いやすいし金もかからないし。

Canon EF85mmF1.8 新品購入。写真を始めた頃に西平プロのレンズ読本を見て85mmと200mmを揃えようと思った。カメラを買ってからこの85mmを買うのに五年かかった。自分のコレクションが半分完成。
花には三脚無しでは 85mm の方が 200mm よりはるかに使いやすい。
Canon EF200mmF2.8(1)L 中古品購入。この頃には西平プロは 70-200mmズームを推奨していたが85mmを買っていたのでどうにもならない。カメラを買ってからこの中古200mmを買うのに十年かかった。自分のコレクションが完成。この頃、三万円台で買える望遠のLレンズは、これか 100-300L 50-200L で単焦点レンズに決めた。
Minolta AF100mmF2.8 Soft 中古品購入。
花の写真のためにソフトレンズが欲しくて買ったが難しい。一応ソフト度2に固定して練習しています。
さらに、遠景は別にしてソフト効果なしの望遠レンズとしても使えます。
Pentax FA85mmF2.8 Soft 中古品購入。これも花の写真のために買ったがこちらの方が簡単で花には向いているような気がする。デジタルの時代になってパソコンでソフトな加工画像が出来るのにソフトレンズが要るのかどうか。
このレンズははっきりくっきりとは写らないので普通の望遠レンズにはなりません。
Kenko MC 85mmF2.5 Soft アウトレット品購入。手に入らなくなるとのことで思い切って買いました。
手動でピントを合わせるのが面倒なのと撮影倍率が低いのとでだんだん使わなくなってしまった。そして思ったより中古相場が高くならなかった。
と言っても買い値が九千円だから当たり前かもしれん。
Canon EF135mmF2.8 Soft 中古品購入。カビとくもりがあってキャノンに修理をしてもらった。
上の Kenko 85mmF2.5 Soft よりオートフォーカスのこのレンズの方が写真が撮りやすいので思い切って買ったけれど、やはり中古レンズを通販で買うのは慣れていないから難しいと思いました。
清原光学 VK50R ソフト 50mmF4.5 中古品購入。花と花の風景の撮影に使えそうなこのレンズはコレクション用にと思って買いました。ピント合わせが難しいことは知っていたので距離の目盛りを適当に決めて写しています。(自分のカメラでは)露出も難しいです。
値段は送料手数料込みで二万円。
Pentax FA28mmF2.8 Soft 中古品購入。これも花と花の風景の撮影に使えそうなので買ったが昔50mmマクロが100mmマクロより難しかったのと同様に写しにくい。アップで撮影するのならこのレンズを使わなくてもいいし、なにか背景に意味あることが必要だと思うけれどそういう機会はあまりないから使うのは難しい。
Etc, このページが何のためにあるかというと、この文章の中から『検索』でヒットしてくれないかと淡い期待を込めて駄文を並べて作ってみました。訪問されても何の取り柄もないホームページではありますが。もっともっと若い時に写真を始めていればよかった。今より少しは他人に見せられる写真になっていたかもしれん。
go to HOME