自動吸引マニュアル5

 

2.自動吸引の仕組み

2-4.導入-シリンジによる手動吸引

自動吸引の導入に際しては、患者さん側に新たな吸引器購入という費用負担が発生しますので、最初から自動吸引へ一気に進まないでください。お薦めしたいのは、ダブルサクションに取り換えたのち、その患者さんに手動吸引が有効であるかどうかを確かめていただく方法です。すなわち、これまでの気管カニューレをダブルサクションに変更し、これまでどうりの使い方をしながら、カニューレ内方吸引ラインに大型注射器を接続して、手動吸引を試みることです。
詳しい方法は、ダブルサクション注射器吸引マニュアルをご覧ください。
この方法によるたんの吸引がうまくいくようなら、自動吸引を導入してもうまくたんを吸引してくれると考えられます。もちろん、手動吸引のままでもよいと思われる方には、この方法で維持していただいてもかまいません。

カニューレ内方吸引ラインに大型のディスポシリンジ(100mlクラス)をつけて間歇的にゆっくりと引きます。
シリンジに吸引したたんは、ティッシュに押し出して廃棄します。人工呼吸の場合は、W-SUCTIONの吸引ラインの蓋を閉めることを忘れないように。

前ページ 次ページ