平川ホールドのご提案

 

あるお母様から、コヴィディエンの小児用カニューレに適合する平川プレートはないのでしょうか?とお問い合わせをいただきました。そこで当該カニューレを取り寄せ、設計できるかどうか検討しましたが、カニューレのネックフランジが立体構造をしているため我々には作成不可能と判断しました。しかし同社はストロングホールドという安全用デバイスを販売しています。それは、ネックフランジにプラスティック製の器具をはめ込み、そこからマジックテープで呼吸回路を抱きとめるというものです。しかしこれでは吸引のたびにマジックテープを取り外さねばなりません。また固定は出来ても適度なテンションをかけるというのは困難です。そこで、平川プレート作成実行委員会では、ストロングホールドを以下のように改良して、使いやすくしてみました。なお、本品は当委員会で市販はいたしません。必要な方は、コヴィディエン社に連絡し、ストロングホールドを取り寄せ、改良を自ら行ってください。改良用の部品は百円ショップや手芸品店で手に入ります。なおストロングホールドは、小児新生児用と一般用でサイズが異なりますので注意してください。

平川プレート作成実行委員会2012/04作成

Covidien社の小児新生児用ストロングホールド。マジックテープを外し、もう一方の突起物を落として、ネックフランジに取り付ける部品だけにします。
青いプラスティックの基部に、ヘアーゴムを結び、コードストッパを通します。
ヘアーゴムと、コードストッパーをストロングホールドのプラスティック製の部品に結びます。図は片方だけはめ込んだところ。
カニューレの頚部固定板(ネックフランジ)に図のように取り付けます。
コードストッパーを調整して、マウントに適度なテンションがかかるようにします。外すときは、ゴムだけを引っ張らず、必ずカニューレを押さえながらゴムを外してください。