縁 側 物 語

スローライフデザイン
『縁側ゆにっと』結成によせて

「縁側」への熱き想い
『縁側ゆにっと』代表 松尾聖子 

 故郷福岡へUターン後まもなく訪れた1999年春の日、古いアパートの階段(2階)踊り場に置かれた、何の変哲もない縁台で おばあちゃんたちと猫が仲良くくつろぐのを見て何だかとても心が和んだ。
ああ、こんな風景が都心の真ん中にある我が町にもまだ残っていたのね。

そしてその光景はこころの過去ログリンクボタンを押した。

1993年頃農業見習いで住み込んでいた家(熊本県)で体験した「縁側コミュニケーション」の回想に至る。・・・

農家の縁側は多目的スペース。

ご近所さんとの密な日々のコミュニケーションはもちろんのこと、同業者同士が仕事のノウハウを情報交換したり、自慢の手作り食品を物々交換したり、お茶をのみつつそのまま昼ご飯を食べたり、あるときは保存食の乾燥スペースとして、庭作業中のくつろぎスペースとしてまたあるときは商談や縁談話のミニ会議室として、梅雨時は洗濯干しスペースとして、春と夏は昼寝と読書ポイントとして、子供達にはおやつの場所として、靴を脱いであがらないから、引き留めやすくてなおかつおいとましやすい、とてもフレキシブルで自由な、日々の暮らしに無くてはならない場所のように実感しました。

なのに…最近の住宅はセキュリティを重視するあまり、縁側という日本ならでわの社交と和みのオープンスペースが姿を消しつつあるようで。。

都会の集合住宅においてはきっと仕方ないこととは思いますが、田舎暮らしを半年経験直後、再び戻った大都会で、閉鎖的な建物の中に単身者や核家族が暮らしている光景を大変奇異に感じました。・・・

通算15年ほど住んでいた都会での暮らしは楽しくもありましたが、お勤め人時代なんて特に、お隣さんの顔すら知らないまま短期間で引っ越しを繰り返したりもしてました。

そんな私も独立して自宅SOHOを始めたものの、いきなりどのようにご近所の方と交流をしたらよいのか?子供やペットでもいないことにはなかなかとけ込むきっかけがありません。

・・・1998年秋、病気で実家のある福岡にUターンすることになりました。都会での仕事中心生活には想像もできなかったほどの膨大なゆとり時間が一気にもたらされ、途方にくれていました。

ずっと長年マンションのベランダや屋上で仕事の合間にくつろぐのが何よりの楽しみだった当方ですが、当方の実家にはベランダも縁側もありません。

幸いにしてちょこっとだけ駐車スペースに取った庭がありました。ここにテラスがあるといいなぁと、冒頭のきっかけから我が家の縁側づくり計画を日々イメージするようになり、ついに実現したのであります。

そんなこんなで、都心の狭い庭にも「縁側」ができたことで、近所の子供からお年寄りまで、我が家に頻繁に遊びに来るようになりました。私たち家族も庭に出るきっかけが増え、植物をいろいろ植えるから綺麗な蝶鳥やかわいい虫たちもたくさんやってくるようになりました。

この体験から学んだことは、今自分達がおかれている環境をしっかりと見つめ直してデザインするだけで、お金やエネルギーを無駄につかわなくても、素敵な楽園はきっと作れるということでした。
その究極のコンセプトを「縁側」が教えてくれたのです。

さてさて、あなたはどんな縁側がつくりたいですか???

いえいえ、何も「家の縁側」だけが「縁側」ではないのです。こんなに至るところ、海や川や、そう、ヒラメにだってあるのですから!
(下の図を参照)

というわけで、私たち『縁側ゆにっと』は、人と自然、人と人の心と心をつなぐ様々な「縁側」をつくり出したいと心より願っております。

home
http://www3.coara.or.jp/~nijiiro/e-u/
メール

当サイトにおける全てのイラスト文章写真など著作物の無断転用厳禁。リンク等をご希望の場合はご連絡ください。(c)engawa-unit
http://www3.coara.or.jp/~nijiiro/e-u/