きょうの虹模様・topへ
楽園の桃きょうの虹模様*01年No.13 楽園の桃
2001/12/31 究極の年越し蕎麦を食べよう!




写真上:虹母作、干支の色紙と牡丹花のアートフラワー 写真下:虹父作、手打ち蕎麦(2作目)
今年末の虹色作品:注連縄、究極の?めんつゆ、紅葉おろし、黒豆煮その他(写真なし)
以上2001年末、手作りで盛り上がった虹家でありました。
年の暮れって、虹色ついついネットや年賀状作りにはまりすぎて、正月料理の支度は虹母に全部お任せってパターン。三賀日中に旅行に出たりすることが多かったので近年だんだんと掃除も料理も手抜きする傾向にあり、、、しかしぃ今年からはぁ「年末年始は家でしっかり楽しむ!」というコンセプトで、例年よりかなり早めに計画を立てました♪

28日の新年の飾り付けに続き、29日は玄関と納戸の片づけと掃除を一気にやって、30日は疲れてぐったり(笑)同日深夜には回復して年賀状(紙もの)の原稿を作り上げました。そんでもって〜31日の今日、「究極の年越し蕎麦を食べよう!」というテーマのもと、福岡市近郊でゲットしてきた産直材料を使って蕎麦の麺、めんつゆ、紅葉おろしに至るまでを虹父と虹色がオール手作りで作ったんですよ♪
献立は、虹家風わんこそば(紅葉おろし、ネギ、刻みのりに熱いめんつゆをかけたもの→ちょっとお行儀悪いけど^^;そのままつゆと共に麺をかき込むように食べると超美味なのです)、雑穀+黒豆玄米ご飯みそ汁虹作白菜漬けでありましたが〜ま〜〜〜〜〜〜〜〜とにかく〜〜〜〜〜〜これまでの人生において最高の年越し蕎麦でありました^◇^(感動!)

といっても麺の太さはやはり「きしめん級」(笑)でもこないだのよりかは喉ごしが抜群で。。。予行練習のかいがあったと虹父。毎年蕎麦屋から買ってきてたんですが、この超作りたてのおいしさにはかなわないね〜という全員一致感動の感想で締めくくったという、記念すべき究極の忘年会でした。

というわけで〜今年一年まあとにかくいろいろわくわくてんこ盛りでしたが〜来年もまたまたわくわく年になるような予感。

と、文末になりましたが、
遠くで近くでここへ遊びに来てくださる虹友の皆様へ、いつも心温まる励ましのお言葉をありがとうございますm__m
&また来年もよろしくね〜ってことで、皆様
楽しいお正月を^◇^/虹色
2001/12/28 新年の飾り付け


大きいだけでちょっと地味かも。明日金銀の水引や、和風オーナメントをミカンの下あたりにじゃらじゃら下げようかなと思っております。
末ってのはクリスマスからお正月までの期間が短すぎていつもその準備にとまどってしまいます。近年お正月の飾り付けに気合いが入らなくなったのはクリスマスで満足しちゃうからかも?なんて思ったり。(笑)でもそれでは日本的な文化がわかんなくなっちゃうので、去年からクリスマスも和食と和菓子で祝うようになったわけですけれど。。。今日は注連飾りを作りました。といっても伝統的な形を作ろうと思ってもいきなし作れないので、虹流にアレンジ。ちょっとドアに対してデカすぎたかもしれないですが、ハレの演出ですんでこのくらいは許してもらおう^^;クリスマスのイルミネーション、ご近所の皆様に大評判だったのでお正月飾りにも少しだけアレンジしようかとも検討中。さてさて、年賀状をつくらないとね。

※虹風注連縄(門松型?)材料:虹母の知り合いから頂いた稲藁、中庭のシダ類、オリーブの枝、赤南天、葉付きミカン、和菓子のラッピングについていた赤い水引、ガーデニング用に使用した後のアルミの針金。。。以上にかかったコストは何と50円(葉付きミカンだけはスーパーで調達。庭のキンカンにしたら0円だったのにぃーー;しまった)。市場調査@博多駅によると大型の注連縄は2000円でした〜♪今後はもっと伝統的な手業を身につけたいなと思っております。
↑この頁top楽園の桃へ戻る
2001/12/24 虹誕&マイ頁誕&クリスマスイブの日



写真上、マックからのメッセージ。OS9のは書体がかわいい^^写真下、虹色作の白菜漬け。食べ頃はもうちょい先の様子。
わく頁も本日で1周年を迎えました〜♪いやはや、早いものです。
遠くで近くでこの日記を見てくださっている虹友の皆様へ>「ありがとうございます^^」thank you! と、ついに39歳の虹色、本年度より、年は「取る」のではなく積層マルチのように「積む」と表現させていただきますっ!(笑)

マイ頁を初めてからの日々はそれまでとは大きく変わってしまったと言っても過言ではありません。何よりもありがたいことは自分が何を考えているかを日々客観視してチェックできるということでしょうか?

今日、自作の白菜漬けをさっそく試食。う〜ん、一部はちゃんと漬かっているんだが、まだまだやけに生っぽい(笑)でもまあ一応念願のマイ誕生日にマイ白菜漬けが食べられたってことで。。。そして、ケーキの代わりに生和菓子とし、昨年よりやたら和風な虹家のクリスマス風景(庭のイルミネーションは除く)でした。

マイプレゼントに「マイブック-2002年の記録-」(新潮文庫)←いわゆる文庫本型の日記帳 と、「-笑って考える環境問題-あんたもわたしも エコノザウルス」(小学館)というおもしろい絵本をゲット。
またこれからもさらに日記を楽しんでいきたいなと思います。

※今年はクリスマスにGIFアニメ制作が間に合わずにsorry・・・年賀こそ!
2001/12/23 ひろがる手作り趣味の行方?

やたらと小さいブラックマッペというミニモヤシくん。モヤシというよりは豆に毛が生えたようなかんじ。(笑)
生日には白菜漬けを食べることにしてます。といっても、去年たまたまその日に食べた白菜漬けがやたらと美味しかったからだけなんだけどね^^;
クリスマス料理を作ったり、外食にもすっかり飽きてしまった虹色。去年からはごくふつーの質素な和食にしております。今年は波野村で買ってきた一玉50円の白菜を漬けているのがとっても楽しみ。なんだけど、さっき確認してみたら漬かり方がいまいちだったーー;ううっ 最初から昆布やらいろいろ入れすぎた上、塩が足りなかった模様。しまった。
その他、いろんな手作りにチャレンジ中。こないだモヤシを育ててみたんだが、このモヤシくん、普通の八百屋に置いてあるものとちょっと違う種類らしくて、あんまし大きくならないの。種の値段が一袋200円くらいしたんだけど、市販品の1/10以下の量しかできなかったので大切に大切に食べました。
虹父母から依頼された年賀状プリントアウト中、保存食の作り方の本を眺めていたら、またまた創作意欲がわくわくわいてきて〜と、自分の年賀状のデザインもそろそろ取りかからないとね^^;
↑この頁top楽園の桃へ戻る
2001/12/21  サンタにおねだり&神社に願掛け=年末年始行事


しかし、ごちゃごちゃした虹部屋である。(笑)
が冷えてしょうがないので、部屋用の靴下を買ってきた。何げに暖かそうな色を選んだわけだが、買ってきてベッド脇に吊してみると、思い切りクリスマスっぽいじゃん!(笑)そういえば、子供の頃サンタクロースが本当にいるとマジで信じていたわけだけれど、大学生以降、自分が欲しい物がこの靴下に入りきらないものになっているのに気づいた。欲張りになったのだろうか?誕生日がクリスマスイブなので、年末商戦に便乗して毎年結構贅沢なプレゼントを頂いてきたのだけれども、部屋に物がいろいろ増えてもそれだけで心は満たされるわけではないことを感じるようになった。
ある年のクリスマス、当時の恋人にねだったのは「カエルの人形」であった。「こんなのでいいの?」と不思議な顔をされたんだけど、実はもう、欲しい物が思いつかなくなっていたのだ。それからどんどん物質に興味が失せて形のない夢ばかりを追い求めるようになっていったんだが、それでもやはり満たされないまま、、、時は流れ、
で、一体何が欲しいのか?というのを最近真剣に検討し直してみて、出てきた答えは「心の和みと美味しい手作りの食べ物」だった。本当に好きな趣味に没頭しているとき、そして家族や親友と他愛のない話をしている時ってのは何もいらないのに気づく。
でもこれはちょっとかっこつけすぎ。欲がまったくないと勘違いされては困るので真実で結んでおこう。虹色が年末年始サンタクロースにねだりかつ、初詣で願掛け予定の願いは、田舎暮らし、植物を育てるとかの有機的な仕事へのとらばーゆ、そして人生の伴侶との出会い &新型ノートパソコン かな? ん?今年もやっぱりどれも靴下に入りきれないようなので、靴下はしっかり履いてっと。。。暖かい気持ちでわくわく待ってましょっ^^(笑)
皆様は何が欲しいですかぁ???
2001/12/19  今日は水曜レディスデー・韓国映画を観にいったの巻


「Interview」シネリーブル博多駅で12/21(金)までレイトで上映中デス
イトショーの映画を観にいった。家からちょろっと歩いていけるとこにシネリーブルがあるってことは大変ありがたい。ここには大好ききなアジア映画が時々やってくるから特にね。
1999年の中国旅行後、中国語講座に通い始めて以来、中国映画、台湾映画、香港映画の魅力に次々はまってきたけれど、最近一番虹的にイケているのは韓国映画
今夏のアジア映画祭で大変感動した「イルマーレ」に出てた俳優イ・ジョンジェが何か最近気になっておりまして、今日観たのも彼が出ている「インタビュー」という作品。
虹色映画にはあんまし詳しくないけど、これはドグマ95(「今日の映画にみられるある種の傾向に対応する映画救済活動」として1995年にコペンハーゲンで結成された映画監督の集団)に選ばれた作品で、全ロケ、手持ちカメラ使用、過剰なアクションや音楽、脚色やらセット、エフェクトを使わない等「純潔の誓い」の十戒があるらしい。これは映画のマクロビオティックってところでしょうか?

煮詰まったり、方向を見失ったときには、一旦余計なものを引き算してゆくと、「自分が一体何を求めているのか?」ということが大変わかりやすくなるわけで・・・
虹色も、ここんところいろいろあったけど、そうそう、今日で心機一転!
明日から新たな一歩を踏み出す勇気
を 化学薬品によるドーピングじゃなく、漢方処方的にゆっくりしっかり与えてくれたような映画だなとおもいました。
後口爽やか、ハートも満足で元気になれるコリアン映画に^^感謝
↑この頁top楽園の桃へ戻る
2001/12/17  農ある暮らし計画〜蕎麦打ち実習


写真上より:バイオガスに点火したコンロの炎@三瀬村/菊水町民家村に作ったバイオガスプラント(ドラム缶の中に材料を入れ、保温のため干し草で固めたところ)/虹わく初登場の虹父・蕎麦こねの図/できあがったうどん風蕎麦(笑)

12/15、16、民家再生農(パーマカルチャー)塾vol3@菊水町肥後民芸村町行ってきました。
今回のテーマはバイオガス(家畜の糞尿や生ゴミを原料にして作った天然ガス)と風力など自然エネルギーについてでしたが、実際に活用されてる佐賀の農場にもお邪魔することができて、ためになって楽しく盛りだくさんの2日間でした。また何より地元菊水町や各地から参加の皆々様(アヴァンギャルドな講師の先生方、心優しい多芸多才なおじさまおばさまをはじめとして、芸術家、美少女系&ジャニーズ系の若者まで?バラエティ豊かで虹色おばちゃん感激ぃ^-^v/笑)とのお話がとってもとっても楽しくて、、眠る時間も惜しい感じします。また、ここでの取れたて野菜を主に使ったマクロビオティック料理、、、黒豆入り玄米ご飯、だご汁、ヘルシーティラミスなどなどどれをとっても大変美味しかったです。/感謝
日頃はネット中心生活をしている虹色にとって、ここでの実習〜ディスカッション〜と情報交換は大変貴重な時間となっており、また、この塾を通して、最近、今後の虹色的農ある暮らし「半デジ半農生活」の方向性が少しずつ見えてきたようにも思うわけで。。。わくわく

昨日一昨日の興奮さめやらぬ状態のまま、本日は虹父と「蕎麦打ち」実習@虹家。
先週末に波野村そばフェスタでゲットした超新蕎麦粉+白水村で汲んできた超名水にて仕込んわけですが、餃子作りが得意な父(満州生まれ)ながら、蕎麦は初めて。水加減がよくわからず、最初に作ったものは生地が固すぎて延びが悪く、しかも大雑把に切ったため、まるで「うどん」のようなそばに仕上がってしまいました。ーー;夕飯に試食しましたけれど、まあ、これだけ太ければのびちゃうこともなさそうで、「味噌煮込みにいいかもね」と虹弟ナイスフォロー。(笑)それでも、後で作ったものは結構いい感じに仕上がり、これは明日の昼ご飯用にと保存。見てくれが多少悪くても自分たちの手で作ったものってのは何でも我が子のようにかわいいものだなと思うのでした^^

外の1平米マルチ畑を見回っていると、ホウレンソウの葉っぱがだんだんホウレンソウらしくなってきたようで^^にんまり。
さてさて、今週も楽しくいきましよう。


●しっかし寒い!虹部屋。だんだん指がかじかんできたので、今日の日記はここいらへんでおしまい。(笑)
2001/12/13  さむくなってきました〜けれど


5年目にして充電池の寿命切れサイバーショット。買いに行ったらその高さに驚いた。3600円とはーー;只今取り寄せ中につき、今日はタカラのデジカメおもちゃで。一昨日のイルミネーション写真、実は延長コードを庭にのばして撮影しました。(根性)
て、9月からスタートした山野草講座。一昨日「基礎編」のレポート提出が終わり、「秋冬」テキストに入りました。この勉強をするようになって、いろんな植物がずいぶんと身近に感じられるようになりました。そのおかげで超ご近所散歩もさらに楽しくなって^^得した気分。お地味が嫌いな虹母もしばらくはイルミネーションで騙しつつ、冬枯れの間、池の配置と中庭改造計画を練っているところです。
でもね、ケチケチ虹色はこのイルミネーションにかかる電力がもったいなくて・・・せめてどっかからマイナスすることはできないものか?と考えた末、この点灯期間は玄関の外灯と玄関ホールの電気をつけないことに。
昨夜から冷え込みがきつくなってきた福岡地方ですが、今年虹部屋では暖房をまだ一回も利用しておりません。これは倹約しているわけではなくて、この部屋にはガスの元栓もなく、ここのエアコンには暖房機能なし。しかも、私の住んでいる部屋だけなぜかアンペアの割り当てが少なく、PC使用中には決してヒーターはつけられません。そんなわけで、とにかくたくさん着込んでベッドにはムートンの敷物(←頂き物/羊さんに感謝)をしいて暖を取ってます。それでも狭い部屋なので、さほど寒くありません。
そして、お風呂に入ったら早めに寝る。太陽が出ている時間は最低でも一時間は日光に当たりながらの野外作業を行うことで、風邪をひくどころか、元気です。これはパーマカルチャーと山野草の育て方のコツからもヒントを得たわけですが、足先がやたらと冷えるのを防ぐ方法は只今研究中。何とかシモヤケになる前に編み出さないとね、、、(笑)やっぱり唐辛子かな?

●12/2に目撃したやや大きいイカは、「タコイカ」と言うらしい。(←なるほど)同じ日にもっと大きめ70センチほどの同種のイカが福岡近郊の浜に打ち上げられていたのを拾って帰った方が新聞に投稿してたそう。私が見たのはそのイカの連れ合いだったのかもね。毎年、この時期イカ拾いポイントの浜辺に張り込んでいる達人の皆様がいるらしいとの情報も今日、虹父(@新聞情報検索係)から仕入れた。そして偶然にも?虹母はその絶好ポイントにある浜辺の旅館で只今一泊二日の忘年会中。出がけにかなり大きめのビニル袋を持って行った模様。さて、釣果ならぬ拾果(拾イカ)はイカに????(笑)
↑この頁top楽園の桃へ戻る
2001/12/11  虹家のイルミネーション






写真上:玄関脇天井フック(夏は盆提灯用)を利用して創ったツリー。写真中:ハーブの寄せ植え中央部に流木と藁でミニツリー風に。写真下:シクラメンと蟹サボテンとアイビーの鉢はリースのイメージ
、仕事でクリスマス用品や各シーズンギフト商品を企画デザインしていたのですが、業界側から毎年毎年、世の中を眺めていると様々な疑問がわいてきて、この資源を無駄遣いする大騒ぎイベント系が大変空しく感じるようになってしまいました;-;そんなわけで、クリスマスのイルミネーションやらプレゼント交換をはじめとした、商業ペースにはまってしまった各シーズンイベント(日本の伝統的で素晴らしいと思える行事は除く)を心から楽しめなくなってはや10数年。どこぞのデパートにどんなツリーができたと聞いても一向に見に行く気にはなれず。。。(といいながら、ずいぶん前に表参道のイルミネーションを初めて見たときは、確かに感動したけれど^^;)

今夏ガーデニングを始めたのですが、朝顔の時期を過ぎてからはすっかり地味な山野草と樹木、野菜の育て方等の勉強にはまってしまったのもあって、庭は一向に殺風景なまま。獅子座の虹母はこれがとっても気に入らなかった様子。で、先日ついにクリスマス〜正月用の鉢植えの件で喧嘩となりました。(笑)確かに母の気持ちも無視するわけにはいきません。一緒に仲良く生活しているわけですから・・・

そんなわけで、先日ナーセリーで買ってきた小さな苗を見栄えの良い鉢に(←主に100円ショップで見繕い副素材は庭の廃材を利用)植え替え、シクラメンやハーブの寄せ植えをつくり、、、、で、も〜〜どうせなら!と思い切りイルミネーション(←昔仕事で頂いたサンプル品のみで工夫コーディネート)を玄関〜デッキに張り巡らせてさしあげました。半ばやけくそで始めた作業でしたが、、、、できあがってみると〜なかなかかわいくて^^;虹母大喜び。でも誰より喜んでたのは虹色だったのかも(ぼそっ)。寒い寒い夜でしたが、写真撮影しながらしばし愛でてきました。
数十年ぶり?虹家に灯ったイルミネーション。
せっかくですのでご近所の皆様にも喜んで頂けたら幸いです。
虹色はクリスマスイブに生まれ、毎年毎年たくさんのプレゼントを頂いてきたのもあり、これからは、皆々様に感謝の気持ちを込めて、「サンタク虹色ロース」となりたいと思います^◆^/~******
あなたのもとにも〜たくさんの〜わくわくがやってきますようにぃ! 
ふろむ サンタク虹色ロース

写真左:左はハーブの寄せ植え。右はシクラメンと蟹サボテンとアイビーの寄せ植え。写真右:その鉢の部分に灯ったイルミネーション。雰囲気だけでも^^;どうぞ。
2001/12/09  東・南阿蘇 そば、地域交流、名水、温泉てんこもりつあー(長文写真ナシにて失礼)
さりげないその物腰と蕎麦の味。

が見つけた情報で「冬の阿蘇を創ろうシンポジウム&そばフェスタ」波野村(なみのそん)まで行って来ました。実は今朝までこの開催地が、南阿蘇の高森町だと思いこんでいた虹色ですが、あらこりゃ単なる勘違いーー;(失礼)
ドライブで阿蘇に行くと、お気に入りの阿蘇方面、熊本インター〜立野経由で長陽村〜白水村〜名水汲み〜白川温泉と、気づいたら名水街道コースを走っていることが多い今日この頃ですが、波野村というと阿蘇部。最近、そっち方面へは出かけることがめったにありませんでしたもので。。。

今回、父がこのフェスタに感心を抱いたのは、福岡市長が「蕎麦打ち」を披露するというマイ地元と関連のあるらしいイベント内容に惹かれたからですが、(市長の実家は老舗の蕎麦屋←虹家長年行きつけのお店)何よりも、「これはきっと究極の蕎麦が食べられるに違いない!」と父の「食いしん坊アンテナ」が働いた模様。(笑)

石臼で挽きたての新蕎麦が、今まさに目の前で打たれ、それを産地の野外で(ちょっぴり冷たい空気ながらも晴天に恵まれ、もたらされた暖かい陽射しとともに)地元のみなさまと一緒に和みながら頂く蕎麦は、また格別で、なんとも至福のシチュエーションでありました。

広場には長机十数列ほどがステージに対して平行に並んでいるのに、そこに配置された椅子の半数はステージに平気で背を向いてたり、まさに「テキトー」に置かれているのです。ステージ上のゲスト(その時間は福岡市長と小国町長とコミュニケーションアドバイザーによる鼎談(ていだん)「都市と農村の連携について」)も一緒にお酒を飲みながら、蕎麦を食べながら、まじめな地域交流の話し合いもしながら、という、ま〜とことん気取らずさりげなく温かいという演出にはちょっと「やられた!」という感じ。(笑)

で、誰〜れも彼らの話を聞いてないのぉ?!と思いきや、素敵な提案や会場への問いかけに対してしっかり機敏に拍手や声援が上がり、ステージに背を向けて酒+蕎麦に夢中になりながらも結構皆様ちゃんと聞いてらっしゃったわけで^^;(素晴/勝手な解釈をしてごめんなさいm__m)

すぐ近くの席に座っていた超地元ぃ風のおばあちゃんが、時々独り言を言いながらこっちに向かってさりげなく微笑みかけておられたのですが、いつの間にかさりげなく我らの会話の中に入ってきて、村についてのガイドをしてくれてました。(暦による蕎麦の種まきのタイミングとか、栽培方法や、蕎麦打ちのコツとかを教えてくれたりも、、、全て至ってさりげなく(感謝))
彼女曰く「私は生まれてこの方、ここいらへんからほとんど外に出たことがなかとよ」と。んんん?そんなぁ?(謎)でもきっと、彼女のしなやかな物腰と深いシワに刻み込まれたおちゃめな笑顔から察するに、地元や豊かな自然に深い愛着を感じて発せられたお言葉のように感じました。

そして、少し風が出てきた頃、「さて、土産を買って帰ろうかな」と小さな独り言と笑顔を残し、さわやかな風のようにさりげなく席を立っていかれたという、素敵でさりげなおばあちゃんでした。(憧)

お昼を過ぎ、少し冷えてきた波野村を後に、我らはいつもの南阿蘇方面へ。長陽村で天然酵母のパンを買い、名水コーヒーを飲み、夏に見つけた水源の水を汲み、そんでもって「瑠璃」の温泉につかり、大広間で売店の手作り弁当をつまみながら名水ビールを飲んでから、ごろんと寝ころび、山の稜線を眺めながらしばしまどろんで帰ってきたという、またしてもてんこもりながら、とことん和めた日曜日でした。^^;

※今朝ついにデジカメのバッテリーが寿命切れ、代わりに持っていったカメラまでーー;撮影途中で自動ズームレンズが飛び出したままキャップも閉まらずおーまいごっと(涙)てなわけで、本日写真の収穫なし。
いずれにしても、お蕎麦の「味」と、さりげなおばあちゃんの「物腰」は写真には写らなかったということで〜?
↑この頁top楽園の桃へ戻る
2001/12/06  秋の大更新第二弾!&漬け物の季節
最近にわかに漬け物づくりにはまってます。
といっても、ちゃんとした容器(末代物の専用大瓶は18年前くらいに割れちゃったとか。自宅で漬けなくなって数十年経つのでしかたない話なのかしらーー;)が見あたらなかったので、台所にあった適当なもので代用。
先々週は白菜(「畑に入って好きなのを取ってかえっていいですよ^^」という役場の方のお言葉に甘え持ち帰った菊水町土産)を漬け、家族にも好評だったのでつい調子に乗り今週は糸島で買ってきた小カブを漬けました。こないだのは自然塩のみで漬けたので塩抜きが大変で、、、今回は塩を控えて刻み昆布と唐辛子などを加えたら、なかなか美味^^
さてさて次は何を漬けようかしら???と、その前にもっとちゃんとした瓶を見つけたいかも。
写真左:梅酒が入っていた広口のガラス容器に材料を入れて小皿をのせ、満タンに水を入れたビール中瓶サイズの瓶を重しに。その上からスーパー袋をかぶせて輪ゴムで止めた代物。(瓶と容器の隙間にフキンを巻き瓶を固定)写真右:それでも適当に漬かってくれた小カブであった
2001/12/02  いのししの次は・・・
浜コレの一部。ガラスや貝殻陶器の破片が海で磨かれ優しい形状になって和めます もいいけれど、やはり週末は郊外に行きたくなります。先週末、糸島へ買い物に行ったのですが、そのとき偶然にも畑を散策中?のイノシシの親子を目撃しました。2頭の瓜坊がめちゃかわいかったです。(地元の皆様は作物が荒らされると悩んでましたが^^;)そして、また今週も同じ店で買い物をし、帰り道 海岸に降りて貝拾いしてきました。「福岡を歩く(葦書房)(←地元遠足達人の皆様による情報。これ一冊あれば福岡をチープにかつ深く楽しめる本)によると、これからの時期、九州北部の砂浜にはアジア各地からの珍漂着物とともに巨大イカ等もごく稀に打ち上げらたりするそうなのです。で、本日何気なく浜を歩いておりましたら、胴体だけで30センチくらいあるやや大イカ(一瞬タコ?と思ったほど頭は丸っこかった/調べてみたけど種類が不明)が倒れているではあ〜りませんか!しかし、すでに鳥か何かに足をほとんど食べられており(近くで太ったかもめ一羽が波と戯れるふりをしながら横目でこちらの様子をうかがっていた。/怪)...まだ切り口は新鮮ではありましたけれど、さすがに持って帰る?気にはなれず、かもめの夕飯にと置いてきました。^^(笑)
右の写真がそのやや大イカ。おわび:撮影時、イカの大きさを比較する物を置かなかったため、いまいち迫力に欠けてしまいました(笑)しかし、このイカって本当にイカなのだろうか?謎
2001/12/01  今月で開園一周年になりますm__m

っという間の一年。マイhpを日々更新するようになって、物事の見方考え方が大きく変わってきたのを感じます。最初のうちは一体自分が何を求めているのか?ちっともよくわかりませんでしたが、最近いくつかに興味のポイントが絞られてきた様子。これからはそれをじっくりと掘り下げていけたらと思ってます。今月も15、16に行われる菊水町PC(パーマカルチャー/永続的農的生活)農塾参加に向けて体調も含めて調整が必要だし〜。
最近いくつかのML(メーリングリスト)に参加して日々わくわくする情報交換してます。1、2年前はあちこちの掲示板に投稿してまわることに生き甲斐を感じ、その後常時接続の恩恵によりチャットとかもにも気軽に参加できるようになったんですが、毎日やるにはしんどくて^^;結局、一巡して落ち着いたのがML。MM(メルマガ)は一方的な内容なので読み飛ばすことが多いのですけど、いずれの方法にしても「いきいきわくわくした生の情報」ってものが何よりだと思います^^

◆左の写真は先日買ってきたキンカンの木。PC実習の時に習ったマルチ法でやってみたわけですけど、実がついているから本当は植え替え時期ではないと思うんですが??今のところ元気です。先週末郊外に出かけてきましたがまだ植木市はやってませんでした。しかし何より、狭い庭につきやっぱり鉢植えを主体にするしかないですねーー;
↑この頁top楽園の桃へ戻る
(c)nijiiro ~*o_o*~seiko matsuo/縁側ゆにっと・町暮縁側てらす●当サイトにおける全てのイラスト文章など著作物の無断転用厳禁●ご感想、ご質問、リンクなどをご希望の場合は、下の「黒板消し」をクリックしてメールください^^
☆虹わくhp→虹わく楽園top
  ☆mail→メール   ☆縁ゆにhp→縁側ゆにっとhome