きょうの虹模様・topへ
楽園の桃きょうの虹模様*02年No.16 楽園の桃
2002/3/20  本日出発のつもりが・・・

わく春のツアー、本日出発の予定でしたが、今朝、フェリー会社から電話が入って、「強風のため7時間遅れておりまして、今晩の出航は難しいようです」との報告(この会社の方って話し方が至ってのんびりしている。その意味がよくわかった。)「な、ななじかん?」虹船だから語呂合わせで7時間遅れたのでしょうか?(爆)
実はここのところやたらと忙しすぎて、疲労ぎみ。今日の出発は見合わせようかと思っていた矢先のことだったので、ある意味ラッキー。だけど準備は早めに済ましたいと思います。
と、旅先携帯から一言日記コーナー【虹わくツアー日記】を作りました。写真はアップできませんが、時々ご覧下さい。でわでわ

※写真は先日母の恩師のお庭に立ち寄った時にいただいた「バイモ」という珍しいユリ科の山野草。春の到来と共にご近所庭交流が活発に。一昨日ふらりと立ち寄って下さった近所のおばあちゃんと「種から育てるたのしみ」について話し込み、種から育てたマイ春菊とホウレンソウを差し上げたら喜ばれました。これからまたまた楽しみです。
2002/3/15  そろそろ桜模様レポートをスタートしませう^^





一週間がさらにあっという間に過ぎていきます。
先週末のストローベイルハウスワークショップ、土間打ちと左官仕事がメインでさすがにくたくたでした。しかし、一日目は蕎麦打ちやらパーマカルチャー植え付け作業もあったりしてなかなか充実しておりました。今回一番疲れたのが赤土と石灰を混ぜる作業。思った以上に重たいのですよコレ。でも午前中にやった蕎麦打ちワークのコツがここで見事に応用されたみたい。でもいろんな道具を使って一度に運ぶよりも結局一番最後まで虹色が続けられたのは、手ごね手運搬という地味で着実な方法でした。(爆)てなわけで今週は土間打ち、壁塗り、屋根板はりまでできあがりました。う〜ん筋肉痛。

と、福岡に戻ってきてどたばたしながらお仕事モードで久々紙モノのデザインを依頼受けて少しびびりました。実はDTPのやりすぎ(&その他仕事上の人間関係のいざこざによるトラウマ)の結果に心身の健康を害してしまってからは、紙モノをレイアウトしていると吐き気、強烈な腹痛と目眩がしてかなわなかったんですよ。(ここまで症状が顕著だと業務内容から外すしかなかった)

でも今回は大好きな町の方々からのご依頼だったので、集中していくうちに楽しくなっていって、あの忌まわしい体験から生じたトラウマも解消されたような気もします。

本日入稿後、いつものお散歩コースに出かけました。といっても今日は一人ではなくて「謎の四人衆」で・・・(←カナリ謎)
毎春お伝えしております、「桜模様レポート」をそろそろスタートしよっかなと思い、いつもの何の変哲もない公園へ。カナリ一斉に目がふくらんで芽の先っちょがかわいいピンク色になっておりました。*^-^*これはも〜そろそろですね。すでに何輪かはちらほらと。う〜む枝が高いところにしかないのでズームナシの虹カメには主に枝しか写っておりませんが画面中央にちらっとピンクの花びらがのぞくつぼみ発見。ほかはご想像におまかせすることにして。。。
さて、明日は 菊水町農塾で出会った素敵な福岡ナチュラル系友友と虹わくガーデンにてティーパーティ『農のある暮らしオフ@虹わく vol-1』です^^わくわくだ♪

写真上から:3月9,10日の風景@菊水町民家村 虹色今週も壁塗り/ナマケモノ仲間Rちゃんと壁塗る図/棟梁ではありません、泥こね監督ぶっちさん/まだまだもうちょっとかかりそう。建築中看板と松下さん。(作業はさらにつづく・・・)/3月15日の虹庭より 今日の収穫はホウレンソウと春菊。春菊はおひたしに。ホウレンソウはみそ汁に。。。春菊の新鮮な香りにうなる虹弟/一番下は今日の桜模様(←これは拡大写真付き 画像をクリックしてね)今週末からスタートしようと思います、、、、が、しかし。よくよく考えてみたら来週からツアーやん!ーー;あああ、しかたない。虹色は急遽内容を変更して、道中で見た桜を撮ってくることにしませう。。。いつもの観測地点には虹父に担当してもらいたいと思います。
2002/3/8  なんかいそがしいよぅ


がついたらあっというまに金曜日。今週は嵐のような一週間でございました。
その内容についてはもうしばらくしてからまとめてお伝えいたします。
来週も引き続きいそがしそうなんですが、疲れたら途中で休めないことはないし。。。

しかし思うに、どんなにどたばたむーちょの時でも「家族と一緒」だとホ〜ント助かります。特に食事についてはカナリ。3年前私が身体を壊した原因は不摂生な食事にもあったわけで、特にパソコンで作業しているとつい集中しすぎて食べるのを忘れたり、打ち合わせや接待ではついつい喋りすぎて全然食べてなかったり平気でやってましたからね。

虹家の夕食は毎晩6時からとほぼ一定。これをやりはじめて約3年になりますが、最初の頃は6時になんてぜんぜんおなか空かずに困りました。しかし慣れてしまうと10数年間毎晩平気で9時以降に食べていた夕食なんてのが信じられなくなりました。7時でも辛いくらい。(爆)そんなもんなんですね〜♪

てなわけで、今週末も菊水町で「ストローベイルワークショップ その2」です。初日の朝〜昼に蕎麦打ち会もあるらしいので、今回、虹父も撮影係兼運転手ということで連行することに。虹父の農塾デビューレポートお楽しみに。
さて、今日は早く寝ましょう。おやすみなさい。

追伸:マイ同郷生のやっているアートな短歌hp「紫陽花庵」「今日の短歌 2002/2/24の歌」を見て笑ってしまいました。みてみて。(爆)

写真上から:ぱっと咲いたのはアネモネ/近くでひなたぼっこ中のひとなつこい野猫ジジ。庭仕事中にまとわりついてきて大変^^;/庭中にごろごろ転がっていた何かよくわからない球根を適当に植えたらスズラン水仙があちこちに咲き始めました(感動)

2002/3/5  ストローベイルハウスづくりれぽーと(3/2~3)



↑この頁top楽園の桃へ戻る

に見てたストローベイルハウスづくり@菊水町民家村に参加してきました♪
デジカメが途中でバッテリー切れして壁塗り中ところが無くて残念。藁ブロック積むときはコンタクトが痛いから目に入らないようにとかいろいろ神経質になっておりましたが、壁塗りに突入するやいなや、も〜!多少の返り泥を顔に浴びても、例え口に入ってこようとも笑ってられるほどに。

スタッフの方のご子息が最初「手が汚れて気持ち悪いから嫌だ」と、壁塗りはしないとか言ってましたが、子供のように楽しそうにやっているパパやその他町内外の大人たちの姿をみて?知らぬ間に一緒にはまっておりました。取材にいらっしゃってたテレビ・ラジオ局の方や、民家村ご来場者も一緒に壁塗りに参加して頂けたりというかなり和めるナイスなワークショップでした。

このように好きなことを楽しく、同じ目的を持った仲間で作り上げるってのは、疲れ方が全然違うって事に気づきました。
しかし、ストローベイルに杭を打つ作業はとても虹色には無理なことでしたし、壁を固定するための鉄のニードルを藁に通すのでもカナリ難。このように自分の限界を知るってことも大切かなと。だからこそ仲間ってのはとってもとっても大切な存在。同じような思いをもった人々とお互いに助け合いながら、いろんなわくわくでエコロジカルな夢をつむいでいけるといいなぁと心から思いました。

ふ〜。しっかしあちこち筋肉痛でだるくてしかたありません。最初なんて少し釘打ちしただけで、腕が笑ってましたね。わらわらと。(失礼)こ〜んな重労働したのって、もしかするとあの9年前天草での農業見習い以来かも。(爆)
身体がとってもよろこんでいるような感じします。

また来週が楽しみデス^^ 

写真(上から):この構造には地元の木を使い、地元の熟練の職人さんにご協力頂きました。(設計:土公建築・環境設計室の土公さん←土公さん頁に詳細レポート発見!作業の流れはこちらをご覧ください)/一番下の段に鉄筋に串刺しにしたストローベイル。/飛び出している部分を剪定はさみでちょきちょき、、、のつもりが、これがやってみるとなかなか難しいことに気づいた我ら(笑顔の主は大塚さん)/壁塗りほぼ完了後の模様。建築中の看板もなかなか小洒落ててキュート(デザイン:菊水町役場前渕さん作)
(c)nijiiro ~*o_o*~seiko matsuo/縁側ゆにっと・町暮縁側てらす●当サイトにおける全てのイラスト文章など著作物の無断転用厳禁●ご感想、ご質問、リンクなどをご希望の場合は、下の「黒板消し」をクリックしてメールください^^
☆虹わくhp→虹わく楽園top
  ☆mail→メール   ☆縁ゆにhp→縁側ゆにっとhome