2005/8/4 あまりにも暑すぎる虹部屋

リビングのくつろぎコーナー。本日ご近所さんの来客あり。お近くにお越しの際はお立寄りください。

カエルコレクションぬいぐるみ篇(引越後飾ることもままならずにごめんなさい)の棚は、段ボールを芯に珈琲の麻袋をくるんでそこに麻テープと麻ヒモを縫いつけたりしてつくりました。ちょっと狭いけどもうひとつ作るまでまっててね。>カエルたち

洗濯機の上に作った田舎風の棚。(180cm竹竿4本と有りモノのポール、棚板などで作った。母の手づくりアートフラワのー朝顔をあしらってみた)この位置にあった乾燥機が壊れてしまったので処分。虹家はもう全員忙しい一家ではないから、乾燥機はいらない。電源コードは手元スイッチをつけて漏電しないように工夫。※他の部屋のほとんどの電源コードを寝る前に抜いてまわるのは父の役目。待機電力が年間のコストに大きく影響があることを知ってからかれこれ数年になるけど、これは毎日続いている。しかし、水回りで使っている家電は取扱注意。先日食器乾燥機が壊れてしまい…。しかし、またまたそれをきっかけに夏場は食器乾燥機をつかわずーに、手で拭くことに。その役目は虹色。熱源が1つ減りキッチンがクールダウン、また片づけながら家族との会話もはずみこれも「◎」なのであります。

楽園の桃虹家の大模様替えも8割以上終了。後は涼しい日の午前中とかにこつこつやるとして… 

庭の巨大ひまわりの木?(2m以上)がだんだんテラス階段からはみ出しはじめたので、少し室内観賞用に切り花に。左の花は既に咲いていた花が約5日目に枯れ始めた。右の花は全くのつぼみからだんだん花を開いていくのを5日間かけて洗面所で観察。上からまつげのように花びらが開き、時計回りにだんだん花びらが大きく育っていくのを、毎日声をかけて応援してしまった。

こ数日、夕方の暑さにクラクラきとります。昨日、虹部屋(2階南東向き)にて14時すぎから、カエルコレクションをのっけるためのつり棚(写真左の真ん中)づくりにはまりこんでいたら、部屋の温度計の表示が「36度」になっているのに気づき…「ん? 36度? 私の平熱より高いやん!」と焦りました。扇風機をかけていたのでさほど暑さを感じてませんでしたが、結構汗をかいていて、楽しいことに集中しているときは熱中しやすい虹色だけによけいに熱中症に要注意かなと。

このデジタル温度計があまり正確ではないにしろ、もう一つのアナログ温湿計で計ってみても35度弱。今日も夕方から虹部屋で何か作業をしようと思っておりましたが、昨日よりも風がなく、またしてもデジタル温度計は「36.5度」を表示…イメージのせいかもねと侮ってましたが、さすがにあまりの息苦しさに、エアコンを30分ほどつけて横になっておりました。いやはや。

エアコン苦手な虹家のエアコン温度設定はどの部屋も20年前から28度以上。送風にならないぎりぎりの温度にするようにしてます。1階と2階の平均温度差は約1.5度〜2度。虹部屋(2階)はなかなか32度以下にはなりません。そこで、夕方の水まきタイムをもう少し早めて、暑い日に虹庭で一番先に元気がなくなるテラスのプランターに植えたキュウリの葉っぱがしおれきってしまう前に水まきしようと思います。(まだ雨水タンクが設置できてませんが、もうじき実現できそう。)

写真左がエアコン(28度に設定)をつける前、右が後の虹部屋の温度。このデジタル温度計はあまり正確じゃないと思うけど、熱中症にならないよう注意を促してくれてる気がするので感謝しとります。(同室に設置したアナログ湿度計と比較すると約1.5〜2度+かな)

 

2005/7/23 ん!?3億円!!??

いいなかプラザ主催・田植えイベントで分けて貰った苗。いろんな鉢(欠けてしまった陶器など)に植えてご近所さんにも見ていってもらえるよう工夫して並べております。

ひまわりは、2メートルを超す大木?に。実は強風大雨の夜、倒れてしまいそうになったところを母がずぶぬれになりながらレスキューしたのですが、その頃からいろんな不思議にハッピーな出来事が増えてます。

今年も少しだけ車庫上テラスで野菜を育ててます。キュウリは二度目のトライ、枝豆とスイートバジルは初。植えたのが遅かったのでちゃんと育つかかどうかは謎。(写真の奥)写真手前は今年も分けて頂いた菊水の完熟梅を梅干しに加工中・土用干しの風景。香りも色も共にすんごく魅惑的。

楽園の桃虹家大模様替え大会における最大の難関、カオス状態となった母部屋を片づけておりましたら、超爆笑!3億円分の「金運券」(※当たり前ですが、金券ではありません。発行:佐賀県・嬉野温泉)なるものが出てきました!
(写真真下)金運祈願?のお札(さつ)型のお札(ふだ)パロディー系販促グッズ。ちなみに佐賀県内には宝くじをネタにした町おこしで賑わっている場所があるくらいなので…これを飾っていたら何かご利益あるかしらん?ってね。(笑)

のごろ気が付いたら結構まめに週に一回HP日記を更新しております。(ミクシー日記と連動させたおかげでせうか?)とは言えめったにお出かけすることもなく、朝はヨーガとお祈り〜マイ庭の手入れに始まって午後から家の大模様替え作業といった、大変地道な生活パターンに取り組んでもうじき1ヶ月。梅雨時に庭いじりができなかった頃はちょいとパワーダウンしとりましたが、夏になってから体調もずいぶん安定してきたようです。というわけで、引き続き作業をしながら今後のビジョンを練っているといった今日この頃であります。

最近一番「自己発酵」モード(お気に入り)の風景=リビングから眺める琉球朝顔とヤマブドウのツタでできあがったナチュラルオーニング(日よけ)。ここはテラスをつくったばかりの頃は夏は陽射しが強すぎてとてもくつろげるような場所ではありませんでした。それが3年ほどでちっちゃな苗やこぼれだねからみるみるテラスの周りをおおいつくし…これが見た目以上にとっても涼しく、お陰様でこの部屋は全くエアコンはおろか、扇風機も要らず。ちなみに虹家全体でも(冷房苦手一家というのもありますが)今年は一箇所でほんの一時間しかエアコンつけてません。植物さんに感謝です。●写真上:テラス入口付近の拡大図。右下:リビングから眺めた庭とテラスの雰囲気、左下:二階から見たところ。

 

2005/7/15 「家族で コラボする プロジェクトx(案)」

●今年の春、早めにネットでいろいろ検索してゲットしたベッド用蚊帳。こちらはタイ製の綿100%(サイズ:幅125cm長さ182cm高さ143cm)なかなか通気性よくとてもコンパクト。こちらのサイトでゲットしました→●KEN-CRAFT(タイの工芸とグッズの店)

●その他こちらのサイトの蚊帳にも惹かれました…。●本麻100%で手作り蚊帳にトライするか?、●ナイロン製なんだけど、ちょっとロマンチック系とか、「蚊帳」でGoogle検索すると結構いろいろ出てきて…まだ蚊がいない時期にしばし蚊帳で悩んでしまった虹色でした。(笑)

●書類に紛れて発見された唐招提寺でゲットした千手観音像のポスター。本当に千本の手があるっぽい大迫力の造形に感動し、お土産に買ったのを思い出す。

●夕立の後、めずらしく南東の窓が濡れていたので、ついでに窓ふき掃除。

●写真左:虹部屋入口の壁、癒しの風景のコラージュとイーキンチェンのポスター等。気に入ったイメージを見つけたらここに貼り付けていくのであります。●写真右:今回、虹部屋のパソコンコーナーを半分以下縮小。思い切ってパソコン類を沢山手放すことにしたからこそ実現。でも見た目はあいかわらずごちゃごちゃしとりますな〜(笑)

楽園の桃 6月@母とガーデン大掃除に続き、7月@家族揃って「大模様替え」にはまってます。(最近ミクシーでブログ日記をはじめました。あんましマメには更新できなさそうですが、長い目でよろしくおねがいいたしますm__m)

っくりと片づけをしたことって、あんましなかったかもね。過去20回にも及ぶ引越しのことを思い起こしつつ、まーとくにこの20年で集まりに集まった物事人etcのことをひとつひとつ大切に磨きながら収納したり、リサイクルに出したりとかをきちんと分別中。ここまで神経をつかって片づけるのにはとにかく時間とパワーがいる。だから引越の荷造りの時に見ないで丸ごと捨てるか、または、絶対不要っぽいものが含まれていても丸ごと箱に詰め込んで片づけを先延ばしにするかのいずれかであった。しかし、私にはどーしても見ないで捨てるってことがあんましできなくて、引っ越しのたびに物は確実に増えていったのである。(SOHOになって10数年。先々も使えそうなサンプルや資料が山ほどあって整理に着手する気になかなかなれなかった。)

そんな虹色なんだけど、今回「虹家まるごと大模様替え大会」に至ったきっかけは、マイ父母そろって仕事を引退し、SOHOな虹色およびマイ弟まで人生の大きな節目ってな情況に至り…理由はいずれにせよ…20年ぶりにこうやってせっかく4人が全員揃ったわけなんだから、何〜かコラボらせてみたくなったわけである。(笑)

元行政マン、元飲食・営業・集金人、元食品流通系の商品管理者、商品企画プランナーという主な経歴から見ると至って凸凹△◇な人生色々・異業種一家なんだけど、現在における各自の趣味においては、共通点があることを発見。そこで、プラン屋・虹色が養生生活中のボケ防止とリハビリがてら、家族〜地域活性化のために役に立つプランを今春から真剣に考えはじめたのであります。

あまりにも身近な題材に家族で力を合わせて取り組むために葛藤も出てくるけど、それだけに、ひとつ問題を乗り越える度にあらゆる意味で一石二鳥以上、これまで他では得られなかった素晴らしい効果が色々出てくるのがとても楽しくてだんだん面白くなってきた。

そんなこんなで、今年の虹色のテーマ“宝物は足元に沢山転がっている!”(青い鳥はここにいる)から、今ココにある宝を発掘して磨き洗練するってな実験を少しずつ開始したわけなんだけど、このプロジェクトには、思った以上の反響が。家族のみならず、ご近所の数名も結構話しにのってきてくれた。

その内容を簡単に説明すると…

●0●先ずは家全体をしっかりと使いやすいように片づけ、不要品をリサイクルやフリマ等に出す。

●1●我が家まるごと家族でそれぞれモノとコトを創り出す工房にする。

●2●リビングや庭で時々ご近所さんに向けてのエコ&アートなワークショップを行ったり、たまにはガレージで産直市とギャラリーを開催したいなと。

●3●そのうち自宅のガーデン等でオーガニックカフェをはじめて、

●4●数年後にはご近所さんと共に持続可能な楽しくエコロジカルな場所をつくって、コミュニティカフェ+ガーデン+ギャラリー等やりたいな〜 

ってなもの。

でも決して一足飛びに「大きな箱物」とかを先に作らない。それなりの設備を作った瞬間から、あらゆる意味で責任と義務の割合ばかりが増えすぎるから。何事も少しやってみないことには、この計画自体が本当に楽しいかどうか?ホントにイケてるか?とかの感じかつかめない。

本当の意味での優れた計画とは、机上で考えた内容とタイムスケジュール通りに無理強いあわせてすすめるものではなく「途中の情況にあわせて臨機応変にしなやかに変更してゆく」ものなのだ。沢山ある失敗の経験もきちんと肥やしにして「時流にフィットした自他共に愉しめる内容、自然との共存と人間関係、そして健康第一etc」っつう重要なポイントを外さないように楽しく無理せずゆっくりすすめていきたいと思うのだった。 

2005/7/7 虹庭にいろんな救世主?登場 

●去年のこぼれ種(新潟のまきどき村からもらった種)が育った現在2メートルを超す高さのひまわりの葉の上で祈りを唱える?雨乞いカエル様。●これまた去年の梅干し用にセレクトした梅の実(熊本菊水産の梅)から生えてきた梅の木の葉の上でくつろがれるカエル様。その後は琉球朝顔の葉陰に隠れているのを見つけました。●どこからやってきたのか?大きなカナブン?ご一行様は結構固めのイエローベリー(福岡西区・野暮縁側がーでんからの頂き物。かなり大きくなりました。)の葉っぱを毎日カジカジ。顎がお強い様子。●これはガガンボさんでしょうか?結構大きくて、大変おっとりしておられます。福岡西区から頂いてきたつわぶきの葉の上でおくつろぎ中

楽園の桃 雨乞いカエル様@虹庭 ご滞在記

(最近月一の更新でごめんなさい。これじゃ日記やなくて、月報やん。)

っこう響く甲高い声で今年もカエルがどこかで鳴いているなー って思っていたら、6/14ひょっこり我が家の庭にその姿を現してくれました。確か去年、父母が田植えワークショップ<去年より父母は、いいなかプラザ(筥崎放談会・きふきふ共催)のイベントにて福岡県浮羽のきふきふ田圃のオーナー>の折りに田舎から一匹ほど連れて帰ってきたような記憶が…。その子孫?はたまたそのカエル様がこの街で冬を越されたのでありましょうか?

子どもの頃から大のカエル好きの虹色、ある時期やたらとカエル人形とグッズの収集にはまっていたりもしましたが、生きているカエルの生態については近所から田畑がほとんど消えてからは、身近に生き物と触れあうチャンスも少なくなってあまりにも知らないことだらけ。(小学校から遠距離通学だったのも原因)こりゃあ、ちゃんと勉強しなきゃですな。(反省)

虹庭には一日限りのご滞在かもしれないと、別れを惜しんで結構長時間眺めておりましたが、予想に反して2週間以上、庭のあちこちの葉陰にくつろいでおられました。今年の福岡は空梅雨という予報が出ていて、つい最近まで晴れ続き。来る日も来る日も太陽ギラギラ、一向に雨が降りそうもありません。それでもこのカエルちゃんは連日ギラギラの陽射しの下でもじっと忍耐強く毎日空を見上げては時々〜まるで雨乞いの祈祷のように〜神聖なおももちで鳴いおられました。あまりの暑さに日干しになってはいけないと、時庭の水やりの折りに激励の水をかけてあげました。(水かけ地蔵ではないですが^^;)水をかけてあげると、まあ〜何とも至福の顔をなさいます。その表情は笑っているようで、こちらまでにんまり^◆^しかしそれは一瞬で、その後再び任務にもどらると厳しい表情で空を睨んでおられました。その御姿はシャーマンのようでした。

そんなシャーマン・ガエル様がくつろいでいってくださった虹庭には、そのほかにもいろんな虫たちが滞在してくださいます。蝶々や蜂は5種類以上。また、花が終わったのにそれでも足の長い蜂がやたらとたくさんやってくるなーって思って観察しておりましたら、何とこの蜂たちのお目当ては蝶々の幼虫でした。格闘している風景を2回も目撃してしまった虹色…最近青虫が多すぎて丸坊主になってしまった山椒の苗とキンカンの木を哀れに思いつつも、決して薬剤は使いたくないなという葛藤が続いていたこともあって…そんな事を思うと蜂たちがせっせと虹庭の種のバランスを取ってくれているんだなと。感謝

この庭をつくりはじめてもうじき4年。都会の片隅にあるささやかな庭の小宇宙にもゆっくりと静かに循環のシステムができつつあることを生き物たちが教えてくれたみたいでした。これからもっとビオトープの勉強をしようと思いますが、何といっても生きた図書館や先生は「自然」そのものなんですね。

お役立ちサイト:

昆虫エクスプローラー

「虫メガネ研究所」 ←虹色とてもこのサイトに感動して管理人の方に取材?に伺ったことがあります。この方の著書「ベランダビオトープ」もう一度読み直してみませう。

2005/6/9 我が家の低速生活・ガレージパフォーマンス?

写真上から 1●大輪のバラは虹庭にあるバラで一番遅咲き 2●煉瓦のアプローチ今となってみるともっと幅狭くても良かったのですが… 3●我が家前・スダレ開示版の最新版。本日スダレを新調 4●道路側から見た掲示板とガレージの位置関係 5●只今ガレージパフォーマンス中(これは6/9の写真・不慣れな記録撮影係はマイ母) 右下の写真●二日目は人通り少なく、ひたすら一番汚れた素焼き鉢を洗う。泥は公道の側溝に流さないように。予め乾いたブラシとタオルで鉢の泥を落とし、水洗い後に出た土は一箇所に集めて乾いた後掃き集める…でも、明日は洗い桶を使おうっと


楽園の桃暖かくなるにつれて、庭に虫のお客さま満員御礼ーー;

が綺麗だと毎日喜んでいたら、最近「虫」の来客があまりにも多すぎて悩んでおります。朝になってみると、植物が無惨な状況ってこともしばしば。。。ああああ@-@それでも綺麗な色の蝶や芋虫や、今までこの庭では見たこともなかった珍しい虫たちが沢山訪れるようになったので、それも愉しみになっておりまして…。何とかこの狭い庭でも出来る限り多様性に富む動植物がバランスを保ちつつ共存できないものだろうか?と、ほとんど丸坊主になりつつあるキンカンの木やレタスの苗を見ながらやや焦りつつも「持続可能な都心のミニ庭ビオトープ」について日々真剣に考えているところです。

庭いじりにはまりだしたのは、3,4年前からですが、まだまだ経験が浅すぎてわからないことだらけ。途中1年間は里山暮らしをしていたので、この庭は放置状態が長く、環境整備と管理状況に問題がありました。有機農や自然農の知恵によるとズバリ「土ができてない」ってことになります。とはいえ、今、全部の土を改良するには時期がよろしくないので、庭師の知恵やパーマカルチャー、無農薬系の栽培指南書を参考に「今、私にできること」を考えつつとにかく「風通しを良くしよう!」ということで、増えすぎたハーブ類を挿し芽したり、ちょっとした植え替えなどを始めようということに。

共生環境の調整だけではなくて、最近ご近所さんや通りがかりの花好きの方からも「分けて欲しい」とリクエストがあったりして、さりげなくプレゼントができるようにと、ミニ鉢植えづくりを計画していたので実は一石二鳥de問題解決プラン。ですが至ってひよっこガーデナー虹色の場合は、決して安易に行動に出てはいけません。ホームセンターや園芸店に行く前にある程度計画を立てて行かないと、見当違いなものを買ってしまいがち。そこで、まずは自宅にあるものをチェ〜ック。すると、苗を買ってきたときの植木鉢がゴロゴロ。大中小あわせて50鉢ほど。これだけあれば十分ってなくらいの数なので、プラスティック鉢ばっかですがとりあえずはこれを工夫してリサイクル活用するってことに。 

というわけで、まずは植木鉢洗いからGo!昨日は午後より道路に面したガレージの前でコンテナの中に山積みとなった植木鉢をひとつひとつたわしでごしごし。これぞ、ガレージセールならぬ、ガレージパフォーマンス(笑)通りがかった人々の反応もバッチリ。わずか1時間ほどの間に小学生〜お年寄りまでの年齢層も幅広い10人以上のご近所さん&通りががりの方がやたらと話しかけてきました。「ご苦労さん」「植え替え?」「天気がいい日に洗って干したら殺菌になっていいわよね」などなど。いろんな人と話しながら作業するのはとても楽しくて…結構はかどりました。(最初は庭の内側でこっそり洗おうかな〜って思っていたのですが…単なる植木鉢洗いが思いもよらずちょっとしたイベントになってしまいました^^:)

実は同じ場所で前日、母が「らっきょう漬けの仕込み」をしていたのです。その時も通りかかったおばあちゃんが知恵を伝授してくれたりして、なかなか為になって楽しかったとか。これが虹家の「元祖・ガレージパフォーマンス?」。母はその家元。(笑)それを虹色がおそるおそる真似っこしてみたわけなのです。

昨春からスタートして気が付いたら一年続いている「我が家前・スダレ掲示板」の次は、「我が家の低速生活・ガレージパフォーマンス?」が静かな人気?です。ちょっと最初はびびりましたけど…皆様もいかがでせうか?(笑)

★追伸:5/13頃あと一日でご近所さんがゴミに出される予定だった、新古品の和服(全部で10着以上!)を喜んで引き取らせて頂きました。捨てる神有れば拾う虹あり。その中で一番気に入った着物の色は玄関脇の深紅色のバラの花に似てました。(下の写真)5/15大安吉日。さっそくこれを着て縁側ゆにっと縁側室ナオ女将の結婚式へ出席した虹色でした。

2005/5/18 虹わくの庭 は 花盛り

写真上●表の道路に面したローズの木。深みのある赤で質感がベルベット風の花がゴージャスで一番人気です(トゲがすんごい痛いんですが)

写真下●2005.5.16 ローズ。カモミール、ワイルドストロベリーの葉、そして名前はわからない草花数種 

楽園の桃お花をネタに、ご近所さんとお庭で語り合うことが多くなりました。

写真左●野暮縁側ガーデンから分けて貰ったいろんなハーブが生い茂ってきたところ 写真右●2005.5.4  虹色お気に入り赤いメソポタミア風デザインの小鉢 西田美紀さん(熊本・玉東町)作 に飾ったレモンマリーゴールド、ローズゼラニウムの葉 多様性に富んだ庭もシンプルな花あしらいもどちらも自己発酵。

年の春は、やたらと花が綺麗に咲くので、庭に座り込んで居るだけでカナリ幸せ気分。そんなわけで午前中は庭に出て、水やり剪定、、、そしてその剪定屑を基本素材にナンチャッテな“花あしらい”をするのがこのごろ日課になりつつあります。

4年ほど前庭を改装したときから育ててきた植物たちが結構りっぱになり、さらに昨春「縁ゆに野暮ガーデン」の順子園長から分けて貰ったハーブがすくすくと育ったこともあって、小さな庭ながら、ずいぶん奥行きが出てきたように思います。

最初はただひたすら庭に座って眺めているだけで満足してましたが、この風景を独り占めするにはもったいないなぁと感じるようになって…もともと買ってきた切り花を花器に生けるという事はいろんな意味であんまり好きではなかった虹色だけど、庭の花木を剪定しながらのありもののみでのアレンジならば理にかなっているし…ということで“花あしらい”を生まれて初めて心から愉しむことができたわけなんです。そう、マイ庭にこんなに素敵な花が咲いているのに、何〜も見てない家族に是非とも見て欲しくなってですね。

これまでの虹色だと、花瓶の水替え作業のような類は2日もすればすっかり忘れておりましたが、この頃は朝の庭仕事と連動しているから決して忘れることはありません。要するに、庭の草花を手入れして、花瓶の水替え、庭の水やり(その間、家族やご近所さんとの交流アリ)。。。これがセットにならないと虹色のようなタイプには「生活でお花を愉しむ」なんて芸当はできないことも良くわかりました。

昨日はその庭の花をネタにやたらと人があつまってきて、一日花屋さん状態に。ご近所さんが褒めてくれたレモンマリーゴールドをお裾分け。何と通りかかったお客さんまであり^^; あのー うちはお店じゃないんですが…。

殺風景だった庭がここまでいろんな種類の野草やハーブなどで埋め尽くされて、人に分けてあげられるようになれたことを心より嬉しく思います。しかし、マイ庭にある全ての植物名を把握できてない、至ってナンチャッテガーデナー。3年前に途中で挫折した山野草通信講座のテキストをもう一度めくってみるとするかな。^^;

きょうの虹模様・topへ
楽園の桃きょうの虹模様*05年No.25 楽園の桃
(c)nijiiro ~*o_o*~seiko matsuo/縁側ゆにっと・町暮縁側てらす●当サイトにおける全てのイラスト文章など著作物の無断転用厳禁●ご感想、ご質問、リンクなどをご希望の場合は、下の「黒板消し」をクリックしてメールください^^
☆虹わくhp→虹わく楽園top
  ☆mail→メール   ☆縁ゆにhp→縁側ゆにっとhome