きょうの虹模様・topへ
楽園の桃きょうの虹模様*01年No.10 楽園の桃
*2001/9/27 @福岡 最近朝方になりつつある
早起き訓練? 前中テラスで勉強や仕事をやるようになりました。とにかく朝が弱いのは長年に渡る夜更かし癖(小学生時代〜高校時代ってのは頻繁に夜中3時頃まで起きて趣味にかなり没頭し、大学時代は課題と遊びで、そんでもって社会人になっては仕事帰りが終電ということも結構あったわけで、、、ーー;)という悪習慣からなんですが、さらに個人になってからはまたも不規則になってしまって。。。
どうしても植物と関わる作業においては朝は大変重要な時間であり、少しずつ無理なく朝起きできるようになりたくて只今トレーニング中。
深夜までかかってやっていた作業を全部午前中に持ってきて、できるだけ早く就寝するように。
じっくりと習慣づけしていけば、たとえ厳冬の早朝でもすっきり爽やかな気持ちで目覚められるようになるのでは???と、ウッドデッキのおかげで今年の猛暑もクーラーに頼りすぎず、元気にわくわく過ごせたってことをヒントに独自の方法を考えているところであります。
イヤな宿題のためではなくてやりたくて仕方ない宿題のためにわくわく目覚めるというのが自然の摂理にかなった生活なのでは?と思う今日この頃です。
↑この頁top楽園の桃へ戻る *2001/9/25 @福岡 携帯の歴史しみじみ
羊羹文鎮〜魔法のコンパクトへ 帯電話の機種変更へ約2年ぶりに行ってきました。
デザイン事務所を始めた94年当時の携帯電話は、やたらとデカかったショルダーバックタイプのものがようやっと小型軽量化に向かって進化を始めた頃。虹色は景品で頂いたD社製の東京デジタルホン(j-phoneの前身)を使ってましたけど、音声がだんだんアヒル声になってそのままフェイドアウトしたり、電池切れも強烈に早いという、すんごい代物だったような^^;それでもまだまだ普及率は低かったので、初台の弁当屋前で電話を受けた時、とある紳士が近寄ってきて「おお、その携帯電話とっても小さいですね!ちょっと見せてください!」と感動していってくださったのを今でもしっかり覚えてます。
一部折り畳み式になっておりましたが、形はまるで「羊羹」重さはずっしり「文鎮」級(笑)色もビジネスマン向けのために黒っぽい色をしておりました。
しかしながらこの携帯電話のお陰で仕事もスムースにこなせたわけで(大変感謝)
2001年の秋、4代目の機種変更に決めたのはお洒落なN社製のブルー。やや「モッタリ」した感じがかわいくて、ひみつのアッコちゃんのコンパクトを彷彿させます。
pcもしかりですが、新機種を買いに行く度、その強烈な進化に驚く虹色でした。
*2001/9/24 @福岡 野菜づくり開始
なんちゃって菜園 わら帽子にアウトドアスパッツ+Tシャツそんでもって首にはタオルと本格的な?いでたちで庭いじりにはまっておりました。
このごろ花や野菜の作り方等いろいろ勉強中なんですけど、やっぱし初心者にはまずはカンタンに作れる方法でとっかかりをつくりたいなということで、園芸店の専用ミックス土とプランターと種(秋まきの葉ものがメイン)でなんちゃって家庭菜園を始めました。ま〜一日中土と戯れたくさん蚊に刺され強い陽射しのもとで、くたくたになるのか?と思いきや午前中よりも元気はつらつ。集中しているといってもpcに向かっている時とは全然意味も感覚も違っていて、くつろいでいるのがわかります。時々デッキに座り込んで今植え替えた鉢をぼ〜〜〜っとひたすら眺めていたり次に何をしようかな?なんて考えたりしていると、庭に居ることは確かなんですが、一日どっか遠くに旅にでかけてきたような気分になりました。収穫がとっても楽しみです。
*2001/9/22 @福岡 ひどい頭痛になやむ今日この頃
季節を体感する暮らしがしたい ういうわけか?昨日今日と昼にほんの少し陽に当たっただけでひどい頭痛がします。ここのところのはりきりすぎで目がひどく疲れていたりもしますが、、、あまりにも調子悪いときはなるべく薬でおさえず休むことにしてます。
今年の夏の陽射しも強烈でしたが、9月になってからの太陽の方がなんとなく強烈に感じます。去年の夏のことはほとんど記憶になくて思い出せませんが、デザイナーを1.5年間休んで農作業を手伝っていた1993年の夏〜冬はしっかりと記憶に残ってます---ふらふらするような真夏の昼と、爽やかな秋の一日、極寒の超早朝!という強烈なまでの野外作業体験は生まれて初めてでしたもので。
楽かもしれませんが、もしも一生デスクワークだけで終わった場合、四季を感じられる時間はかなり限られてしまうのだなと、できることなら一日における作業の割合を内と外で半々くらいにしたいなと思うのでした。
↑この頁top楽園の桃へ戻る *2001/9/20 @福岡 ムダなサービスは解約しちゃおう!
「夢の種」を大切に!!!! いつい気軽に入ったサービスやらなんやらで、単価は安くてもそれが複数になると結構な額のムダなお金が流れていってしまっていることが判明。
活かされてない経費が口座からこぼれ落ちてくのを見るってのはどうも気分がいいものではありません。本日いろいろ思うところあって、出来る限りムダなコストは削減しよう!と思い立ち、解約作業を一気に行いました。
対象はあんまし意味の無くなったN社のオプションサービスや、使ってないのに年会費だけ落ちていたカードなど。う〜ん、すっきり。これで月額5000円近いムダサービスと縁を切ることに成功。
花や野菜の種のように、「ちっちゃいお金」は大切な
「夢の種」
一部を興味のある環境保全に役立つ会費に充てたりとかして、もっともっと大切なものが大切にされ素敵なことに還元されるようなお金の使い方をしたいと意識的に考えております。
そう、一円でもお金を払うってことはそのモノやサービスの株主になったつもりで。本当に好きな製品に対して心から喜んで支払うことにしたいと思います。それが世の中でいつしかイメージ的に穢れていったお金を浄化する行為のように思うんです。
で、本日より虹わく楽園においてお金のことを
「夢の種」と呼ぶことにいたしましょう。(笑)
全世界の
「夢の種」が愛と平和の花を咲かせますように。(祈)
*2001/9/19 @福岡 辛かった話ーー;
本日にじいろ物語(プロフィール)久々更新しました 況で最近身の回りが騒がしくなっております。__
虹色は97年の秋に、心身の健康を壊したのが原因で急遽Uターンすることになったのですが、このダメージが健康だけにとどまらず創作意欲の衰退にまで及ぶとは・・・
仕事としてデザインをやるようになってからは条件反射で人から頼まれないと、何一つやる気が起きなくなっておりましたが、それがついに有り難い見積金額にてご依頼受けてもできなくなってしまったのです。__;この仕事で長年食べてきた者としてはまるで死んじゃったような気分でした。
しかし、そんな闇の中でもわずかな光は存在するもので、メールを書くことが大好きだったことから、絶不調の頃はデザインやビジネスから離れ「文章を書く」ことに没頭してました。このhpもそんな時にopenしたのですが、自分でオーダーしたイラストを自分の為に作ったというのは高校生以来のことだったような?
開園の日、自分に対して心から感謝したのをしっかり覚えております。
現代を生きるには経済も大切な要素であるわけですけど、お金にポイントを置きすぎるとそれは間違った方向へ向かう可能性だってあります。
本当にやりたいことに自分の力がシンクロしたとき、生かされている喜びが生まれ、そこにいくらかのお金がついてきてくれたときの喜びはひとしおで、自然と感謝の気持ちが生まれます。金額にかかわらず無駄遣いなんてできません。
と、原点に返ってもう一度お金のことを考えなおしている今日このごろです。
★虹わく楽園hpからの知らせ→→虹色の部屋の「連続じぶん小説 にじいろ物語-第2話」を当hp開園以来初めて更新しました。虹色が辛かった頃のお話ですが、なんか〜今思うと かなりの頑固だったなと。。。お暇なときにご覧下さい。
*2001/9/17 @福岡 山野草講座
日夕方、日本園芸協会から教材が届き今日から勉強をスタートしました。うううん、花の名前を知らなさすぎて目眩しますが、たまに知っている花が出てきたりすると嬉しくなります^^と、今日から一年間、くじけず焦らず楽しくやっていきたいと思います。
田舎の道ばたや山の中で出会う植物ってのは何とも可憐でこころが和みます。虹母は野に咲くスミレが大好きで、それってのはきっと水墨画とか手書き友禅をやっているってのもあるのでしょう。前は成り行きで増えてしまった西洋系のハーブが庭のほとんどを埋め尽くしておりましたが、新しい庭はできることなら四季折々の日本の野草を育てたいねと二人で話しております。
虹色は自然と縁の薄い町中で育ってしまったわけですが、幼少時代は今更取り戻せません。高度成長時代に失ってしまった自然を何らかの形で取り戻せたらな〜という思いを胸に抱きつつ、何はともあれ、虹色は超初心者につき、決して高望みはせずじっくり日々植物に触れ、観察することかなと思っております。
*2001/9/15 @福岡 本日虹わく動物楽園(笑)

ご覧になりたい方のみ、拡大写真をどうぞ↑
頃下で家族が騒いでいるな〜と思ったら、中庭にイタチが遊びに来ていたそうなのですよ。外猫の餌場近くにやってきて、そこいらに落ちてたコンビニ袋の中に何度も頭をつっこんだり、家の中をのぞき込んだりしてくつろいでいったそうです。ここいらには虹色が小さいころからイタチの通り道があり、何度か目撃したことあります。最近すっかり姿を消したと思いきや、どっかでひっそり暮らしてくれてたようで。「イタちゃんの瞳がかわいくて〜」としばらく父母弟三人で盛り上がっていた様子ですが、残念ながら現場に虹色いなくてーー;
昼過ぎ、鍋にたまった雨水を仮の貯水タンク(洗濯機)に入れようとしたところ、洗濯槽の縁のとこに
ヤモリくん(写真左)がくつろいでいるではあ〜りませんか^^尻尾が切れてて一瞬カエルかなと思ったけど、これがま〜かわいらしい指をしてまして、しばし動きを観察。そんでもってかべちょろという名前しか知らなかった虹色、ネットで検索してみたところ自然環境教育センターの「身近なカエル・へび」というとってもわかりやすいhpを見つけました(感謝)なになに?ヤモリは爬虫類で、イモリは両生類。一字違うだけでこんなに違うのね。。。いろいろ勉強になります。
一昨日は
シジュウカラが4羽ほどやってきて車庫上テラスでさえずっておりました。近所の鳥好きなおじさま(虹家はす向かいの自宅屋上で鶏を飼っておられる方)の話によると秋になるとここいらにも結構たくさんやって来るんだそう。庭に感心が出てくると、町の真ん中でもいろいろ楽しめるもんですね。いや〜感動しました。
↑この頁top楽園の桃へ戻る *2001/9/14 @福岡 心のやすらぎ

taurus records/1998
テレサテン「甜密密(テンミーミー)スクリーンテーマ集」
国語の歌が大好きです。
1999年5月、6日間ほど広州〜昆明〜桂林に福岡市の親善団で旅行してからというもの、アジアにやたらとはまっております。福岡ではアジアの新しい文化芸術のイベントを頻繁にやっているので、かなりディープなアジアンファンの方がたくさんいらっしゃいます。虹色がはまってからはまだ2年程度ですが、この間、熱烈な中国映画ファンの友達から短期間に通算50本にもおよぶアジア映画のビデオを貸して貰って基礎知識を身につけた後、劇場やアジア映画祭に足を運んでいるうちにいつしか虹色も初級レベル?のアジアファンに。
1999年6月から1年間中国語講座に週2回のペースで通っておりましたが、どうも記憶力が悪い虹頭。初級終了段階で一旦休止。それからはほぼ毎日中国語の歌をひとりで練習してました(現レパートリー10曲。しかし暗唱できるのは2曲のみ^^;)。とかいいながら、最近な〜んか忙しくて練習をする時間が全然取れてなかったわけで。一番のお気に入りCDは
テレサテンの「甜密密(テンミーミー)スクリーンテーマ集」。今日はその中の1曲「原郷人」(自然豊かな故郷に戻り新たな人生に向かって決意と希望を表した歌)にピンイン(中国語の発音記号)付け。先日この歌詞の日本語訳を読んでいたらなんか涙が出てしまいまして、着メロもこれに変えたところです。テンポもメロディーものんびりしていて+中国語の語感がここちよくって。。。
テレサの歌は虹色にとってヒーリング音楽なんですね。
*2001/9/13 @福岡 平和の祈り
多種多様なものが住む星 んな事情があったって、テロも戦争も正当化されてはならないことです。
この地球上にはたくさんの生命が住んでいます。人類だけをみても人種や宗教がたくさんありますが、国、地域・・・いえいえ たとえこの虹家に住む4人家族に於いてでさえ みんな違った好みと価値観と信条を持ってるように・・・この地球がいかに多種多様な星であるか?と考えていくうちに虹頭の限界をはるかに超えて気が遠〜くなってしまいました。
複雑な宗教や歴史的背景については今回の関連記事を読む程度にしか把握はできておりませんが、喧嘩の原因の多くは
ムカツクことにあり、そのムカツク原因は妬む心VS優越感との格差が大きくなったときに火花が散るように思うのであります。
そんでもってこの小さな庭の中にだっていろんな種類の生き物同士による葛藤があり・・・と、とにかくいろんな気づきがそれはそれは際限なく多岐に及んでしまうほどすんごい衝撃の一日でした。
しかしとにかく何よりも
事故で亡くなられた方のご冥福とともに、地球平和を心よりお祈り申し上げます。
*2001/9/11 @福岡 夏が終わっても寂しくない庭にしよう

虹風坪庭(処女作)白い物体は生け垣変わりの貝殻(サザエアワビホタテ他 食後のゴミ)です。
日まだまだ朝顔が咲き続けています^^私はてっきり朝顔は夏の間に咲くものだと思ってたんですが、実はそうじゃなかった。暑い間はなるべく無理しないように葉陰についたつぼみがこそっと様子をうかがうようにちらちら咲いたくらいで、一気に咲き始めたたのは9月に入ってから。花が繊細なので強い陽射しに会うとすぐにしぼんでしまうからでしょうかね???軒下に這わせた蔓のは毎日結構夕方まで綺麗に咲いてます。デジカメで毎日欠かさずその観察記録を取っているんですけれど、植物ってとっても素直で賢くて、虹色に自然についていろいろ教えてくれる師匠であります。
ところで、写真は今日作った虹風坪庭(処女作)です。材料一切、この庭に転がっていた物だけでまとめてみました。無心で自分好みに作りこんでいくと、、、あら、とっても和風じゃないですか〜。結構渋いのね〜私の趣味って!(笑)興味深い気づきがいろいろありました。詳細は後日ガーデンコーナーで。
実は写真左上にある薔薇の木を鉢から路地に植え替えするように母から頼まれただけで、ほんの一部いじるだけのつもりがついつい、、、これは深みにまりそう。(笑)
さてと、次は〜ビオトープ池だ!?
↑この頁top楽園の桃へ戻る *2001/9/10 @福岡 わくわくの芽〜♪
を蒔いて芽が出てきたときのうれしさというのは、まことに何者にも代え難いいとおしさがあります。そう、3日前に蒔いたローダンセという花(100円ショップでゲット)のちっちゃなちっちゃな芽(左の写真)が土からこんにちわ^^と虹庭にデビュー?しておりました。
最近、
「種子銀行」という検索キーワードでヒットした種、苗入手カタログというリストにたどりつき、、、種子銀行もけっこうたくさんあって興奮気味。「見ているだけでも楽しい植物図鑑のようなカタログです・・・」てなコメントにも惹かれたりなんかして、気に入ったお店や農園のものをいくつかゲットしたいと思っております。
*2001/9/9 @福岡 目の疲れ@@
休目の日 りきりすぎてhpのあちこちの更新を一気にやろうとしたら、昨夜超目がつかれて頭痛+気持ち悪くなった。いかんいかん。こんなときはすぐ休目。まずはごろんと横になってうたた寝したあと、ぼ〜っと庭を眺めていると疲れがほぐれてくるみたい。あまり何事も一気に片づけようとなんてしないことなんだけど、どうもはまると時間が経つのをわすれてしまうクセが。楽しいんだけどね、やっぱり何を楽しむにしても途中でお茶するくらいの余裕時間がないと。。。(反省)
*2001/9/7 @福岡 貯水池がほしい

ずっと眠ったままの洗濯機に突然新たな使命が舞い込み。。。
の二日、大雨が続き、先日より集めていた雨水の貯水量が軽く大鍋3杯のキャパをこえてしまいまして、何かよいタンクはないかな?と納戸や庭を探し回っていたのですが、、、ありました!一人暮らし時に使っていた全自動洗濯機なんですが、まだ廃棄するには忍びなく、かといってこれから使う予定もないままにデッキの隅に放置されておりました。
と、昨日の夕方、ふとこれに目がとまり、早速ここにバケツや鍋やタライに貯まった雨水を移したら高水位ラインまで満タン!ちゃんとしたタンクが見つかるまでのしばしの間すみませんがよろしくm
__m。
★虹わく楽園hpからの知らせ→→虹色の部屋の「ひらめきエッセー」を半年以上ぶりに更新しました。本日満開を迎えた?朝顔の写真ものっけてます。お暇なときに見てくださいね。
*2001/9/6 @福岡 おおお、これだ!
「おとなの遠足(道草しながら歩こう福岡)」勝瀬志保・竜田清子 共著(海鳥社)「新版 福岡を歩く(福岡都市圏・散策101コース)」(葦書房) た今日も雨でしたが、夕方にふと本屋に行きたくなりいつもの紀伊国屋に行きました。かなり強く降っていたので、テレビでずいぶん前に見たなんたら家の裏技の1つ「内股で歩くと泥はねしない!」というのを思い出し実行してみましたら、な〜るほど効果あり。(笑)で、今日ゲットしたのは「散歩」と「遠足」の本。いずれも虹色がずっと欲しかった本で、タイトルの頭に「おとなの」ってついているところがみそ。「おとなの」というか、ドライブや、家族や恋人とかと一緒に行くのではなく、ただ自然の風景を愛でながらひとりで歩くことが主体になっているのがポイントなんです。人と一緒に行動するのもそれはそれで楽しいのですが、お喋りに夢中になって風景を見てなかったり、お互いのペースと気分に合わせないといけないので、なかなか自分の思うような歩き方はできません。
と、虹色が初めてひとり歩きに出かけたのは虹色30歳の春、場所は奈良でした。この不思議なわくわくがいっぱい詰まった
奈良ひとり散歩(11日間)によって人生観が大きくシフトしちゃいましてね。・・・それまでいかに自分の気持ちを無視して人に合わせていたかがよくわかり、誠に自分らしさってのはひとりにならないとなかなか見つけにくいものだなと。。。それから虹色のアクティブ系の趣味はひとり散歩と遠足が一番のお気に入りとなっております。
※登山となると低い山でもあなどれないし、環境にいくらかのインパクトを与えてしまうしで、頻繁に行くには恐れ多いような気もする。体力的にも眺めるのが一番かも・・・
↑この頁top楽園の桃へ戻る *2001/9/5 @福岡 最近よく海に行く
(共に拡大図付き) 天でしたけど、ここのところほとんど休みなしで各種作業をしていたので、今日は時間をとってぴらっと福岡東部へ散歩に出かけてきました。まずリンガーハット「野菜たっぷりチャンポンセット 秋バージョン」(ほうれん草+マイタケ入り=なかなかあっさり系でグーでした)を食べてから、箱崎宮花園で山野草をながめた後、福岡市営地下鉄+西鉄宮地岳線にて久々三苫海岸へ。ここは虹色の青春の思い出がつまった場所でありまして、とにかく綺麗!何もない!人気サーフポイントなのでゴミもほとんどなく、砂浜に座っているだけで心から幸せな気分になれるのです。故郷の美しい風景よ永遠に。(祈)
ここへの入口付近にある農家の古びた小屋が今も健在で嬉しかった〜♪ 壁にかわいく蔓を這わせたひょうたんがおちゃめに実ってました。(笑)
写真上:三苫海岸の美しい砂浜はパウダースノーならぬパウダーサンド。素足で歩くとさらさらして気持ちいい。下の写真は浜の中程にある守護神のような赤い岩。こうやってみるとサツマイモのよう〜♪
*2001/9/3 @福岡 朝が好きになりそう?

逞しくて可憐な白い朝顔↑本日の写真は拡大付き
血圧な虹色の標準は下50代上80代。朝寝坊が得意なのですが、どうもこのごろ朝が気になって〜!昨夕から降り始めた雨をまたもや貯めようと、雨水滝セットを設置してたのですが、どれだけ貯まったかな〜?そんでもって今日は何輪花が咲いているかな〜?というパワーに自然に起こされます。目覚まし時計のアラーム音なんてあんまし聞こえた日がないんですが、この花と水を意識しているとタイマーなんていらない様子。

で、今朝はちょっと違ったものに感動!一昨日、母が近所の路地裏で誰にも愛でられることもなくしいたげられて咲いていたという白い朝顔の蔓を摘んできたんですが、その日の午後にはしおれて葉っぱもほとんど枯れてました。今朝それを捨てようと思ってふと縁側テーブルの上に目をやると、な〜〜んと立派に咲いているではあ〜りませんか!なんか純粋にその生命力と逞しい可憐な姿に涙さえ出そうでした。ごめんなさいね。もうちょっとしっかり水をあげて他のつぼみも咲いてくれることを祈ってます。(祈)
*2001/9/1 @福岡 九月!
自然を愛でる時間 ーママ花の本名が判明!「オシロイバナ」でした(黒うさぎさん&しのさん、どうもありがとうございました)種の中からおしろいみたいな粉が出てくるそうで。。。へ〜虹色知りませんでした。幼少の頃ってあんまし外で遊ぶ時間がなかったからでしょうか?それとも記憶力がないのでしょうか?あらためてチーママ花をじ〜っと眺めていたら、そうそう、どっかでみたことがある!という懐かしい気持ちになりました。名前も虹色の直感イメージに結構近かった かな?なんて思ったり。(笑)
朝顔がまだまだ蔓をのばし、花をどんどんつけるので、今日は格子の延長工事をしました。軒下の天井に針金で張り巡らしていたんですが、、何とも蜘蛛になった気分。ふと空を見上げたときシオカラトンボとアゲハチョウが同時に青い空に気持ちよさそうに飛んでいました。ううううん。どんなに忙しい時でも自然を愛でる時間が私にとびっきりの滋養を与えてくれてるんだなと、しみじみ感じた9/1でした。
↑この頁top楽園の桃へ戻る
(c)nijiiro ~*o_o*~seiko matsuo/縁側ゆにっと・町暮縁側てらす●当サイトにおける全てのイラスト文章など著作物の無断転用厳禁●ご感想、ご質問、リンクなどをご希望の場合は、下の「黒板消し」をクリックしてメールください^^
☆虹わくhp→虹わく楽園top
  ☆mail→メール   ☆縁ゆにhp→縁側ゆにっとhome