「道の駅やよい」ぶらり訪問記 2001年4月30日(月・祝)

4月28日(土)にオープンしたばかりの「道の駅やよい」は、私の家から最も近い道の駅。
どんな利用の仕方が出来るか、カメラを携えて立ち寄ってみました。あなたなら、どんな風に使いますか?

「道の駅やよい」は、国道10号線を大分から宮崎へ向けて走ると、大分県は南海部郡弥生町の
番匠大橋の1キロほど手前にあります。ちょうど大きな左カーブの手前、左手側。



4月28日のオープン以来、あいにくの雨が降り続く中たくさんの人が訪れていました。

まずは特産品売り場を覗いてみましょう。



特産品売り場では、地元の農家の方々が作った野菜などが販売されています。
この日、私が訪れたのは昼下がりでしたが、既に大半の品物が売り切れていました。大繁盛ですね。



お次は、全国的にも数少ない淡水魚専門の水族館、「番匠おさかな館」を覗いてみましょう。
入場料は中学生以上が300円、小学生以下が200円です。団体(15名以上)割引有り。
営業時間は午前10時から午後7時まで。



中に入ってみると、水槽のみにあらず、パネル展示で
地元・弥生町内を流れる一級河川「番匠川」水系に関する説明などがされていました。



各水槽の横には、各魚種の簡単な説明パネルが並べられてあり、知識のない方でも
どんな魚がいるのか判りやすいようになっています。パネルを見つつ、実物と比べつつ。

 

「にぃ〜らめっこしましょ」 と言ったか言わなかったかは知りませんが....



....おいさんと鯉が、お互いに物珍しそうにしています。

二つの大きな水槽には、それぞれ番匠川の上流と中〜下流の魚。そして、その奥には
魚種別に分けて小さな水槽が(肉食の魚もいるので一緒には入れられない?)いくつか並んでいます。



番匠川水系に生息する魚だけかと思ったら、熱帯魚まで!? ここは別室で、室温を管理しているようです。
お馴染み?のエンゼルフィッシュもいましたよ。



エンゼルフィッシュってどんなんだっけ?と思い出せないあなた。 「道の駅やよい」までお越し下さい。(笑)

順路に従って行くと、今度は資料室と言った感じの広間。
番匠川流域の航空写真(周辺の林道が写ってるかな?)や、各種資料本、
PC端末を使った情報検索システム?までありました。



さて、外へ出て少し周囲を見渡してみましょうか。

道の駅を挟んで国道と反対側は、番匠川の支流、井崎川が流れています。
川沿いに作られた遊歩道を歩いていくと、その先は毎年秋に「コスモス祭り」が開かれている
番匠河川公園へと繋がっています。



季節がらか、川の両岸を結んで鯉のぼりがずらりと泳いで....ないですね。



雨天につき、風が吹いていませんでした。天気が回復してくれれば、そよ風に泳ぐ姿が拝めるのですが。
ゴールデンウィーク後半の4連休中に来るといいかも。

さて、それではいよいよ「食」の施設に探りを入れてみましょうか。
レストランの前にはオープンテラスがあって、ちょっとオシャレな感じ。ああ、これで天気が良ければなあ。



中に入ってみると....これは、レストランと言うほどでもないか?
座席数も、さほど多くはありませんでした。



ひとしきりメニューに目を通して....やっぱり、まずはこれから味見せねば。「ごまだしうどん」450円。



ごまだしをツユに溶いて、いざ食べようとした瞬間!
 ....アブナイアブナイ、危うく見落とすところでした。

 

魚のすり身の天ぷらが、かろうじて?魚の形をしています。
芸が細かい....子供が喜びそうですね。

窓際のカウンター席に、なんとも愛らしいメニューが立ててあったので参考に写してきました。

 

「ごはん類」のメニューの上から三番目。「やよいナバコッコ」なるなんとも妖しげ?な名前のメニュー。
その実態は....次回、ツーリング中に訪れたときに、実物をレポートしましょうか?

しかし、「カプチーノ」とか、イタリアンロードレーサーを傍らに置いて飲んだら気分に浸れそうだけど
「やよいナバコッコ」と「カプチーノ」の組み合わせは勘弁して欲しいなあ。

ちなみに、こんな軽食じゃあ物足りないという方や、寄ってみたら混雑してて席が空いてなかったという方へ。
道を挟んで反対側に「深川茶屋」という和食系?のレストランがあります。



道の駅のオープンにあわせて大幅な改装工事を済ませ、こちらもやる気満々!?

さて、ここ「道の駅やよい」では、今後平成14年秋には温浴施設も出来る予定だとか。
これから先、どんな風になっていくのか楽しみにしましょう。


オープン3日目の今日。雨にもかかわらず駐車場はほぼ満車に近い状態で、たくさんの人が訪れています。
はてさて、この先、どのくらいの利用者があるんでしょうねえ。



夏場は、車の少ない県道35号(三重弥生線)で県体前の練習をして、帰りに、ここでビールを呑む。
....なんて習慣が身につかなければいいんですが。ワタシ。

(終わり)


■ サイクリストのホームページ「風の杜」 製作:八木紀彦/NewCOARA(大分コアラ天神コアラ)会員 ■