2004年9月 その2へ

2004年9月 その1
今月は東京遠征を予定してまぁ〜す(嬉)

2004年9月17日(金)
中村屋<しお・こってり 700円>
神奈川県大和市下和田1207-1

2004年9月17日(金)
中村屋<特中村屋しょうゆ・あっさり 950円>
神奈川県大和市下和田1207-1

2004年9月17日(金)
中村屋<特中村屋しお・あっさり 950円>
神奈川県大和市下和田1207-1

2004年9月17日(金)

店前には10名程並んでいた。
程なく中へ。


2004年9月17日(金)

新横浜駅から地下鉄にて横浜駅へ移動。
藤沢までJRで行き、
小田急江ノ島線に乗り換え高座渋谷へ。
2004年9月17日(金)

取り敢えず朝食。
2004年9月17日(金)

本日から3泊4日の東京・横浜・埼玉遠征へ。
博多駅より始発の「のぞみ」で出発。
2004年9月16日(木)
梅乃庵 <唐揚げ定食・うどん 600円>
大分県日田市日高町1396

前回同様、定食を注文。
温うどん・鶏唐揚げ・野菜サラダ・冷や奴・漬け物に御飯お替わり可という定食で600円也。

柔らか〜い・むにゅんとしたうどんを楽しめまーす。
2004年9月16日(木)

本日は午前中から日田市へ。
いつものお店「梅乃庵」にて昼食。


前回訪問日 2004_08_25
2004_08_10  2004_07_15
2004_05_28  2004_05_06
2004_02_06  2003_12_14
2003_11_11  2003_06_19
2004年9月14日(火)

何故かコチラの方がやや香りを感じました。
2004年9月14日(火)

2つめの露天風呂です。
中から鍵を掛けられるようになってました。
2004年9月14日(火)

温泉街が見える。
2004年9月14日(火)

かなり熱〜い・微香の湯です。
2004年9月14日(火)

露天風呂は2つあり、
先ずはコチラから。
2004年9月14日(火)

うーん・・・
なにやら臭いのアルあまスープ。
ココは味噌の方が合うのか??

食事をすると露天風呂に無料で入浴できます。
そぉー考えれば入浴代込みでは安いかも。
2004年9月14日(火)
蔵屋@天ヶ瀬店 <ラーメン 500円>
大分県日田郡天瀬町桜竹


うどんはメニューに無く、ラーメンを注文。
日田市にあるうどん店の支店である。

以前八代のけんちゃんからも紹介されていたのだが、お店のオーラから今まで入店できないでいたお店であった。
2004年9月14日(火)

昼時から外れての入店にも拘わらず
先客はそこそこ。
2004年9月14日(火)

本日は午後より日田市へ。
帰りに天ヶ瀬町の蔵屋に立ち寄る。

高台にある蔵屋の駐車場から温泉街が臨める。
2004年9月13日(月)

甘いモノ。
2004年9月13日(月)

餡は茶色く濁っている。
私には塩分が強過ぎるかなぁ〜。

でも、400円くらいでこの味・質は地元店では難しいと思われる。この辺りは流石チェーン店!日田市ではどんなモノでも500円はするのである。
2004年9月13日(月)
リンガーハット@日田店
<皿うどん 409円>


皿うどんを注文。

追記
ケパサさんもリンガーの皿うどん食べていたようです。
シンクロでーす(笑)
2004年9月13日(月)

リンガーハットへ逃げ込む。


注) 外観画像は食後に撮影したので、ほぼ雨は上がってマス。入店時にはとても撮影出来る状態ではありませんでした(笑)
2004年9月13日(月)

本日は朝から気持ちの良い晴天。
空気が澄み、山々が鮮やかに見える。
ちびキャンはこんなに晴れるとイイなぁ〜♪

がぁ!午後より日田市は突然の局地的雷雨・豪雨。
道路に排水出来ない水で溢れる。
2004年9月12日(日)

帰りは都市高で移動。
途中博多で降りるが、夕立に遭う。
2004年9月12日(日)

鼻にぬける独特のあまみはいつも通り。
一番ダシだったらしく、濃度はやや弱め。
おかげでやや塩タレを強く感じる。
2004年9月12日(日)
げんき家 <ノーマル 500円>
福岡市西区拾六町2−6


ノーマル塩とんこつを注文。
2004年9月12日(日)

その後、げんき家へ。
2004年9月12日(日)

福重のダイエーからも秋の空が美しい。

ダイエーにて買い物。
ダイエーホークスへのささやかな御協力。
2004年9月12日(日)

天神のビックカメラでデジカメ用予備バッテリーを購入。
ビルの間から真っ青の空が鮮やか。
2004年9月12日(日)

前回とは趣が全く異なる蕎麦に驚き!!
キリっと硬く、あまみ・香りも十分♪
ココは海苔もウマイし、あっという間に食べてしまう。

前回はヌメっとしていて、香り立つやさし〜い蕎麦だったのである。蕎麦も一期一会。同じ蕎麦屋でも季節によりここまで違うのだから食べ歩きは止められない。

ちなみに新そばとのこと。
2004年9月12日(日)
やぶ金 <ざる蕎麦>
福岡市中央区大名1-12-24


待ち客まで出ていて、結局外で20分待つ(爆)
「ざる蕎麦」を注文。


前回訪問日 2004_03_28
2004年9月12日(日)

せっかくだから極上蕎麦を食っちゃうかぁ〜♪
っと「やぶ金」へ。
2004年9月12日(日)

きっちり武骨な硬コシうどん。
伸びコシはほとんどない。
粉に混ぜモノを入れてない素朴な味わいを楽しめる。

おつゆのダシは贅沢で、異常な濃さでした(凄)
2004年9月12日(日)
博多讃岐うどん
<ごぼ天うどん 500円>
福岡市中央区大名1-12-3


相変わらず盛況で、カウンターの端に滑り込む。
周りの女性客からは頻繁に肉うどん+の注文が聞こえていたが、やっぱり私は「ごぼ天うどん」を。


前回訪問日 2003_01_11
2004年9月12日(日)


ふらふらと「博多讃岐うどん」へ。
2004年9月12日(日)

久しぶりに店長吉崎さんとお会いし、話す。近頃イベントの時くらいしか会えてなかったのである(笑)

すると御親戚を連れ来店した今秋新たにオープンさせる「五行」の店長になる方が私の隣に座られたので、吉崎さんの計らいで色々話す。
2004年9月12日(日)
五行 <つけ麺 840円>
福岡市中央区大名1-12-61

今日は「つけ麺」を注文。
太麺がむちむちしていてかなり美味しい♪
つけ麺にしてはつけ汁は魚介・酸味抑えめで、他店と差別化されていてコレ又良い出来。一風堂@薬院店は魚粉まで振りかけ魚介を強めにしているし嬉しい大盛り値段据え置きサービスまであるのである。コチラは割高に感じてしまうが味自体は満足できる一杯。最近「味噌麺」ばかりが全国ネットの番組で紹介されることが多いが、五行は「しお」や「つけ麺」もなかなかイイっす。
2004年9月12日(日)

一風堂@西通り店はお客が多いのだが、
上の五行の客の入りは今一つなのである。
今日はちょっぴり盛況(笑)


前回訪問日 2004_08_01  2004_03_28
2004_01_12  2003_12_21
2003_06_26  2003_06_15
2003_01_19その他多数

2004年9月12日(日)

所用を済ませ、昼食に西通りの「五行」へ。
2004年9月12日(日)

本日は早朝より福岡市へ。
空は真っ青、秋の空。

天神に向かって裏路地を歩く。
2004年9月11日(土)

帰りに湯布院へ。
庄内町との境にある「湯平温泉幸せの湯」へ立ち寄る。
がぁ!ボンプ故障中につき入湯できず(残念)
2004年9月11日(土)

大分県内では超メジャーな百貨店「トキハ」へ。
お惣菜とスウィーツを買い込む。
2004年9月11日(土)

ブクブクと浮いた泡は迫力満点です!!
ガツンと襲ってくる濃厚スープで、醤油葫ダレが利いています。麺は長浜系極細硬麺です。

大分の味としてはとても完成度が高いですネ。
流石「とんかつ屋」が営むラーメン屋なのでしょうかぁ!
肉をトンカツで使用し、骨はラーメンへ! コスト・質の管理がしっかりしているのかしらん。
正直驚きました!噂以上の出来ですネ。
2004年9月11日(土)
萬平 <ラーメン 500円>
大分市碩田2-1-34


店内はお客で満席。
客層は幅広く、やや男性が多いかな。

カウンターに座り「ラーメン」を注文。
2004年9月11日(土)

「とんかつ亭」の後ろにある「萬平」
コチラもあまさんからメールで紹介された久留米ラーメンのお店。紹介店は大分大学近くのお店だったが、大分市内に増殖したおかげで最寄りのお店をセレクト。
2004年9月11日(土)

かなり大きな海老です!!
ボリュームありますよん♪

築地場外市場の「八千代」にもまた行きたいなぁ〜
2004年9月11日(土)
とんかつ亭
<天然大海老フライ定食 1580円>
大分市碩田2-1-34


メニューを眺めていると「天然大海老フライ」が食べられるじゃないのぉ〜♪
迷わず「天然大海老フライ定食」を注文。

店内・メニューはまんま大分版「浜勝」(笑)
擂り胡麻サービスも同じ。
2004年9月11日(土)

最近大分で増殖中の「萬平」へ。
その母体である「とんかつ亭」へ入店。
2004年9月11日(土)

壁に貼ってあった紙です。

お店の方に伺うと、
「この文が大好きなんです」とのことでした。
2004年9月11日(土)

あっ、甘い・・・!
背脂なのか?脂のあまさがぐぁ〜んときます。
そしてあまーい香りもかなり強めです。

独自性のアル一杯であります。何処に似ているというのは特に思いつかない味ですネ。
麺は多加水のムニュっとした中太麺でした。
2004年9月11日(土)
グリルきい <スーパーラーメン>
大分市弁天3-5-23

先客ナシでカウンターへ座る。
時間の経過を感じさせる店内備品が目につく(笑)
昭和50年代くらいのレトロラジオが目の前に置かれていたのだ。

スーパーラーメンを注文。
2004年9月11日(土)

コレ又近くの「グリルきい」へ。
あまさんからメールにて御紹介いただいたお店。
2004年9月11日(土)

透明感のある丁寧につくられた懐かしーい中華そば。
鶏ガラと和ダシによるやさし〜い仕上がり♪

女将さんとお話していると「中央東華」の話となり、
当時のことを少し伺う。
器にもその店名「中央東華」と刻まれているのである。
2004年9月11日(土)
キッチンつかはら <ラーメン500円>
大分市豊町2-7-3


いつもより早めに開店していたようで、
待つことなくそのまま入店。

カウンターに座り、キッチンラーメンを注文。
2004年9月11日(土)

王龍から近い「キッチンつかはら」へ。
2004年9月11日(土)

おりゃ!!スープの色が違ーう!!
白〜いスープのイメージが強かったんだけどなぁ〜?
豚の香りのアル、じんわりうまみを楽しめる味。過多な脂のない穏やかな一杯。

素朴なラーメンは今も地方に残っています♪
2004年9月11日(土)
王龍 <ラーメン380円>
大分市豊町2-1-23


雨の中、車で待ち開店直後に入店。

普通のラーメンを注文。
前回大盛況の中でワイワイ食べたので、お店の雰囲気も違うように感じる。
2004年9月11日(土)

先ずは王龍へ。
大分では昔から評判のよいお店である。

5〜6年前に食べた以来、久しぶりに訪問。
2004年9月11日(土)

本日は早朝から大分市へ。
湯布院を過ぎた辺りから雨脚が強くなる。
しかも霧も発生し、高速は通行止めの表示が出る。

用事を済ませ、新日鉄近くをぶらり。
2004年9月10日(金)

いつもより塩加減は上げ気味に感じました。
2004年9月10日(金)
大龍ラーメン 蔵龍
<ラーメン大盛り 500円>
大分県日田市元町13−4

昼時から外れた時間帯だっただけに先客は数名。
いつものように「大盛りラーメン」を注文。


前回訪問日 2004_07_23  2004_07_09
2004_05_31  2004_05_13
2004_04_21  2004_02_20
2003_09_04他
2004年9月10日(金)

本日は久しぶりに「大龍ラーメン蔵龍」へ。
2004年9月8日(水)

バリバリ麺に適度なソース具合です。
ちょっと高めの価格設定ですが、
たま〜にはイイのではないでしょうか(笑)
2004年9月8日(水)
想夫恋@本店 <焼きそば 735円>
大分県日田市若宮町416-1

ランチタイムギリギリに滑り込む。
サービス御飯が付くのである。



前回訪問日 2004_07_06
2004_05_10  2004_02_18
2003_10_23  2003_10_23
2004年9月8日(水)

本日は早朝から台風の後かたづけ。
そこら中に散乱している壊れた破片ゴミを拾ってまわる。

午後から日田市へ向かう。
道路には嵐の跡が如実に残っている。
木々は折れ、瓦が飛んでいたり、屋根のない小屋があったりする。

仕事を済ませ想夫恋@本店へ。
2004年9月5日(日)

透明なうまみ踊り系塩ラーメンです。
あまみ・うまみがぎゅわーーんときます。
魚介系の主張に頼らないすっきりしたスープ。

いやぁ〜よく出来ている一杯ですネ♪
2004年9月5日(日)
須弥山ラーメン <塩ラーメン>
佐賀県杵島郡江北町大字佐留志


元々は「塩ラーメン」のお店だった須弥山ラーメン。
最近再開し、普通のトンコツラーメンもメニューに加えているらしい。

当然こだわりの「塩ラーメン」を注文。
2004年9月5日(日)

前回閉まっていた須弥山ラーメンへ。
2004年9月5日(日)

次第に日が暮れていく江北町の風景。
2004年9月5日(日)

ええっーーーーーー!!
臨時休業なのねーん(爆)

まぁ、い・つ・も・の・事だと諦める(笑)
次回から電話で確認して訪問しよう。
2004年9月5日(日)

味納喜知へ向かう。
がぁ!!・・・
2004年9月5日(日)

マニさんのノーマル「ラーメン」画像です。
2004年9月5日(日)

期待薄で臨むも、そこそこにまとまったラーメン。
接客もファミレスチックなしっかりしたもの。
2004年9月5日(日)
喰道楽@北方本店 <玉子ラーメン>
佐賀県杵島郡北方町馬神


総合メニューが充実し、
佐賀県内に多店舗展開している食堂である。
2004年9月5日(日)

マニさんの希望により
武雄にある喰道楽@北方本店へ向かう。
2004年9月5日(日)

川副町の田園風景。
2004年9月5日(日)

床が木となり、テーブル席も改良されていた。
2004年9月5日(日)

器の底には大量の骨粉が沈殿。
2004年9月5日(日)

閉店間際に滑り込んだ為、ライトな仕上がり。
ドーンとくるいつもの大迫力は隠れ、じんわりうまみが出てくる一杯。味は一期一会。時間帯によって色んな楽しみ方が出来る。
2004年9月5日(日)
いちげん <ラーメン 500円>
佐賀県佐賀郡川副町西古賀925−1

ラーメンを注文。

前回訪問日  2004_08_13  2004_08_13
2004_06_13  2004_06_13
2004_05_23  2004_04_25
2004_03_28  2004_03_14
2004_02_07  2004_01_02
2003_11_23  2003_11_25
2003 03_02
2004年9月5日(日)

いちげんに到着。
よかった!まだ開いている♪
2004年9月5日(日)

マニさんと合流し、佐賀へ向かう。
三瀬を越え佐賀市内に入る。

途中再来軒の前を通ると準備中のようだ。
2004年9月5日(日)

中身がじゅわりっとやわらか〜いお好み焼き。
細かく刻んだキャベツのあまさとチーズのとろみがたまらない。ソースは適量。酸味の利いた自家製マヨネーズがたっぷりつくのも嬉しいなぁ〜
2004年9月5日(日)
味美(みみ)
<豚・チーズ670円+大盛り150円>
福岡市中央区草香江1-9-12


豚・チーズの大盛りを注文。
喰うぞぉー!!



前回訪問日 2004_6_13
2004年9月5日(日)

流石人気店!ほぼ満席。
前回は閉店間際の入店で、
「焼きそば」しか食べられなかったのである。
2004年9月5日(日)

お好み焼き「味美@草香江」へ向かう。
2004年9月5日(日)

小道を抜けると赤煉瓦文化館。
学生時代は屋台「ともちゃん」で食べたものだった。
懐かしい。
2004年9月5日(日)

サラリとした半透明スープを口に含むと、後味に独特のあまーい香りがふわぁんと鼻にぬける。これこれ!この味!時が経てど根底は変わってない(嬉)心なしかダシはちょい弱めかなぁ。

歳を重ねたせいか5、6年前にちょこちょこ食べていた時より美味しく感じる。素朴でシンプルなラーメンはとてもありがたいのである。昔よりラーメンを楽しめるゾーンが広がった感じかなぁ〜
2004年9月5日(日)
トキハラーメン <ラーメン470円>
福岡市中央区天神1-15-3


先客1名。
ノーマルのラーメンを注文。
店内にはベタベタと雑誌紹介記事が沢山貼られている。
2004年9月5日(日)

久しぶりの訪問。
ごちゃごちゃした看板は相変わらずで、
見たところ外観の変化は感じない(笑)

ラーメン本には大概紹介されているお店である。
2004年9月5日(日)

ワン子しぇんしぇい、
ラジオ御出演おめでとうございまぁーす♪
2004年9月5日(日)

水鏡神社の真横にお店がある。
2004年9月5日(日)

本日もいつもの様に早朝から福岡市へ。
昼食にアクロスの脇を通り、トキハラーメンに向かう。
2004年9月4日(土)

玖珠の地元菓子店は外からそれぞれお子さんが戻り、若い方への世代交代が進んでいる。特にこの「おがわ」は地元でも評判がよいお店。

他にも「えいらく@玖珠」や「ふじわら@玖珠」も同じ様に若い方へ世代交代している菓子屋。

食べ過ぎダァー!
2004年9月4日(土)

帰りに九重町の「おがわ@町田」にて甘いモノを購入。
2004年9月4日(土)

湯は適温。
横にサウナもある。
2004年9月4日(土)

階段を降りると打たせ湯もある。
2004年9月4日(土)

屋根付き風呂はぬるめで適温。
ゆ〜っくり浸かる。
2004年9月4日(土)

湯に浸かってパチリ。
泉質は単純硫黄泉。臭いは微香で、透明な湯。

ココはエラク湯が熱いので早々に退散(笑)
2004年9月4日(土)
旅館 山翠(さんすい) <入湯料 500円>
熊本県阿蘇郡小国町西里3044

高台にある露天風呂。
が、この風呂からはいまひとつ見晴らしがよくない(笑)
更にもう一つ上に混浴露天風呂があるのである。

今回は男湯のみ入浴。



前回訪問日 2002_09_21
2004年9月4日(土)

蒸気が勢いよく昇る。
2004年9月4日(土)

坂の上に離れの露天風呂がある。
2004年9月4日(土)

コチラにも地獄蒸し用の蒸気窯が設置されている。
2004年9月4日(土)

すぐ近くの旅館 山翠(さんすい)へ。
2004年9月4日(土)

花も咲く。
2004年9月4日(土)

湯口は大きい方が冷たく、黒の細い方が熱い。
泉質は含硫黄ナトリウム塩化物質泉。
ココは84.7度もあるのである。
2004年9月4日(土)

湯に浸かりパチリ。
2004年9月4日(土)
まつや <入湯料 300円>
熊本県阿蘇郡小国町西里3033-1

大きな露天風呂で、青みがかった湯が綺麗♪
岩には白く温泉成分が付着して迫力がある。
成分に硫黄が含まれるらしいが、臭いは微香。
湯がやわらかく感じるのは嬉しい。

ノーゲストで終始貸切状態(嬉)


前回訪問日 2002_09_21  2002_01_05
2004年9月4日(土)

露天風呂近くには温泉の蒸気がモクモク昇る。
周辺にも同じように蒸気が多数昇る。
2004年9月4日(土)

橋を渡り、小道を進むと離れの露天風呂がある。
2004年9月4日(土)

名物料理・地鶏の地獄蒸し用の蒸気窯。
2004年9月4日(土)

涌蓋山を望むはげの湯温泉「まつや」へ。

久しぶりの温泉♪
自宅から20キロちょっとしかない近場の温泉なのである。
2004年9月4日(土)

この界隈は温泉の蒸気がアチラコチラから昇る。


*画像の白い煙は蒸気です。
 その後ろに涌蓋山が見えます。
2004年9月4日(土)

本日は午後から熊本県の小国へ向かう。
涌蓋山の麓近くにあるはげの湯温泉へ。
2004年9月3日(金)

コチラもどろん系・迫力スープは健在!
トンコツ自体・タレ・調味料のあまさ・うまみがガツーンと利いた一杯。独特の強いあまさが特徴。適度な香りとワイルドさも好きな人にはたまらないのだろうなぁ〜(笑)
2004年9月3日(金)
八ちゃん@太宰府<ラーメン 500円>
福岡県太宰府市国分1-1


ぐはぁーはぁーっ、迫力2連発は利くなぁーー(笑)



前回訪問日 2003_06_13
2004年9月3日(金)

なべカズさんと自宅付近でお別れし、
太宰府の「八ちゃん」へ向かう。

約1年振りの訪問。
相変わらずの人気で店内は満席。
2004年9月3日(金)

うひぃーーー!!
こんなに迫力あったっけ??(驚)
どぽんどぽんとした、どろん系の重たいスープ。
あまくタレも利き、喰わせる力は十分。

隣でフミオさんが満足気にスープを飲み干している。もぉ〜〜太っちゃいますヨ!しかしフミオさんの味覚・身体は実年齢よりかなり若いなぁ〜(凄)
羨ましい!!
2004年9月3日(金)
ナンバーワン <ラーメン>
福岡市中央区港1-10


久しぶりのナンバーワン&長浜屋台。
なんのなんの、めちゃめちゃ大盛況じゃないのー(驚)
フミオさん・まんぢさんに席を確保してもらう。
待ち客もでているみたいだし、雰囲気は昔となんら変わらない。


前回訪問日 2000年の夏くらい(笑)
2004年9月3日(金)

「ばくちゃん」ではかなり長居(笑)
午後11時前くらい?に移動開始。

その後「やまちゃん@親不孝」に行くも本日貸切の張り紙アリ(残念)
長浜屋台の「ナンバーワン」へ向かう。
2004年9月3日(金)
韓国屋台・焼肉ばくちゃん
福岡市博多区石城町8


レース参加のごえもんさん&ろんてんさんと初対面(嬉)
両人共にキャラが濃く(笑)独特の雰囲気をお持ちでらっしゃる。ホントイイ味出してますねー

皆さんと今後も楽しくやっていきたいなぁ〜♪
2004年9月3日(金)

本日はダイエットマラソン慰労会オフで福岡市へ。
会場は韓国屋台・焼肉「ばくちゃん」

日曜定休日である「みやけうどん」に惹かれつつも、
浮気せず直接会場入り。
2004年9月2日(木)
オーガニック農園
<バイキングメニュー 1260円>
大分県日田郡大山町大字東大山274-1


いつもの「木の花ガルテン」にてバイキング。
他にパン4つ。いなり寿司5つ、そして別皿にてお惣菜を更に一皿追加。柚ジュースも2杯。食べ過ぎダァ。
2004年9月2日(木)

本日は朝、三福軒を訪れる。
やはりお店にはカーテンが閉められ、喪の張り紙が。
とても画像なんて撮る気になれなかった・・・。

非常に残念です。



午後より大山町の「木の花ガルテン」へ。

この画像は最後に食べた三福軒の画像です。
今年の7月7日(水)、ホントにこれが最後になってしまいました・・・

ご冥福をお祈りいたします。
2004年8月13日(金)

食後、いっぴんラーメンの大将と色々話す。
するとアノ三福軒@日田市が閉店するとの話を伺う(驚)
マニアには知られている滋味〜なダシと豊かな豚の臭いを楽しめる三福軒。御主人が三週間前くらいに突然他界してしまったそうだ。まだ51歳だったとのこと。
とても残念です。



三福軒 前回訪問日
2004_07_07
2004_03_03
2004_02_25
2003_06_01
2004年8月13日(金)

うはっ!!なーんか前より迫力増しているのねーん!!
どろ〜んとしたトロミがあり、臭いもあります。タレ・トンコツ自体のあまみの主張はかなり強いです。自家製麺の利点を活かし、麺は1.5倍位のボリュームです。
前回よりスープはやや黄土色に濃くなり、塩分も増した感じです。大将の意欲が伝わってくる一杯です。
2004年9月1日(水)
いっぴんラーメン
<ラーメン500円>
大分県日田市高瀬大宮1223−1


午後2時半過ぎて入店するも先客2名。
常連客かしら〜ん。

前回訪問日 2004_04_13
2003_11_21
2003_06_03
2004年9月1日(水)

久しぶりに「いっぴんラーメン」へ。
日田市では珍しい自家製麺のお店でーす。

2004年9月 その1

2004年9月 その2へ