2004年10月 その5へ
            2004年10月 その3へ
                      

2004年10月 その4
讃岐遠征「日々の麺」でぇーす♪
10月8・9・10・11日、3泊4日の遠征です。


讃岐遠征3日目


2004年10月9日(土)

早朝から気持ちのよい晴天。
嬉し〜い♪
坂出市から昨日行った「日の出製麺所」前を通り、
讃岐富士に向かって走る。

1軒目は朝9時から開くなかむらへ。
セルフの人気・有名店である。
ちょっと早めの8時前到着。
先客はまだいない。
お店の後ろにこんもりと讃岐富士。

やっぱ天気がイイと風景が綺麗に見える。
程なく人が集まり始め、行列を形成。
さすが人気店、開店20分前にはこの大行列。

今日は台風の反動で観光客が多い一日となりそうだ。
有名店に人が集中する予感。
2004年10月10日(日)
なかむら
<かまたま150円+ちくわ天100円>

香川県飯山町西坂元1373-3

先ずは「かまたま」を注文。
むにゅむにゅのやわらかぁ〜い軟体コシ。
ぐにゅぐにゅ食感を楽しむ。

前回訪問日
2003_11_03 釜玉+ちくわ天
2003_11_03 ひやあつ+海老かき揚げ
2003_10_12 釜玉
2003_10_12 ひやあつ+ちくわ天
麺のアップです。
ぐにゅぐにゅ麺は健在でした。
びよぉーーっんと伸びます。
つるんつるんの表面。
食感重視かしらん。
まぁっ、ちょっとこの食感にも慣れてきました(笑)
2004年10月9日(土)
なかむら
<かけ・ひや玉100円+ゲソ天>

香川県綾歌郡飯山町西坂元1373-3

うひひ、艶やかな光沢が綺麗。
更にむにゅむにゅとしたやわらかぁ〜い軟体コシ。
コチラもぐにゅぐにゅ食感を楽しむ。
冷水で洗っている麺は表面も艶やか。
温・冷やを同時に味わうと2度美味しい。

前回訪問日
2003_11_03 釜玉+ちくわ天
2003_11_03 ひやあつ+海老かき揚げ
2003_10_12 釜玉
2003_10_12 ひやあつ+ちくわ天
麺のアップです。
ぐにゅぐにゅ感は健在でした。
皆さん思い思い屋外でも食べています。
天気がイイと更に美味しいですネ!
帰り際、行列はまだまだ続いていました。
あのネギ畑です。
2軒目は山下@善通寺へ。
硬コシで有名な一般店である。

ネットで調べていると味が落ちたとの情報がちらほらあったのである。好きなお店だけに気になって訪問。

早めに開店してくれたようで、忙しそうに準備している。
店前の駐車場から眺めた長閑な風景です。
朝の風景は気持ちがイイですネ。
2004年10月9日(土)
山下@善通寺 <冷やしざる>
香川県善通寺市与北町宮の前1015

捻れた麺から暴れん坊ぶりが伺える。
怪しく光る光沢が美しい。
噛み込むとぐいーぃっーーっと反発がくる硬コシ。
引っ張るとぶちっ!!と切れる。
ぬちぬちと麺の食感を楽しむ。

前回訪問日
2003_11_01 ぶっかけ
2003_11_01 かけ+おでん3本
2003_10_12 冷やしざるうどん
つけ汁です。
前回食べた「かけ」と「ぶっかけ」はイマイチだったのですが、「冷やしざる」は好印象です。
やっぱり山下@善通寺の「麺」は
冷たい方が楽しめる印象ですネ!
3軒目は宮武へ。
セルフの人気・有名店である。

2年ぶりに訪問。
道路から少し入ったところにある宮武。
行列の先にある民家がお店である。
暖簾の前のベンチまで辿り着けば、
後は一斉に入店。
運の良いことに大将に近いカウンターに滑り込む。
目の前で大将が麺を打っていく。

にこやかに子供との会話を楽しみながら軽快に仕事を進める。途中、名物の暗算もガンガン披露(笑)
大将の包丁麺切り。
こんな近くで見れるなんてぇ〜♪

打ち立て、揚げたてがどんどん客席に運ばれていく。
2004年10月9日(土)
宮武 <ひやあつ230円+ゲソ天>
香川県善通寺市与北町宮の前1015

ぎゃーぁぁぁっ、ぎゅるんぎゅるんに捻れた麺から暴れん坊ぶりが十分伺える。
怪しく光る光沢がコレ又美しい。
噛み込むとぐいーいっーっと反発がくる硬コシ。
表面はしっとり感があり、活きた麺です
ぬちぃ〜・むにぃ〜麺の食感を楽しむ。

前回訪問日
2002_11_02 ひやあつ大+ゲソ天+イモ天
艶やかな麺です。
しっとり感もある活きた麺です♪
宮武といえば、やはり名物の大きな「ゲソ天」です。
帰り際、
行列はまだまだ延びそうでした。
4軒目は谷川米穀店へ。

大人気・有名店である。
行列の長さは「山越」と1、2位を競う人気ぶり。
なんといっても山奥にあり、川横にあるトンデモ立地で抜群のロケーション。しかも味がイイので観光客がわんさか押し寄せる。

地元民からも根強い支持のあるお店。
到着は開店寸前の11時前。
やはり橋のところまで行列が出来ていた。
ここだと30分くらいの待ちかなぁ〜

前回は1時間待ちだったので、
今日は順調なのであーる(笑)
店内はこんな感じ。
お店右にてうどんを受け取り、後は自由に座って食べる。

活気ある女性陣による仕事。
店内での入れ替わりは早い。
座ってしまえば3〜5分くらいでしょうか(笑)
2004年10月9日(土)
谷川米穀店 <ひや105円+玉子>
香川県仲多度郡琴南町川東1490

うふふ、白さが際だつ艶やかな表面であり、
つるんとして光沢がとても美し〜い。
噛み込むと、むにゅん・ぐにゅんっの心地よい跳ね返り。
しなやか弾力コシである。
表面はしっとりとした、コレ又活きた麺です
むにゅん・ぐにゅんっ麺の食感を楽しむ。


前回訪問日
2003_10_11 ひや玉1+玉子
玉子を敷いていたので後半掻き混ぜて啜る。

麺のアップ、
めやめちゃ綺麗です♪
2004年10月9日(土)
谷川米穀店 <蕎麦115円>
香川県仲多度郡琴南町川東1490


今回は蕎麦を追加でお代わり。
太めの田舎蕎麦。
わしゃわしゃ食べる。



前回訪問日
2003_10_11 ひや玉1+玉子
昨年「さぬきうどん食べ隊」ツアーでてんもりさん達が食べていた蕎麦。谷川米穀店で蕎麦??って(笑)

てんもりさぁーん、さすが本物の食いしん坊!!
尊敬しています(笑)
帰り際の光景です。行列はまだまだ延びそうです。
5軒目は三島製麺所へ。
谷川米穀店から近く、ネットやうどん本でもとても評判の良いお店。

さすが谷川米穀店から近いとあって自然豊かな立地。店をカーナビ頼りでなんとか発見。看板や暖簾がないお店で、煙突で場所を確認できた。駐車場が狭いので近くの路肩に停め直し、農村の里道を歩く。

画像は谷川米穀店方面のみた風景。
お店・製麺所はほとんど民家。
里道左側の茶色い屋根がお店。
横にため池?があり、長閑な光景が広がる。
店内に入ると向かって左側は完全に製麺スペース。
向かって右側に食事用テーブルが1つ。
昔ながらの製法を守るかの様な製麺作業が続く。
2004年10月9日(土)
三島製麺所 <ひや100円+玉子>
香川県仲多度郡琴南町川東276


うほぉー、白ろぉ〜く艶やかな美人麺。
つるんとして光沢がとても美しい。
噛み込むと、むにゅん・ぐにゅんっの弾力コシ。
表面はしっとりとした、コレ又活きた麺です。
凄いんじゃないのぉーー!!
麺のアップです。
しっとりしたつやつや麺です。
啜ると唇に触れるしっとりした感触がたまらなーい。

谷川米穀店もウマイが、
どうしてどうして三島製麺所もウマ〜イ!!
途中からテーブルに置かれていた生玉子を投入。
つるんっとした麺が際だちますネ。
次は橙家へ。
詫間町にある為、山奥から海岸地域への移動となる。

途中満濃町にあるしょうゆうどんで有名な「小縣家」前を通る。うへぇ〜〜車で一杯だぁ(驚)
昼食時の小縣家長田うどんは大盛況。
この周辺はうどん屋渋滞かしらん。

ナビを無視し、山を越え近道にて移動。
6軒目は橙家へ。
ネットや雑誌でも大変評判の良いお店。

どうしたことか詫間町に到着し30分くらい探してもお店が見つからない。ナビではココの新番地が特定できなかったのである。諦めかけふと「全店制覇本2004年版」を見ると外観写真にちょっとだけ黄色の看板が。あぁっ、ほか弁だぁー!!その後僅か3分でお店発見。

ほっかほっか亭に感謝。
2004年10月9日(土)
橙家 <えび天おろし 590円>
香川県三豊郡詫間町詫間680-38


店内は小綺麗でおしゃれな一般店。屋号通り、淡いパステルオレンジを基調としたインテリア。若い感性が発揮された心地よい空間である。
店主も若く、働いている女性達も若い。気持ちの良い接客でしっかりした今風の飲食店である。先客は地元の年配の方であり、地元民のお客も掴んでいるようだ。

評判のよい「えび天おろし」を注文。
うわぁーい、ぐにゅぐにゅ麺だぁ〜♪
噛み込むとぐにゅぅ〜ん・ぐにゅんの軟体コシ。
艶やかな光沢がとても美しい。
てんぷらも当然揚げたてでサックリ旨い。

このハーモニー好きなのよん♪
麺のアップです。
「おか泉」と比べると、ぐにゅぐにゅ系でも白くてややカッチリした仕上げに感じました。

また立ち寄りたいお店です♪
7軒目ははまんどへ。
讃岐手打ラーメンで有名なお店。
お店から眺めた風景です。
こんな田園の中にポツンとお店があるのです。
2004年10月9日(土)
はまんど <はまんどらーめん 650円>
香川県三豊郡三野町大見竹田3873-1


基本の「はまんどらーめん」を注文。
うどん魚介ダシにコレ又さぬきうどんを活かした強力弾力コシのあるつるりん・ぐにぃーん麺。
スープはうどんダシを思わせる豊かな魚介が利いた味わい。背脂と交わりふんわりとウマミが増す。地元讃岐にこだわった味づくりの一杯。

艶やかな光沢がとても美しい麺はお見事!

前回訪問日
2003_10_11 はまんど
2002_11_02 あっさり
2002_11_02 はまんど




さぬきうどん地ならではの弾力コシの麺である。
ズズゥーと啜る。
いやぁ〜今食べてもウマイ。

2年前どーしても「はまんど」が食べたくて海を渡った四国。今でも年一回は行くようにしているお店。


↓サービス大画像です。
次はいぶきへ。
ひねって揚げた竹輪で知られているお店。
昨年てんもりさん達が行っていたお店でもある。

お店付近で御輿と遭う。
雨の中大変そうだ。
いぶきに到着するも閉店している模様。
近づいてみるとお祭り参加の為臨時休業との張り紙がある。残念。

さっきの御輿かぁーー
「いぶき」横に流れる川は雨で黄土色に濁っていた。
急遽次のお店を検討。
8軒目は長田・小縣家・長田in香の香、そしてやまうちを候補とし、結局
やまうちへ向かう。

豪雨となり、山奥へ行くのが怖くなりながら向かう。
大降りの中、やまうちへ到着。
雨天が似合うトンデモ系ロケーション(笑)
夕方でも客足は途絶えず。
私が着いてからもそこそこ車が坂を登ってくる。

帰り際、お遍路さんを乗せた大型観光バスが到着(笑)
2004年10月9日(土)
やまうち <ひやあつ 200円>
香川県仲多度郡仲南町十郷大口1010


今回は遅い時間にも拘わらず、しっかりした麺に驚く。
ぎっちり硬コシで暴れん坊タイプ。
噛み込むとぐいーっと反発がある硬コシ。
表面はしっとり感がある。

時間が時間なだけに食べられただけでもラッキー。
開いていてヨカッタ!


前回訪問日
2003_10_12 ひやあつ+ゲソ天
2002_11_02 ひやあつ
麺のアップです。
角の立ったしっかり麺です。

次回は午前中に訪問しま〜す。
やまうちの薪です。
薪で焚くのがやまうちの特徴でもあります。
9軒目は一般店もり家へ向かう。

ネットでも評判の良かった「もり家」。
平成13年開店のお店らしい。
未食店であり、今回楽しみにしていたお店である。

もり家は高松空港に近い香川町にあるので、
やまうちからは随分離れたお店。
約1時間かけ移動し、休憩はバッチリ(笑)
2004年10月9日(土)
もり家 <天ぷらおろし・冷 650円>
香川県香川郡香川町川内原1575-1


店内は小綺麗な一般店。店内は「おか泉」っぽい民芸調の造り。比べてしまうと微妙にチープかな。同じようなメニューではコチラの方が安い価格設定。立地条件は違いますけどネ。接客がしっかりしておりさすが一般店。

評判のよい「天ぷらおろし・冷」を注文。
おぉ!!ぐにゅぐにゅ麺だぁ〜♪
噛み込むとぐにゅぅ〜ん・ぐにゅんの軟体コシ。
艶やかな光沢があり、とても美しい。

てんぷらも揚げたて。
何度も繰り返しますが、
ワタクシこのハーモニー好きなのデス♪
麺のアップです。
ややもっちり感もあります。

「おか泉」と比べると価格が安い分、天ぷらの出来は及ばずの感想です。650円で「てんぷら付き」ですから贅沢な比較であります。

「さぬき」のうどんは安いなぁ〜
10軒目は一般店おか泉へ向かう。
大好きなお店であり、午後8時半まで開く一般店。

ホテルには立ち寄らず直接お店へ向かう。
時間があるので本屋へ。地元うどん本を物色し購入。
8時に近づき本屋から徒歩でお店に向かう。


画像は「おか泉」前の道路です。
遅い時間帯でもお店の前には行列の人影が見える。
行列に加わり10分も待てば中へ。

このお店の接客は「一般店」の中でもずば抜けてしっかりしている。先に注文をとり、席の指定までしっかりとする。お客の流れを掴み、的確に通されるのである。片づけや追加注文のサポートも店内の店員へ臨機応変になされる。
そしてその最前線で腰の低い素晴らしい接客をしているのが店主岡田さん自身なのである。
たぶん彼が店主だと思って注文している観光客はまずいないだろう(笑)目つきが鋭いので只者ではないことは分かりますがぁ(笑)
2004年10月9日(土)
おか泉 <冷や天おろし 890円>
香川県綾歌郡宇多津町浜8番129-10

店内はとても綺麗な一般店。民芸調のしっかりした造り。演歌が流れるコテコテな演出はご愛敬。接客がしっかりしていて気持ちの良いお店。店員もキビキビ動く。

麺打ちが席から見えるようになっており、どんどん麺打ちが進んでいくのが分かる。

注文はいつもの「冷や天おろし」。
うっしっし!!ぐにゅんぐにゅん麺だぁ〜♪
噛み込むとぐにゅぅ〜ん・ぐにゅ〜んの軟体コシ。
にゅぅぅぅ〜〜〜んっと伸びる。
表面はつやつやでしなやか。光沢が非常に綺麗。

てんぷらも揚げたて。
海老天も甘くて大きいー
やっぱコノ海老大きいですわぁー!!

何度も繰り返しますが、
ワタクシこのハーモニー大好きなのデス♪

前回訪問日
2003_11_03 冷や天おろし
2003_10_12 冷や天おろし
2003_10_11 冷や天おろし
2002_11_03 冷や天おろし
麺のアップです。
しっとりしたつやつや麺です。
啜ると唇に触れるしっとりした感触がたまらない〜

繰り返しになりますが、
噛み込むとぐにゅぅ〜ん・ぐにゅ〜んの軟体コシで、
にゅぅぅぅ〜〜〜んっと伸びます。
表面はつやつやでしなやか。光沢が非常に綺麗です。
フラッシュ無しでの画像です。
店内はこんな照明色なのです。
立派な店舗に素晴らしい味です。


「さぬきうどん」はセルフの製麺所から一般店まで非常に幅が広いです。製麺所ならではの良さがしっかりありますし、一般店も頑張っている様です。

私はどちらも楽しみたいと思います♪
    1日目に訪問したお店は次のとおり。

午後9時半、高松市中心街に到着。

 1.鶴丸@高松市「天ざるうどん」
 2.讃岐家@高松市「なめこおろしうどん」
            ちくわ天・アジフライ
 3.元祖 五右衛門@高松市「あさりうどん」
 4.うどん家 五右衛門@高松市「カレーうどん」

                     以上です。
    2日目に訪問したお店は次のとおり。

 1.赤坂製麺所@綾南町「かけ・冷や」
 2.山越@綾上町「釜たま」ちくわ天・ゲソ天
 3.たむら@綾南町「かけ・そのまま」ちくわ天・あげ
 4.がもう@坂出市「かけ」ちくわ天・あげ
 5.彦江製麺所@坂出市「かけ・温」イカ天
 6.上原製麺所@坂出市「かけ・そのまま」
 7.日の出製麺所@坂出市「冷や1玉」
 8.はりや@高松市「かしわ ざる」
 9.松家製麺所@高松市「細麺かけ・そのまま」
10.三徳@高松市「ぶっかけ・冷や」玉子天
11.大円@高松市「ぶっかけ・冷や」
12.池上@高松市「冷や1玉」玉子
                     以上です。
  3日目に訪問したお店は次のとおり。

 1.なかむら@飯山町「釜たま」ちくわ天
   なかむら@飯山町「かけ・冷や」ゲソ天
 2.山下@善通寺「冷やしざる」
 3.宮武@琴平町「ひやあつ」ゲソ天
 4.谷川米穀店@琴南町「冷や1玉・玉子」
   谷川米穀店@琴南町「蕎麦1玉」
 5.三島製麺所@琴南町「そのまま・玉子」
 6.橙家@詫間町「海老天おろしうどん」
 7.はまんど@三野町「はまんどラーメン」
   *いぶき<臨時休業>
 8.やまうち@仲南町「ひやあつ」
 9.もり家@香川町「天おろしうどん・冷や」
10.おか泉@宇多津町「冷や天おろし」
                     以上です。
  4日目に訪問したお店は次のとおり。

 1.岩田屋@観音寺「かけ・そのまま」
 2.長田in香の香@「釜あげ」
 3.山下@坂出「かけ・そのまま」海老かきあげ
 4.中村@丸亀「ひやあつ」ちくわ天
 5.おか泉@宇多津町「冷や天おろし」
 6.明@坂出市「ぶっかけ・そのまま」
 7.松岡@綾南町「かけ・そのまま」イワシ天

午後1時半、善通寺ICより八幡浜へ出発。

                     以上です。

2004年10月 その4