2004年12月 その2
ダイエット・ラリーは遂に今月末がゴール

12月
26日 九重星生温泉 「山恵の湯」
26日 清陽軒本店@大分市
26日 なべさん@別府市
26日 手作り・つけ麺
25日 手作り・ラーメン
25日 温泉@玖珠山荘
25日 由布岳登山オフ@玖珠

24日 梅乃庵@日田市
23日 黒川温泉「山みず木」
20日 客殿@天瀬町 大ざる蕎麦


19日 げんき家 蒸し麺チャンポン
19日 浄水庵@平尾 せいろそば
19日 玄瑛@薬院 潮薫醤油
19日 くろ麦@薬院 かけそば
19日 くろ麦@薬院 大・もりそば
17日 壁湯温泉 「福元屋」
17日 リンガーハット 皿うどん
15日 ららららーめん@佐賀市
15日 幸陽軒@佐賀市
15日 角家や@佐賀市
15日 CURVE@佐賀市
15日 池田屋 ハンバーグカレー
15日 池田屋@佐賀 ちゃんぽん

14日 大龍ラーメン@日田市
12日 がんこもん@遠賀
12日 元気一杯@博多区
12日 喜志屋@大濠 大もり蕎麦
12日 味美@中央区 お好み焼・大


11日 屋台KENZO cafe@福岡市
11日 むらた@福岡市 かけそば

11日 むらた@福岡市 大もりそば
11日 いまとみ かけそば
11日 いまとみ 鴨南蛮そば
11日 いまとみ 手挽きそば
11日 いまとみ@福岡・細挽きそば

10日 黒川温泉 「帆山亭」

10日 リンガーハット@日田市
09日 木の花ガルテン@大山町
08日 大学軒@日田市
07日 けんちゃんうどん@日田市
05日 げんき家 蒸し麺チャンポン
05日 げんき家 ノーマル
05日 五徹 大ざる蕎麦
05日 五徹 カツ丼・温蕎麦セット
03日 新店・らぁめん一歩@日田市
02日 九重星生温泉 「山恵の湯」

九重星生温泉「山恵の湯」から眺めた風景
2004年12月26日(日)

皆さんと九重星生温泉「山恵の湯」に入湯。
入湯後、私はお別れし帰宅。
疲れ切っていたのか、夕食後30分で就寝。

皆さんお疲れ様でした。
楽しーい時間をありがとうございましたぁ♪
2004年12月26日(日)

ラーメン2杯食べたのにおにぎりを。

Tyuさんから電話を頂き、午後4時に九重星生温泉にて合流することとなる。
2004年12月26日(日)

睡眠不足の為、湯布院の「道の駅」にて休憩。
残念ながら由布岳は今日も雲が懸かり全貌が見られなかった。
2004年12月26日(日)
清陽軒本店<ラーメン430円>
大分市大手町1-1-6


本日はややワイルド臭が弱く、随分マイルドな仕上がり(驚)。今日は少しやさしいラーメンである。久留米源流系の貴重な一杯。



前回訪問日
2004_06_06
2004年12月26日(日)

なべさんで気を良くした二人は大分市へ。
大分市の老舗店・清陽軒本店へ。今回は2店共カーナビの必要ナシで到着。

店内はカウンターが満席で、テーブル席に滑り込む。
2004年12月26日(日)
なべさんラーメン<ラーメン530円>
大分県別府市浜協1-8-5


あれーーーっ!!、今日かなり美味しいじゃん♪
ほわんとあまみがあり、程良いじわんとくる旨みがなんとも嬉しい。麺も低加水・硬茹でで、コレ又バッチリ。ズルズルと食べ進み、ふわぁーウマイ!

今まで「なべさん」で食べた中で最も美味しく感じた一杯となりました。マニさん、当たり日ですよ。

前回訪問日
2003_09_06


2004年12月26日(日)

なべさんに到着。お店はほぼ満席で、ラーメンを待っている間に待ち客も出る盛況ぶり。
2004年12月26日(日)

登山組と別れ、マニさんと別府市へ向かう。
狙いは有名店「なべさんラーメン@別府市」

湯布院を抜け、別府市へ。
別府タワーが見える。
2004年12月26日(日)

睡眠2時間にも拘わらず登山への意欲が漲る女性陣。
対照的な男性陣(笑)

登山組は久住山へ出発。
2004年12月26日(日)

残った食材を割り振る。
2004年12月26日(日)

最後の後片づけ。
爆睡していたtake4さんも復活。
↑画像はなべカズさん撮影分より拝借しました。
他の皆さんには塩分強めのタレを加えて「つけ汁」を出す。
↑画像はてん子さん撮影分より拝借しました。
朝作った「つけ麺」。
昨日のスープにカツオとイリコをどーんと追加して、チャーシューダレを入れたもの。
脂が苦手なてん子さん用に、タレ追加無しでの「つけ汁」をお出しする。
2004年12月26日(日)

午前2時過ぎ、satoyanさんがキッチンの後片づけを完璧に終了させる。そのまま囲んでバーが開店。登山を渋るTyuさんは久住登山へとまるめこまれていく(笑)

4時過ぎにピン太さんが復活。まんぢさんも復活し、ダラダラとして夜が明ける。登山出発予定が9時だったので、7時前くらいからつけ麺の仕込み開始。
2004年12月25日(土)

Tyuさん御持参のラ・フランス。
チーズと一緒に堪能♪

宴はまだまだ続く・・・
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)

たまたま放送中だった小田和正のコンサート映像に影響され、肩を組み熱唱する面々。

予想記憶残存確率40パーセント。
2004年12月25日(土)

記録は朝まんぢさんが軽々行った6回。
2004年12月25日(土)

残存した方々が酔っぱらった勢いで懸垂大会を始める。take4さん・satoyanさんがささっと設営で動く辺りが微笑ましい。
2004年12月25日(土)

宴も中盤戦。
2004年12月25日(土)

チーズと共に味わう♪
2004年12月25日(土)

まったりとした時間が流れる。
泊まりならではのゆったりとした会話を楽しむ。
2004年12月25日(土)

ぞくぞくとワインも。
2004年12月25日(土)

いよいよチーズ登場。
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)

satoyanさん・てん子さん鍋が完成♪
2004年12月25日(土)

お酒がすすむ(笑)
2004年12月25日(土)

take4さんのモツ鍋。
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
2004年12月25日(土)
↑画像はsatoyanさん撮影分より拝借しました。
無かんすい・手打ち麺。木箱2段。
2004年12月25日(土)
↑satoyanさん撮影分より拝借しました。
干しホタテ貝柱・干し海老。
羅臼昆布と利尻昆布・どんこ(干し椎茸)を抜いた後の画像。
2004年12月25日(土)
2004年12月24日(金)
2004年12月24日(金)
2004年12月24日(金)
2004年12月24日(金)
そば打ちの要領で水回しをして、丸型にまとめる。
その後袋に入れ足踏みを5度繰り返した後、生地を丸型にして寝かせる。
1時間後、足踏みし、麺棒で軽く伸ばし、最終的にはパスタマシーンで伸ばし、麺を切る。
麺を木箱に入れ熟成。
2004年12月24日(金)
梅乃庵@日田市 鶏天定食・うどん付き 600円 2004年12月24日(金)
黒川温泉・山みず木
2004年12月23日(木)
黒川温泉付近に咲いていた梅の花
2004年12月23日(木)
↑干しホタテ貝柱
↑黒豚・肩ロース1キロ
↑黒豚・肩ロース1キロ
↑黒豚豚骨

2004年12月23日(木)

今日からおもてなしイベントラーメン(お祭りレシピで)仕込み開始。
昨日から血抜きしていた糸島産・黒豚豚骨を下処理煮込みする。

豚骨洗浄終了後、じんわりと煮込む。
別鍋で名古屋コーチンと野菜を煮込む。

魚介スープは明日から本格的に仕込む予定。
干しホタテ貝柱と干し海老のみ今日から水に漬けておいた。
昆布・干し椎茸等々は明日。

チャーシュー用・黒豚肩ロースの脂身を削り、その脂で表面を固めるように焼く。
終了後、先に作っておいたスープ+醤油タレを合わせたものに漬け込み、煮込む。

今回も麺は自家製麺で、明日と当日の朝打つ予定。

客殿@天ヶ瀬町 2004年12月20日(月)
げんき家@本店 2004年12月19日(日)
画像省略 2004年12月19日(日)
浄水庵 <せいろそば 750円>

福岡市中央区平尾浄水町18


どっしりして、ぬらりと艶のあるストロング蕎麦。結構ぎっちり硬めの仕上がり。啜り、噛み込むとぐちぃぐちぃした弾力のある食感。やや中太かな。香りは微香であまみはある。周りからは「美味し〜い♪」という声が聞こえてきた。ココは蕎麦だけを食べて楽しむお店ではないようだ。天ぷらを注文してお酒を呑みたくなる。

結局ココでは温蕎麦は追加注文しなかった。

2004年12月19日(日)

ちょっと休んでから平尾へ。
浄水庵@平尾を訪問。

靴を脱いで上がると着物姿のお客もいらっしゃる。店内はほぼ満席で、客層も平尾って感じ。目の前で天ぷらを上品に揚げてイルし、まぁーそんなお店なのだろう。
2004年12月19日(日)
麺劇場 玄瑛 <潮薫醤油 800 円>

福岡市中央区薬院2-16-3

「海老薫醤油」を食べるつもりだったが、
既食の「潮薫醤油」を注文。

じんわり・じんわり魚介の旨みを楽しめる豊かなスープ。あっさりしているが、旨みの塊である。非常に丁寧に作られたことがビシビシ伝わってくる一杯。やや揚げ葱はややクドイがご愛敬。この手のラーメンは九州ではなかなか食べられないので自作して食べるしかなかった。前回食べた時より好印象。

前回訪問日
2004_04_04 醤油
2003_11_30 豚骨

2004年12月19日(日)

せっかく薬院に居るので近くの玄瑛@薬院へ。
奇抜な演出・麺劇場というマニアにはキビシイ〜オーラーを発するお店である。私は今回で3度目の訪問。
画像省略 2004年12月19日(日)
くろ麦 <かけそば 700 円>

福岡市中央区薬院2-4-5


「かけそば」を追加で注文。
温だけに蕎麦の香り・あまみがふんわりと舞う。おつゆはダシ軽めの仕上がり。う〜ん、やや物足りないかなぁ〜。「もり」の出来が良過ぎた印象。


画像省略 2004年12月19日(日)
くろ麦 <大・もりそば(細挽き)1050円>
福岡市中央区薬院2-4-5

おぉー!!美人蕎麦だぁっ!!
美しく・艶やかな蕎麦。非常に瑞々しい♪
啜り、噛み込むと口一杯に蕎麦のあまみと香りが広がる。繊細な、ふにぃ・くにぃ・するするぅ〜の軽やかな食感。
とっても旨い♪



2004年12月19日(日)

早朝から福岡市へ。天神で所用を済ませ、
昼食にくろ麦@薬院へ向かう。
2004年12月17日(金)

ダイエット・マラソン報告。
温泉からの帰りおがわ@九重町にてついつい甘いモノを購入。
2004年12月17日(金)
壁湯温泉 福元屋 <入湯料 300円>
大分県玖珠郡九重町町田62-1


先客2名で最高9人くらいになるものの、途中から貸切状態に。ぬるめではあるが長く浸かればぽかぽかする泉質。大きさの割に湯量は非常に多く、大量にドバドバ掛流されていく透明度の高い澄んだ湯である。ゆーくり70分浸かり、途中バタ足も。

冬なので湯気が立ちこめ撮影し難い。
2004年12月17日(金)

仕事終わりにやや近場の壁湯温泉「福元屋」へ。
嬉しい地味〜な・天然半洞窟露天風呂である。

画像省略 2004年12月17日(金)
リンガーハット@日田店
<皿うどん 409円>
大分県日田市三本松2-790-2

ケパサさんのサイトで行われているラーメンクイズ繋がりで訪問。ノーマルの皿うどんを注文する。やはり「皿うどん」が最も値頃感がある印象。しかも以前より塩分控えめだった。

前回訪問日
2004_12_10 期間限定 かき・海鮮ちゃんぽん
2004_09_14 皿うどん
2004_05_26 ちゃんぽん・大盛り
画像省略 2004年12月15日(水)
ららら らーめん <ラーメン 550円>
佐賀市中央本町3-22


ラーメンを注文。
甘いタレの利いたあまトンコツ・まろやか白濁スープ。福岡市にある福重店で食べた味とは良い意味で別物といった印象。佐賀らしいテイストを出しているお店とは感じない。佐賀らしさという意味ではちょっと弱いかなぁ〜。でも大盛況であり、十分地元民に受け入れられているお店の様だ。脱・佐賀なのだろうか??(笑)


オフの解散は1時前くらい。帰宅は2時半過ぎ。
参加の皆様、楽しい時間をありがとうございましたぁ♪

幹事のimagineさん、大変お世話になりました。

2004年12月15日(水)

〆に4人でららら らーめんへ。
店内は満席であり店前で待つ。とても繁盛している様だ。
2004年12月15日(水)

幸陽軒から戻り、更にワイワイ。
あっという間に時間が過ぎる。
画像省略 2004年12月15日(水)
幸陽軒 <ラーメン 500円>
佐賀市大財1−1−5

カウンター奥に4人座り、ラーメンを注文。
店内はほぼ満席。

ありゃりゃっ??今日は透明な脂多めで、ダシの濃度は薄め。獣臭さはあるワイルドな一杯。地元情報によると、このところこんな薄めの出来らしい。濃度の高い好調状態を知る者からすると、かなり今日の出来は不満だったらしい。が、他の地域のお店と比べれば十分クセのアル独特な一杯である(笑)一般客向けにはこのくらいライトの方が親しみやすいかもしれない。まぁ、ダシの旨み自体は少ないのですけれど。

前回訪問日
2004_05_01
2004年12月15日(水)

途中勝手ながら4人で抜けさせて頂き、近くの幸陽軒へ。今年のゴールデンウイークにあまさんと食べて以来の訪問である。夜のみの営業なのでなかなか訪問回数が増えない。地元民に愛される一軒である。
2004年12月15日(水)

コチラでもワイワイ。
2004年12月15日(水)

二次会は一次会・前半参加していた角家やさんへ。
2004年12月15日(水)
CURVE
佐賀市光1-1-14

忘年会・佐賀オフ会場のCURVE@佐賀市に到着。
ワン子しぇんしぇいがにこやかに笑ってイル。若さんも嬉しそう。皆さん笑顔・笑顔。ほのぼのとした・あったか〜い15名の飲み会♪まとめて佐賀の方々とお会いするのは約1年振り。今後も大事にしていきたい大切な関係である。


前回訪問日
2004_11_21


2004年12月15日(水)
池田屋 <ハンバーグカレー1000円>
佐賀市赤松町6−11


食後、追加でハンバーグカレーを注文。

大皿にて登場。カレーは甘めで濃厚に仕上げられ、ハンバーグもお手製。ライスにも一手間かけている嬉しい手作り感溢れる一皿。
2004年12月15日(水)
池田屋 <ちゃんぽん・並 600円>
佐賀市赤松町6−11


ノーマルの「ちゃんぽん・並」を注文。

手作り感があり、懐かしさの漂う和風ちゃんぽん。
アルようでナイ素朴な味。しみじみと美味しい。


前回訪問日
2004_08_14
2004_01_17
2004_01_17
2003 04_05

2004年12月15日(水)

本日は佐賀にて忘年会・佐賀オフ
仕事終わりに佐賀へ向かう。

平日に佐賀へ行くのは久しぶり。先ずは単独で日曜定休のお店池田屋@佐賀市へ。久しぶりにのんぶー大将とあれこれお話する♪

2004年12月 その2