2005年 3月 その1

2005年 3月
30日 あすかうどん@挾間店
28日 地元のラーメン店
27日 自作:醤油ラーメン
27日 自作:うす口醤油ラーメン
27日 自作:うす口醤油ラーメン
26日 幸せの湯@下湯平温泉
26日 留園@大分市
26日 一骨家@大分市
24日 鳴門うどん@大分市
24日 みくにや@大分市
24日 木の花ガルテン@大山
23日 自作:塩ラーメン
22日 天龍@日田市
21日 まつや@はげの湯温泉
20日 のぼる屋@杷木
20日 大砲@小郡・松崎分校
20日 鳳凰@小郡
20日 九紋龍@太宰府
20日 地震発生

19日 大福@小倉南区
19日 津田屋官兵衛 とろ釜素朴
19日 芭蕉庵@八幡 田舎そば
19日 芭蕉庵@八幡 かけそば
19日 芭蕉庵@八幡 せいろ
19日 一楽@志免店
18日 自作:しょうゆ豚鶏白濁
17日 自作:うす口醤油ラーメン
17日 自作:鶏白湯ラーメン
13日 フミオ鍋@フミオ邸
13日 ふくちゃん@早良区
13日 元祖長浜屋@本店
12日 げんき家@西区
12日 創作喫茶ばん@シーホーク
12日 黒門@遠賀
12日 一竜軒@唐津

10日 自作:醤油ラーメン
 9日 自作:塩ラーメン
 8日 ぶっかけ亭@日田市
 6日 いちげん@佐賀 海苔
 6日 ひろせ食堂@久留米
 6日 博龍軒@東区 ワンタンメン
 5日 黒門@遠賀 ラーメン
 5日 マルケン@若松 ワンタンメン
 5日 芭蕉庵@八幡 かけそば
 5日 芭蕉庵@八幡 粗挽きそば
 5日 芭蕉庵@八幡 せいろ
 4日 梅乃庵@日田市
 3日 木の花ガルテン@大山町
 2日 麺家 さくら@日田市
 1日 いっぴんラーメン@日田市
2005年3月通算 ラーメン 22 ・ うどん5 ・ そば 6 ・ その他の麺 0 ・ 自作ラーメン 9
2005年2月通算 ラーメン 15 ・ うどん1 ・ そば 6 ・ その他の麺 1
2005年1月通算 ラーメン 28 ・ うどん9 ・ そば 3 ・ その他の麺 3



2005年3月30日(水)



↑ 同行者が注文した
「山の幸・大分名物厚切しいたけ入り、大えび天うどん」 888円也。










2005年3月30日(水)
あすかうどん@挾間店 <地鶏うどん 783円>

大分県大分郡挾間町大字向原1212


結局、あすかうどん@挾間店へ。

以前はたまに利用していたお店。
「野菜たっぷり、あすか挾間店風・味噌味」と紹介されていた
「地鶏うどん」を注文。

麺はむわぁん・むわぁんした独特の食感。やわらかいのだが噛みきれない粘りコシのある変わった演出系弾力。単品としては強気の価格設定。とにかくメニューはセットモノがメインだった。


前回訪問日 不明






2005年3月30日(水)

夕方から所用で大分市へ。
いつもの由布岳画像。









麺を食べる時間もなくローソン弁当(残念)






自作ラーメン 醤油



2005年3月27日(日)
自作:醤油ラーメン
<スープ:自作 麺:自家製平打ち麺>


今回は醤油味。煮干し・鰹節をギッチリ利かせてみた。豚、鶏をメインにして野菜を加えた基スープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせ、煮干し、そして鰹節で仕上げる。「麺」は自家製手打ち細麺。粉は「特ナンバーワン」を使用して、無かんすいで打ったもの。




2005年3月27日(日)
自作:うす口醤油ラーメン
<スープ:自作 麺:素麺>


今回はうす口醤油味。煮干し・鰹節をギッチリ利かせてみた。豚、鶏をメインにして野菜を加えた基スープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせ、煮干し、そして鰹節で仕上げる。「麺」は素麺で。







自作ラーメン うす口醤油味



2005年3月27日(日)
自作:うす口醤油ラーメン
<スープ:自作 麺:自家製細麺>


今回はうす口醤油味。
煮干し・鰹節をギッチリ利かせてみた。
豚、鶏をメインにして野菜を加えた基スープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせ、煮干し、そして鰹節で仕上げる。
「麺」は自家製手打ち細麺。粉は「特ナンバーワン」を使用して、無かんすいで打ったもの。




↑大分名物?吉野地鶏飯といなり。そして神戸カツ3種。

2005年3月24日(木)
下湯平共同温泉 幸せの湯 <入湯料 100円>

大分県大分郡湯布院町下湯平2443-2


昨年から湯が透明に激変した幸せの湯へ。
以前は筌ノ口温泉並の見事な黄土色だったが、現在は透明。

ややぬるめでやわらかく、個人的には嬉しい温度となったぁ♪







留園@大分市 五目そば



2005年3月26日(土)
中華料理 留園 <五目そば 750円>

大分市府内町2-2-17


大分では有名な百貨店トキハ近くにある中華料理店 留園へ。

「五目そば」を注文。

醤油ラーメンにトロンとした五目炒めのあんがかけられている。
気取りのない地域密着店のようだ。
麺は細麺で多め。







2005年3月26日(土)
一骨家 <ラーメン 500円>

大分市畑中8


それではと一骨家@大分市へ。

ラーメンを注文。

とっぽんとした粘度のあるスープ。
かなり醤油ダレの主張が強い。麺は極細麺。






2005年3月26日(土)

軽く食事をした後、
丸優@大分市に向かうもやっぱり売り切れ(残念)

ココ丸優の御主人は今の久留米ラーメン丸八@福岡市南区皿山が板付にあった時代に修業したお弟子さんである。久しぶりに食べたかった一杯だった。

2005年3月26日(土)

朝から知人に会うため大分市へ。
今日は春の暖かい天気。

途中、由布岳の雪はすっかり溶けていた。




2005年3月24日(木)
鳴門うどん@賀来店 <わかめ・ごぼう天うどん 420円>

大分市賀来北1-1-61


大分に多店舗展開しているうどん店・鳴門うどん。
「鳴門」というからには「わかめ・ごぼ天うどん」を注文。麺はシングル1玉で。サービスで2玉、3玉でも同じ価格だそうだ。

とにかく器がデカ〜イ。量も多め。麺はつるりとしてコシの演出があるもの。ごぼ天は揚げ置き。食べていると「ステーキセット」が結構注文されていく。うどんとのセットモノが割安みたい。天丼セットもよさそうだった。お腹一杯食べられるお店のようだ。




2005年3月24日(木)
みくにや <ラーメン 600円>
大分市賀来南1-16-1


所用を済ませ、既食のみくにや@賀来店へ。
大分では多店舗展開しているお店。


前回訪問日 2004_08_08



2005年3月24日(木)

午後から所用で大分市へ。
雪が舞う中、車で向かう。途中、由布岳の雪化粧された姿を眺める。




2005年3月24日(木)
オーガニック農園@大山
バイキングメニュー1260円
大分県日田市大山町大字東大山274-1


大山にあるいつものお店木の花ガルテンへ。
オーガニック野菜料理バイキング。


前回訪問日
2005_03_24 2005_02_17 2004_12_09
2004_11_25 2004_10_28 2004_10_14 2004_09_02
2004_08_18 2004_07_29 2004_07_01 2004_06_17







自作ラーメン 塩


2005年3月23日(水)
自作:塩ラーメン<スープ:自作 麺:自家製手打ち麺>


今回は「麺」自家製手打ち麺で。
粉は「特ナンバーワン」を使用して、無かんすいで「太めの平打ち麺」と「細麺」の2種を打ってみた。打ち方はうどんを打つ要領。丁寧に水回しをして、まとめる。足踏みを4度した後、まとめて熟成。1時間寝かせた後、更に足踏みして延し、最終的にパスタマシーンで延し切る。


スープも昨日から仕込んでいた。今回も豚、鶏をメインにして野菜を加えたスープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせる。塩ダレも色々拘ってみる。ちなみに塩は粟國の塩。麺は太めの平打ち麺を使用。




2005年3月22日(火)
自家製手打ち麺


夜、「麺」を手打ちする。 粉は「特ナンバーワン」を使用して、無かんすいで「太めの平打ち麺」と「細麺」の2種を打ってみた。打ち方はうどんを打つ要領。丁寧に水回しをして、まとめる。足踏みを4度した後、まとめて熟成。1時間寝かせた後、更に足踏みして延し、最終的にパスタマシーンで延し切る。木箱に入れて寝かせる。




2005年3月22日(火)
天龍 <ラーメン 500円>

大分県日田市大字田島52


いつものお店天龍へ。
滋味〜な一杯♪


前回訪問日
2004_11_30 2004_07_19 2004_05_19 2004_01_30




2005年3月21日(月)
まつや <入湯料 300円>
はげの湯温泉


露天風呂が広く、青い湯が楽しめる「まつや」
湯の花が沈殿し、香りもある湯である。

先客ナシ♪ がぁ、今日はやたらと熱い!!
直ぐには浸かることが出来ず、温度の低いところを探す。
端っこに10分浸かりギブアップ。


帰りに「岡本とうふ」で「あげ」を買い込む。



2005年3月21日(月)

周辺では野焼きが行われており、多くの観光客がカメラ片手に眺めていた。さすがに3連休。家族風呂、飲食店、温泉地、どこも大盛況。駐車場にはやたらと車が多い。
2005年3月21日(月)

午前中はテレビで地震のニュースを観る。
結局昨夜はあまり眠れなかった。電気も消せない。
現地は余震が続きまだまだ大変そうだ。心が痛む。はやく落ち着くことを祈る。

午後から気分転換にはげの湯温泉「まつや」へ。
湧蓋山が綺麗にみえる。

2005年3月20日(日)
のぼる屋@杷木 <ラーメン 450円>
福岡県朝倉郡杷木町大字林田670-6


近すぎず・遠すぎずでなかなか立ち寄れなかったお店。

ラーメンを注文。うわぁ〜素朴な一杯♪
ふんわり旨みが広がる。

たぶんへのさん好みの味だろう。




2005年3月20日(日)
大砲@小郡店・松崎分校 <ワンタンメン 570円>
福岡県小郡市上岩田1102番地の2


「ワンタンメン」を食べるべく大砲@小郡・松崎分校へ向かう。

ホントに地震があったの??っていうくらいの混み具合。
ワンタンメンを注文。


前回訪問日 2002_03_26 その他


↑マニさんが以前食べた時の濃厚なラーメン

2005年3月20日(日)
鳳凰 <ラーメン・並 450円>
福岡県小郡市大坂井1449-3


南下し小郡方面へ。
マニさんが最近オススメしていた鳳凰@小郡へ向かう。

店内は綺麗でとても広く、座席数も多い。ラーメン・並を注文。

大龍らしい醤油ダレの利き具合。マニさんが絶賛していた濃度は残念ながら今日のスープにはなくて普通の出来。

地震にも拘わらず開店していたのは嬉しかった。




2005年3月20日(日)
九紋龍 <ワンタンメン 600円>
福岡県太宰府市水城2-20-27


3号線は久留米へ向かう下りも渋滞。福岡市中心部へ向かう対向車線は更に混み合っている様子。ガソリンを給油し、近場で一杯食べることに。

九紋龍@太宰府が開いていたので入店。
店内でも地震の話が持ち上がっていた。ワンタンメンを注文。

独特あまみは健在!!後味の残る味。あれだけの地震に遭っても開店しているのは凄い。店内も盛況だった。


前回訪問日
2002_10_27 2002_02_03





2005年3月21日(月)


福岡市から逃げるように郊外へ。
余震に備え、コンビニで購入したオニギリを食べておく。



2004年3月20日(日)地震発生



早朝から天神へ。
いつもよりやや早めに到着。今日も天気が良さそうだ。画像は朝撮影した「三越」のビル。



天神で所用中、地震発生

ビル最上階にいた為、メチャメチャ激しく揺れた。
建物が揺れ、軋み、ぼぉぉぉぉぉっという低い音が鳴り響き、時折激しく揺れる瞬間に音が更にでかくなる。身体が左右にもっていかれる大きな揺れだった。机に隠れる様にしゃがみ込み、天井部分が落ちてこないか上を見ながら揺れがはやく終息するのを祈るように待つ。

とても怖かった・・・
とにかく命があって良かった・・・。

耐震構造だった為か?私達の居た最上階はとにかく激しく揺れたのだ。


直ぐに携帯で電話するも全く繋がらない。周りにTVが無いので何処が震源でどれくらいの被害が出ているのか全く分からないのである。色んなことが頭を駆け巡る。



窓に張り付き外を眺める。
車は順調に流れているものの、対岸に見える福ビルの窓ガラスは割れまくっている(驚) 歩道にはその破片が散乱しているのが見える。やはりトンデモナイコトが発生していたのだ!!依然として詳しい情報が入らず怖くてビルから動けない。暫く外の風景を眺める。





余震は怖いが、とにかく非常階段で天神地下街へ逃れる。が、津波警報発令とのことで強制的に地上へ出される。
百貨店や駅からも避難・安全?の為、客が閉め出されている模様。情報を求めコンコースに人が溢れる。人が犇めく下界は落下物等で寧ろ危ないんじゃないかな??





やっと状況をTVで確認。
「福岡西方沖地震」らしい。

とにかく福岡市を離れるべく駐車場へ向かう。





下界から見上げた福ビル
ニュースによればガラス約千枚のうち約3分の1が割れ、歩道に落下したとのこと。よくぞこれだけのガラス破片落下で死者が出なかったものだ。本当によかったと思う。

早朝、私はココを歩いていたのである。


途中、郷家@天神前を通るもお店の方々も店外へ避難中。博多だるま@天神も暖簾が出てなかった。





博多駅前を通るとやはり駅外に人が溢れていた。
とにかく郊外へ脱出。




2005年3月19日(土)
大福 <ラーメン 530円>
北九州市小倉南区上吉田5-2-19


マニさんと一緒に訪問。
二人とも「ラーメン」を注文。





前回訪問日 その他


↑マニさんが注文した「素朴うどん・温」

2005年3月19日(土)
津田屋官兵衛 <とろ釜揚げ・素朴うどん>
北九州市小倉南区津田新田3−3−20


マニさんと津田屋官兵衛にて待ち合わせ。
先に入店し「とろ釜揚げ・素朴うどん」を注文。





前回訪問日
2004_11_13 2004_08_09 2004_04_03



2005年3月19日(土)
芭蕉庵 <田舎そば・おかわり 550円>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


ついつい最後に「田舎そば」を追加注文(笑)





前回訪問日
2005_03_05 2005_03_05 2005_03_05 
2004_11_13 2004_11_13
2004_11_13 2004_08_09 2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03



2005年3月19日(土)
芭蕉庵 <かけそば 550円>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


「粗挽きそば」は既に売り切れとのことで、
追加で「かけそば」を注文。





前回訪問日
2005_03_05 2005_03_05 2005_03_05 
2004_11_13 2004_11_13
2004_11_13 2004_08_09 2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03




2005年3月19日(土)
芭蕉庵 <せいろ 650円>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


先ずは「せいろ」を注文。





前回訪問日
2005_03_05 2005_03_05 2005_03_05 
2004_11_13 2004_11_13
2004_11_13 2004_08_09 2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03



2005年3月19日(土)
一楽@志免店 <ラーメン 380円>
福岡県糟屋郡志免町別府574-3


朝から福岡市へ。
途中マニさんから連絡を頂き、北九州で待ち合わせることに。

仕事用のノートパソコンを購入し、
激安のお店一楽@志免店へ。





前回訪問日 2004_03_06 2001_06_03






自作ラーメン 醤油・豚鶏白濁



2005年3月18日(金)
自作ラーメン<醤油・豚鶏白濁>


じっくり煮込んだ豚肉たっぷりのスープと鶏白湯を合わせ、
タレには干物系と濃口醤油。

ぐぁ〜んとかなりあまみが強い仕上がり。今回もスープを冷ますとどろんどろんでゼラチン状態となる。豚バラの肉厚チャーシューをのっけてもやしを追加。







自作ラーメン うす口醤油味



2005年3月17日(木)
自作ラーメン<うす口醤油味>


黄金スープのラーメンが大好きなので今回も自作。

タレはうす口醤油を使用。獣系強めで魚介を加えたスープ。基スープのメインは豚、鶏、野菜のスープで、補助として干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせもの。イリコとカツオ節も軽く利かせる。コチラも豚バラの肉厚チャーシューをのっけてみた。







自作ラーメン 鶏白湯



2005年3月17日(木)
自作ラーメン<鶏白湯>


関東で流行??の「鶏白湯」を作ってみた。

じっくり「骨付き鶏」と「鶏肉」を煮込んだ白濁スープ。ぐぁ〜んとかなりあまみが強い仕上がり。タレは干物系と粟國の塩。スープを冷ますとどろんどろんでゼラチン状態となる。豚バラの肉厚チャーシューをのっけた。




2005年3月13日(日)
フミオ鍋 <すき焼き>
福岡市・フミオ邸


夕方からフミオ邸にてすき焼きオフ
お土産にフランス菓子16区@薬院でスイーツを購入して会場入り。

フミオさん御家族・てんもりさん・J子さん・N子さんで鍋開始。J子さん・N子さんは九重温泉旅行からの帰りだったから私とは真逆の動きだったようだ。take4さんは仕事の為少し遅れて参加。

こだわりフミオさん御夫妻がキビキビ動くおもてなし鍋。
大盛りご飯を旨そうに食べるてんもりさん。わしゃわしゃ食べ、お口にご飯粒を付けている姿がなんとも豪快だった。昨日も一竜軒@唐津でも「大盛り飯」を食べ、黒門@遠賀でも「おにぎり」を2つ食べていた(笑)
宴はなんやらかんやら。take4さんはお酒が進み、「オレにまかせろってぇ!!」とちょっとカッコイイ。日付が変わって解散。帰宅は午前2時。

フミオさん・奥様、そして参加の皆様、
楽しい時間をありがとうございましたぁ♪







↑マニさんが注文した「ラーメン」






ふくちゃん@田隈 ワンタンメン



2005年3月13日(日)
ふくちゃん <ワンタンメン 700円+焼きめし450円>
福岡市早良区田隈2-14-2


マニさんと合流。久しぶりにふくちゃん@田隈に行きましょうと説得。
今や伝説になってしまった藤崎時代、そして田隈へ移転後もちょこちょこ行っていたお店「ふくちゃん」。このところ足が遠のいていた。

到着するとやっぱり大盛況で駐車場は満車。少し待ってやっと入店。
私は「ワンタンメン」と「焼きめし」を。マニさんは「ラーメン」を注文。
厨房は若い3代目が仕切り、活気がある。店内の内装・雰囲気は時間が止まったようにそのままだった。うー懐かしい。


おぉっ!!旨いんじゃないのぉー!! やっぱ食べにきて良かった♪
若さが加わったのか、明らかに以前より旨くなってる♪
スープの濃度も十分。丁寧にキッチリ作られた一杯。昔ながらの良いところは活かしつつ、改善・進化している印象。


温故知新。これだからラーメンの食べ歩きはオモシロイ♪

前回訪問日  その他多数



2005年3月13日(日)
元祖長浜屋@本店 <ラーメン 400円>
福岡市中央区長浜2-5-19


朝食は元祖長浜屋@本店へ。
元祖近くでまんぢさんからTELがあり笑う。やっぱり元祖に縁がアルようだ。で、今日はライトな仕上がり。替え玉はナシ。


前回訪問日  その他多数


2005年3月13日(日)

うっすら雪が積もっている。
早朝から福岡市へ。

2005年3月12日(土)
げんき家 <ノーマル 500円>
福岡市西区拾六町2-6


駐車場でばったりまるパパさんとお会いし、
そのまま一緒にげんき家へ(笑)

いつもの様に「ノーマル」を注文。





前回訪問日 2005_02_13 2005_01_04 その他多数



2005年3月12日(土)

夕方、てんもりさんをメルパルクのコンサート会場に送るのに同行。
てん子さん・satoyanさんと合流。今日はなんだかんだで人に会う。

フミオさん、一日お世話になりましたぁ♪





2005年3月12日(土)

JALリゾートシーホークホテル福岡内の「創作喫茶ばん」にて
甘いモノを食べちゃイケナイ3人が揃って食べる。




2005年3月12日(土)
黒門 <ラーメン 500円+おにぎり2個・海苔150円>
福岡県遠賀郡遠賀町大字別府4451−3


現地でブースカさんと合流。
私はラーメンをとおにぎり2個と海苔2枚を注文。





前回訪問日 2005_03_05 2005_01_30 2005_01_30
2004_11_23 2004_11_23 2004_11_13 2004_10_03 2004_10_03
2004_08_17 2004_07_18 2004_06_27 2004_05_15 2004_04_03
2004_02_08 2004_01_04 2003_12_30 2003_11_30 2003_09_14
2003_08_10 2003_08_04 2003_07_09 2003_06_21 2003_06_14






一竜軒@唐津 チャーシューメン



2005年3月12日(土)
一竜軒 <チャーシューメン 550円>
佐賀県唐津市菜畑4070−2


本日てんもりさんが帰福するとのことで、フミオさん企画に参加。
一竜軒のみ参加のtake4さん達と一緒に唐津へ。





前回訪問日
2005_02_05 2005_02_05
2004_11_06 2004_02_28 2004_02_28 2003_01_25




2005年3月10日(木)
自作ラーメン<スープ:自作 麺:石川製麺>


本日へのさんから送って頂いた本と器が手元に届いたので早速使用させていただく。

今回は基スープにイリコとカツオ節を加え、濃口醤油を使用。
基スープは豚、鶏、野菜のスープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせもの。
季節の「菜の花」を添え、佐賀のSさんから頂いていた海苔も贅沢にのせる。麺は同じく石川製麺。




2005年3月9日(水)
自作ラーメン<スープ:自作 麺:石川製麺>


先週ケパサさんと北九州の石川製麺を訪問し、麺を5玉購入していた。やっと本日食べることに。昨日から仕込んでいたスープを調整。

今回は豚、鶏、野菜のスープと干しホタテ貝柱・干し海老・昆布等々の魚介スープを合わせ、シンプルな組み立て。煮干しやカツオの節系は今回使用していない。塩ダレはいつもの感じ。佐賀のSさんから頂いていた海苔も贅沢にのせる。




2005年3月8日(火)
ぶっかけ亭
<えび天ぶっかけ・冷630円+チクワ天80円>
大分県日田市田島2-7-10


店内のお店紹介で当店のぶっかけは岡山出身。さぬきうどんではないとのこと。無添加の手作りタレを使用し、手打ち麺との表示あり。普通のぶっかけうどんが480円。

「えび天ぶっかけ・冷+チクワ天」を注文。
ふにゅんとした真っ白なうどん。エラク冷えている。タレがたっぷり注がれていて、塩分強めで味濃く感じる。チクワ天やえび天はサックリと揚げたてだった。
次は温うどんで「ゴボ天うどん」にしてみよう。



2005年3月8日(火)

今年の3月3日に移転&リニューアルオープンしたばかりのぶっかけ亭へ。
天龍ラーメンの近くで、市役所からも近い。




いちげん@佐賀 海苔ラーメン



2005年3月6日(日)
いちげん<海苔ラーメン 600円>
佐賀県佐賀郡川副町西古賀925−1


「海苔ラーメン」を注文。
食べているとごまひげさん御夫妻も来店(驚)
昨日北九州で会わなくて、今日佐賀でお会いするとは(笑)


前回訪問日
2005_02_06 2005_01_22 2005_01_03 2005_01_03
2004_11_28 2004_11_21 2004_11_21 2004_11_06
2004_10_24 2004_10_24 2004_09_05 2004_08_13
2004_08_13 2004_06_13 2004_06_13 2004_05_23
2004_04_25 2004_03_28 2004_03_14 2004_02_07
2004_01_02 2003_11_23 2003_11_25 2003 03_02



2005年3月6日(日)

いちげん@佐賀に到着。
綺麗に新装された店構え。
2005年3月6日(日)

最後にいちげんへ。
久留米から佐賀へ向かう。

2005年3月6日(日)
ひろせ食堂 <ラーメン・チャーハンセット 750円>
福岡県久留米市梅満1112−4


相変わらず大盛況。
ラーメン ・ チャーハンセットを注文。


前回訪問日
2004_11_27 2002_04_04 2001_10_30 他



2005年3月6日(日)
博龍軒 <ワンタンメン 700円>
福岡市東区馬出2-5-23


天神で所用を済ませ、遅い昼食に博龍軒@東区へ。
ワンタンメンを注文。


前回訪問日 2003_07_06 他


2005年3月6日(日)

地元の山々は白銀の世界。路面の積雪はない。
早朝から天神へ向かう。

画像は中洲からみた風景。
↑偶然お会いしたtomokiさんが注文した「ラーメン」

2005年3月5日(土)
黒門 <ラーメン 500円>
福岡県遠賀郡遠賀町大字別府4451−3


私はラーメンを注文。ケパサさんはおにぎり付き。
食べ終わる寸前にtomokiさんも来店。さすが出会い系(笑)


前回訪問日 2005_01_30 2005_01_30
2004_11_23 2004_11_23 2004_11_13 2004_10_03
2004_10_03 2004_08_17 2004_07_18 2004_06_27
2004_05_15 2004_04_03 2004_02_08 2004_01_04
2003_12_30 2003_11_30 2003_09_14 2003_08_10
2003_08_04 2003_07_09 2003_06_21 2003_06_14



2005年3月5日(土)
マルケン <ワンタンメン 450円>
北九州市若松区宮丸1−4−2


次はやっぱりマルケン@若松へ。
この段階では天候は回復し、晴れ間が覗く。


ワンタンメンを注文。
ケパサさんは普通のラーメンを。


前回訪問日
2004_11_23 2004_11_13 2004_07_24
2003_08_10 2003_06_14 2003 03_09






2005年3月5日(土)
芭蕉庵 <かけそば>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


最後に追加で「かけそば」を注文。
美しい♪ ガツンと華のあるダシが利いたおつゆにやさしいそばが泳ぐ。「温そば」ならではのふわんと舞うそばの風味と増幅されたあまみを楽しむ♪ココはかけ蕎麦も旨いのである。


芭蕉庵に来るとついつい「せいろ」、追加で「粗挽きそば」、更に追加で「かけそば」を食べてしまう。それぞれがキラリと輝く逸品であり、優良店3店分を一気に味わえるからである。個人的に今最も好きな蕎麦屋。今年も北九州に遠征することが増えそうだ。

蕎麦を仕上げると、御主人がまたまたまた出て来てトーク再開(笑)
本当にお世話になりました♪


前回訪問日
2004_11_13 2004_11_13 2004_11_13 2004_08_09
2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03






芭蕉庵@八幡東区 粗挽きそば



2005年3月5日(土)
芭蕉庵 <粗挽きそば・おかわり>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


追加で「粗挽き蕎麦・おかわり」を注文。
ぬちゅりとした力強い食感で、風味・あまみが詰まった暴れん坊蕎麦。啜り、噛み込むとむわんと独特の風味とあまみが踊る。あぁーっやっぱ無理して来てよかったぁ〜♪塩を軽くふりかけ、ぬちゅぬちゅと食べ進む。土曜ならではの粗挽きそばはやっぱり旨い。

蕎麦を仕上げると、御主人がまたまた出て来てトーク再開(笑)


前回訪問日
2004_11_13 2004_11_13 2004_11_13 2004_08_09
2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03






芭蕉庵@八幡東区 せいろ



2005年3月5日(土)
芭蕉庵 <せいろ>
北九州市八幡東区尾倉2−7−10


先ずは「せいろ」を注文。
つゆにつけず啜り、噛み込むと口一杯に蕎麦の風味がぶわーーっと広がる!!凄い・・・。明らかに風味の量が多く、豊かなのである。むわんむわんと押し寄せる蕎麦の風味を楽しみつつ、つゆをそのまま直接口に含ませる。私は最近こんな食べ方が多くなってしまった。本日はしっとりしながらもややキリリとした仕上がりで前回と食感の印象が異なる。うーん、もう少し近かったらもっともっと通うのになぁー(悔)

蕎麦を仕上げると、御主人が出て来てトーク再開(笑)色々お話する。
ちなみに「せいろ」が「丸ざる」に変更されていた。


前回訪問日
2004_11_13 2004_11_13 2004_11_13 2004_08_09
2004_08_09 2004_08_09 2004_07_24 2004_07_24
2004_07_24 2004_07_18 2004_04_03 2004_04_03


2005年3月5日(土)

ケパサさんと芭蕉庵@八幡東区へ。
暖簾が出ていたので入店させてもらう。

御主人にニッコリ御挨拶。なにやらかにやら楽しくお話する。ケパサさんと御主人が昔から仲が良いので私もそのおこぼれに。私がこんな関係になったのも昨年夏の蕎麦打ち教室に参加してから。ちょっとしたきっかけが大切だなぁーと改めて実感する。現在私が通う蕎麦屋で最も好きなお店である。芭蕉庵を食べたいが為に土曜北九州に行く機会が確実に増えている。
2005年3月5日(土)

天気予報によると今季最大の寒波到来で大雪とのこと。でも芭蕉庵に行きたい・・・

どうにかなるさとケパサさんにメールを打ち、出掛ける。
早朝の耶馬渓は閑散としており、蕎麦饅頭の湯気が店先から昇っていた。この段階では快晴。

行橋を過ぎた辺りから小雨が降り始め、小倉南区で小雪。途中ケパサさんから連絡があり、同行して頂けることとなる。

2005年3月4日(金)
梅乃庵 とり天定食・うどん付き 600円
大分県日田市日高町1396


いつものお店梅乃庵へ。
うどん付きの「とり天定食」を注文。ご飯大盛り自由で2倍くらいの盛りとなる。しかもおかわり自由、ジューシーなとり天とサラダ、小鉢まで付いて600円。大分では安い。ココはうどんも好き。以前はごぼ天うどん・大盛り(550円)を注文していたが、最近はうどん付きの「とり天定食」ばかり。

私的にはかなり満腹です。


前回訪問日 2004_12_24 2004_09_30
2004_09_16 2004_08_25 2004_08_10 2004_07_15
 2004_05_28
2004_05_06 2004_02_06 2003_12_14 2003_11_11 2003_06_19




2005年3月3日(木)
オーガニック農園@大山町
バイキングメニュー1260円
大分県日田郡大山町大字東大山274-1


大山町にあるいつものお店木の花ガルテンへ。
オーガニック野菜料理バイキング。今日も少し控えめで。


前回訪問日 2004_02_17 2004_12_09
2004_11_25 2004_10_28 2004_10_14 2004_09_02
2004_08_18 2004_07_29 2004_07_01 2004_06_17



2005年3月2日(水)
麺家 さくら <海老天うどん 520円>
大分県日田市山田町733-2


昨年末オープンした麺家さくらへ。
日田市の郊外にある為、なかなか再訪出来なかった。今日は海老天うどんを注文。

細めの綺麗なうどん。啜ると表面がしっとりとして噛み込むとむにゅ・ぐにゅんの弾力と、むにゅーんと伸びるコシもある。今回も年配客が多かった。

前回訪問日 2005_01_30



2005年3月1日(火)
いっぴんラーメン <ラーメン 500円>
大分県日田市高瀬大宮1223-1


中途半端な時間での訪問となったが常連客で盛況。
いつもの様にラーメンを注文。
どろんとしたスープでやや甘味強めの個性的なラーメン。手作り感のあるラーメンは嬉しい。麺は自家製。今日も御主人は熱い(笑)

前回訪問日
2005_01_21 2004_11_26 2004_11_10
2004_09_01 2004_04_13 2003_11_21 2003_06_03


2005年 3月 その1

2005年3月 その1