2005年 5月 その2
九州ラーメン 福岡のラーメン
福岡のうどん 博多うどん
久留米のラーメン 佐賀のラーメン
大分のラーメン 大分のうどん
北海道のラーメン 広島風お好み焼き

2005年 5月
29日 味仙@朝倉 ラーメン・水餃子
29日 げんき家@西区 ラーメン
29日 丸八@皿山 ラーメン
29日 長住うどん@福岡市南区
22日 八@久留米 ラーメン
22日 いちげん@佐賀 2杯目
22日 いちげん@佐賀 1杯目
22日 五エ門@広島-大丸福岡
22日 味味香@京都-大丸福岡
22日 元祖長浜屋@本店
20日 驛麺屋@大分駅 ラーメン
20日 龍苑@大分市王子 ラーメン

9日 自作ラーメン 濃口醤油
19日 自作ラーメン 塩・うす口醤油
19日 木の花ガルテン@大山町
18日 チーナン ラーメン
17日 飛鳥うどん ごぼ天うどん
16日 自作ラーメン 塩・うす口醤油
16日 さくら@日田市 ごぼ天うどん
15日 九紋龍@太宰府 ラーメン
15日 小戸公園 デイキャンプ
15日 げんき家@西区 骨付チャ
15日 鳳凛@春吉
15日 因幡うどん@天神・本店
15日 プルマンベーカリー@札幌
15日 梅光軒@旭川市 旭川ラー
2005年3月 ラーメン 22 ・ うどん5 ・ そば 6 ・ その他の麺 0 ・ 自作ラーメン 9
2005年2月 ラーメン 15 ・ うどん1 ・ そば 6 ・ その他の麺 1
2005年1月 ラーメン 28 ・ うどん9 ・ そば 3 ・ その他の麺 3

【2005年5月29日(日) 味仙@朝倉 台湾ラーメン・水餃子】 4杯目


最後に味仙@朝倉へ立ち寄る。



味仙@朝倉 水餃子










味仙@朝倉 台湾ラーメン



2005年5月29日(日)
台湾ラーメン 味仙 <台湾ラーメン+水餃子 840円>
福岡県朝倉郡三輪町栗田1415-5


香味アル爽やかなスープ。
食後のもたれのない薬膳ラーメン。
平打ち麺とシャキシャキもやしのハーモニー♪

水餃子もウマイ。


前回訪問日 2005_02_13 2004_04_11





【2005年5月29日(日) げんき家@西区福重 ノーマル塩トンコツ】 3杯目




げんき家@西区福重 ノーマル塩トンコツ



2005年5月29日(日)
げんき家@本店
<ノーマルラーメン500円>
福岡市西区拾六町2-6


いつものお店 げんき家@本店 へ。

ノーマルラーメン(塩とんこつ味)を注文。
今日は軽めの仕上がり。


前回訪問日 2005_05_15 2005_04_10 その他多数





【2005年5月29日(日) 丸八@南区皿山 ラーメン】 2杯目




丸八@皿山 ラーメン



2005年5月29日(日)
久留米ラーメン丸八 <ラーメン 500円>
福岡市南区皿山4-3-7


続いて丸八@皿山へ。
けんぱくさんから麺が変わっているとの情報を頂いていた。入店すると大将はニッコリ。自信に満ち溢れた笑顔だ。最近発刊された廉価版「ラーメン発見伝」の中でも丸八が紹介されている話なんかを伺う。

ラーメンを注文。

ブクブクと泡立った ド迫力スープ。
ガツンとくる一杯。

今日の濃度は最高値と比べればこれでもやや軽めかな^^
もぉーっ ココは最高値が高過ぎてて困ります。


前回訪問日
2005_02_27 2005_01_23 2004_07_14 2003_05_25
2003_04_09 2003 03_06 2003_02_23 2003_02_17 2003_01_26





【2005年5月29日(日) 長住うどん@南区長住 ごぼううどん】 1杯目




長住うどん@福岡市南区 ごぼううどん



2005年5月29日(日)
長住うどん <ごぼううどん 390円>
福岡市南区長住1-1-51


早朝から福岡市へ。
天神で所用を済ませ長住へ向かう。

けんぱくさんから久留米ラーメン 丸八@皿山の麺が変わっている
との情報を頂いたので野間大池方面へ。
長住は以前近くに住んでいた為、土地勘アル地域。
しかも通勤路^^ 浜勝もよく利用したなぁ〜
せっかくなので先に長住うどんへ。

ごぼううどんを注文。

演出がない素朴感アルうどん。
噛み込むとむにっと気持ち跳ね返されるコシ。
昆布が利いてカツオ系がふんわり香る。おつゆも実に旨い♪

ちなみに今年も讃岐に行くつもり♪
その前に久留米荘@久留米で再食しておきたい。


前回訪問日 2004_02_22 ごぼううどん





【2005年5月26日(木) ラーメン本紹介

2005年5月26日(木)

昔のラーメン特集雑誌紹介

九州ウォーカー 九州ラーメン王国’98
kyushuWalker 1998 01_08〜
 (KADOKAWA)
1998年1月8日


KW読者が選んだ「私の好きなラーメンBEST30」を掲げ、福岡・北九州・久留米・佐賀・熊本・鹿児島のラーメンを紹介している「ラーメン特集刊」。福岡市は地域毎(天神編その1、その2、屋台編、中洲・博多駅編、屋台編、市内編その1、その2その3)等々詳細に紹介。
当時九州でのウォーカーは創刊間もない頃で初ラーメン特集だったが、写真も多く流石KADOKAWAだと驚いた。

ちなみにこの特集刊も「読者ランキング」を掲載した形。

ちなみに1位は一蘭。2位博多金龍、3位大龍、4位一風堂、5位山小屋、6位しばらく、7位丸星、同7位北熊、9位ふくちゃん、9位大砲、11位八っちゃん、同11位一九ラーメン、同11位丸幸、14位龍龍軒、15位みんず、同15位長浜屋台一心亭、17位こむらさき、同17位一番山、19位珍竜軒、20位福一ラーメン、21位元祖長浜屋、22位箱崎だるま、同22位東洋軒、同22位唐そば、同22位くろいわラーメン、同22位長浜将軍、27位味好、28位横綱、同28位赤のれん節ちゃん、30位住吉亭、同30位一味。 以上





【1998年(平成10年)】


雑誌とネットを利用したラーメン情報が多く入るようになり、食べ歩きが順調に進む。

この頃から豚珍館@南区丸福@久留米、みんず@門司&戸畑、安全食堂@西区にハマる^^ 郷家@寺塚もよく食べたなぁ〜♪

「九らー」情報で最も驚いたのは鳥飼にあった「満天ラーメン」。私はお店の存在さえ知らなかったのだ。管理人評価も(7or8)と高く、そのワイルドな一杯に打ちのめされた。

そうそうトンコツマニアさんをネット上で知ったのもこの頃^^ 「九らー」時代には一度たりとも絡んだことは無いが、結果的に今の関係を考えると良かったのかも。同じく書込を見かけていたケパサさん・クモさん・まるパパさん・クーパーさんとも当時は一切絡みナシ^^ 直接お会いしたのはそれから約4年後の2003年だった。



【2005年5月25日(水) ラーメン本紹介

2005年5月25日(水)

昔のラーメン本紹介

麺喰いランキング 九州 (九州タウン情報ネットワーク)
1998年4月24日発行


ラーメン・うどん・そばのアンケート結果による人気ランキングを掲載し、九州各県毎に紹介しているスタイル。

この頃から何かと「ランキング」という形式が増えてくる。

各県の上位TOP10を紹介し、その他「地元の評判店」として補足したつくり。前冊・麺’sブック 九州にはあった店主からの言葉は無くなり、ライターによる紹介に一般人オススメコメントが加わった。

ちなみに1位は
福岡・一蘭、 久留米市・大龍、 北九州・唐そば、
佐賀・一休軒、 長崎・一休軒、 大分・なべさん、
熊本・黒亭、 宮崎・風来軒、 鹿児島・くろいわ、
だそうです。







【1998年(平成10年)】

この本が発刊された1998年(平成10年)というと一蘭&一風堂が大ブレイクして、どの雑誌を見てもこの2店が大きく掲載されているといった時代。有名ラーメンサイト「九州ら〜めん紀行 1996年〜」をみた直後??くらいだったと思う。一風堂@太宰府を食べまくっていた時期だ。


この頃北九州佐賀へ食べ歩きに行ったものだ。唐そば@黒崎、みんず@門司、みんず@戸畑、龍王@戸畑、東洋軒@黄金町、大福ラーメン@小倉南区に行くようになった。特にみんず@門司&戸畑店にハマリまくり、何度も食べまくる^^結果みんずを食べる為に北九州へ行くようにってしまう。加えて「九らー」をみるようになってから管理人評価(5)点以上の未食店を優先的に食べていく。

佐賀では一休軒@本店、鍋島一休軒@鍋島、三九軒@松原を訪問。当時から鍋島一休軒@鍋島は好きだった。当時肉のウマミが前面に出た変わった味だなぁ〜♪と思っていたのだ。いちげんの大将が鍋島一休軒で修行していた時期と重なっているが、会っていたかは微妙。ちなみに佐賀でも鳥栖・基山は別。丸幸は1993年くらいから。


この後ネット情報での本格的な食べ歩きが始まる。


追記
  〜中華そば 信兵衛@薬院〜 1999年閉店

てんもりさんから書込があった中華そば 信兵衛@薬院
この本にその美しい画像&紹介文が掲載されております。突然消えたお店・中華そば 信兵衛。当時味わった方々は口々に信兵衛はそれはそれは旨かったと耳にします。へのさんの麺喰い日記で「菱や」を紹介する際詳しく信兵衛の感想を比較・引用されておりました。今となっては貴重な資料です。



掲示板での私のコメント
中華そば 信兵衛@薬院は伝説のお店となりましたネ。
残念ながら私は食べれてないのです(悔)本当に残念です。

当時味わった方々は口々に信兵衛はそれはそれは旨かったと耳にします。
透明感アル穏やかな醤油中華そば。鶏・黒豚・野菜をじっくり煮込み、なんと麺は無かんすい麺でチャーシューも薩摩の黒豚。時代を先取りした手作り感溢れる味だったのだろうなぁ〜と写真を見ながらしみじみ思います。


他にも赤のれん@箱崎時代、箱崎だるま@箱崎時代、ふくちゃん@藤崎時代もありますが、突然消えた信兵衛とは異なりますね。

昔、塩原にあった白河中華そばの「とら@塩原」も私は残念ながら未食のままとなりました。ココは口コミ情報を掴んでいただけにかなり後悔しました。


今度信兵衛風の自作ラーメンを作ってみようと思います♪



【2005年5月24日(火) ラーメン本紹介

2005年5月24日(火)

昔のラーメン本紹介

福岡・博多 ラーメンと屋台 (シティ情報ふくおか臨時増刊)
1996年3月13日発行


福岡市・北九州・久留米のラーメン店と屋台を紹介。
写真・地図付きで紹介されており、地区毎に整理されている。






【1994年(平成6年)〜1996年(平成8年)】

この本が発刊された1996年(平成8年)というと名島亭@東区や箱崎だるま@箱崎に行くようになったのもこの頃。一風堂@太宰府にも月3ペースで通うようになる^^ あの頃は凄い行列だった。駐車するのに困ったもの^^

のんき屋@高砂はこの本がきっかけだった気がする。
口コミでの訪問は 一蘭@那の川、一番山@大橋、三洋軒支店@志免等々。

住吉亭@博多駅南は1994年(平成6年)くらいから口コミで当時よく食べていた。モチロン大盛りで。福一@那珂や達磨@那珂も。横綱@西区や長浜三番@西区にもよく食べに行っていたなぁ〜。


まだネット情報で食べ歩いていなかったギリギリの時代。


【2005年5月24日(火) ラーメン本紹介

2005年5月24日(火)

昔のラーメン本紹介

屋台物語 (シティ情報ふくおか臨時増刊)
1991年6月21日発行


福岡・博多の屋台体験ガイドブック。





屋台のみの紹介。
当時ココは食べた!!ソコは未食だなぁ〜 と読みながらチェックしていた。屋台にお客が溢れていた時代。

ちなみに赤レンガ前(歴史資料館前)の屋台「ともちゃん」によく行っていた時期があった。


【2005年5月23日(月) ラーメン本紹介

2005年5月23日(月)

昔のラーメン本紹介

麺’sブック 九州 (シティ情報ふくおか臨時増刊)
1991年12月20日発行


ラーメンを中心とし、うどん・そば・中華麺・ちゃんぽん・パスタまで紹介する「麺」本。掲載されているお店は豊かで、九州全土を網羅していることも当時としては画期的。これ以降発刊されたFukuoka系ラーメン本の下敷きとなったと思われる。
特筆すべきは店主への取材がしっかりなされていること。メニュー写真&紹介文とは別枠で店主へのインタビュー取材記事が詳しく掲載されている優れもの。最近はライターによる独自紹介が多いが、この本は店主自身の言葉が伝わってくる形式だった。今読み直しても結構オモシロイ。

当時はネットも無ければ、情報誌でもラーメン特集なんて殆ど無い時代。まだまだ口コミ情報が主流だった。

ちなみにこの麺’sブック制作班で弓削さんが企画として参加されている(笑)

追記
この本よりちょい古いのは「屋台物語」(シティ情報ふくおか臨時増刊) これは又別の機会に。





バブル末期・1992年に購入。
ちなみにコレ2冊目。1冊目はボロボロとなり廃棄。

当時学生だった私はこの本を利用して食べ歩きを加速させた。特に福岡市以外のお店にも重宝し、熊本や鹿児島はこの本を頼りに食べ歩いたものだ。

中でも熊本は印象深く、大黒、北熊@本店、黒亭@二本木、興安@健軍、桂花、こむらさき、天和はこの時期に初めて食べた。

特に大黒ラーメンと北熊にハマリ、とにかく何度も食べた^^
驚いたのは興安@健軍の特製ラーメン。焦げた苦みが独特で、超巨大厚切りチャーシューがのっかっていた。

ちなみにこの時代 久留米では丸星、大龍、大砲。



   【1992年(平成4年)〜1993年(平成5年)】

福岡市では相変わらず元祖長浜屋をヘビーローテーション中で、とん吉@長浜、長浜将軍、名代ラーメン@長浜をたまに挟むといった感じ^^連食することも増える。
横綱@福重と長浜三番に行くことも多くなったのもこの時期。
ふくちゃん@藤崎時代、しばらく@西新、龍龍軒@博多、一心亭@長浜、一九@老司、永楽@樋井川、さかもと@親不孝、博多大砲@中洲、屋台多数、なんかを食べていたと思う。
天神・中洲周辺屋台制覇を目論み、食べ歩く。

平成5年は喜楽@渋谷道玄坂や九州じゃんがららあめん@秋葉原に連れて行ってもらったのも印象深い。

懐かしいなぁ〜




【2005年5月22日(日) らーめん 八@久留米 ラーメン】 6杯目


参考画像 八ちゃん@太宰府 のラーメン




2003_06_13 に食べた 八ちゃん@太宰府 ラーメン




2004_09_03 に食べた 八ちゃん@太宰府 ラーメン






らーめん 八@久留米 ラーメン



2005年5月22日(日)
らーめん <ラーメン 450円>
福岡県久留米市東合川5-6-11


佐賀からの帰り、久留米へ立ち寄る。
マニさんから何度か誘われた新店「八@久留米」に行ってみるか!!

有名人気店「八ちゃん@太宰府」で修行した方が開いたらしく、福岡市在住のラーメン好きであれば一度は食べてみたくなるはず。
お店は以前「大王」だった場所。ちょっと懐かしいような・・・複雑な感じ。

ラーメンを注文。

かなり脂が多く、透明な層を形成している。
ぎちっと醤油ダレが利いた味。脂のあまみも押し寄せてくる。

「久留米」という特殊・激安地区出店の為、ラーメン450円で価格を抑えているようだ。久留米の人々に「八ちゃん@太宰府」がどれだけ知られているかは微妙だが、今後の進化が楽しみな開店である。






【2005年5月22日(日) 佐賀へ

2005年5月22日(日)

佐賀に行こうとマニさんにメールを送るも反応ナシ。
10分待って、単独で向かうことに。

先ずは何度かフラれている洋々軒@佐賀市へ。
以前クモさんから美味しいから食べておいた方がイイよ〜とオススメいただいていたお店である。

ラーメン本によると定休が第1・3・5日曜。よって今日は第4日曜なのでチャンスなのダァ!!


が・・・



ガ〜ン!!閉まってるぅ・・・


するとマニさんからメールが入り、今 久留米に居るとのこと(驚) 合流はムリだと諦めメールする。



続いてラーメン本を見て気になっていたお店、
丸嘉ラーメン@諸富町へ向かう。

が、カーナビラーメン本・詳細地図の場所にお店が無い・・・。
何度も周辺を折り返すも見つからない。周辺に空き店舗もあったので今度imagineさんに聞いてみよう。



続いて池田屋@佐賀市へ。
日曜も開店するようになったとのことで訪問。
久しぶりにのんぶ〜大将にお会いしたいなぁ〜♪



でもやっぱり中休み中(爆)

午後6時開店だったので今回は諦め、
いちげん@佐賀へ向かう。



【2005年5月22日(日) いちげん@佐賀 ラーメン】 4杯目




すっかり変貌した麦畑。




や〜っといちげん@佐賀にて佐賀ラーメン一杯目^^




器の底に残った骨粉。




いちげん@佐賀 ラーメン一杯目



2005年5月22日(日)
いちげん<ラーメン1杯目 500円>
佐賀県佐賀郡川副町西古賀925−1


いちげん@佐賀に夕方開店直前に到着。

カウンターに座るとどこかで見た記憶のお顔が。
一応車のナンバーを確認すると「熊本」。
やっぱり「熊本ラーメンファンクラブ」サイト管理人のお方だぁ(笑)

マニアの顔と名前も結構頭に入っているのよねん^^
K2さん、突然お声をかけてしまいすみませんでした。


いつもの様に1杯目のラーメンを注文。





前回訪問日
2005_05_01 2005_04_17 2005_04_17 2005_03_06
2005_02_06 2005_01_22 2005_01_03 2005_01_03
2004_11_28 2004_11_21 2004_11_21 2004_11_06
2004_10_24 2004_10_24 2004_09_05 2004_08_13
2004_08_13 2004_06_13 2004_06_13 2004_05_23
2004_04_25 2004_03_28 2004_03_14 2004_02_07
2004_01_02 2003_11_23 2003_11_25 2003 03_02




【2005年5月22日(日) いちげん@佐賀 ラーメン】 5杯目




器の底に残った骨粉。




いちげん@佐賀 ラーメン二杯目


2005年5月22日(日)
いちげん<ラーメン2杯目 500円>
佐賀県佐賀郡川副町西古賀925−1


2杯目のラーメン追加注文。





その後、トラブルが発生したのでちょっとだけお手伝い^^

午後8時くらいにimagineさんも来店したらしい(笑)


前回訪問日
2005_05_01 2005_04_17 2005_04_17 2005_03_06
2005_02_06 2005_01_22 2005_01_03 2005_01_03
2004_11_28 2004_11_21 2004_11_21 2004_11_06
2004_10_24 2004_10_24 2004_09_05 2004_08_13
2004_08_13 2004_06_13 2004_06_13 2004_05_23
2004_04_25 2004_03_28 2004_03_14 2004_02_07
2004_01_02 2003_11_23 2003_11_25 2003 03_02




【2005年5月22日(日) みやけうどん@博多区呉服町

2005年5月22日(日)

福岡西方沖地震被害で暫く休業していた
みやけうどん@呉服町へ。

既に営業を再開しているものの、
定休日を利用して更なる改修工事を行っていた。




みやけうどん 福岡市博多区上呉服町10-24
前回訪問日 2005_01_04 2004_05_07 2003_05_14 2003_01_19 2002_11_16


【2005年5月22日(日) 五エ門@広島 ミックス広島風お好み焼き】 3杯目






2005年5月22日(日)
五エ門@広島-大丸 <ミックス 広島お好み焼き 890円>
福岡市中央区 大丸・福岡天神 「全国うまいもの大会」
お店:広島県


せっかくなので食べてみることに。

ミックス広島お好み焼きを注文。
価格は更に強気の890円^^


「お好み焼き」を外食していつも思うのですが・・・
てんもりさんが焼いた「てんもり焼き」が旨過ぎて困ってます^^





【2005年5月22日(日) 味味香@京都 牛肉・きつねカレーうどん】 2杯目


大丸・福岡天神へ。
大丸8F催場で行われている「全国うまいもの大会」にて物色








味味香@京都-大丸福岡天神 牛肉・きつねカレーうどん



2005年5月22日(日)
味味香@京都-大丸 <牛肉きつねカレーうどん 787円>
福岡市中央区 大丸・福岡天神 「全国うまいもの大会」
お店:京都市中京区西木屋町六角通西入ルすぐ南側


天神で所用を済ませ、
昼食は大丸・福岡天神へ。

8F催場で行われている「全国うまいもの大会」にて物色。
先日フミオさんが食べていた味味香のカレーうどん。
私もこの機会に食べてみることに。

牛肉・きつね ミックスカレーうどんを注文。

表面つるつる、透明感アル演出系弾力うどん。
価格は強気の787円。





【2005年5月22日(日) 元祖長浜屋@本店 ラーメン】 1杯目




元祖長浜屋@本店 ラーメン



2005年5月22日(日)
元祖長浜屋@本店 <ラーメン 400円>
福岡市中央区長浜2-5-19


早朝から福岡市へ。
朝食はいつもの元祖長浜屋@本店へ。


おぉ!! 今日はやたらと出来がイイじゃないのぉ〜♪
久しぶりの大当たりでしたぁ(嬉)


前回訪問日 2005_04_24
2005_04_17 2005_04_10 2005_03_13 2005_01_29 2005_01_22
2005_01_16 2004_09_25 2003_10_19 2003_05_11 2003 03_02
2002_01_20 2002_01_06 2001_10_14
 その他多数








2005年5月20日(金)

龍苑@大分市で食べた後、大分駅近くにある 餃子飯店@大分市 へ。
地鶏ラーメンのお店で、高校時代によく食べていた。





がぁ、なーんと閉店準備中!!

明日の臨時休業を知らせる紙が貼られ、
早仕舞をした模様(残念〜)



車をパーキングに入れてしまったことだし、
同行者と大分駅構内にある 驛麺屋 へ。









驛麺屋@大分駅構内 ラーメン




2005年5月20日(金)
驛麺屋 <ラーメン 450円>
大分市要町1-1 大分駅構内


大分駅構内にあるラーメン店・驛麺屋
列車を利用することが殆ど無い私にとってはこんな機会がないと立ち寄れない。

ラーメンを注文。 同行者にチャンポンを注文してもらう。

程良い甘タレが利いた、あまとんこつの分かり易い味。
万人に受け入れられそうな印象。女性客が多かったのも頷ける。

麺は細麺。











2005年5月20日(金)
驛麺屋 <チャンポン 550円>
大分市要町1-1 大分駅構内


同行者に注文してもらったチャンポンを4分の1程もらって食べる。
やはりコチラの方がボリュームある。






2005年5月20日(金)

天ヶ瀬を走っていると路上駐車多数。
しかも福岡や筑豊ナンバー?? 本日から鮎解禁のようだ。









鮎釣りサイトを観たところ、コノ辺りの成果は厳しかったらしい^^







仕事終わり、知人に会う為大分市へ。



いつもの由布岳定点観測。






龍苑@大分市王子中町 ラーメン




2005年5月20日(金)
龍苑 <ラーメン 450円>
大分市王子中町5-50


古い街並みに溶け込むようにアルお店 龍苑
この辺りは学生時代よく歩き回った馴染みのある街である。すっかり日が暮れてしまって到着。年配の優しげなおばあちゃんが先客の相手をしている。

ラーメンを注文。

ガツーンと醤油ダレが主張する塩辛めの味。
昔ながらの手作り感アル素朴な一杯だ。チャーシューは軽い塩加減で、味濃いスープとの相性バッチリ。細麺をしゅるしゅる啜る。
懐かしさが残るお店の雰囲気といい、へのさんのハートマークが付く確率が高いお店かなぁ〜 との印象。

探してたのですヨ、こんなお店!!

多店舗展開する企業系ラーメン店が非常に多い大分市。地元に密着した個人店も楽しんでいきたいものだ。








で、続いて地鶏ラーメンの 餃子飯店@大分市 へ向かう・・・






自作ラーメン@自宅 濃口醤油




2005年5月19日(木)
自作ラーメン <濃口醤油ラーメン>


で、二杯目^^

基スープは一杯目と同じ。 二杯目は濃口醤油味にしてみた。


冷蔵庫に保管していた干しホタテ貝柱・干し海老をベースにした、豚肉と生ハム、ベーコンを加え煮込んだスープを温める。
その後更に豚肉を加え、最後に羅臼昆布を加える。

別鍋で煮干しを煮て、カツオ節を加える。
最後にスープを合わせ、粟國の塩とうす口醤油を加え出来上がり。

ちなみに麺はワン子しぇんしぇいから頂いていた「生ラーメン」10食分の畑瀬の生麺。



コチラもイイ感じ♪








自作ラーメン@自宅 塩・うす口醤油




2005年5月19日(木)
自作ラーメン <塩・うす口醤油ラーメン>


今日も自作スープで食べることに。
冷蔵庫に保管していた干しホタテ貝柱・干し海老をベースにした、豚肉と生ハム、ベーコンを加え煮込んだスープを温める。
その後更に豚肉を加え、最後に羅臼昆布を加える。

別鍋で煮干しを煮て、カツオ節を加える。
最後にスープを合わせ、粟國の塩とうす口醤油を加え出来上がり。

ちなみに麺はワン子しぇんしぇいから頂いていた「生ラーメン」10食分の畑瀬の生麺。


前回食べた時と比べると どっしりした感じ♪





2005年5月19日(木)

いつものお店へ・・・







2005年5月19日(木)
オーガニック農園@大山町
バイキングメニュー1260円
大分県日田市大山町大字東大山274-1


大山町にあるいつものお店木の花ガルテンへ。
オーガニック野菜料理バイキング。

今日も大盛況。


前回訪問日 
2005_05_06 2005_04_07 2005_03_24 2005_03_24
2005_02_17 2004_12_09 2004_11_25 2004_10_28 2004_10_14
2004_09_02 2004_08_18 2004_07_29 2004_07_01 2004_06_17



2005年5月18日(水)
チーナン <ラーメン 500円>
大分県玖珠郡玖珠町大字塚脇544-2


国道210号線沿いにあるチーナン。日田市隈にも同店名のラーメン店がある。ソコも超インパクトある味だった。

ラーメンを注文。

長時間煮込まれた感じの白濁スープ。
とにかくクセのある味。独特のにおいもあるし、甘味も強い。
まるで牛乳が入っているかの様な特異味なのだ。
後味にかなり残る。

のせものはてんこ盛りで、茹で半玉子から生サニーレタスまで^^
小皿にて「おから」まで付いた。









飛鳥うどん ごぼ天うどん



2005年5月17日(火)
飛鳥うどん <ごぼ天うどん 500円>
大分県玖珠郡玖珠町戸畑


国道210号線沿い、滝瀬トンネル入口脇にある「飛鳥うどん」

ごぼ天うどんを注文。

おぉ、器がデカ〜イ。
表面はつるりとしていて、やわらかい伸びのアルうどん。
ちょい幅広め。
おつゆは塩梅もよく、出汁も程良い。

一応店外・店内を見渡すも、「手打ちうどん」との表示はなかった。








自作ラーメン@自宅 塩・うす口醤油









2005年5月16日(月)
自作ラーメン <塩・うす口醤油ラーメン>


ワン子しぇんしぇいから頂いていた「生ラーメン」10食分。
畑瀬の生麺を利用して、スープを自作して食べることに。


ストックしてある干しホタテ貝柱・干し海老をベースに、
豚肉と生ハム、ベーコンを加え煮込む。
最後に羅臼昆布を加える。

別鍋で煮干しに、これでもか!!というくらいカツオ節を加えて加熱。
最後にスープを合わせると、
タレは粟國の塩とうす口醤油でもぉ〜十分。

簡単に作った割には旨みたっぷり大満足スープ♪
ぶわぁ〜っと豊かな香りが舞いまくる。








麺屋 さくら@日田市 ごぼ天うどん




2005年5月16日(月)
さくら <ごぼ天うどん 450円>
大分県日田市山田町733-2


日田市郊外にある 「麺家 さくら」 へ。
ココは街中心部からかなり離れた畑の中にあるお店。

ごぼ天うどんを注文。

手打ちうどんは表面がつるりとして、しなやか。
噛み込むとにゅ〜んと伸びるやわらかいコシ。
出汁も程良く、こぼ天もカラリとした仕上がり。

立地が立地なだけに、
わざわざ食べに行かないと訪問出来ない。


前回訪問日
2005_03_02 2005_01_30







畑の中を進むと、この先にお店がある。





九紋龍@太宰府




2005年5月15日(日)
九紋龍 <ラーメン 500円>
福岡県太宰府市水城2-20-27


小戸公園で解散。 伊崎から都市高に乗り〜太宰府ICへ。
九紋龍@太宰府に飛び込む。

ラーメンを注文。

ギラギラと怪しく光るスープは迫力あり。
後味に独特の甘さがずしんと残る。

やっぱ麻薬ラーメンですなぁ〜^^


前回訪問日
2005_03_20 2002_10_27 2002_02_03 他





2005年5月15日(日)

快晴の小戸公園へ。
フミオさん主催のデイキャンプに途中参加。



まだまだ日差しが強ーい





くつろぐ面々






焼き






気持ちよさそ〜なtake4さん






オヤジ達は呑み続け・・・





やっぱり主役は元気なチビ様。
J子さんは特に人気者^^












日が暮れてきて解散。




フミオさん、事前準備&早朝からの場所取り・設営お疲れ様でした。
参加の皆様、お疲れ様でした。

とても楽しい時間を過ごすことができましたぁ♪


総勢33名だったってぇ〜(驚き) 後で知りました^^


フミオさん一家(3)・J子さん&N子さん-友人EMIさん(3)・へのさん一家(4)
take4さん一家(2)コギさん一家(2)ぶっち隊長一家(3)けんぱくさん一家(4)
くまさん一家(5)・Kヤンさん新婚御夫妻(2)・まりさんカップル(2)
まんぢさん・マニさん・そして私。

+へのさんちの栗太+コギさんちの犬達 計2匹。






げんき家@西区 ノーマル + 骨付きチャーシュー別盛り









2005年5月15日(日)
げんき家@本店
<ノーマルラーメン500円 + 骨付きチャーシュー400円>
福岡市西区拾六町2-6


いつものお店 げんき家@本店 へ。
入店するとさっきまで めんそ〜れさん が居たらしい^^
ニアミスにて残念。

ノーマルラーメンを注文。
塩とんこつ味である。

やさしくやわらかぁ〜い旨みを楽しめる一杯。
今回は別皿で「骨付きチャーシュー」も追加した。


前回訪問日 2005_04_10 その他多数







鳳凛@春吉 ラーメン



2005年5月15日(日)
鳳凛 <らーめん 550円>
福岡市中央区春吉3-21-15


続いて新店 鳳凛@春吉 へ。
博多大丸から中洲方面へ国体道路を歩いて少し。
モダンな店構えである。

らーめんを注文。

おぉ!!こりゃ状態のイイ「一蘭」だぁ〜♪
タレは独特あまみ・うまみがあり、モロ一蘭特有の味^^
しっかり後味にも残る。

スープは程良い濃度。個人的には大満足の一杯♪

客の入りはまだまだのようだが、状態の良いうちに食べておいてヨカッタ。
今年福岡市に開店した中では最も大化けしそうなお店。
再食が楽しみ♪


ちなみに私が初めて一蘭を食べたのは日赤通りの「那の川店」。平成7〜8年??くらいに先輩に連れて行かれた時。当然小郡時代の味は知らない(残念)

追記
ラーメンサイトを観ているとこの鳳凛についての書込を見かけた。先代・小郡時代一蘭との関係について書込されていた。今のところ公式な取材ソースを目にしていないので真相は分からない。が、その情報が正しければ嬉しいお店の開店である。







因幡うどん@天神 本店 ごぼ天うどん



2005年5月15日(日)
因幡うどん@本店 <ごぼ天うどん 420円>
福岡市中央区天神1-10-5 地下1F


続いて 因幡うどん@天神・本店 へ。


ごぼ天うどんを注文。

ふわっとして、ふにゅ〜んとやわらかい独特コシナシうどん。ぷつんと簡単に切れる素朴感アル麺。むにゅむにゅして包み込まれるやさしい食感がたまらない。出汁が利いたおつゆと一緒に啜り込む。次第に溶け出すごぼ天が味に変化を加える。

旨い「おつゆ」とやわらかい「麺」との一体感を楽しめる「博多うどん」らしい一杯である。









プルマンベーカリー@札幌市 カレーパン






梅光軒@旭川市 旭川ラーメン・醤油



2005年5月15日(日)
梅光軒 <醤油ラーメン 735円>
岩田屋本館「夏の北海道展」
本店 北海道旭川市



早朝から福岡市へ。
天神で所用を済ませ、岩田屋で開催中「夏の北海道展」にて昼食。

旭川ラーメン「梅光軒」へ。
一応事前にお店の評判をネット検索しておいた^^
食べたことのある旭川ラーメンというと、新横浜ラーメン博物館で食べた「蜂屋」とキャナルでの「青葉」くらい。どちらも魚介を利かせたクセのある味だった。特に蜂屋は強烈(笑)

「醤油ラーメン」をセレクト。

おや?? クセが無い・・・
さらりとした豚骨醤油の甘いスープ。甘さがふわぁ〜んと舞う。
出汁濃度は軽めの仕上がり。



2005年5月 その2