2005年 6月 その1
九州のラーメン 福岡のラーメン
北九州のラーメン 佐賀のラーメン
福岡のうどん 福岡のそば
大分のラーメン 大分のうどん

2005年 6月
16日 木の花ガルテン@大山町
14日 自作ラーメン 塩ラーメン
14日 けんちゃんうどん@日田市
12日 東洋軒@黄金町 ラーメン
12日 都呂々@若松 もやしラーメン
12日 黒門@遠賀 ラーメン
12日 鳳凛@春吉 らーめん
12日 稲庭うどん 7代 佐藤養助
12日 四川飯店@大丸 担々麺
11日 自作ラーメン うす口醤油
11日 自作ラーメン 塩ラーメン
8日 自作ラーメン 鶏・豚 白濁
8日 自作ラーメン 醤油
5日 池田屋@佐賀 和風ちゃんぽん
5日 いちげん@佐賀 ラーメン
5日 翁風庵@天神 かけそば
5日 翁風庵@天神 せいろ
5日 岩田屋@天神 極選の味
5日 岩田屋@天神 極選の味
3日 一番亭ラーメン
2日 自作ラーメン・うす口醤油
2日 自作ラーメン・醤油
2日 木の花ガルテン@大山町
2005年3月 ラーメン 22 ・ うどん5 ・ そば 6 ・ その他の麺 0 ・ 自作ラーメン 9
2005年2月 ラーメン 15 ・ うどん1 ・ そば 6 ・ その他の麺 1
2005年1月 ラーメン 28 ・ うどん9 ・ そば 3 ・ その他の麺 3

【2005年6月16日(金) 木の花ガルテン@大山町


大山町にあるいつものお店木の花ガルテンへ。




2005年6月16日(木)
オーガニック農園@大山町
バイキングメニュー1260円
大分県日田市大山町大字東大山274-1


大山町にあるいつものお店木の花ガルテンへ。
オーガニック野菜料理バイキング。

茄子やオクラが加わり、季節の変化を感じる。


前回訪問日 2005_06_02
2005_05_19 2005_05_06 2005_04_07 2005_03_24 2005_03_24
2005_02_17 2004_12_09 2004_11_25 2004_10_28 2004_10_14
2004_09_02 2004_08_18 2004_07_29 2004_07_01 2004_06_17




【2005年6月14日(火) 自作ラーメン@自宅 塩ラーメン】





2005年6月14日(火)
自作ラーメン <塩ラーメン>


いつもの自家製「塩ラーメン」
麺も自家製手打ち・平打ち太麺を使用。





【2005年6月14日(火) けんちゃんうどん@日田市 ごぼ天うどん】




けんちゃんうどん@日田市 ごぼ天うどん



2005年6月14日(火)
けんちゃんうどん <ごぼ天うどん 480円>
大分県日田市中央1−7−16


素朴感アル手打ち・平打ちうどん。
自然な弾力と伸びコシは嬉しい。

おつゆは出汁の調和がとれた軽めの仕上がり。


前回訪問日
2004_12_07 2004_07_21 2004_06_11 2003_11_04 2003_09_04
2003_06_20





【2005年6月12日(日) 東洋軒@黄金町 ラーメン】 6杯目




東洋軒@黄金町 ラーメン



2005年6月12日(日)
東洋軒 <ラーメン 600円>
北九州市小倉北区黄金町1-4-30


久しぶりに東洋軒@黄金町へ。
ココは北九州にある「久留米ラーメン」の所謂老舗・有名店
以前は北九州に遠征した際によく訪問していたものだった。
当時はカーナビなんて無い時代だった為、
徒歩でウロウロ探した印象深いお店である。 あー懐かしい。


ラーメンを注文。

香りアル、とっぽんとした乳化スープ。
塩加減強めで、タレもぎっちり利いている。
くぅ〜 分かりやすいストレート勝負の味だぁ!
紅色タケノコも今では珍しい。

夕方開店直後でも地元客らしき方々で席がうまっていく。
ちなみにラーメンは強気の600円。


前回訪問日 記録不明 1999_11_13他多数





【2005年6月12日(日) 若松商店街探訪】 


都呂々@若松で食べた後、
ケパサさんと一緒に若松の商店街をぶらり探訪。




商店街へ続く路地を歩いていると、
イイ感じの手打ち出雲そば屋が目に留まる。

店前では蕎麦を打っている姿が見える。
ちょっと感心。





商店街は閑散としていた。





八幡東区に住むケパサさんでも
この辺りはあんま詳しくないらしい。






「龍昌」





「一番」
ケパサさん曰く、若松のソウルフードらしい。
残念ながら既に準備中だった。






醤油中華そば屋のお店・「来々?」
次回訪問してみよう。






帰りに「マルケン」前を通る。
食べたい・・・



【2005年6月12日(日) 都呂々@若松区 もやしラーメン】 5杯目




都呂々@若松区 ラーメン






都呂々@若松 もやしラーメン



2005年6月12日(日)
都呂々 <もやしラーメン 550円>
北九州市若松区本町3-2-25


ケパサさんにドタで連絡を入れお誘いする。
自宅へ伺い、一緒に都呂々@若松へ向かう。
有名店・唐そば@黒崎出身の方がやっているお店らしい。
気にはなっていたものの、未食だった。
若戸大橋を渡ると、直ぐ橋の袂にお店がある。

二人ともラーメンを注文。

暫くしてケパサさんが「一つだけモヤシを抜いてください」とお願い。
「ハイ、分かりました」との返答を頂く。

で、私の前にはもやし山盛り「もやしラーメン」が!!
どうやらコチラの意図が正しく伝わってなかったようだ。
動揺を隠し、当然の如くそのまま食べることに。

ほんのりあまさのある、やさしい・マイルドスープ。
毎日食べられそうな味。
確かに唐そば@黒崎を感じるモノがアルなぁー
モヤシはスープの下にも大量に沈んでおり、
途中からモヤシエキスが利いたラーメンとなってしまった・・・。
次回は普通のラーメンを是非食べたい。


ちなみに唐そば@黒崎で食べたのは1998_5月 が最後。
唐そば@渋谷は 2002_09_07 と 2001_10_05 の2回。
唐そば@黒崎(閉店)北九州市八幡西区黒崎2-3-22
唐そば@渋谷 東京都渋谷区渋谷2−22−6





【2005年6月12日(日) 黒門@遠賀 ラーメン】 4杯目




黒門@遠賀 ラーメン



2005年6月12日(日)
黒門 <ラーメン 500円>
福岡県遠賀郡遠賀町大字別府4451−3


6月14日で開店2周年となる黒門@遠賀へ。
もぉー2年なのねん!!



前回訪問日 2005_04_29
2005_04_03 2005_03_12 2005_03_05 2005_01_30 2005_01_30
2004_11_23 2004_11_23 2004_11_13 2004_10_03 2004_10_03
2004_08_17 2004_07_18 2004_06_27 2004_05_15 2004_04_03
2004_02_08 2004_01_04 2003_12_30 2003_11_30 2003_09_14
2003_08_10 2003_08_04 2003_07_09 2003_06_21 2003_06_14





【2005年6月12日(日) 鳳凛@中央区春吉 ラーメン】 3杯目




前回画像 2005_05_15

この時はかなり美味しかった♪






鳳凛@春吉 らーめん



2005年6月12日(日)
鳳凛 <らーめん 550円>
福岡市中央区春吉3-21-15


続いて新店 鳳凛@春吉 へ。
前回食べた時にとても好印象だったので再訪。

らーめんを注文。

あれれれれ・・・
今日はなーんかドスンとくるうまみの迫力が無い・・・。
前回程の驚くべき完成度ではないのだ。
画像を比較するとやはり見た目の濃度も異なっているようだ。
掲示板等でイマイチだったという感想を見かけていたのも頷けるかも。

ブレは許容範囲内ではあるが残念。
やっぱアノ美味しい時の鳳凛をまた食べたいなぁー


前回訪問日 2005_05_15





【2005年6月12日(日) 稲庭うどん 7代 佐藤養助 せいろ2種】 2杯目




稲庭うどん 7代 佐藤養助 <せいろ2種>



2005年6月12日(日)
稲庭うどん7代 佐藤養助 <せいろ2種 735円>
福岡市中央区天神1-4-1 福岡天神大丸・エルガーラ地下2F


久しぶりに稲庭うどん 7代 佐藤養助@大丸へ。
嘗てTVチャンピオン@テレ東「御当地うどん選手権??」で優勝した有名店の支店である。大丸の地下に隠れるようにアルお店。番組では讃岐うどんや五島うどんのお店が参加していた記憶アリ。その放送直後、わざわざ糸島にアル五島うどん@石崎に食べに行ったなぁ〜^^


前回温かい「しっぽくうどん」食べていた為、
今回は冷たい「せいろ2種」を注文。


艶やかな細いうどん♪ 表面はつるつるで、しっとり・滑らか。
啜り、噛み込むと気持ちの良い適度な弾力・伸びコシ。
「乾麺」を馬鹿に出来ないことがよく分かる見事な麺。

つけ汁もしっかりとしており、華のアル出汁が利いた納得のモノ。
山葵や海苔も嬉しい質感だった。
ちょっぴり質を高めた「稲庭うどん」の楽しみ方もオモシロイ。
次回は天麩羅うどんを食べよう。

因みにつけ汁が2種付き、味の変化も楽しめた。


前回訪問日 2003_01_11 しっぽくうどん



【2005年6月12日(日) 四川飯店@大丸・天神 担々麺】 1杯目




四川飯店 担々麺



2005年6月12日(日)
東京赤坂 四川飯店 <担々麺 630円>
福岡市中央区天神1-4-1 福岡天神大丸・エルガーラ地下2F


早朝から福岡市へ。
天神で所用を済ませ、大丸へ向かう。ソラリアステージ地下に入っている因幡うどんへ先に立ち寄るか迷ったが、なんとか我慢。

大丸食料品売り場を物色。
あれれ・・・名古屋コーチンをメインで売っていた肉屋が無くなっている・・??名古屋コーチンをココで購入することが多かったのに(残念) 地下鉄開業で地下街からの入口が増設され、明太子販売スペースが広がり、魚屋や肉屋スペースが無くなったり移動しているみたいだ。


その後、四川飯店@大丸へ。
「料理の鉄人」なんかで有名な陳健一氏の味を楽しめるお店。以前は行列ができて食べるのが大変だった。

前回が「酸辛束湯」、前々回は「汁無し・鉄人担々麺」を食べていた為、
今回はノーマル「担々麺」を久しぶりに注文。


辛さを「小辛」にセレクトした為、
思ったより辛さ抑え気味の味となった^^


前回訪問日 2004_06_27 2004_04_11 2001_04_22 他





2005年6月11日(土)







自作ラーメン 塩



2005年6月11日(土)
自作ラーメン <塩ラーメン>


地鶏ガラと鶏肉、豚肉、野菜等でスープを仕込む。
別鍋で干しホタテ貝柱・干し海老をベースに鰹節を加えて加熱。
羅臼昆布も加える。

スープを合わせ、調整。
タレは冷蔵庫に保管してあった塩ダレを使用。
塩は粟國の塩。


麺は自家製手打ち麺
粉は特ナンバーワンを使い、讃岐うどんの要領で足踏みしてまとめ、
熟成させておいたもの。
パスタマシーンで延して、切る。

「塩ラーメン」には中細麺を使ってみた。









自作ラーメン うす口醤油



2005年6月11日(土)
自作ラーメン <うす口醤油ラーメン>


地鶏ガラと鶏肉、豚肉、野菜等でスープを仕込む。
別鍋で干しホタテ貝柱・干し海老をベースに鰹節を加えて加熱。
うす口醤油分は鰹節多めで。羅臼昆布も加える。

スープを合わせ、調整。
タレは冷蔵庫に保管してあった塩ダレとうす口醤油を使用。


麺は自家製手打ち麺
粉は特ナンバーワンを使い、讃岐うどんの要領で足踏みしてまとめ、
熟成させておいたもの。
パスタマシーンで延して、切る。


「うす口醤油ラーメン」には平打ち太麺を使ってみた。







自家製手打ち麺 中細麺・平打ち太麺 2種





2005年6月8日(水)



自作ラーメン 鶏・豚 白濁



2005年6月8日(水)
自作ラーメン <鶏・豚 白濁ラーメン>


骨付き鶏と豚をじっくり煮込み、白濁スープを作っていた。

醤油ラーメン用のスープも少し合わせ、
タレは「粟國の塩」と冷蔵庫に保管してあった自家製魚介ダレを使用。

香りアル・あまぁ〜〜〜いスープとなった。
天然の旨みが溢れる一杯。









自作ラーメン 醤油



2005年6月8日(水)
自作ラーメン <醤油ラーメン>


基スープはいつもとほぼ同じ。
骨付き鶏肉と豚そして玉葱加えじっくり煮込み、スープを仕込んでいた。

別鍋で干しホタテ貝柱・干し海老をベースに椎茸を加え、
煮干しと鰹節を多めに加えて加熱。
羅臼昆布も加える。

スープを合わせ、タレは冷蔵庫に保管してあった自家製魚介ダレを使用。
「粟國の塩」と「うす口醤油」も加え出来上がり。
ちなみに麺は沖縄そば。

旨みたっぷりスープ♪
ぶわぁ〜っと豊かな香りが舞いまくる。







2005年6月5日(日)



池田屋@佐賀 和風ちゃんぽん・並







2005年6月5日(日)
池田屋 <和風ちゃんぽん>
佐賀市赤松町6−11


続いて池田屋@佐賀へ。

和風ちゃんぽんを注文。

定休日が変わり、日曜も開けるようになった池田屋。
日曜にしか動けない私には嬉しい変更だぁ♪
のんぶー大将とまったりお話^^


前回訪問日
2005_01_03 2005_01_03 2004_12_15
2004_12_15 2004_08_14 2004_01_17 2004_01_17 2003 04_05









いちげん@佐賀 ラーメン



2005年6月5日(日)
いちげん<ラーメン 500円>
佐賀県佐賀郡川副町西古賀925−1


先ずはいちげん@佐賀へ。

ラーメンを注文。

カウンターでラーメンを待っていると、いつもの常連客夫婦が来店されお話。ネット関係者でない地元の方々と挨拶したり、話したりすることが増えてきている^^


前回訪問日
2005_05_22 2005_05_01 2005_04_17 2005_04_17
2005_03_06
 2005_02_06 2005_01_22 2005_01_03 2005_01_03
2004_11_28 2004_11_21 2004_11_21 2004_11_06 2004_10_24
2004_10_24 2004_09_05 2004_08_13 2004_08_13 2004_06_13
2004_06_13 2004_05_23 2004_04_25 2004_03_28 2004_03_14
2004_02_07 2004_01_02 2003_11_23 2003_11_25 2003 03_02








2005年6月5日(日)

博多だるま@渡辺通には行列が!!
へぇ〜〜っ 今日はやけに人気があるのねーん(驚)




山王公園近くの一風堂@山王店にも行列が!!
ラーメン店盛況じゃん!!


マニさんのメールに気付かず、佐賀へ向かう。


マニさんは近場の新店「もち月@南区若久」で食べたとのこと。「らぁ麺 うずら」跡にオープンした新店で、魁龍並の骨粉があり、ドロドロスープだったらしい。かなりクセもありそうだ。そうそう、めんそ〜れさんも食べたって言ってたなぁ〜^^







翁風庵@天神 かけ蕎麦



2005年6月5日(日)
翁風庵 <かけそば 700円>
福岡市中央区天神1-15-14


その後、「かけそば」を追加注文。

先に食べた「荒目そば」より気持ちピシっと締まった感じ。
啜るとするする入ってゆく。
温そばならではの増幅された蕎麦の香りとあまみを楽しむ。

「おつゆ」は程良い出汁で、透明感アルもの。


ちなみに精算時、オープン2ヶ月記念・御食事200円引き券を頂いた。









翁風庵@天神 かけ蕎麦



2005年6月5日(日)
翁風庵 <荒目そば 850円>
福岡市中央区天神1-15-14


天神に開店した石挽き手打ち蕎麦処・翁風庵@天神へ。
まんぢさんへのさんも訪問し、好印象だったようなのでワタクシも^^

先ずは「荒目そば・せいろ」を注文。

細めでしっとりした蕎麦。
啜るとふにゅんと艶めかしい感触で、やわらかめの仕上がり。
盛りがよく、かなり多めで良心的。

「つゆ」は思ったより後味に甘味が残る。









2005年6月5日(日)

早朝から福岡市へ。
天神で所用を済ませ、岩田屋本店へ。

岩田屋バイヤーが選んだ「定番コレクション」が催事場で行われており、テーマ「極選(ごくせん)」で全国の名店・老舗・人気店の「夢のコラボ」を実現したとのふれこみ。贅を極め、選びぬいたメニューを作りたい!という限定メニューとのこと。


    「朝食御膳」 1575円也 〜説明書き〜

御膳の上に並ぶのは、全国にも名を馳せる各地の老舗・名店が、自信を持って提供しているおもたせ(おみやげ品)の数々。「あれも、これも食べてみたい」という欲張りな願いを一度に満たしてくれる、おそらく前代未聞のコラボレート朝食とのこと。





冊子紹介によると、左上より
【博多い津゛み】@博多 青唐子明太子、 生干しふく
【瓢亭】@京都 べっ甲生姜、 諸子南蛮漬
【京料理 菊乃井】@京都 椎茸旨煮、 ちりめん鞍馬煮
【京料理 菊乃井】@京都 胡瓜柴漬、 刻みすぐき
【料亭 金城樓】@石川・金沢 帆立粕漬
【日本料理 銭屋】@石川・金沢
きゃらぶき旨煮、 ごり飴煮
【料亭 金城樓】@石川・金沢 かに味噌
【ヤマト醤油】 冷や奴

・・・だそうです^^



2005年6月5日(日)
定番食堂@岩田屋催事 <朝食御膳 1575円>
福岡市中央区天神 岩田屋本館催事


この手の「欲張り企画」は楽しいので、
またやらないかなぁ〜♪










ついつい行列が出来ていた【ラ・ベットラ・ダ・オチアイ】@東京・銀座 のカスタードプリン(450円)も購入。スイーツは人気あるなぁ〜

ちなみにヤリイカのボッタルガ(ヤリイカとからすみ、水菜のパスタ)はダイエットの為割愛。




大分のラーメンその2

香蘭@佐伯市

〜個性豊かな、脂ギッシュなラーメン〜

2004年3月27日(土)訪問



香蘭@佐伯市 ラーメン





佐伯市の住宅地路地にアルお店「香蘭」
個性豊かな味を楽しめるとして一部マニアには有名なお店である。

住宅地の細い小道を入り込むとお店が見える。




2004年3月27日(土)
香蘭 <ラーメン>
大分県佐伯市鶴岡町3−11−57


佐伯市の住宅地路地にアルお店「香蘭」
一部マニアには有名なお店である。

ラーメンを注文。

ニンニクをかなり利かせた、ドスンとくる味濃ーいこってり味^^
脂ギッシュでワイルドな一杯ダ!!
香りが舞うクセのあるラーメン。

個性豊かなワイルド味に出会うと嬉しい♪
スープ少なめなのも印象的だった。


追記
「大分」にも手作り感アル独自性を持ったラーメンがありますよん。
クセがある為、好みは分かれそうですけどねー^^






大分のラーメンその1

上海@佐伯市 
(閉店したらしい・・・)
〜独自性が強く、ココでしか味わえないラーメン〜

2004年3月27日(土)訪問




上海@佐伯市 ラーメン




佐伯市の古い飲屋街に溶け込む様にあるお店「上海」
獣臭が立ち上る特色アル味を楽しめるとして一部マニアには有名なお店である。

時間が止まったような古びたアーケード商店街を抜け、昼間の閑散とした飲屋街を歩く。お店は向かって右側で、上海と書かれた草臥れた提灯が下がる。


ネットを見ていると店主のおじいちゃんが亡くなり、
今はもう開いていないらしい・・・(残念)


昨年11月久留米ラーメンフェスタでアノ大崎さんにお会いした時も「上海@佐伯市に立ち寄ったが閉まっていた」と話されていたので気にはなっていた。しかし、流石というか福岡の食べ手より関東の食べ手の方が「大分のラーメン」を貪欲に食べている感じ^^
その後、ネットで上記の訃報を知る事となる。





古びたお店は広く、薄暗め。常連客が詰めかけ、地元の話題が尽きない感じだ。私が訪問した時おじいちゃんは手首を痛めていたが、懸命に仕事をこなしていた。


同行してもらった友人は佐伯市に住んでいる。彼は地元では殆どラーメンを食べないとのこと。佐伯のラーメンはクセがある為、好みで評価が分かれる様だ。彼の周りでは口に合わないという人がやはり多いらしい。
が、藤原来々軒・本店@佐伯市では美味しそうに食べていたけどネ(笑)



2004年3月27日(土)
上海 <ラーメン 400円>
大分県佐伯市内町3−23


佐伯市の古い飲屋街に溶け込む様にあるお店「上海」
獣臭が立ち上る特色アル味を楽しめるとして一部マニアには有名なお店である。

ラーメンを注文。

スープ・麺共に常識から掛け離れている!!
これはラーメン??なのか・・・
スープは骨粉??でザラっとしており、獣臭が強い。
塩気は軽めだが、脂ギッシュな変わった味である。

麺は長時間茹で、麺揚げしてからの盛りつけ時間だけでも8分くらい(驚)
ぶわぁ〜んと膨らみ、太くなった麺を啜る。
ココは「ラーメン」の楽しみ方が根本的に異なる印象。


独自性が強く、ココでしか味わえないラーメン。





2005年6月3日(金)
一番亭ラーメン <ラーメン 550円>
大分県玖珠郡玖珠町塚脇180-9


十数年ぶりに「一番亭ラーメン」を訪問。
お店真向かいにあるパチンコ店客の利用が多そうだ。
ラーメン本「大分県のラーメン272杯」の中でも紹介されていた。

ラーメンを注文。

あれ?? 以前食べた時と全然違〜う!!
醤油タレが利いた甘〜い醤油とんこつ味。
ニンニク臭があり、独特の甘さだ。

バラ肉チャーシューは肉厚。









自家製・塩・うす口醤油ラーメン



2005年6月2日(木)
自作ラーメン <塩・うす口醤油ラーメン>


骨付き鶏肉を水少なめにコトコト煮込み、鶏スープを仕込む。
別鍋でストックしてある干しホタテ貝柱・干し海老をベースに椎茸を加え
煮干しとカツオ節を多めに加えて加熱。羅臼昆布を加える。

最後にスープを合わせ粟國の塩とうす口醤油で調整。

お手軽旨みたっぷりスープ♪
ぶわぁ〜っと豊かな香りが舞いまくる。
個人的にはうす口醤油味の方が好き♪








自家製・醤油ラーメン



2005年6月2日(木)
自作ラーメン <醤油ラーメン>


骨付き鶏肉を水少なめにコトコト煮込み、鶏スープを仕込む。
別鍋でストックしてある干しホタテ貝柱・干し海老をベースに椎茸を加え
煮干しとカツオ節を多めに加えて加熱。その後羅臼昆布を加える。

最後にスープを合わせ醤油で調整。

お手軽旨みたっぷりスープ♪
ぶわぁ〜っと豊かな香りが舞いまくる。










2005年6月2日(木)
オーガニック農園@大山町
バイキングメニュー1260円
大分県日田市大山町大字東大山274-1


大山町にあるいつものお店木の花ガルテンへ。
オーガニック野菜料理バイキング。

ダイエットの為、いつもより生野菜を多めにしてはみたが・・・
追加でうどんと高菜ご飯を食べてしまった^^


前回訪問日 
2005_05_19 2005_05_06 2005_04_07 2005_03_24 2005_03_24
2005_02_17 2004_12_09 2004_11_25 2004_10_28 2004_10_14
2004_09_02 2004_08_18 2004_07_29 2004_07_01 2004_06_17








2005年6月1日(水)




先週コジマで Canon IXY DIGITAL55 を購入。新型が発売され&月末値引きでかなり割安だった。現在使用している Canon IXY DIGITAL500 より薄く、やや小さくなった。威圧感軽減になればイイなぁ〜って^^

比較として FinePix6800zoom と premini-Uを並べてみる。うーっ premini-Uがやっぱコンパクトかぁ!!


2005年6月 その1