TOPへ


2005年10月 その1
福岡のラーメン 福岡のうどん
北九州のラーメン 佐賀のラーメン
大分のラーメン 大分のうどん

2005年10月
30日 いちげん@佐賀 ラーメン
30日 うちだラーメン@那珂川町
    ・Aセット ラーメン・半焼き飯
          サラダ・漬け物付き
30日 ほり野@那珂川町
    ・ぶっかけうどん
29日 関東軒@唐津市 支那そば

29日 れいんぼ〜@唐津 ラーメン
29日 河太郎@呼子
    ・いか活造り定食
29日 一竜軒@唐津市 ラーメン

28日 ウエスト@日田市 かき揚げ
27日 リンガーハット@日田市
23日 がんこもん@遠賀

23日 黒門@遠賀
23日 げんき家@福岡市西区

23日 宝屋@博多区 ラーメン
23日 いちや@博多区 えび塩

22日 割烹 祐乃介@佐賀関
    ・関サバ刺し
    ・関サバ棒ずし(テイクアウト)
22日 楽天@佐伯市
    ・ニンニクとんこつ油そば
    ・とんこつ塩らーめん

22日 藤原来々軒@佐伯市
    ・ラーメン
21日 自作ラーメン@自宅
21日 自作ラーメン@自宅

21日 けんちゃんうどん@日田市
    ・ごぼ天うどん
20日 麺家 さくら@日田市
    ・釜揚げうどん・大盛り

18日 屋台・長浜とん吉二代目
18日 元祖長浜屋@本店
18日 J子さん宅@福岡市
    ・鶏唐揚げ
16日 自作ラーメン会@J子さん宅
    ・スッポン雑炊
    ・いちげんリスペクトラーメン
    ・黒門リスペクトラーメン
    ・スッポン黄金ラーメン
    ・特製醤油中華そば
    ・黄金塩ラーメン
15日 前夜祭@J子さん宅
    ・黒門リスペクトラーメン
    ・スッポン鍋

    ・特製醤油中華そば
    ・黄金塩ラーメン

9日 二次会@黒崎
9日 麦々屋@黒崎 北九オフ会
9日 いち龍@下関 ラーメン
9日 黒門@遠賀 ラーメン
9日 げんき家@西区福重
9日 三越・大丸・岩田屋、食材購入
9日 博多一秀@早良区飯倉

8日 大陸ラーメン@別府市
8日 日の出ラーメン@別府市
8日 あけぼのラーメン@別府市
6日 木の花ガルテン@大山町
4日 博多ラーメン うまか亭
2日 佐世保バーガー
    BELL BEACH@七隈四角
2日 長寿らーめん@城南区堤
    ・元気ラーメン
2日 げんき家@西区福重
    ・蒸し麺チャンポン
2日 まる茂@次郎丸 ラーメン
2日 手打ちうどん 稲穂
    ・かけうどん中盛+ちくわ天
2日 牧のうどん@早良区
    ・野菜天うどん(中麺)
1日 楽天@佐伯市 油そば
1日 楽天@佐伯市 とんこつ醤油
1日 福寿司@佐伯市
    ・特上寿司
1日 来来(来々軒)@津久見市

福岡のラーメン(一部)

【2005年10月30日(日) いちげん@佐賀
ラーメン その3


夕方、べあさんいちげん@佐賀で待ち合わせ。



ワイワイ騒ぐ(笑)
常連客の御夫妻にも会えた。









うまぁ〜い♪

みずさんimagineさんも加わりプチオフ♪





【2005年10月30日(日) ほり野@那珂川町
ぶっかけうどん その1


早朝から福岡市へ。



サンセルコ前




開店直前のmina tenjin(ミーナ天神)前にはそこそこ待ち客が居た。(昨日開店したばかりのファーストリテイリング初の商業ビル施設。)



天神で所用を済ませ、
那珂川町にあるうどん店・ほり野へ向かう。

カーナビで場所が特定出来ず、結局マニさんに電話でナフコの前だと教えてもらう。



外観は倉庫風だが、内装はしっかりしたもの。




つやつやの極細麺♪



2005年10月30日(日)
ほり野 <ぶっかけうどん 400円>

那珂川町


天神で所用を済ませ、
那珂川町にあるうどん店・ほり野へ向かう。

カーナビで場所が特定出来ず、結局マニさんに電話でナフコの前だと教えてもらう。
外観は倉庫風だが、内装はしっかりしたもの。大盛況で店内は満席状態(驚)。 カウンターに滑り込む。

マニさんオススメの冷たいぶっかけうどんを注文。

キンキンに冷えた器。極細麺なのだが、物凄いぐにゅぐにゅ弾力麺で、にゅぅぅぅぅ〜〜〜んと伸びるコシもトンデモナイもの(驚)噛み切れてなくて、飲み込むのに苦労した程だった。喉に詰まる感じかな^^

おばちゃんの接客はとても丁寧で、ほぼ満席の盛況ぶり(驚)
イイお店だなぁ〜♪ 多分近々再訪するだろう。
今年の「麺オブザイヤー・うどん店」筆頭に躍り出た印象。






【2005年10月30日(日) うちだラーメン@那珂川町
Aセット(ラーメン・半焼き飯・サラダ・漬け物) その2


久しぶりにうちだラーメン@那珂川町へ。



店近くの街路樹は紅葉し始めていた。




ネットを利用し始めた頃その存在を知り暫く訪問していたが、ここ数年はなんとなく利用していなかった。家族客の利用が多い微笑ましいお店。
ラーメン店では珍しくサラダやコーヒーが付くセットメニューが数種類あり、まったり楽しんだものだった。こんな変わったメニューがあるのはコメスタのエスプレッソやマグロくらいかな。巨大なレンゲも個性の一つ。

お店近くの書店がドラッグストアに替わっていたりと、着実に時が流れていったことを感じる。



んで、ブログ観てたら・・・

マニさんが前日喰ってるじゃん!!

トンコツマニアさんのブログはココ♪




Aセット(ラーメン・半焼き飯・サラダ・漬け物) 



2005年10月30日(日)
うちだラーメン <Aセット 830円>

那珂川町


詳しくは後日


前回訪問日 過去に多数




【2005年10月29日(土) 関東軒@唐津市
ラーメン その4


ベタなお土産・大原松露饅頭を購入した後、
いつもの関東軒@唐津市へ向かう。



出汁が効いた透明感アル美しい醤油スープと自家製・扁平麺を楽しめる。
手作り感溢れる一杯だぁ♪





関東軒@唐津市 支那そば・醤油



2005年10月29日(土)
関東軒 <支那そば・醤油 600円>

佐賀県唐津市和田本村2-1


詳しくは後日


前回訪問日
2005_04_03 2004_10_31 2004_10_31
2003_01_25 2003_01_12 その他




【2005年10月29日(土) れいんぼ〜@唐津市
ラーメン その3




呼子の露店をぶらついた後、
海岸線ルートで唐津市へ戻る。




関東軒を訪問する前に
せっかくなのでれいんぼ〜に立ち寄る。



ド派手な外観は客を選ぶ。






2004年10月31日に食べた「醤油ラーメン」





2005年2月5日に食べた「醤油ラーメン」






2005年10月29日(土)
れいんぼ〜 <ラーメン 450円>

佐賀県唐津市菜畑 一竜軒の近く


関東軒を訪問する前にせっかくなのでれいんぼ〜@唐津市へ。
店主・御本人によるネットでの様々な書込や掲示板への多数の宣伝書込で、一躍ネット有名店となった「れいんぼ〜」へ。
ド派手な外観は客を選ぶ。

ウリであった「醤油ラーメン」が無くなっていたので、
悩んだあげく「ラーメン」を注文。

表面的には甘いスープ。奥に色々試行錯誤した跡が感じられる。
一杯のラーメンとしては弱いが、
若い店主の意気込みはしっかり伝わってきた。

個人的には「醤油ラーメン」を食べたかったなー


訪問履歴
2005_02_05 醤油ラーメン
2004_10_31 醤油ラーメン




【2005年10月29日(土) 河太郎@唐津市
いか活造り定食 その2


続いて「イカ刺し」狙いで呼子へ!
いつものお店・河太郎@呼子へ向かう。



順調に呼子へ到着。





港の外れにある「河太郎」。
店外にまで待ち客が溢れ、40分待ち。




番号札をもらって、
待ち時間を利用して漁港をぶらり。




呼子らしい光景。





店内の大きな生け簀にはイカが泳ぐ。




河太郎@呼子 イカ刺し(二人前)








イカ焼売




イカ天ぷら



2005年10月29日(土)
河太郎 <いか活造り定食 2625円>
佐賀県唐津市・呼子

続いて「イカ活造り」狙いで呼子へ!
いつものお店・河太郎@呼子へ向かう。

午後1時過ぎに到着。コチラも相変わらず盛況だぁ!

「いか活造り定食」を注文。


活きたイカを刺しでそのまま食べ、まだ動いているイカをカラリと天ぷらで食べる訳だから、旨くないハズがないよなぁ。
素材・鮮度が良ければシンプルな料理は強い。


訪問履歴
2005_02_05 その他多数




【2005年10月29日(土) 一竜軒@唐津市
ラーメン その1


朝から「一竜軒」と「呼子のイカ」狙いで
唐津市へ!



朝はどんより曇っていたが、
杷木を過ぎた辺りから晴れ間が見え出す。





高速で多久ICまで走り、有料道路を経由して、
厳木の街を抜け唐津市へ。





正午前になんとか到着。
相変わらず大盛況だぁ!




空豆を食べながらラーメンを待つ。




一竜軒@唐津市 ラーメン



2005年10月29日(土)
一竜軒 <ラーメン 450円>

佐賀県唐津市菜畑4070-2


朝から「呼子のイカ」「一竜軒」狙いで唐津市へ。
正午前になんとか到着。相変わらず盛況だぁ!


詳しくは後日。


訪問履歴
2005_03_12 2005_02_05
2005_02_05 2004_11_06 2004_02_28 2004_02_28 2003_01_25他






【2005年10月1日(土) 楽天@佐伯市
醤油とんこつらーめん その2


続いて楽天@佐伯市を訪問。

佐伯市役所近くの一本裏通りにひっそりあるお店・楽天。掲示板やラーメン本で店名を見かけていたが、今まで訪問できていなかった。本の紹介記事をみると、佐伯市の人気店・香蘭@佐伯市によく似た脂ギッシュな「にんにくとんこつ油そば」が大きく紹介されていた。更によく読むと、やや太めの自家製麺を使用しているらしく、期待が膨らむ。らーさんのオススメ情報もあり、今回訪問することに。



先に訪問した福寿司@佐伯市の直ぐ近くで、同じ裏通り沿いにある。先客8人。やはり地元人気店のようだ。


メニューを眺めると「塩とんこつ」に「醤油とんこつ」のあっさり・こってり。「味噌らーめん」、「鶏がら塩らーめん」に、「支那そば」、「ニンニクとんこつ油そば」等々。更に「博多ラーメン」に「熊本ラーメン」とメニューが多い!


今回は「醤油とんこつらーめん」を注文。







存在感アル自家製・中太麺。



2005年10月1日(土)
楽天 <醤油とんこつらーめん 450円>

大分県佐伯市中村東町5-23


佐伯市役所近くの一本裏通りにひっそりあるお店・楽天。掲示板やラーメン本で店名を見かけていたが、今まで訪問できていなかった。紹介記事をみると、佐伯市の人気店・香蘭@佐伯市によく似た脂ギッシュな「にんにくとんこつ油そば」が大きく紹介されていた。更によく読むと、やや太めの自家製麺を使用しているらしく、期待が膨らむ。らーさんのオススメ情報もあり、今回訪問することに。

先客8名。テーブル席に座る。
醤油とんこつらーめん(450円)を注文。

脂ギッシュで実に味濃い一杯。
ドカーンと醤油ダレが襲い、トンコツ出汁と脂が追随してくる。
明快でパワフルなラーメンだ。 こりゃ凄いなぁ!!
グイグイくる味で、スープがベトーンっと麺に絡みつく。
存在感ある中太麺は自家製で、店主のやる気をビシビシ感じる。

「醤油トンコツのラーメン」って、既に食べ飽きた感があったが、
ここまで個性的にすると別物のラーメンだ。
メニューも挑戦的なものが多く、かなり意識が高い。全メニュー食べてみたい優良店。


追記 個人的な感想ですが、ココって全国レベルですヨ。たぶんへのさんよりマニさんが喜ぶ味だと思います^^


訪問履歴
2005 10 22 にんにくとんこつ油そば
2005 10 22 塩とんこつらーめん
2005 10 01 にんにくとんこつ油そば
2005 10 01 醤油とんこつらーめん





【2005年10月1日(土) 福寿司@大分県・佐伯市
特上にぎり その2


続いて津久見市から佐伯市へ向かう。

今回は海岸沿いルートを移動。
眼下には青い海と青い空。 



暫し立ち止まり、海を眺める。





海岸からの眺め。





津久見の海岸



佐伯市に入り、
先ずは
福寿司@佐伯市へ。

【福寿司 大分県佐伯市中村東町4-11



お店は佐伯市役所近くの一本裏通りにある。


カンウンターに座り、「特上にぎり(3000円)」を注文。
御主人より塩で食べるよう勧められた。







































いやぁ〜 寿司も食べると
佐伯は更にオモシロイなぁ〜♪






【2005年10月1日(土) 来来(来々軒)@大分県・津久見市
ラーメン その1


早朝から大分県・津久見市へ。
湯布院経由で大分市へ移動。



空も快晴で、気持ちの良い天候♪





大分ICから高速にて津久見まで移動。

日本道路公団が今日から民営化されたらしく、
料金所で「西日本高速道路株式会社」PRティッシュを貰う。





先ずは津久見市内にある来来(来々軒)へ。
以前大崎さんのブログを観て機会があればと思っていたお店。




寂しげな街並みを歩く。





お店は狭い小道に入り込んだトコ。





来来(来々軒)@津久見市 ラーメン



2005年10月1日(土)
来来(来々軒) <ラーメン 400円>
大分県津久見市中央町16-13


大分県・津久見市にある来来(来々軒)
以前大崎さんのブログを観て機会があればと思っていたお店。今回佐伯市に行く前に訪問することに。寂しげな街並みを歩き、到着。

先客1名、テーブル席に座る。店内はタイル張りの柱があったりとレトロ感が漂う空間。ラーメンを注文。

透明感を残すスープ。
じんわりうまみがくる滋味系。へのさんは大丈夫な味だろう。
ふんわりあまみもあり、手作り感あるラーメン。
想像していたよりは好印象。

チャーシューはチト厳しいけど^^
地元密着のお店なんだろうなぁ〜








【2005年9月25日(日) 一九ラーメン@老司店
ワンタンメン


最後に一九ラーメン・老司店へ。

福岡の人気・老舗店であり、福岡を代表するお店・一九ラーメン@老司店。数ある一九の中でもメジャーなお店である。因みに大隈一九も人気店。老司店は「萬○らーめん龍九」に直接スープを送り出しているらしく、安く食べたいなら龍九で(笑) 濃度的には龍九の方が高い印象^^ 老司店は売れ過ぎか。でも独特のオーラが老司にはあるんだよねー♪

最初に食べたのは平成2年くらい。とにかく今でも人気店なのは凄〜い。



繁盛店




一九ラーメン@老司店 ワンタンメン



2005年9月25日(日)
一九ラーメン@老司店 <ワンタンメン 600円>
福岡市南区老司1-33-13


福岡の人気・老舗店であり、福岡を代表するお店・一九ラーメン@老司店。数ある一九の中でも最もメジャーなお店。因みに大隈一九も人気店。
最初に食べたのは平成2年くらい。とにかく今でも人気店なのは凄い。


ワンタンメンを注文。

ちょいワイルドなあまみのある白濁スープ。
独特の後味が残る。 う〜ん、久しぶりぃ!
やっぱワンタンメンにすると豪華よねん。
「ワンタンメン」を売りにするお店の中では好きな一杯。

出汁自体はやや軽めかな。


前回訪問日 過去に多数



【2005年9月25日(日) げんき家@福岡市・西区
ラーメン


続いてげんき家@福重へ。







げんき家@福重 ノーマルラーメン



2005年9月25日(日)
げんき家@本店 <ノーマル・塩トンコツラーメン500円>
福岡市西区拾六町2-6


いつものお店 げんき家@本店 へ。

ノーマル(塩・トンコツ)ラーメンを注文。
メニューには「醤油とんこつ」と「味噌とんこつ」、「ピリ辛」くらいしか無いが、常連客の大半はダシの旨みをシンプルに楽しめる「ノーマル(塩とんこつ)」を注文する人が多い。

綺麗に白濁したスープ。
塩ダレで出汁の旨みがふんわり増幅されたあまみのあるやさしい味。
パンチの利いた迫力アル味が好きな方には軽いだろうが、ダシの旨みと風味をじんわり楽しめる一杯。敢えて「無化調ラーメン」とは謳ってはいない身体にやさしいラーメンを提供しょうとしている。良質の豚骨・豚肉を使用している嬉しいお店。


前回訪問日
2005_08_21
2005_05_29 2005_04_10 2005_04_10 2005_03_12 2005_02_13
2005_01_04 2004_12_19 2004_12_05 2004_12_05 2004_11_21
2004_11_14 2004_09_26 2004_09_12 2004_08_22 2004_08_08
2004_05_09 2004_05_09 2004_04_25 2004_04_11 2004_04_04
2004_04_04 2004_03_21 2004_02_29 2004_02_15 2004_01_25
2004_01_25 2004_01_12 2004_01_02 2003_12_30 2003_12_21
2003_12_14 2003_12_07 2003_12_07 2003_11_30 2003_11_30
2003_11_09 2003_10_19 2003_10_05 2003_07_30 2003_07_23
2003_06_15 2003_06_13 2003_05_25 2003_05_25 2003_05_11
2003_04_20 2003 04_06 2003 03_30 2003 03_23 2003_03_06
2003_02_23 2003_02_17 2003_02_17 2003_02_09 2003_02_09
2003_01_26 2003_01_26 2003_01_19 2003_01_19 2003_01_12

2002_12_29 2002_12_22 2002_12_22 2002_12_01 2002_10_06
2002_10_06 2002_09_01 2002_09_01 2002_08_18 2002_08_18



【2005年9月25日(日) しばらく@福岡市・西新
ラーメン


続いて近場のしばらく@西新へ。

所謂福岡の有名・老舗店であり、
学生時代はわざわざ食べに行っていたお店。



あの小柳ルミ子さんのサインは今回見あたらなかった。
お店の方々はお揃いのTシャツ姿で、FC募集標識も掲げられていた。





あの擂り胡麻





しばらく@西新 ラーメン




2005年9月25日(日)
しばらく <ラーメン 500円>
福岡市早良区西新1-11-28


続いて近場のしばらく@西新へ。
所謂福岡の有名・老舗店であり、学生時代はわざわざ食べに行っていたお店。当時は元祖長浜屋、長浜とん吉、長浜将軍、名代ラーメン、屋台ともちゃん@中洲、横綱ラーメン@西区、しばらく@西新、ふくちゃん@藤崎等が印象深い。数年前ネット上で物議をかもした事があったが、個人的に味自体はアリだと思っていた。スープがやっぱ独特だしね!
店内は満席で盛況。観光客が来店していたようで、20分程並んで入店。

「ラーメン」を注文。

配膳の際、スープが下皿に溢れることはなく登場。
独特の香りがぶわーんと襲う、あま・うま味。
こりゃタレかな? 後味にもかなりクセ味が残る。
まるでナンプラー級の強い個性あるもの。
こんなに主張してたっけ??と戸惑ったくらい。

内装は昔のまんまで懐かしい一時を過ごせた。


前回訪問日 過去に多数



【2005年9月25日(日) 倭人@福岡市・西新
田舎そば・せいろ


続いて近場の倭人@西新へ。



今風のお店・倭人@西新
店内は小綺麗で、洒落た空間。しかも蕎麦は本格派!!





倭人@西新 田舎そば・せいろ



2005年9月25日(日)
蕎麦切 倭人@西新 <田舎そば・せいろ 830円>
福岡市早良区西新1-7-10


続いて近場の蕎麦切 倭人@西新へ。
いかにも今風のお店であり、店内は小綺麗な洒落た空間。
しかも蕎麦は本格派!!


「田舎そば・せいろ」を注文。

しっとり・艶やかな蕎麦。とても美しい!
くぁ〜っ、質感アルなぁ〜♪
むわぁんとくる風味とあまみを楽しむ。
田舎そばだけに色が濃い。

つゆは辛つゆで、しっかりしたもの。
落ち着いた店内は居心地もイイなぁ〜♪


前回訪問日
2005_02_13 かけそば
2005_02_13 田舎そば・せいろ



【2005年9月25日(日) 藪八@福岡市・西新
もりそば・大盛り


福岡シティマラソン観戦後、急いで天神へ移動。



なにやら行列ができているが・・・




成る程ね!



天神で所用を済ませ、
遅い昼食に西新へ移動!



狙いは未食だった蕎麦屋・藪八@西新




藪八@西新 もりそば・大盛り



2005年9月25日(日)
藪八 <もりそば・大盛り 900?失念円>
福岡市早良区西新1-8-1


天神で所用を済ませ、遅い昼食に西新へ移動!
狙いは未食だった蕎麦屋・藪八@西新
お店は寂しげな商店街の外れにあった。

「もりそばの大盛り」を注文。

綺麗な蕎麦。香り・風味は微香。
程良い辛つゆ。
今風ではない一昔前の店造り空間を楽しむ。

店内は昼時だが、先客なし。
なかなか福岡で「蕎麦屋」って難しいなー








【2005年9月25日(日) 福岡シティマラソン観戦@福岡市


早朝から福岡市へ。
先に関係者が参加している福岡シティマラソンを観戦。



とにかく今日は空が青い!
が、強風が吹く妙な天気。





都市高を降りると、
警備員の方々が準備を開始していた。





元祖長浜屋近くに駐車。
satoyanさんからのメールに気付き、慌てて返信。
先頭集団が走り去ったトコ。





んで、応援は・・・ あまりの人数に唖然。
こりゃ判別つかないよなぁ・・・





青空がやけに印象深い日となった。





後で画像を整理していたらsatoyanさんを発見^^





最終ランナーを見送り、
対岸の元祖長浜屋@支店へ。




食券になってからは支店利用は初めて。
「食券」に拒否反応があったみたいで、なーんか本店ばかりだった。









元祖長浜屋 ラーメン



2005年9月25日(日)
元祖長浜屋@支店 <ラーメン 400円>
福岡市中央区港1-2-1


最終ランナーを見送り、対岸の元祖長浜屋@支店へ。
食券になってからは支店利用は初めて。
「食券」に拒否反応があったみたいで、
なーんか本店ばかり利用していた。

今日は軽めの仕上がりかなぁ^^


前回訪問日
2004_07_04 2004_06_27 2004_04_29 2004_03_07 2004_02_01
その他多数
【本店】
2005_05_22 2005_04_24 2005_04_17 2005_04_10 2005_03_13
2005_01_29 2005_01_22 2005_01_16 2004_09_25 2003_10_19
2003_05_11 2003 03_02 2002_01_20 2002_01_06 2001_10_14
その他多数






【2005年10月23日(日) 宝屋@キャナル
ラーメン その2


金曜日キャナルにオープンしたばかりの「いちや」「宝屋」へ。



新店に人が集まる。





宝屋@キャナル ラーメン



2005年10月23日(日)
宝屋@キャナル店 <ラーメン 580円>
福岡市博多区住吉1-2-25キャナルシティ博多5F


「京都風、コク旨の豚骨醤油スープ」と紹介されていた「宝屋」
キャナル関連でもある小倉・リバーウォークのラーメン施設「小倉 五つ星らーめん街」にも期間限定3ヶ月で出店しているお店。

券売機で「ラーメン」を購入し、カウンターへ。
以前は人気店「坂内食堂」だった場所。

脂多めの豚骨醤油スープ。
脂のあまみがかなり強く、タレの味も強い。





【2005年10月23日(日) 中華そば いちや@キャナル
えび中華そば・塩 その1


早朝から福岡市へ。



天神で所用を済ませ、キャナルへ向かう。
狙いは金曜日にオープンしたばかりの「いちや」





本日は気持ちの良い晴天!





オープン直後なだけに、
東京から御主人が駆けつけ、店長に指示を出している。





えび中華そば・塩



2005年10月23日(日)
いちや@キャナル店 <えび中華そば・塩 650円>
福岡市博多区住吉1-2-25キャナルシティ博多5F


「東京下町、裏路地の味」と紹介されていた「中華そば いちや」
関東っぽいラーメンが食べられそうだったので、
訪問するのが楽しみなお店だった。

店前に到着すると、サイトで見かけていた店主・土田氏が慌ただしく動いている。時折店長に指示を出しながら、声を嗄らして接客もこなしていた。

券売機で「えび中華そば・塩」を購入し、カウンターへ。
以前は「香月」と「にゃがにゃが亭」の場所であり、
満席状態で食べるのはこのお店が初めて^^

綺麗な透明感アル・うまみたっぷりスープ。
えびの風味がぶわーっと押し寄せ、あまみが口一杯に広がる。
塩梅も良い。
後味に旨みがじわわわぁぁぁ〜〜んと強く残る。

「つけ麺」があったので、次回食べてみたい。









2005年10月 その1