福津内科クリニックについて


次のページへ>>


H20年5月より画期的禁煙治療薬のチャンピックスが保険適応になりました

禁煙治療について

2006年より喫煙習慣は「ニコチン依存症」という病気であるとの考えから、禁煙治療が保険診療として認められました。
当院では「ニコチン依存症」治療の登録医療機関ですので、保険で禁煙治療を受けることが出来ます。


私と禁煙
私も数年前まではヘビースモーカーで1日2箱セブンスターを吸っていました。何度も禁煙に失敗し10数回目の禁煙でタバコをやめることが出来ました。
タバコを吸っている頃は、こんなに美味しいタバコを止める人の気が知れないと思っていましたが、止めてみると全く吸いたいと思いませんしいいことばかりです。タバコを止めて良かったことは、
1,吸えない時のイライラが無くなる。
2,味覚が正常になり食べ物が美味しくなる。タバコを吸っていた頃は食べ物の味が分かっていなかったと止めて初めて気がつきました。
3,部屋が汚れない。
4,臭いと言って家族に嫌われない。
5,服やカーペットを焦がさなくなった。
6,鼻毛が伸びなくなった。
7,歯がきれいになった。
8,タバコ代が要らなくなった。

逆に止めて悪くなった点は全くありません。
肺ガンだけでなくほとんど全てのガンのリスクを上げ、更に心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化疾患の原因となるタバコは百害あって一理ありません。
皆さんも是非禁煙をしてみてください。必ずやって良かったと感じると思います。


禁煙治療の具体的内容
禁煙治療を受ける方は以下の条件にあてはまることと決められています。
 1,ニコチン依存症にかかるスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断された方
 2,1日の本数x喫煙年数が200以上
 3,直ちに禁煙することを希望し禁煙治療プログラムについて説明を受け当該プログラムの参加について文書により同意を受けている方。

以上の要件を満たす方は禁煙治療を受けられますが、10年以上タバコを吸っている方ならほとんど条件にあてはまります。後は、ご自身のやる気だけです。


ニコチン依存症のスクリーニングテスト「TDS」
「はい」を1点、「いいえ」を0点とし、合計得点を計算します。TDSスコア(0〜10点)が5点以上をニコチン依存症と診断します。

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか。
   
問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
   
問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
   
問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
   
問5. 問4でうかがった症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか。
   
問6. 重い病気にかかったときに、たばこはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
   
問7. たばこのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
   
問8. たばこのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
   
問9. 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか。
   
問10. たばこが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
   
合計  
 (注) 上記の日本語の質問票は、厚生労働省のホームページより引用。

次のページへ>>