福津内科クリニックについて


甲状腺の病気について

甲状腺とは
甲状腺は首に有る内分泌臓器で代謝をつかさどる働きをしています。

バセドウ病

甲状腺の働きが異常に亢進する病気です。
手の震え、動悸、倦怠感、微熱、息切れ、月経異常、口渇、下痢、発汗、体重減少、食欲亢進、眼球突出、等の症状が出現します。
女性に多く見られます。
妊娠や胞状奇胎に伴い甲状腺機能亢進症を来すことがあります。

バセドウ病の診断
ほとんどの場合診察と採血、甲状腺エコーで診断できます。

バセドウ病の治療
多くの場合内服薬で治療可能です。 治療薬:メルカゾール、チウラジール、ヨウ化カリウム

橋本病

九州大学の橋本先生が発見した病気です。甲状腺の自己免疫疾患で、自分の甲状腺を異物としてアレルギー反応を示すことにより、甲状腺の腫大を来します。
甲状腺機能は低下、亢進様々です。
甲状腺機能亢進症を来す橋本病を無痛性甲状腺炎と呼び、バセドウ病と区別が必要になります。

橋本病の診断
甲状腺の触診、血液検査、エコーなどにより診断可能です。

橋本病の治療
甲状腺機能が正常で自覚症状も無い場合は経過観察だけで良い場合があります。
甲状腺機能低下や亢進の症状が有ればそれに応じた治療を行います。
軽度の甲状腺機能低下症の場合はヨード制限だけで改善する場合があります。

甲状腺腫瘍

 甲状腺腺腫
甲状腺の部分的なしこりとして発見されますが触っただけでは分かりにくい場合もあります。
超音波や細胞診で診断可能です。良性腫瘍なので放置しても問題ありませんし気になるようなら手術で切除することも出来ます。  甲状腺癌
 甲状腺癌には乳頭癌、濾胞癌、髄様癌、未分化癌などがあります。
 エコーと細胞診で診断可能です。
手術や放射線治療の適応になります。