山 本 智 矢 業績目録

原著

有馬敏夫,中島 恒彦,朝隈真一郎,山本智矢,当教室における過去10年間の耳下腺腫瘍の臨床統計.耳鼻 28(1):425-429,1982.

山本智矢:自発的発声に始まる摂食行動とサル前頭眼窩野ニューロン活動. 日本生理学会誌、p138、1984.

Yamamoto T,Oomura Y,Aou S,Nakano Y,Nemoto S:A telemetry system for single neuronal activity discharge. Brain Res Bull 12:129-132,1984.

Yamamoto T,Oomura Y,Nishino H,Aou S,Nakano Y,Nemoto S:Monkey orbitofrontal Neuron activity during emotional and feeding behavior. Brain Res Bull 12:441-443,1984.

Nakano Y,Oomura Y,Nishino H,Aou S,Yamamoto T,Nemoto S:Neuronal activity in the medial orbitofrontal cortex of the behaving monkey:Modulation by glucose and satiety. Brain Res Bull 12:381-385,1984.

Yamamoto T,Oomura Y,Nemoto S,Fujita I,Nishino H:A new method for drug application using electolysis of water. Brain Res Bull 15:527-528,1985.

Yamamoto T,Oomura Y,Nishino H,Aou S,Nakano Y:A computerized control system for bar-press feeding task. J Neurosci Meth 13:281-294,1985.

Yamamoto T,Oomura Y,Nishino H,Aou T,Nakano Y:Driven shield for multi-barrel electrode. Brain Res Bull 14:103-104,1985.

山本智矢:自発的発声による摂食行動下のサル前頭眼窩野および視床下部外側野ニューロン活動. 福岡医学雑誌 76:566-580,1985.

Inokuchi A,Oomura Y,Shimizu N,Yamamoto T:Cental action of glucagon in the rat hypothalamus. Am J Physiol 250:120-126,1986.

Nakano Y, Oomura Y, lenard L, Nisnino H, AOU S, Yamamoto T,AOYAGI K:Feeding-related activity of clucose- and morphine-sensitive neurons in the monkey amygdale Brain Res 399 167-172,1986.

Yamamoto T,Williamson SJ,Kaufan L,Nicholson C,Llinas R:Magnetic localization of neuronal activity in the human brain. Proc Natl Acad Sci 85:8732-8736,1988.

山本智矢 SQUID磁気センサーによる大脳聴覚野の位置同定について 日耳鼻92:1520、1989.

山本智矢:新しい脳機能イメージング−SQUIDの構造と応用−. 代謝 26:73-77,1989.

山本智矢  生体磁気計測の医学応用 低温工学協会冷凍部会誌  27-32,1990.

T.yamamoto,T.Uemura、RR.Llinas analysis of amplitopic organization of huma nauditory cortex using multi-channel SQUID system. 日本生体磁気学会誌 l3:1370-1371,1990.

Inokuchi A,Yamamoto T,Uemura T:Vestibular evoked potentials to angular acceleration in the Guinea Pig. Acta Otolaryngol Suppl,481:477-480,1991.

Suk J,Ribary U,Cappell J,Yamamoto T,Linas R:Anatomical localization revealed by MEG recordings of the human somatosensory cortex. Electoroenceph clin neurophysiol 78:185-196,1991.

山本智矢:SQUID磁束計による生体磁場計測−2.その臨床応用について−. 低温工学 26(5):354-361,1991.

山本智矢、上村卓也、RR>Llinas 脳磁図の臨床における位置づけ 日本生体磁気学会誌 l4:25,1991.

山本智矢 脳磁気反応検査 日耳鼻 l94:1641-1642,1991.

山本智矢:生体磁気測定装置の原理と臨床的意義. ISOTOPE NEWS 8:16-18,1991.

Yamamoto T:Tonotopic Organization of human auditory cortex revealed by Multi-channel SQUID system. Acta Otolaryngol (Stockh) 112:201-204,1992.

山本智矢:神経磁気診断装置とその応用. 耳鼻 38(8):845-851,1992.

山本智矢,SQUIDを用いた聴覚中枢の研究. 日本生体磁気学会誌 5(1):34-35,1992.

山本智矢 他 超電導量子干渉装置による聴覚中枢での母音弁別の研究 日耳鼻95:1493、1992.

山本智矢,SQUIDの臨床応用. 映像情報 24:1057-1062,1992.

山本智矢:九州大学附属病院での神経磁気検査の現状. MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY 4:526-531,1993.

森岡隆人,福井仁士,山本智矢:体性感覚誘発磁場による感覚野のpresurgical mapping. 脳神経外科速報 3(11):937-940,1993.

山本智矢 他 超電導量子干渉装置による日本語音弁別の研究 日耳鼻 96:1650、1993.

山本智矢:脳磁計による中枢神経機能診断,新医療 11:119-121,1993.

山本智矢:神経磁気検査とその臨床応用. 総合臨床 42:4,807-808,1993.

福井 仁士,森岡隆人,山本智矢:随膜腫1 −運動野近傍の随膜腫−. BRAIN NURSING 9(11):75-78,1993.

山本智矢:脳磁図. 臨床精神医学 22(4):504-505,1993.,

山本智矢:神経磁気検査. 眼科診療 11:42-45,1993.

Morioka T,Mizushima A,Yamamoto T,Tobimatsu S,Matsumoto S,Hasuoka:Functional mapping of sensorimotor cortex with combined use of magneto-encephalography,functional MRI,and motor-evoked potentials. Neuroradiology 37(Suppl):20-21,1994.

山本智矢:脳磁図の可能性と限界. 実験医学 12(19):2574-2578,1994.

山本智矢:脳磁図による言語知覚の研究. 音声言語学 35(3):289-294,1994.

冨田吉信,山本智矢:呼吸困難に対する診断と処置の進歩,腫瘍による気道狭窄の評価とその対策. 日気食会報 45(2):142,1994.

森岡隆人,西尾俊嗣,福井仁士,重藤寛史,山本智矢:神経磁気計測装置の臨床応用. 看護技術 40(12):6-8,1994.

山本智矢,森岡隆人,水島 明,蓮尾金博: SQUIDによるFunctional Mapping−九大医学部でのMEG, EEG, Functional MRI 関連. 日本生体磁気学会誌 7(1):218,1994.

山本智矢,嬉野元喜,篠隈 淳,竹下宗徳: 超伝導量子干渉装置による言語弁別の研究. 日耳鼻 97(10):1896-1897,1994.

山本智矢,山下弘之,池田佳充,嬉野元喜,佐藤公治,小宮山荘太郎:喉頭疾患の三次元画像解析. 喉頭 6:109-116,1994.

篠隈 淳,藤 賢史,竹下宗徳,辻 剛二,倉富勇一郎,熊本芳彦,山本智矢: 喉頭癌の治療成績の検討. 日耳鼻 97(10):1825-1826,1994.

山本智矢  他:超電導量子干渉装置による言語弁別の研究 日耳鼻 vol97. p1986 1994.

Morioka T,Yamamoto T,Mizushima A,Tombimatsu S,Shigeto H,Hasuo K,Nishio S,Fujii K,Fukui M: Comparison of magneto-encephalography,functional MRI,and motor evoked potentials in the localization of the sensory-motor cortex. Neurological Research 17:361-367,1995.

Morioka.T,Mizushima A,Yamamoto T,Tobimatsu S,Matsumoto S,Hasuo K,Fujii K,Fukui M: Functional mapping of the sensorimotor cortex:combined use of magneto-encephalography,functional MRI,and motor evoked potentials. Neuroradiology 37:526-530,1995.

森岡隆人,山本智矢,西尾敏嗣,新田浩一,蓮尾金博,藤井清孝:Magnetic Source Imaging(MSI)の三次元立体表示. CI研究 17(1):69-75,1995.

倉富勇一郎,冨田吉信,益田明典,山本智矢,熊本芳彦,井之口昭,山下弘之,籐賢史,小宮山荘太郎:下咽頭癌の治療とその成績−九州大学. 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 67(7):591-596,1995.

池田 仁,武内良輔,武内良輔,石山敦士,葛西直子,山本智矢,境界要素法によるてんかんの焦点位置推定について. 日本生体磁気学会誌 (41):48,1995.

山本智矢,SQUIDによる脳機能の画像化. Medical Imaging Technology 13:371-373,1995.

武内良輔,池田 仁,石山敦士,葛西直子,山本智矢,境界要素法によるてんかんの焦点位置推定について. 日本生体磁気学会誌 8:154-157,1995.

真谷幸介,平田健太郎,山本智矢:脳波上,独立した棘波,鋭波焦点の脳磁図による解析. 臨床脳波 7(10):712-715,1995.

Minami T,Gondo K,Yanai S,Yamamoto T,Tasaki K,Ueda K:Rolandic discharges and somatosensory evoked potentials in benign childhood partial epilepsy; Magneto-encephalographica Study. Psychitr Clin Neurosci 49:S227-228,1995.

山本智矢 他 超電導量子干渉装置(SQUID)を用いた体性感覚中枢での顔面口腔知覚の研究 日耳鼻98: 1518, 1995.

山本智矢:耳下線腫瘍の超音波診断. 日耳鼻専門医通信 43:10-11,1995.

南 武嗣,山本智矢,植田浩司:小児てんかんにおける脳磁図の臨床応用. 日本生体磁気学会雑誌 8:26-27,1995.

山本智矢,山下弘之,原 崇,安松隆治,小宮山荘太郎: SQUIDを用いた口腔・咽頭知覚の研究. 日本生体磁気学会誌 9:214,1996.

Minami T,Gondo K,Yamamoto T,Yanai S,Tasaki K,Kohji U:Magnetoencephalographic analysis of Roland discharges in benign childhood epilepsy. Ann Neurol 39:326-334,1996.

Gondo K,Minami T,Yamamoto T,Yanai.S,Tasaki K,Ueda K: Magneto-encephalographic analysis of paroxysmal discharges in children with intracranial cavitary lesions. J Epilepsy 9:268-273,1996.

重籐寛史,加藤元博,森岡隆人,山本智矢:脳磁図による棘波の解析.臨床脳波 138(4):217-221,1996.

山下弘之,熊本芳彦,倉富勇一郎,中島寅彦,山本智矢,冨田吉信,小宮山荘太郎:舌癌再建症例の嚥下機能. 耳鼻 42:456-460,1996.

南 武嗣,山本智矢,植田浩司:良性小児てんかんにおけるローランド発射と体性感覚誘発脳磁野の脳磁図(MEG)による電流源解析,臨床脳波 38(4):228-233,1996.

山下弘之,倉富勇一郎,山本智矢,小宮山荘太郎:咽頭クリアランスと嚥下機能. 日咽科8(2):273-278,1996.

山下弘之,倉富勇一郎,富田吉信,山本智矢,小宮山荘太郎:輪状咽頭筋切断術の適応について 喉頭 8:33-37,1996.

石橋秀昭,森岡隆人,西尾俊嗣,福井仁士,重籐寛史,山本智矢,染原裕子,高橋一充:頸髄髄内病変における体性感覚誘発磁場 脊髄電気診断学 18(1):198-201,1996.

Morioka T,Nishio S,Yamamoto T,Shigeto H,Minami T,Takeshita I,Fujii K,Fukui M: Surgical management of epilepsy associated with cerebral neurocytoma. Epilepsia 37 (Suppl 3):69-70,1996.

Yanai S,Minami T,Yamamoto T,Gondo K,Kira R,Tokunaga Y,Ueda K:Magnetoencephalographic analysis of hypsarrhythmia in West syndrome, J Epilepsy 10:131-138,1997.

Shigeto H,Tobimatsu S,Morioka T,Yamamoto T,Kobayashi T,Kato M: Jerk-locked back averaging and dipole source localization of magnetoencephalographic transients in a patient with epilepsia partialis continua. Electroencephal clin Neurophysiol 103:440-444,1997.

山下弘之,倉富勇一郎,熊本芳彦,山本智矢,富田吉信,小宮山荘太郎:輪状咽頭筋切断術の適応と限界 耳鼻 43:690-695,1997.

山下弘之, 山本智矢, 増田孝, 小宮山荘太郎 喉頭形成術と発声機能 音声言語医学 38(1): 84 -84 1997

山下弘之,岩元正広,山本智矢,小宮山荘太郎,口腔・咽頭知覚と嚥下機能:SQUIDの臨床への応用. 口腔咽頭科学 9(3):349-354,1997.

Morioka T,Nishio S,Ishibashi H,Shigeto H,Yamamoto T,fukui M: Intrinsic epileptogenicity of cortical dysplasia as suggested by magnetoencephalography and intraoperative corticography. Epilepsia 38(Suppl 6):66-67,1997.

山本智矢:脳磁図の耳鼻咽喉科への応用. 日耳鼻専門医通信 53:30-31,1997

山本智矢:小児の脳磁図. 小児耳鼻咽喉科 l18(2):21-25,1997.

Morioka T,Shigeto H,Ishibashi H,Nishio S,Yamamoto T,Yoshiura T,Fukui M: Magnetic source imaging of the sensory cortex on the surface anatomy MR scanning. Neurol Res 20:235-241,1998.

Ishibashi H,Morioka T,Shigeto H,Nishio S,Yamamoto T,Fukui M: Three-dimensional localization of subclinical ictal activity by magnetoencephalography:correlation with invasive monitoring. Surg Neurol 50:157-163,1998.

Shigeto H,Tobimatsu S,Yamamoto T,Kobayashi T Kato M: Visual evoked cortical magnetic responses to checkerboard pattern reversal situmulation:a study on the neural generators of N75,P100 and N145. J Neurol Sci 156:186-194,1998.

Toyoda K,Ibayashi S,Yamamoto T,Kuwabara Y,Fujishima M: Auditory evoked neuromagnetic response in cerebrovascular diseases:a preliminary study. J Neurol Neurosurg Psychiatry 64:777-784,1998.

王雪峰,中島寅彦,益田宗幸,松井カツ子,山本智矢,小宮山荘太郎:喉頭癌におけるcyclinD1の発現と再発に関する研究 日耳鼻 101:212-215,1998.

森岡隆人,西尾俊嗣,古賀広道,重籐寛史,山本智矢,黒川徹,福井仁士:脳梁脂肪腫;神経磁気計測装置 (magento-encephalography:MEG)による病態解析. 臨床脳波 40(6):414-418,1998.

山本智矢:臨床診断における脳磁図の有用性と限界. 臨床脳波40:635-639,1998.

Morioka T,Nishio S,Ishibashi H,Muraishi M,Hisada K,Shigeto H,Yamamoto T,Fukui M: Intrisic epileptogenicity of focal cortical dysplasia as revealed by magneto-encephalography and electrocorticography. Epilepsy Reserch 33:177-187,1999.

Yamashita H,Kymamoto Y,Nakashima T,Yamamoto T,Inokuchi A,Komiyama S:Magnetic sensory cortical responses evoked by tactile stimulations of the human face,oral cavity and flap reconstrctions of the tongue. Eur Arch Otorhinolaryngol 256:S42-46,1999.

Miyazaki H,Yamashita H,Masuda T,Yamamoto T,Komiyama S:Transcutaneous PPPCO2 monitoring in the evaluation of hyperventilation of patients with recurrent nerve paralysis. Eur Arch Otorhinolaryngol 256:s47-s50,1999.

Ikeda Y,Masuda T,Manako H,Yamashita H,Yamamoto T,Komiyama S:Quantitative evaluation of the voice range profile in patients with voice disorder. Eur Arch Otohinolaryngol 256:s47-50,1999.

森岡隆人,西尾俊嗣,重藤寛史,山本智矢,佐々木雅之,池崎清信,福井仁士:Diffuse glioma のてんかん原性について. 臨床脳波 41:511-517,1999

Kuratomi Y,Kumamoto Y,Yamashita H,Yamamoto T,Inokuchi A,Tomita K,Masuda A,Uehara S,Ohmagari J,Jingu K,Komiyama S:Comparison of survival rates of patients with nasopharyngeal carcinoma treated with radiotherapy,5-fluorouracil and vitamin A ("FAR" therapy) vs FAR therapy puls adjunctive cisplatin and pepleomycin chemotherapy Eur Arch Otohinolaryngol 256:s60-63,1999.

山本智矢,山下弘之,小宮山荘太郎:脳磁図を用いた口腔咽頭知覚機能の評価. 口咽科 11:3;329-334,1999.

山本智矢,小宮山荘太郎:嚥下運動の解析. 総合リハビリテーション 27(11):1037-1041,1999.

Onitsuka T,Ninomiya H,Sato E,Yamamoto T,Tashiro N:The effect of interstimulus intervals and between-block rests on the auditory evoked potential and magnetic field:is the auditory P50 in humans an overlapping potential?. Clinical Neurophysiol 111:237-245,2000.

Hisada K,Morioka T,Nshio S,Muraishi M,Yamamoto T,Yoshida T,Fukui M: Magnetoencephalographic analysis of periodic lateralizaed epileptiform discharges (PLEDs). Clin Neurophysiol 111:122-127,2000.

Morioka T,Nishio S,Shigeto H,Goto Y,Yamamoto T,Minami T,Gondo K,Fujii K,Fukui M: Surgical management of intractable epilepsy associated with cerebral neurocytoma. Neurol Res 22:449-456,2000.

Ishibashi H,Tobimatsu S,Shigeto H,Morioka T,Yamamoto T,Fukui M: Differential interaction of somatosensory inputs in the human primary sensory cortex:A magnetoencephaloghrahpic study. Clin Neurophysiol 111:1095-1102,2000.

Morioka T,Nishio S,Hisada K,Shigeto H,Yamamoto T,Fujii K,Fukui M:  Neuromagnetic assessment of epileptogenicity in cerebral arnteriovenous malformation. Neuro surge Rev 23:206-212,2000.

安松隆治,平川直也,檜垣雄一郎,山本智矢,冨田吉信:耳下腺粘表皮癌の臨床病理学的検討. 口咽科 12(2):227-232,2000.

倉富勇一郎,篠隈 淳,龍頭正浩,藤 賢史,益田宗幸,山本智矢,小宮山荘太郎:喉頭異型上皮の癌化における血管新生と細胞外マトリックスの変化. 喉頭 12:4-8,2000.

山本智矢,福島淳一,梅崎俊郎,小宮山荘太郎:声門下狭窄のステント治療. 日気食会報 51(5):354-364.2000.

冨田吉信,八反田洋一,山本智矢:繊維肉腫. CLIENT21 17:499-503,2000.

Ishibashi H,Morioka T,Nishio S,shigeto H,Yamamoto T,Fukui M: Magnetoencephalographic investigation of somatosensory homunculus in patients with peri-Rolandic tumors. Neuro Res 23:29-38,2001.

Fukuda M,Yamamoto T,Llinas R:The isochronic band hypothesis and climbing fibre regulation of motircity:an experimental study. Eur J Neurosci  13:315-326,2001.

Yamamoto T,Fukuda M,Llinas R:Bilaterally synchronous complex spike Purkinje cell activity in the mammalian cerebellum. Eur J Neurosci 13:327-339,2001.

Gondo K,Tobimatsu S,kira R,Tokunaga Y,Yamamoto T,Hara T:a magnetoencephalographic study on development of the somatosensory cortex in infants. NeuroReport 12:3227-3231,2001.

Oishi A,Tobimatsu S,Ochi H,Ohyagi Y,Kubota T,Taniwaki T,Yamamoto T,Furuya H,Kira J:Paradoxical lateralization of parasagittal spikes revealed by back averaging of EEG and MEG in a case with epilepsia partialis contiuna. J Neurolog Sci 193:151-155,2002.

Kumamoto Y, Masuda M, Kuratomi Y, Toh S, Shinokuma A, Chujo K, Yamamoto T, Komiyama S: "FAR" chemoradiotherapy improves layngeal preservation rates in paitents with T2N0 Glottic carcinoma. Head Neck 24:637-642,2002.

Oishi A, Tobimatsu S, Ochi H, Ohyagi Y, Kubota T, Taniwaki T, Yamamoto T, Furuya H, Kira J:Paradoxical lateralization of parasagittal spikes reveled by back averaging of EEG and MEG in a case with epilepsia partialis continua. J Neurolog Sci 193:151-155, 2002.

王 雪峰、中島寅彦、倉富勇一郎、益田宗幸、安松隆治、東 芳、山本智矢、小宮山荘太郎:低電圧エレクトロポレーション法による頭頸部癌化学療法の増強効果 −マウス口腔底モデルによる評価−. 耳鼻と臨床 49:432-436,2003.

山本智矢: 放射線化学同時併用療法(FAR療法)による頭頸部癌の治療.耳鼻と臨床 49(suppl3):175--180,2003.

松山勝哉、梅崎俊郎、安達一雄、山本智矢、小宮山荘太郎:嚥下時の大脳皮質神経活動の脳磁図による検討. 耳鼻と臨床. 50:67-72,2004.

國武直信、中村和正、塩山善之、倉富勇一郎、山本智矢、寺嶋廣美、本田 浩: 下咽頭癌の放射線治療 −放射線高感受性腫瘍に対する喉頭温存の試み 日本医放会誌 63:570-573,2003.

Shiratsuchi H, Hirakawa N, Saito T, Oda Y, Yamamoto H, Tomita k, Yamamoto T, Tsuneyoshi M: H-ras mutation is an additional event of sarcomatous transformation in aerodigestive spindle cell carcinoma. Oncology reoirt 11:597-604, 2004.

Shi HB1, Masuda M, Umezaki T, Kuratomi Y, Kumamoto Y, Yamamoto T, Komiyama S.Irradiation impairment of umami taste in patients with head and neck cancer.Auris Nasus Larynx. 31(4):401-6, 2004.
 
山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:TS-1を併用した頭頸部の放射線化学療法について 耳鼻と臨床 50:S1-S8,2004.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:下咽頭癌の放射線化学療法における喉頭温存および手術操作の注意点について 頭頸部外科 14:175-182,2004

Kuwano T, Nakao S, Yamamoto H, Tsuneyoshi M, Yamamoto T, Kuwano M, Ono Y:Cyclooxygenase 2 isa a key enzyme for inflammatory cytokine-induced angiogenesis. FASEB J. 18:300-310, 2004.

倉富勇一郎、山本智矢、熊本芳彦、中島寅彦、益田宗之、安松隆治、小池浩次、小宮山荘太郎:当科における下咽頭癌の治療成績 −FAR両方、根治切除、遊離空腸再建による遠隔成績と頸部郭清の適応に関する検討−日耳鼻 107:737-743,2004.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:TS-1を併用した頭頸部の放射線化学療法について 耳鼻と臨床 50:S1-S8,2004.

安達一雄、梅崎俊郎、松原尚子、山本智矢、小宮山荘太郎:披裂部余剰粘膜を伴うlaryngomalacia症例に対する外科的治療.耳鼻50:306-312,2004.

中川尚志、野口敦子、大庭典子、中条恭子、賀数康弘、山本智矢、小宮山荘太郎:顔面痙攣およびTTS現象で人工内耳が使えなかった髄膜炎後禍牛内繊維化例. 耳鼻と臨床 50:11-17,2004.

清原英之、中川 尚、嬉野元喜、稲木匠子、後藤弘毅、中条恭子、賀数康弘、山本智矢、小宮山荘太郎:中耳腔内aberrant internal carotid arteryの2例 耳鼻と臨床 50:1-6,2004.

安達一雄、山本智矢、小山徹也、熊本芳彦、中島寅彦、小宮山荘太郎:特殊な経過をたどった鼻咽喉血管線維腫の一例 耳鼻と臨床 50:122-129,2004.

安達一雄、梅崎俊郎、松山勝哉、小山徹也、山本智矢:外科的治療により改善した多発脳神経炎による高度嚥下障害の1例 耳鼻と臨床 50:248-254,2004.

Kuwano T  Nakao S Ymamamoto H Tuneyoshi M Yamamoto T Luwano M and Ono M Cyclooxygenase 2 is a key enzyme for inflammatory cytokine-induded angiogenesis FASEBJ 18 300-310 2004.

倉富勇一郎、熊本真優子、安松隆治、中島寅彦、益田宗幸、熊本芳彦、山本智矢、小宮山荘太郎 舌扁平上皮癌におけるラミニンγ鎖発現とその臨床的意義 日本耳鼻咽喉科学会会報 107,653-65,2004。

Yasumatsu R, Nakashima T, Masuda M, Kuratomi Y, Shiratsuchi H, Hirakawa N, Tomita K, Yamamoto T, **:Clinical value of serum squamous cell carcinoma antigen in the management of sinonasal inverted papilloma Head Neck.27(1):44 - 48, 2005.

中島寅彦、倉富勇一郎、山本智矢、益田宗幸、平川直也、中村和正、塩山善之、梅崎俊郎、**:  	頭頸部扁平上皮癌に対するTS-1, VitaminA、放射線併用療法(TAR療法)におけるTS-1指摘投与法の検討癌と化学療法  32:803 - 807, 2005.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:下咽頭癌 ?TS-1を併用した頭頸部の放射線化学療法について? JOHNS.21:47 - 53, 2005.

山本智矢 耳鼻咽喉科とショック JOHNS 22:471-474,2006.

Ruan HY,Masuda M,Ito A,Umezawa K,Makashima T,Yasumatsu R,Kuratomi Y,Yamamoto T,Weinstein IB,** Effects of noval NF-KappB inhibitor, dehydoroxyquinomicin(DHMEQ), on growth, apoptosisi, gene expression and chemosensitivitiy in head and neck squamous cell carcinoma cell lines,. Head neck 28(2) 158-165,2006.

Yasumatsu R, Okura K, Sakiyama Y, Nakamuta M, Matsumura T, Uehara S, Yamamoto T, **: Metastatic hepatocellular carcinoma of the external auditory canal.
World J Gastroenterol. 2007 Dec 21;13(47):6436-8.

安松隆治、大蔵謙治、山本智矢:原発性副甲状腺機能亢進症症例の臨床的検討.耳鼻と臨床 53:144-147,2007.

症例報告							

Morioka T,Yamamoto T,Katsuta K,Fujii K,Fukui M: Presurgical three-dimensional magnetic source imaging of the somatosensory cortex in a patient with a Peri-Rolandic lesion:Technical note. Neurosurgery 34:930-934,1994.

Nakagawa T,Sugimoto T,komiyama S,Yamamoto T,Uemura T:Gigant tumor formed by nodular fasciitis Pharynx Auris Nasus Larynx 21:196-199,1994.

Morioka T,Yamamoto T,Nishino S,Takeshita I,Iwamoto N,Fukui M: Magnetoencephalographic features in neurocysticerocosis. Surg Neurol 45:176-182,1996.

Minami T,Tasaki K,Yamamoto T,Gondo K,Yanai S,Ueda K:Magnetoencephalographical analysis of focal cortical heterotopia;A case report. Dev Med Child Neurol 38:945-949,1996.

Gondo K,Minami T,Nagayama,J,Yamamoto T,Komiyama S,Morita J,Ueda,K:Case of Epilepsy with speech disordes:EEG changes and magnetoencephalographic analysis. J Epilepsy 10:73-77,1997.

Ishibashi H,Morioka T,Shigeto H,Yamamoto T,Nishio S,Fukui M :Magnetoencephalographic evaluation of anterior corpus callosotomy for intractable epilepsy in a patient with Lennox-Gaustaut syndrome. J Epilepus 11:202-207,1998.

森岡隆人,西尾俊嗣,村石光輝,久田 圭,久場博司,三原 太,山本智矢,福井仁士:脳磁図とframeless navigation によるfunctional image-guided neurosurgery を行った傍中心溝腫瘍の1例. 臨床脳波 41:4;259-263,1999.

Gondo K,Kira R,Tokunaga Y,Harashima C,Tobimatsu S,Yamamoto T,Hara T:Reorganization of the primary somatosensory area in a case of epilepsy associated with focal cortical dysplasia. Dev Med Child Neurol 42:839-842,2000.

Hisada K. Morioka T,Nishio S,Yamamoto T,Fukui M: The magneto-encephaographic epileptic foci did not coincide with the electrocorticographic ictal onset zone in a patient with temporal lobe epilepsy. Neurol Res 23:830-834,2001.

山本智矢:手術不能のためにエタノール注入療法を行った頭頸部癌症例. JOHNS 17:1813-1816,2001.

Nakashima T,kuratomi Y,Shiratsuchi H,Yamamoto H,Yasumatsu R,Yamamoto T,Komiyama S.:Follicular dendritic cell sarcoma of the neck; a case report and literature review. Auris nasus Larynx 29:401-403,2002.

山本智矢:超高齢者の頭頸部癌の治療法 -85歳以上の症例について-. 耳鼻 49(補1):1-5,2003.

中川尚志、野口敦子、大庭典子、中条恭子、賀数康弘、山本智矢、小宮山荘太郎:顔面痙攣およびTTS現象で人工内耳が使えなかった髄膜炎後禍牛内繊維化例. 耳鼻と臨床 50:11-17,2004.

清原英之、中川 尚、嬉野元喜、稲木匠子、後藤弘毅、中条恭子、賀数康弘、山本智矢、小宮山荘太郎:中耳腔内aberrant internal carotid arteryの2例 耳鼻と臨床 50:1-6,2004.

R.Suematsu,S.Takeo,M.Hamatake,T.Yamamoto,K.Furuya,S.Momosaki,Thyroid cancer with a cystic mediastinal tumor invading the right main bronchus. Ann thorac Sur (89)296-298,2010.

総説

山本智矢:FAR療法を含むChemopreventionの現状. 癌と化学療法 28(4):454-460,2001.

山本智矢:ラット小脳の時間空間的協調運動制御機構の解析. 情報基盤センター年報 2:123-126.2002.

山本智矢:耳鼻咽喉科領域の神経学的検査 上位脳神経の検査. JOHNS 20:420-423, 2004.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎
:下咽頭癌の放射線化学療法における喉頭温存および手術操作の注意点について 頭頸部外科 14:175-182,2004

山本智矢,冨田吉信:副鼻腔疾患のMRI診断マニュアル 悪性腫瘍 扁平上皮癌. ENTONI 28:46-54,2003.

山本智矢:耳鼻咽喉科領域の神経学的検査 上位脳神経の検査 JOHNS 20:11-14,2004.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:下咽頭癌 −TS-1を併用した頭頸部の放射線化学療法について− JOHNS 21:47-53:2005.

山本智矢,冨田吉信,小宮山荘太郎:ステントによる声門下狭窄の治療. 日気食 53(2),144-145,2002.

山本智矢,小宮山荘太郎:ラット小脳の時間空間的協調運動制御機構の解析. 福岡医学雑誌 93:91-95,2002.

山本智矢:インターネットによる情報提供. JOHNS 18(8):1387-1391,2002.

山本智矢,小宮山荘太郎:喉頭部分切除手術の限界. JOHNS 10:1825-1829,2002.

山本智矢:咳嗽について. 耳鼻咽喉科診療 36:1000-1001,2002.

山本智矢,冨田吉信,倉富勇一郎,小宮山荘太郎:放射線化学療法(FAR療法)による頭頸部癌の治療. 大阪医薬品協会会報 653:1-8,2003.

山本智矢,冨田吉信:副鼻腔疾患のMRI診断マニュアル 悪性腫瘍 扁平上皮癌. ENTONI 28:46-54,2003.

山本智矢:耳鼻咽喉科領域の神経学的検査 上位脳神経の検査 JOHNS 20:11-14,2004.

山本智矢、益田宗之、中島寅彦、梅崎俊郎、熊本芳彦、倉富勇一郎、小宮山荘太郎:下咽頭癌 −TS-1を併用した頭頸部の放射線化学療法について− JOHNS 21:47-53:2005.

山本智矢、松浦一登、溝江純悦 若年者の頭頸部癌に対する治療 耳鼻 52(捕3):S205-S212 2006.

山本智矢 頭頸部癌の化学療法の新知見について 耳鼻 57(S2) S157-158,2011.

山本智矢、横断的なチーム医療のもと短期間で的確な治療を実現.ホスピタウン 14:112,2006.

新聞記事

山本智矢、花粉症すっきり計画.食と健康 西日本新聞社 vol12:1−3,2006

山本智矢 扁桃にできた膿栓 暮らしと健康 保健同人社 (東京) 62巻(12月号):81,2007.

山本智矢 突発性難聴 福岡商工会議所NEWS (福岡) 397号 38,2007年

雑誌

山本智矢 声帯ポリープ
暮らしと健康 保健同人社 (東京) 63巻(10月号):74,2008.

山本 智矢 	真珠腫性中耳炎	"暮らしと健康 .保健同人社  東京 64:pp71, 10月号    2009. "	2009	10月号

山本智矢 花粉症とアレルギー 福岡商工会議所NEWS 425号 p37、2010. 4月

山本智矢 「クローズアップENT 九州医療センター」、美蕾 98巻 p20-23、2010 6月 

山本智矢、頭頚部がん 早期発見・治療の重要性
=耳鼻咽喉科・頭頚部外科からのアプローチ=2012年 8月30日 朝日新聞 夕刊

著書								

Lenard L, Oomura Y, Nshino H, Aou S, Nakano Y, Yamamoto T: Activity in monkey lateral hypothalamus during operant feeding:Modulation by cathecholamines and opiate CA and opate modulate feeding Oomura Y (ed): Emotions. Neuronal and Chemical Control. Basel, Karger, 1986, pp 45-53 
(DOI:10.1159/000413515)

山本智矢,SQUIDを用いた脳機能研究-SQUIDの構造とその応用-. In:永津俊治,吉田充男,金澤一郎,小川紀雄(eds): 脳のセレプターと運動. pp161-174,平凡社(東京),1990.(分担執筆)

山本智矢 精神活動の流れを遡る -機能・構造・物質-:脳磁図とは SQUIDによる生体磁気記録. In:早石 修,伊 藤正男(eds):Atlas of Brain Mechanism of Mind & Behavior. pp26-28,メジカルジャーナル社(東京),1994. (分担執筆)

山本智矢,脳磁図で何がわかるか. In:野村恭也,本庄巌,平出文久(eds):耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンドPart2. pp264-265,中山書店(東京),1998. (分担執筆)

Tobimatsu S,Shigeto H,Morioka T,Ishibashi H,Yamamoto T,Kato M: Feasibility of magnetoencephalography in clinical neurophysiology. In:Koga Y,nagata K,Hirata K(eds):Brain topography today. pp601-605,Elsevier Amusterdam, Holland,1998.

Shigeto H,Tobimatsu S,Yamamoto T,Kira J,Kato M: Visual evoked cortical fields to color and motion stimulation. In:Yoshimoto T,Kotani M,Kuriki S,Karibe H,Nakasato N(eds): Recent Acvances in Biomagnetism. pp585-588,Tohoku University Press,Sendai,1999.

Tobimasu S,Shigeto H,Morioka T,Yamamoto T,Kato M: MEG for epilepsia partialis contiua:A comparisn with temporal love epilepsy. In:Yoshimoto T,Kotani M,Kuriki S,Karibe H,Nakasat N (eds):Recent Acvances in Biomagnetism. pp750-753,Tohoku University Press,Sendai,1999.

山本智矢:鑑別診断のための画像診断の進め方. In:小宮山荘太郎 (ed) 耳鼻咽喉科外来シリーズ 発声障害外来,pp54-66,メディカルビュー社(東京),2000. (分担執筆)

山本智矢:嗄声. In:小田 恂(ed): 耳鼻咽喉科オフィスクリニック−主訴への対応編 ー. pp168-172,医学書院(東京),2002. (分担執筆)

山本智矢,小宮山荘太郎:頸気管外傷. In:高橋 姿 他 (eds):耳鼻咽喉科・頭頸部外科−処置・手術シリーズNo.5 耳鼻咽喉科の救急疾患. pp127-133,メディカルビュー社(東京), 2002. (分担執筆)

山本智矢:気管外傷.In:森山 寛 他(eds):耳鼻咽喉科頭頸部外科処置手術シリーズNo.7 耳鼻咽喉科外傷. pp118-123,メディカルビュー社(東京),2002. (分担執筆)

山本智矢:甲状腺疾患. In:神崎仁,小川郁(eds):耳鼻咽喉科薬物療法マニュアル 耳鼻咽喉科疾患に対する私の薬物療法. pp325-329,金原出版(東京),2003. (分担執筆)

山本智矢:気管狭窄. In:森山寛,岸本誠司,小林俊光,川内秀之(eds):今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針. pp380-381,医学書院(東京),2003. (分担執筆)

山本智矢:翼口蓋窩郭清と顎動脈結紮・クリッピングの実際、In:飯沼壽孝、木田亮紀、小林俊光、久 育男、森山 寛(eds):イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. Pp427-428、東京医学社(東京)、2003. (分担執筆)

山本智矢:眼窩底骨膜の切除、In:飯沼壽孝、木田亮紀、小林俊光、久 育男、森山 寛(eds):イラスト手術手技のコツ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. Pp429-430、東京医学社(東京)、2003. 

山本智矢:脳磁図(magnetoencephalography)  耳鼻咽喉科頭頸部外科学の最新医療 (eds. 加我君孝、**) 先端医療技術研究所(東京)pp236-240、2006.

シンポジウム					

山本智矢:日本生理研連シンポジム”ヒトの脳機能研究の最近の進歩”日本学術会議生理学研究連絡委員会 1990年10月11日,福岡.

山本智矢:シンポジウム”先端的診断情報とその評価” 第92回日本耳鼻咽喉科学会 1991年5月16-18日,福岡.

山本智矢:シンポジウム”脳磁図(MEG)の利用価値と問題点”,九大病院での脳磁図臨床応用の現状 -誘発および安静時脳磁図について,第23回日本脳波・筋電図学会学術大会 1993年11月18日,鹿児島.

山本智矢:セミナー ”脳磁図の臨床” 第30回日本脳波・筋電図テクニカルセミナー 1993年11月16日,鹿児島.

山本智矢 SQUIDによる神経磁気記録での雑音要因とその対策について 日本エムイー学会九州支部総会学術講演会 H6.3.6 福岡

池田 仁,武内良輔,石山敦士,葛西直子,山本智矢:シンポジウム ”境界要素法によるてんかんの焦点位置推定について” 第10回日本生体磁気学会シンポジウム 1995年5月27,28日,仙台.

山本智矢:シンポジウム”音声言語知覚研究の進歩”,脳磁図による言語知覚の研究 第38回日本音声言語医学会 1993年11月12,13日,金沢.

山本智矢:シンポジウム”喉頭麻痺に関する基礎研究の現状”,声帯位置の三次元的画像解析,第6回日本喉頭科学学術講演会 1994年3月11,12日,佐賀.

山本智矢 超電導量子干渉装置(SQUID)を用いた体性感覚中枢での顔面口腔知覚の研究 第96回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 1995.5.11-13千葉

山本智矢:シンポジウム”脳機能の画像化”,SQUIDによる脳機能の画像化,第14回日本医用画像工学会大会 1995年7月13,14日 東京.

山本智矢 超電導量子干渉装置(SQUID)を用いた体性感覚中枢での顔面口腔知覚の研究 第3
回MI研究会 H7.7.22 東京

山本智矢:教育パネル”気道狭窄の手術”,第7回日本頭頸部外科学会  1997年1月24,25日,東京.

山本智矢:シンポジウム”脳磁図の有用性と限界”,臨床診断における脳磁図の有用性とその限界 第27回日本脳波・筋電図学会 1997年11月19〜21日,福岡.

山本智矢:シンポジウム”マルチモダリティー機能イメージング” MEGとfMRIの相補的利用について第12回日本磁気学会 1997年11月19-21日,東京.

山本智矢,森岡隆人,蓮尾金博,山下弘之,岩元正広,小宮山荘太郎:シンポジウム”マルチモダリティー機能イメージング”,MEGとfMRIの相補的利用について. 第12回日本生体磁気学会 1997年5月27日,福岡.

山本智矢SQUIDによる口腔、咽頭、喉頭知覚中枢の研究 第13回九州連合地方会学術講演会 H10.8.29 福岡。

山本智矢:シンポジウム”口腔・咽頭癌手術後の嚥下評価”脳磁図を用いた口腔咽頭知覚機能の評価. 第11回日本口腔・咽頭科学会 1998年9月17-19日,京都.

山本智矢:シンポジウム”音声音響検査の臨床的意義”発声機構のコンピューター解析による客観的評価. 第43回日本音声言語医学会 1998年11月19,20日,東京.

山本智矢:シンポジウム”口腔・咽頭癌手術後の嚥下機能”脳磁図を用いた口腔咽頭知覚機能の評価,第11回日本口腔・咽頭科学会総会  1998年9月17-19日,京都.

山本智矢:パネルディスカッション”耳鼻咽喉科・頭頸部外科先進医療の現状と将来”嚥下機能障害の分析. 第100回日本耳鼻咽喉科学会  1999年5月22日,仙台.

山本智矢:パネルディスカッション”呼吸困難対策の進歩”ステントによる声門下狭窄の治療. 第53回日本気管食道科学会 2001年11月29,30日,東京.

山本智矢:シンポジウム ”頭頸部手術におけるリスクマネージメント” 第12回日本頭頸部外科学会 2002年1月26日,金沢.

山本智矢:パネルディスカッション ”超高齢者(85歳以上)の癌の治療法” 第7回頭頸部癌化学療法研究会 2002年1月27日,金沢.

山本智矢:第103回日本耳鼻咽喉科学会シンポジウム ”脳科学と耳鼻咽喉科”脳磁図による顔面・口腔・咽頭知覚の中枢マッピング. 2002年5月16日-18日,東京.

山本智矢:第14回日本頭頸部外科学会ビデオセミナー ”頭頸部腫瘍治療のcontroversy” 下咽頭癌の治療に際しての喉頭温存 2004年1月23日、東京.

口頭発表
					
T.Yamamoto et al.Vocalization-initiated feeding Task and neuronal activity in the monkey orbitofrontal coretes and lateral hypotharamic area The 18th annual meeting of the japan neurosocience society 1984,11.23-25 Osaka.

T.Yamamoto, Y.Oomura H.Nishino Y.Naano,I.Fujita Emotional involvement of monkey orbitofrontal cortex and lateral hypothalamic area in feeding behabior The 62nd Annual meeting of the physiological society of japan 1985.3.28-30 Kurume.

山本智矢、大村裕ほか 自発性発声に始まる摂食過大時の去る前頭眼窩野および視床下部外側野ニューロン活動 神経科学集会 1984.11.23-25 大阪.

T.Yamamoto, M.Fukuda, RR.Llinas Multi-channel recording of bilateral climbing fiber activity  The tenth midwinter research meeting Association for research in Otolaryngology 1987 2.1-5 Florida USA. 

山本智矢 上村卓也、RR.Linas 福田正治96チャンネルマルチ電極を用いた小脳機能の解析について  第48回日本平衡神経科学会学術講演会 1989年11.23-25 奈良。

T.Yamamoto T.Uemura RR Linas Analysis of tonotopic organization of 
Human auditory cortex using multi-channel SQUID system.日本生理学会 1990

山本智矢 脳磁図による皮質聴覚野機能の解析 生理研連シンポジウム。 H2.10.11 福岡。

山本智矢 新しい脳機能イメージング -SQUIDの構造と応用- 第10回脳神経科学調査研究会 H2.9.21 東京。

T.Yamamoto T,Uemura RR Llionas Tonotopic and ampliotonic organization of human auditory cortex revealed nby multi- channel SQUID system The first international congress on brain electromagnetic topography 1990 9.13-14,Osaka.

T.morioka,,,T.yamamoto, Surgical management of the seizure in patients with cereberal neurocytoma Internatioal symposium on the surgical treatment of epilepsy inKagoshima H4 1992,10.26,Kagoshima.

山本智矢 上村卓也 中枢の研究 第67回日本生理学会大会 宮崎 平成2.4.4、宮崎

山本智矢 SAUIDを用いた大脳機能のイメージング 生命現象を計測する-脳機能への理工学からのアプローチ、システムからモジュールまで- 筑波研究コンソーシアム 1990.3.19-21 茨城。

山本智矢 37チャンネルSQUID装置の臨床応用の現状とその将来 日本エムイー学会九州支部総会研究発表会 H5年3.7. 福岡

山本智矢 SQUIDの臨床応用とその可能性 第1回脳磁図研究会 H4.2.8 当局

山本智矢 ”九州大学における神経磁気検査について” 第94回日本耳鼻咽喉科学会 1993年5月27-29日,京都.

森岡隆人、藤井清孝、西尾俊嗣、福井仁士、山本智矢 血管奇形のてんかん原性について−脳磁図(MEG)と術中皮質電位(ECoG)による検討 		第3回福岡・久留米てんかん研究会(平成5年6月1日、久留米)

山本智矢 シンポジウム:脳磁図イメージングと逆問題  「聴性誘発反応」 
第8回日本生体磁気学会(平成5年6月5, 6日、東京)

山本智矢、南 武嗣、森岡隆人、重藤寛史 九州大学附属病院での神経磁気検査の現状
第8回日本生体磁気学会(平成5年6月5, 6日、東京)

山本智矢 シンポジウム:音声言語知覚研究の進歩 「脳磁図による言語知覚の研究」
第38回日本音声言語医学会(平成5年11月12, 13日、千葉)

山本智矢 SQUIDによるの神経磁気記録での雑音要因とその対策について
日本ME学会九州支総会(平成6年3月6日、福岡)

山本智矢 九大病院での脳磁図の臨床応用の現状 シンポジウム:「誘発および安静時脳磁図について」 第23回日本脳波・筋電図学会(平成5年11月15〜19日、鹿児島)

山本智矢 脳磁図の臨床 第30回 日本脳波筋電図テクニカルセミナー (平成5年11月15〜19日、鹿児島)

山本智矢、南 武嗣、森岡隆人、重藤寛史 SQUIDの臨床応用はどこまで可能か
マグネティックス研究会(平成6年3月11, 12日、佐賀)

山本智矢 喉頭麻痺に関する基礎研究の現状−声帯位置の三次元的画像診断−
第6回日本喉頭科学会(平成6年3月11, 12日、佐賀)

山本智矢、嬉野元喜、篠隈 淳、竹下宗徳超伝導量子干渉装置による言語弁別の研究  第95回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (平成6年5月19〜21日、新潟)

山本智矢、森岡隆人、水島 明、蓮尾金博 SQUIDによるFunctional Mapping-九大医学部でのMEG, EEG, Functional MRI 連関- 第9回日本生体磁気学会(平成6年6月13, 14日、札幌)

山本智矢 聴性誘発脳磁図を初めとしたSQUIDの臨床応用
第6回日本ME学会秋季大会(平成6年10月16, 17日、福岡)

山本智矢 神経磁気診断の現状と問題点 -九大病院の場合- 第2回MI研究会 H6.4.23 東京

山本智矢,SQUIDによる脳機能の画像化. 第14回日本医用画像工学大会 1995.7.13-14 東京.

山本智矢、吉川茂樹、冨田吉信、倉富勇一郎、井之口昭、小宮山荘太郎 術前診断が喉頭癌と甲状腺癌の二重癌であった甲状腺扁平上皮癌の喉頭内浸潤例 第7回日本喉頭科学会(平成7年3月10, 11日、京都)

山本智矢、山下弘之、佐藤公治、小宮山荘太郎 超電導量子干渉装置(SQUID)
第96回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(平成7年5月11〜13日、東京)

山本智矢 シンポジウム:脳機能の画像化 「SQUIDによる脳機能の画像化」
第14回日本医用画像工学会大会(平成7年7月13,14日、東京)

山本智矢、山下弘之、原  崇、安松隆治、小宮山荘太郎 SQUIDを用いた口腔・咽頭知覚の研究 日本生体磁気学会(平成8年5月31日〜6月1日、東京)

山本智矢 SQUIDを用いた顔面、口腔、咽頭の研究 第4回MI研究会(平成8年7月27日、東京)

重藤寛史、山本智矢 持続性てんかんの焦点局在推定:脳磁図によるJerk Locked back averaginge法
1995,5/17-19 日本神経学会総会 名古屋

山本智矢 教育パネル:気道狭窄の手術 第7回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会 (1997年1月24, 25日、東京)

山本智矢、森岡隆人、蓮尾金博、山下弘之、岩元正広、小宮山荘太郎 MEGとfMRIの相補的利用について 第12回日本生体磁気学会大会(平成9年5月27, 28日、大阪)

山本智矢、臨床診断における脳磁図の有用性とその限界 ー九大病院の場合ー 第27回日本脳波・筋電図学会学術大会シンポジウム脳磁図の有用性と限界(1997.11.19-21,福岡)(

重籐寛史、飛松省三、加藤元博、山本智矢、色刺激に対する視覚誘発脳磁界、第27回日本脳波・筋電図学会学術大会(1997.11.19-21,福岡)

重籐寛史、飛松省三、加藤元博、山本智矢、動き刺激に対する視覚誘発脳磁界、第27回日本脳波・筋電図学会学術大会(1997.11.19-21,福岡)

鬼塚俊明、二宮英彰、佐藤栄剛、刺激感覚、休憩効果と中潜時聴覚誘発反応:脳磁図と脳波の比較、第27回日本脳波・筋電図学会学術大会(1997.11.19-21,福岡)

山下弘之、山本智矢、小宮山荘太郎、輪状咽頭筋切断術の適応と限界、第16回嚥下研究会(1997.2.17,熊本)

山本智矢、小児の脳磁図、第36回日本小児耳鼻咽喉科研究会教育講演(1997.7.5,大阪)

山下弘之、嚥下障害に対する喉頭挙上術の意義、第9回日本喉頭科学会学術講演会(1997.3.21-22,東京)

山本智矢、山下弘之、岩元正広、小宮山荘太郎、SQUIDを用いた顔面、口腔、咽頭の体性感覚の研究、第4回MI研究会(1997.7.27,東京)

山本智矢 SQUIDを用いた顔面、口腔、咽頭の体性感覚の研究 第4回MI研究会 平成8.7.27 東京

頭頸部腫瘤の画像診断 「症候学の観点から」 Radiology Update Fukuoka 平成10.6.20 福岡

山本智矢 シンポ:口腔・咽頭癌手術後の嚥下機能  「脳磁図を用いた口腔咽頭知覚機能の評価」
第11回日本口腔・咽頭科学会(平成10年9月17〜19日、京都)

山本智矢 シンポジウム:音声音響検査の臨床的意義 「発声機構のコンピューター解析による客観的評価」第43回日本音声言語医学会 平成10年11月19,20日、東京)

山本智矢 耳鼻咽喉科における脳磁図の有用性と限界 第14回高度先進医療研究会 H11.2.26 東京。

山本智矢 パネルディスカッション:耳鼻咽喉科・頭頸部外科先進医療の現状と将来  「脳磁図−嚥下機能障害の分析−」 第100回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(平成11年5月20日〜22日、仙台)

山本智矢 教育講演:頭頸部腫瘍における穿刺細胞の有用性について
第14回九州連合地方部会学術講演会(平成11年8月28日、福岡)

山本智矢 シンポジウム:咀嚼と嚥下の基礎と臨床
第12回日本口腔・咽頭科学会総会及び学術講演会(平成11年10月28〜30日、仙台)

山本智矢 三次元手術の可能性 日本耳鼻咽喉科学会 2001.5.19 2001, 福岡.

山本智矢 頭頸部癌末期症例に対するエタノール注入療法 
第6回北部九州頭頚部がん懇話会(平成13年9月22日、福岡)

山本智矢 パネルディスカッション:呼吸困難対策の進歩 「ステントによる声門下狭窄の治療」
第53回日本気管食道科学会総会・学術講演会(平成13年11月29, 30日、東京)

山本智矢、小宮山荘太郎、リーナス ロドルフ 96本のマルチ微少電極を用いたラット小脳皮質の時間空間的制御機構の解析
第60回日本めまい平衡医学会総会(平成13年11月30日〜12月1日、東京)

山本智矢 運動の時間的空間的制御機構について
第2回九州大学情報基盤センター研究集会(平成13年12月17日、福岡)

山本智矢 超高齢者(85歳以上)の癌の治療法 第7回頭頸部癌化学療法研究会(2002年1月24日, 金沢)

山本智矢 シンポジウム:頭頸部外科手術におけるリスクマネージメント  「咽喉頭手術のリスクマネージメント」 第12回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会(2002年1月25, 26日、金沢)

山本智矢 シンポジウム:脳科学と耳鼻咽喉科  「MEGによる顔面・口腔・咽頭知覚の中枢マッピング」 第103回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(平成14年5月16日〜18日, 東京

山本智矢 シンポジム:口腔・咽頭の画像診断−最近の進歩− 「MEG-口腔咽頭知覚、味覚の機能診断」 第15回日本口腔・咽頭科学会(平成14年年9月14, 15日、金沢)

山本智矢、山下弘之、小宮山荘太郎MEG-口腔咽頭知覚、味覚の機能評価 第15回日本口腔・咽頭科学会シンポジウム「口腔・咽頭の画像診断」2002年9月14〜9月1金沢市

山本智矢、三原丈直 OCTOPUS万能開創器を用いた頭頚部手術について
第21回日本頭頚部外科学会総会H23.1.27-28 宇都宮市

山本智矢 当科であつかう甲状腺疾患について (高齢者や低パフォーマンス例での管理)
地域医師のための生涯研修セミナー h23.2.17 福岡

山本智矢 頭頚部癌の化学療法の新知見について
第16回頭頚部癌化学療法研究会 H23.2.3 品川プリンスホテル

山本智矢、桑野隆史 OCTOPUS万能開創器を用いた頭頚部手術について
第112回日本耳鼻咽喉科学会総会
H23.5.19-21 京都

山本智矢 注意が必要な難聴について−難聴のメカニズム
一般市民のための健康講座(わが家の健康管理) h23.8.25 福岡

山本智矢、白土秀樹、垣内康徳 九州医療センター 地域医師のための生涯研修セミナー
機能を保存する頭頸部癌の治療について 耳鼻咽喉科2004.8.7

山本智矢 耳鼻咽喉科と高次中枢機能 第1回佐賀県耳鼻咽喉科集談会

山本智矢 ”みみ”と”はな”の痛みについて 第11回病診連携の夕べ(h16.11.4)福岡.

白土秀樹、三原 丈直、垣内康徳、山本智矢、藤本 茂、豊田一則、** 上咽頭深部真菌症が疑われたCollet et Sicard症候群の一例 第135回日本耳鼻咽喉科耳鼻咽喉科学会福岡県地方部会(2004.7.11 熊本)

益田宗之、 元 宏宝、梅澤一夫、中島寅彦、安松隆治、倉富勇一郎、山本智矢
:頭頸部癌細胞の増殖活性、アポトーシス、遺伝子発現、抗癌剤感受性に対するNF-kappβ阻害剤DHMEQの効果 第105回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 (2004.5.13-15、広島)

中島寅彦、倉富勇一郎、安松隆治、益田宗之、山本智矢 :VEGFを標的とした頭頸部扁平上皮癌治療 第105回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 (2004.5.13-15、広島)

賀数康弘、中川尚志、野口敦子、大庭典子、中条恭子、山下道子、安松千絵、山本智矢、小宮山荘太郎:当科における言語習得期前難聴に対する人工内耳、3年間のまとめ第105回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 (2004.5.13-15、広島)

中川尚志、山本智矢、**:難聴が機能性であったミトコンドリアDNA3243点変異の一症例 第105回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 (2004.5.13-15、広島)

中島寅彦、倉富勇一郎、益田宗之、山本智矢、** 頭頸部扁平上皮癌に対する経口抗癌剤と放射線同時併用療法 第28回日本頭頸部腫瘍学会 (2004.6.16-18)

益田宗之、 元 宏宝、梅澤一夫、中島寅彦、安松隆治、倉富勇一郎、山本智矢、**
:頭頸部癌細胞におけるNF-kappβ阻害剤DHMEQの抗癌効果  第28回日本頭頸部腫瘍学会 (2004.6.16-18)

山本智矢 九州医療センター耳鼻咽喉科のめざす医療について北部九州頭頸部がん懇話会第一回喉頭科学分会 2005.6.7福岡

山本智矢 頭頸部癌の治療における抗癌剤に期待される役割九州医療センター 耳鼻咽喉科第5回福岡県病院薬剤師会オンコロジー研究会2005.5.28 福岡

山本智矢:下咽頭癌の治療に際しての喉頭温存)第1回佐賀県耳鼻咽喉科集談会(2004.11.4)佐賀。

垣内 康徳、吉田  聖、山本 智矢 若年者耳下腺腫瘍に対する診断と治療における注意点について	2005	日本耳鼻咽喉科学会総会、 2005/5/19、 大阪

垣内 康徳、吉田  聖、山本 智矢	注意を要する若年者耳下腺腫瘍に対する診断と治療	2005	第13回北部九州頭頸部癌懇話会、 2005/2/19、 福岡

山本 智矢	頭頸部癌の治療における抗癌剤に期待される役割	2005	第5回福岡県病院薬剤師会オンコロジー研究会、 2005/5/28、 福岡

山本 智矢	耳鼻咽喉科のめざす医療について	2005	北部九州頭頸部がん懇話会第一回喉頭科学分会、 2005/6/7、 福岡

中島寅彦、熊本芳彦、倉富勇一郎、山本智矢、藤賢史、平川直也、**、可動部舌癌に対するPull yhrough 手術術後局所合併症の検討 日本頭頸部外科学会 2005.1.21-22 新潟。

垣内康徳、吉田聖、山本智矢 若年者耳下腺腫瘍に対する診断と治療における注意点について 日本耳鼻咽喉科学会 2005.5.19 大阪

安松隆治、中島寅彦、山本智矢、** 頭頸部癌細胞株におけるSCC抗原発現とSCCA1蛋白の細胞内外でのCathepsin抑制能の解析 第30回日本頭頸部癌学会2006.6.:大阪

Yasumatsu R, Nakashima T, Yamamoto T, ** Serpin SCCA1 inhibits cat L and S activities in HNSCC American Academy of Otolaryngology, HNS 2006.9 Toronto, Canada 

縄手彩子、垣内康徳、藤 賢史、吉田 聖、山本智矢 頸部悪性腫瘍が疑われた結核性頸部リンパ節炎の症例 日本耳鼻咽喉科学会 2006年5月13日 東京 

垣内康徳、縄手彩子、吉田 聖、藤 賢史、井上 亨、山本智矢
頭蓋内進展した篩骨洞癌に対して頭蓋底手術、鼻副鼻腔悪性腫瘍、再建にて治療しえた1症例第44回日本頭頸部外科学会  2006.1.27 福岡

安松 隆治、中島 寅彦、山本 智矢、** 頭頸部癌細胞株におけるSCC抗原発現とSCCA1蛋白のCathepsin抑制能の解析について 日本癌治療学会 2006.10.19茨城

山本智矢 情報技術(IT)の進歩と医療 −電子カルテを中心に− 一般病院の立場から日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会 2006年11月18日 福岡

安松隆治、大蔵謙治、上原 智、松村 泰成、山本智矢 治療に苦慮した肝癌の側頭骨転移症例 第16回北部九州頭頸部癌懇話会、 2006年8月26日 福岡

垣内康徳、縄手彩子、吉田 聖、藤 賢史、井上 亨、山本智矢 篩骨洞癌頭蓋内進展に対して頭蓋底手術および鼻副鼻腔悪性腫瘍切除を行い、再建にて治療しえた1症例 日本耳鼻咽喉科学会 2006.5.13 東京

大蔵謙治、安松隆治、小山徹也 野田哲平、山本智矢 原発性副甲状腺機能亢進症に対する手術症例の検討 日本耳鼻咽喉科学会 金沢市 2007年5月14日

大蔵謙治、安松隆治、山本智矢 治療に苦慮した肝細胞癌外耳道転移の一例 
日本頭頸部外科学会 2007年2月2日 島根

大蔵謙二、野田哲平、小山徹也、山本智矢 高齢者の進行甲状腺癌の取り扱いについて
第17回九州頭頸部がん懇話会、 2007年6月23日 福岡

山本智矢 最近の慢性副鼻腔炎の治療について 地域医師のための生涯研修セミナー 2007年1月31日

大蔵謙治、安松隆治、野田哲平、山本智矢 肝細胞癌外耳道転移に対するRALS治療について 日本耳鼻咽喉科学会 大阪市 2008年5月15日

山本智矢 一般病院でみのがしやすい耳鼻咽喉科疾患 地域医師のための生涯研修セミナー 2008年2月7日 福岡。

山本智矢、松山勝哉、縄手彩子、大蔵 謙治	ナビゲーションシステムによる蝶形洞Inverted Papillima手術の一例	第19回日本頭頸部外科学会、 2009/1/29-30、 名古屋市

松山勝哉 縄手彩子 山本智矢 竹尾貞徳 桃崎征也	縦隔に進展し気管支に穿破しながら広範囲に自然治癒していた巨大甲状腺癌の一例	第110回日本耳鼻咽喉科学会総会 2009/5/14-16 東京	

松山勝哉 縄手彩子 山本智矢 竹尾貞徳 桃崎征也	ナビゲーションシステムを用いた蝶形洞Inverted Papillimaの手術	第110回日本耳鼻咽喉科学会総会 2009/5/14-16 東京

山本智矢、田中俊一郎、松山 勝哉 腫瘍摘出に有用な吸引式リトラクターの考案について
第111回日本耳鼻咽喉科学会 5月20、21、22日、2010、仙台

松山 勝哉、山本智矢、田中俊一郎、病理診断に苦慮した喉頭神経節芽腫の一例
第111回日本耳鼻咽喉科学会 5月20、21、22日、2010、仙台

山本智矢 プライマリーケアで注意を要する耳鼻咽喉科疾患
 地域医師のための生涯研修セミナー 平成22年1月23日 福岡

山本智矢、花粉症とその治療について
一般市民のための健康講座 わが家の健康管理講座 H22年 3月16日 福岡

山本智矢、とっても健康らんど 第592回 いびき 第592回 3月27日(土)放送 九州朝日放送(KBC)

山本智矢、桑野隆史,OCTOPUS万能開創器を用いた頭頚部手術について,第112回日本耳鼻咽喉科学会総会 H23.5.19-21 京都

山本智矢,注意が必要な難聴について−難聴のメカニズム
一般市民のための健康講座(わが家の健康管理) h23.8.25 福岡

山本智矢、ストレスが関係する耳鼻咽喉科の病気 日本医師会認定地域医師のための生涯研修セミナー  H23.12.2.4 福岡

山本智矢、桑野隆史 当院で経験した若年女性のMalignant triton tumor
の治療について 第113回日本耳鼻咽喉科学会総会 平成24年5月10日 新潟

桑野隆史、山本智矢、エタノール注入によるマネジメント困難頭頚部腫瘍のコントロールについて第113回日本耳鼻咽喉科学会総会 平成24年5月12日 新潟

山本智矢、桑野隆史 当院で経験した若年女性のMalignant triton tumor
の治療について 第113回日本耳鼻咽喉科学会総会 平成24年5月10日 新潟

桑野隆史、山本智矢、エタノール注入によるマネジメント困難頭頚部腫瘍のコントロールについて第113回日本耳鼻咽喉科学会総会平成24年5月12日 新潟

山本智矢、桑野隆史 治療困難な甲状腺癌進行症例におけるQOLを維持するための治療について第23回日本頭頚部外科学会 H25年1月24日 鹿児島 

山本智矢 注意を要する鼻出血  福岡市医師会地域医師のための生涯研修セミナー H25年2月5日 福岡市

山本智矢 桑野隆史 治療困難な甲状腺癌新興症例におけるQOLを維持するための治療について 第23回日本頭頸部外科学会学術後援会 平成25年1月24日 鹿児島

山本智矢 桑野隆史 加藤明子 骨髄移植例に発症した舌癌と後発頸部転移に対する手術および放射線治療経験と問題点について 第114回日本耳鼻咽喉科学会学術後援会 平成25年5月16-19日

桑野隆史 桃崎征也 山本智矢 鼻前庭に発症したmicrocystic adnexal carcinomaの一症例
 第114回日本耳鼻咽喉科学会学術後援会 平成25年5月16-19日

山本智矢  起源不明の中咽頭悪性腫瘍頚部転移症例の診断と治療について 第115回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 平成26年5月14-17日 福岡

山本 智矢 桑野隆史   鼻腔嗅神経芽腫術後にS−1長期投与が有効であった症例 
第37回日本頭頚部癌学会学術講演会 平成26年6月16-17日 東京

山本智矢 桑野隆史、病理診断に難渋した扁桃悪性腫瘍頸部転移例の検査および治療経験 日本頭頸部外科学会 H26.1.30-31 香川.

山本 智矢 喉頭の病気いろいろ -デリケートな喉頭-
地域医師のための生涯研修セミナー 平成27年1月17日  福岡

山本智矢 放射線および化学療法の4年後の右上頸部リンパ節転移に対する頸部郭清の病理にて確診となった胸腺癌の一例 第116回日本耳鼻咽喉科学会学術集会 2015.5.21-23 東京

山本智矢 最近の慢性副鼻腔炎の治療
地域医師のための生涯研修セミナー 2016.2.13 福岡

山本智矢 治療困難な頭頸部腫瘍に対するエタノール注入療法について
第117回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会 2016-05-19、名古屋.

国際学会
						
Yamamoto T,Fukuda M,Llinas R:Bilateral synchronization of climbing fiber activity ,16th Annual meeting,Society for Neuro Science,Nov. 9-14,1986,Washington D.C.,U.S.A.

Yamamoto T,Fukuda M,Llinas R:Multi-channel recording of bilateral climbing fiber activity,Midwinter reserach meeting,association for research in Otolaryngology,Feb. 1-5,1987,Clearwater Beach,Florida,U.S.A.

Fukuda M,Yamamoto T,Linas RR:Simultaneous recording for purkinje cells of different folia,17th Anual meeting,Society for Neuroscience,Nov.16-21,1987,New Orleans,Luisiana,U.S.A.

Yamamoto T,Hostetler W,williamson SJ,Llinas R:Tonotopic organization of the human auditory cortex utilizing a multi-channel squid system. 18th Anual meeting,Society for neuroscience,Nov. 13-18,1988,Toronto,Canada.

Yamamoto T,Uemura T,Llinas R:XI Biennial innternational symposium "Magnetic localization of neuronal activity in human brain",International electric response audiometry study group XI Biennnial international symposium,Sept. 25-29,1989,Tokyo,Japan.
  
Yamamoto T,Uemura T,Llinas R:Tonotopic organization of human auditory cortex revealed by multi-channel SQUID system. Collegium Otorhinolaryngologicum amicitiae sacrum, Sept. 1-4,1991,York,England.

Toyoda K,Yamamoto T,Ishibasi S,Ibayashi S,Fujishima M: Evoked Neuromagnetic response in stroke patient:Correlation with cerebral metabolism. 21st International Joint Conference on Stroke and Cerebral Circulation. Jan. 25-27,1996,San Antonio,Texas,USA.

Shigeto H,Morioka T,Ishibashi H,Yamamoto T,Tobimatsu S,Kato M,Kobayashi T:Feasibility of magnetoencephalography in detecting epileptic discharges:Simultaneous recording of magenetic field and electrocorticography,in 14th International congress of EEG and clinical neurophysiology,Aug.24-30,1997 Florence,Italy.

雑誌 新聞、テレビ等

脳波に代わり脳磁気で診断 西日本新聞1991.5.16.p27.

脳の異常部位、ほぼ100パーセント特定 西日本新聞夕刊 1993.4.14 p9

磁気測定脳診断 九大グループ 精度、「脳波」の10倍以上 日本経済新聞 1993,4,17 p12

インターネットで医療情報 医師の提供活発に 西日本新聞 1998,6,17 p15.

大学インターネット可能性膨らむ 学内外に情報提供 日本経済新聞 1995.12.23 p29

脳磁気計測で脳の情報処理機構解明をめざす 日経エレクトロニクス 1992.9.14 p243-245

思考さえも「診る」脳の機能検査に新兵器 神経磁気計測装置MEG メディカル朝日1993-9 p126-131

脳と心 脳が世界をつくる 知覚 (NHKサイエンススペシャル 驚異の小宇宙・人体) 知覚 NHK取材班 1998/12/10 p76-77

九大病院、国内で初めて疾患診断を目的にSQUIDで生体磁気の計測を開始 日経超電導 1992.3.30 p4-6

池田貴族のりぼん通信 ばーちゃる耳鼻科 Yahoo Japan  1997.2 p138.

私のブックマーク サンプラザ中野 ばーちゃる耳鼻科 日経ネットナビ 1998.1 p262-263,

脳磁気計測装置が医療用に、X線CTやMRIに並ぶ大市場への期待膨らむ 日経エレクトロニクス 1991.7.8. p173-179

細かな配慮と自由で積極的な精神が支えるホームページの多面性 Mplus vol.20 p13-14。

他科とのチーム医療で救急、合併症、悪性疾患に迅速に対応 -手術は適切な手技と器具、注意と工夫の徹底で高い治療成績を- 美蕾 2010.6.20 p20-23.

頭頸部がん 早期発見・治療の重要性 朝日新聞 西日本版 2012.8.30 

「花粉症」すっきり計画 西日本新聞食と健康vol12 2006.2.23 

インターネット上の診断室 ばーちゃるじびか MRJournal h9.3.1 p29

とっても健康ランド第359回 人生いろいろ めまいもいろいろ!追求!めまいの正体 山本智矢、 九州朝日放送 2005.9.10放送

とっても健康ランド第257回 忙しくって目が“回る”まずは原因究明を!めまい解消法 山本智矢、 九州朝日放送 2003.9.20放送

とっても健康らんど 第688回 飲酒喫煙が攻撃、のどのがん 山本智矢、平成24年3月27日(土)放送 九州朝日放送(KBC)

山本智矢 ニューヨーク良いところ悪いところ 福耳会ニュース 92号 p58-59、1990.

山本智矢 生存、生活に大きな障害「頭頸部がん」読売新聞2015.11.14 p

		研究費採択状況			

				氏名 山本智矢(科研費ID30230577) 	
年度		種目	研究課題	交付金額(千円)	

1991 文部省科学研究費(奨励研究A)(分担)モルモット前庭動眼反射を用いた動揺病発生へのコリン系の関与 課題番号03771156

1992 文部省科学研究費(奨励研究A)(代表)超電導量子干渉装置による中枢の母音弁別および視聴覚連合の研究 課題番号04857197

1993 1994 文部省科学研究費(一般研究C)(分担)超電導量子干渉装置を用いた日本語単語弁別機構に関する研究 課題番号06454489

1995 文部省科学研究費(一般研究C)(代)	超電導量子干渉装置を用いた味覚認知の研究		課題番号07671865

1996 文部省科学研究費(一般研究C)(代)	超電導量子干渉装置を用いた口腔知覚の研究		課題番号08671971

1997-1998 文部省科学研究費(基盤C)(代)	超電導量子干渉装置を用いた味覚受容の研究 課題番号

1998 総合メディカル医学振興会(代)	超電導量子干渉装置を用いた味覚受容の研究		

1998 厚生省がん克服戦略研究事業分野7課題1(分)	がん治療に伴う味覚障害に関する研究	
					
1999 文部省科学研究費(基盤C)(代)	超電導量子干渉装置を用いた味覚受容の研究	

1999  文部省科学研究費(基盤A)(分)	新しい発声機能検査法の開発に関する研究		

1999 厚生省がん克服戦略研究事業分野7課題1(分)	がん治療に伴う味覚障害に関する研究		
					
2000 文部省科学研究費(基盤A)(分)	新しい発声機能検査法の開発に関する研究		188(1700)

2000 厚生省がん克服戦略研究事業分野7課題1(分)	がん治療に伴う味覚障害に関する研究
					
2001 文部省科学研究費(基盤A)(分)	新しい発声機能検査法の開発に関する研究			

2001 厚生省がん克服戦略研究事業分野7課題1(分)	がん治療に伴う味覚障害に関する研究	

2002 文部省科学研究費(基盤C)(代)	新しい発声機能検査法の開発に関する研究	

2002 厚生省がん克服戦略研究事業分野7課題1(分)	がん治療に伴う味覚障害に関する研究分担
					
2002-2003 文部省科学研究費(基盤C)(代)	超電導量子干渉装置を用いた嚥下中枢の研究
	課題番号14571623 

2003-2007 独立行政法人国立病院機構	国立病院機構感覚ネットワーク研究	耳鼻咽喉科検診による内頸動脈走行異常と脳血栓の関係	山本智矢 

最初に戻る