カワハギ釣りの仕掛け
竿、リール、道糸は、ごく普通の関東流の船カワハギ釣りの仕掛けと同じです。
竿は極先調子(9:1調子)で胴がガチガチに硬いものより、ちょっと柔らかめ(8:2調子)の竿がオススメ。 バスロッドでも代用できますが、できるだけカワハギ専用竿をお使いください。バスロッドとカワハギ竿とでは調子がまったく違いますので、「アタリの取りやすさ」、「針をカワハギに掛けること」、はカワハギ竿の方が断然有利です。(魚を掛けてからのやりとりは、バスロッドのようにグォーンと曲がった方が面白いし、バラシも少なくていいですけど・・・。)
3万円のバスロッドより、5千円のカワハギ専用竿です!
リールの方には、あまりこだわる必要はなく、塩分に強くてPEラインが150〜200m巻けて、ある程度の巻上げパワーのある自分の使いやすい両軸リールであれば構いません。
竿  船カワハギ専用で、錘負荷30号前後。 1.8〜2.1mの物。
リール  小型の両軸リール。道糸が約150m巻ける物。
道糸  PEラインの0.8〜2号。
集魚板  キラキラ輝く派手な物。 タチウオ用ケミホタルでもOK。
中オモリ  ハワセ釣りのときに使用。潮の速さによって、2号〜5号までを使い分ける。
胴付き
仕掛け
 下をご覧ください。
ハリ  ・太軸ハゲ針 6号〜9号  ・太軸丸セイゴ9号〜12号
オモリ  集魚オモリの30〜40号 色は、夜光、白、ピンク系がオススメ。
ノーマルな仕掛けは、この図の通り。
幹糸と枝ス(ハリス)の結着には、針の交換が楽な『ハリス止めタイプ』のビーズが多く使われますが、その他にもハリス交換が可能なアイテムがあります。(下参照)
取り付けの位置は、下部ほど間隔を狭くしたほうがいいようです。ただし、トラハゼや小エソなどの底物のエサ取りが多い時には逆がいいです。
幹糸と枝ス(ハリス)の接続アイテムです。主に使われるのが右側3つのアイテムのハリス止め式。(YHビーズ、快適フックビーズ、スピードサルカン) 一番左のプラサルカンは、ハリス止め式ビーズと同じように幹糸に通して結びコブで位置を決めます。ハリスは菅に結びます。 左から2番目の回転ビーズ(NFビーズ)も幹糸を結びコブで位置を決め、ハリスはビーズに通して反対側を結びコブを作って固定します。
ハリス止めタイプとプラサルカンは、2段針の使用も可能。NFビーズは、1本針のみ。
※「釣具・千鳥丸」取扱品

おすすめの針
●ハゲ針タイプ がまかつ・カワハギ王
●丸セイゴタイプ 
ダイワ・パワーマルチ

両方の針とも、太軸設計で強度があります。
パワーのある尺カワハギにも対応できます。
ただし、
いくら強い針といえども限界があり、何匹か掛けると少し伸びたり、針先も欠けることもあるので、数匹釣ったら針を交換することが大事。
区別すると、ハゲ針タイプはカワハギの口に掛けやすい反面、その形状から強度にどうしても不足があります。
丸セイゴタイプは、大分では使う人は少ないですがエビエサに向いています。通常の丸セイゴでは細軸で強度不足ですが、太軸設計のパワーマルチは通常のものより強いのでオススメ。
ハゲ針と丸セイゴ針の大きさの比較
ハゲ針6号=丸セイゴ9号 ハゲ針7号=丸セイゴ10号 ハゲ針9号=丸セイゴ12号
※「釣具・千鳥丸」取扱品

上の写真の仕掛けが、大分でよく使われる2段式針の仕掛け。(直結型)
エサのエビの大きさによって、そのつけ方が変わります。(下の図を参照)

左の写真が、通常のシングル針の胴付き仕掛け。直結なのでカワハギのアタリも取り易く、エサ付けも楽なので、初心者や、船酔いしやすいお方にはこちらがオススメ。

両方とも、幹糸と枝スが直結型の仕掛けなので、ハリス交換ができないため、針とハリスはなるべく強い物がいいです。
針が折れたりハリスがヨレたりしたら即、仕掛けの交換をする必要があるので、仕掛けの予備は十分に。
※「釣具・千鳥丸」取扱品
≪2段式針のエビの付け方≫
エビが大きい場合(5cm程度)、エビの腹側から針を入れ、一本は尻尾方向へ、もう一本はエビの頭方向へ向かって針を刺します。 エビが小さい場合(3cm程度)、通常の釣りと同じように、尻尾を切り、そこから針を入れて針先がエビの頭の部分に来るように刺します。

上の写真の仕掛けが、ごく一般的な一番多く使われる「ハリス止めタイプ」の仕掛け。(一般的といってもサイズは他地域と比べるとズバ抜けて大きいですけどね・・・)
数匹、同じ針に掛けたなら、その針は取り換えるように。辛抱して使ってると、いざ大物がかかった時に痛い目に遭いますよ。

左の写真がダイワから出ている
『快適西日本ハゲ4本針仕掛け・ワンデイパック』
バラシの少ない太軸設計の丸セイゴ針で、幹糸・枝ス、針もハードな大分のカワハギ釣りにピッタリな仕掛け。
10号が小型〜大型まで狙えるオールマイティーな仕掛け。12号は一発大型狙いの方に。(入れ食いの時には、12号でもよく釣れます。)
このワンデイパックは、替え針が8本も付いているので、フグが少ない時はコレ1枚あれば一日遊べます。オススメの一品です。
※「釣具・千鳥丸」取扱品

こちらはハリス付きの替え針。
ハゲ針タイプと丸セイゴタイプ。
なるべく太軸のものが安心。
ハゲ針なら6号〜8号。
丸セイゴなら9号〜12号。
ハリスは、3号〜4号。
以前は5号というハリスも使ってましたが、近ごろはかなりスレてきたのか、3号〜4号というハリスが主流。
※「釣具・千鳥丸」取扱品

上の写真は、カワハギ用リーダー(幹糸)。
左側がダイワの『快適カワハギ・MV移動式幹糸仕掛け』。幹糸に取り付けられてるフックビーズが移動可能なリーダー。海底近くにカワハギが群れてる時には、フックビーズを下部に集中させて、トラハゼなどの底小物が多い時には、フックビーズを上部に移動させます。
右側が、千鳥丸オリジナルのリーダー。幹糸6号を使用し、これもまたフックビーズが移動できるように、ウキ止めゴムで強力固定したもの。(私、管理人のアイデア品ですよぉ〜、盗まないように!)
※「釣具・千鳥丸」取扱品

集魚板については賛否両論。私は「あった方がいい」と思っています。食いの渋い(魚が薄い時)は、確かに集魚効果はあります。しかし、潮がものすごく速い時は釣り難くなり、また、エサ取り、特にフグが多い時は逆効果、これを目標にフグがわんさかと寄ってきますので、こんなときは外します。 一番右が、千鳥丸秘密兵器・・・・まだ秘密・・・
集魚板の代わりに、「タチウオ用ケミホタル」を取り付けてもOK。(下参照)
ハワセ釣りをする場合は、中オモリが必要です。
※「釣具・千鳥丸」取扱品

集魚板の代わりに発光体(ケミホタル)をつけてもOK。
早朝や、雨・曇り空の日など、薄暗い日に効果があります。
左の「ルミコ・カワハギ」は、付属のホルダーで道糸、幹糸にカチッと取り付けられます。
右はタチウオ用のワイヤー中通しケミホタル。ワイヤーが通っていて、スイベル・スナップが上下に付いているので、通常の集魚板と同じように使えます。
※「釣具・千鳥丸」取扱品

こだわりはじめるとキリがないのがオモリ。ナマリ剥き出しの素オモリでも釣れるのですが、カワハギの水中映像を見ると、カワハギが一番最初に興味を示すのがエサではなく、この色つきのオモリ。素オモリよりも明らかにカワハギが興味を持ってる。夜光がいいだの、白がいいだの、と意見は人それぞれです。使う号数は、30号〜40号です。
※「釣具・千鳥丸」取扱品
この上の写真のオモリは、千鳥丸オリジナルの集魚オモリ。こんなの作っちゃいました。
下地カラーは、海底でも目立ちやすい白。キンキラのテープを貼り、動く目玉が特徴で、ウレタン液に2度ドブ漬けしているので、塗装が剥げにくいです。実際に作ってみるとホントにすごく手間がかかるので、すぐには追加生産できましぇん。
※「釣具・千鳥丸」オリジナル品

おまけのアイテム
真のカワハギ釣り師さん達からは「邪道だ!」という声が出てきそうなのがこの小さいテンビン。
胴付き仕掛けの下、オモリのすぐ上にセットしてここから針を一本出して釣ります。カワハギは最初にオモリに寄って来るので、このテンビンに付けた針にも意外とよく釣れます。
以前、ココで紹介していた「魔法のビーズ」というものが生産中止になってしまったようです。小さいテンビンならなんでも使えます。
(ただし、ハゼ天秤の中には強度不足なのがあるので要注意)
※「釣具・千鳥丸」取扱品


表紙へ