山本の主張

BACK  コラムリストへ

2021年9月17日 新型コロナはなぜ減少するのか

このところ新型コロナ感染者数が目に見えて減っています。これまでの何波かの流行も、おなじく立ち上がりと同様の曲線で減少していて、時系列的な二項分布というグラフになっています。二項分布というのは自然界に普通に現れる現象です。たとえば個体の大きさの分布や生存期間の分布とかです。コロナはなぜ減少するのか。

これまで拡大については、京大の西浦教授などが、実効再生産数のような数字で説明していました。これはコロナウイルスは普遍で、環境因子によって拡大、あるいは減少すると説明することです。では、そんなに対策が進んだのか?人流が減ったのか?ワクチン接種者もようやく50%というレベルで、いわゆる集団免疫状態に達しているわけではありません。今の疫学者の理論からは、感染拡大は説明できても、感染減少を説明することができていません。9月12日のサンデーモーニングで、国際医療福祉大の松本教授はこの間の急激な減少を「不思議」と言われていました。

なぜコロナの流行は二項分布曲線類似のカーブをとるのか。それはコロナの流行拡大と減退が、人の努力のなせる業ではなく、自然現象だからだ、と考えると理解できます。もしコロナウイルスの感染性が変化なければ、高止まりするはずです。しかし減少する、それも感染増大期のような急なカーブで減少しています。コロナが人に感染拡大していくということは、ウイルスの複製が進んでいくということです。
そこにエラーが生じ、新型株ができるのですが、大半のウイルスにおいてはコピーが進むにつれて、失活していると考えられます。遺伝情報の乏しいウイルスの場合、コピーエラーはその大半が致死的あるいは失活的となるのだと考えられます。

では、人流抑制などの社会的対策は無意味なのでしょうか?もちろん違います。それは感染カーブの山の高さを下げることなのです。感染初期相でいかに拡大抑制をするかが勝負です。あの医療崩壊を来たしたインドでさえも、コロナの発生数は二項分布カーブをとって減少してるのは、以上の理由で説明できると考えます。しかし次の波はまた来ます。それが新株の流行で、遺伝情報がリセットされてウイルスが再活性化しているわけです。それがまた次の山を作りますが、やはり耐用期間は限られていて拡大と同じスピードで減少するということを繰り返していくのでしょう。